ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 956579 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

北穂高岳 東稜

日程 2016年09月05日(月) 〜 2016年09月07日(水)
メンバー
 bighippig(SL)
 Mtasuku(CL)
天候雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
東稜へつめるルンゼ内は浮き石が多い。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

上高地にて
2016年09月05日 13:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地にて
3
横尾山荘の野営場にC1
2016年09月05日 16:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山荘の野営場にC1
1
2日目 涸沢小屋のテラスにて。午前中は雨だった。それでも笑顔の山岳部員たち
2016年09月06日 08:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目 涸沢小屋のテラスにて。午前中は雨だった。それでも笑顔の山岳部員たち
2
東稜へつめるルンゼ。右股を行く。浮き石だらけで神経を使った。
2016年09月06日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東稜へつめるルンゼ。右股を行く。浮き石だらけで神経を使った。
2
東稜へあがると前穂が見えた。
2016年09月06日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東稜へあがると前穂が見えた。
5
核心部のゴジラの背の2p目。残置ハーケンやボルトが多い。スタカットビレイで超えた。
2016年09月06日 13:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部のゴジラの背の2p目。残置ハーケンやボルトが多い。スタカットビレイで超えた。
10
2p目のビレイ点での私。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2p目のビレイ点での私。
5
東稜のコルへの懸垂下降をするC君
2016年09月06日 13:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東稜のコルへの懸垂下降をするC君
4
続いてnnguchik
2016年09月06日 14:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いてnnguchik
4
最後にDK
2016年09月06日 14:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にDK
4
懸垂下降をしたピーク
2016年09月06日 14:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降をしたピーク
6
無事に登攀成功!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に登攀成功!
6
次の日はご来光を見ることができた。
2016年09月07日 05:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の日はご来光を見ることができた。
4
撮影機材:

感想/記録

今回は北穂高岳の東稜の登攀に行ってきました。東陵を登攀する日の午後に天気は回復してコンディションは最高だった。初日は上高地から横尾までの平坦な道をひたすら歩く。ふだんは青森県周辺の山ばかりの我々にとって梓川沿いにアルペン的な岩稜や岩壁、雪渓を従えた穂高の山並みは新鮮であった。今回は北穂東陵ではなく屏風岩を登攀しよう!などと冗談もでるほどメンバーは山容に見とれていた。横尾山荘に着き、テントを設営してC1とする。雨がポツポツと降り出し、明日の天候に不安を抱えながらも夕食を済ませて来るべき明日の登攀に備えて就寝した。
2日目は早朝から雨が降っていて気持ちが萎えていた。涸沢まで雨で涸沢小屋で天候回復を待つ。テレビの天気予報では午後から晴れるとなっているがそれが疑わしいほどのガスに覆わて、雨も本降り状態であった。登山道から東陵方面まで行く道で天気を判断するとして仕方なく出発する。東陵への分岐は鎖がかかる一枚岩のあるところが目印で、そこを右に進む。踏み跡はまばらで、コンパスで方向を確かめ、持参した分岐からの写真を頼りに行くが、ガスのために東稜へ詰めるルンゼがわからない。東稜の真下へ着いたが詰めるルンゼの候補が2つあり、どちらが本物かをパーティーで議論する。二手に分かれて偵察するものの、確かな証拠が得られない。ところが、ガスが晴れてきて東稜が見えてきた!そのおかげで詰めるルンゼがわかり、安堵する。東稜へつめるルンゼは浮き石が多く、落石に十分な注意を払う必要がある。東稜へあがったらゴジラの背までは巻いても稜線上を行っても大丈夫だった。ゴジラの背は高度感があり、滑落は致命的となるのでロープを出した方がいいと感じた。残置ハーケン、ボルトは豊富ですが、古いのもあるので要注意。ロープはシングルで登攀した。カムがあるとなおよいと思う。東稜のコルへは懸垂下降で降りたが、巻き道もある。コルから北穂高岳山頂へは稜線上を右へ巻くように意識して登り、そうすると大キレットからの一般登山道に合流する。そして、待望の北穂高岳の山頂に着いた。この日は北穂高岳小屋に泊まりC2とした。
3日目は南稜の一般登山道を下山する。天気も良く、ご来光も見ることができた。涸沢〜横尾までの登山道で偶然、高校山岳部の同期と1年ぶりに会い、あまりの奇遇に驚いてしまった。13時頃に無事に上高地に着く
今回は充実した登攀となりました。
訪問者数:776人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ