ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 887575 全員に公開 沢登り丹沢

檜洞

日程 2016年06月01日(水) [日帰り]
メンバー buffalo1
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急線新松田駅より富士急湘南バス西丹沢自然教室行き乗車
玄倉にて下車
帰りは箒沢橋バス停より乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
55分
合計
8時間20分
S玄倉駐車場08:1008:40小川谷出合(白井平)09:20新青崩隧道10:00雨山橋10:20ユーシンロッジ10:5012:30ユーシン沢出合14:25中ノ沢乗越14:35分岐15:0015:30石棚山(デシチノ頭)15:50板小屋沢ノ頭16:30箒沢公園橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
慣れていないので歩くのが遅い
下山で飛ばして調節した
コース状況/
危険箇所等
沢登り
ほとんど沢歩き
その他周辺情報寄るとすれば中川温泉か
あるいは北山駅のさくらの湯
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 雨具 着替え ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング セルフビレイランヤード カム ハンマーバイル アングルハーケン 渓流シューズ

写真

ユーシンロッジ裏から
2016年06月01日 10:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ裏から
と思ったが堰堤をいくつか越えなければいけない
もうちょっと裏を回って施設利用して堰堤巻いてから入渓すればよかった
右往左往してた
2016年06月01日 10:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったが堰堤をいくつか越えなければいけない
もうちょっと裏を回って施設利用して堰堤巻いてから入渓すればよかった
右往左往してた
間違えて経角沢に入った
2016年06月01日 14:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えて経角沢に入った
仕方がないので支沢を上がって同角山稜の登山道へ
2016年06月01日 14:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕方がないので支沢を上がって同角山稜の登山道へ
石棚山稜を下降して箒沢へ
新緑が輝いていた
2016年06月01日 14:27撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山稜を下降して箒沢へ
新緑が輝いていた

感想/記録

他の記録を見て、何を勘違いしたのかマイカーで行っている人と同じコースタイムで行けると思い込んでいて、思ったより林道歩きがかかる、調子が悪いのかなぁなんて思っていたらよくよく考えたら玄倉バス停から歩いているからだった。
大幅に予定が狂ったと焦った。
本当はずっと北上して檜洞丸まで沢から詰めあげようと思っていたが、間違って経角沢に入ってしまった。時間も押しているのでそのまま同角山稜に出た。
時間配分をカバーできて、結果的にはよかった。

水量は少なかった。
水に浸かる場面が多かったが水温もそれほど低くなかった。
とても綺麗な沢だった。曇りがちだったが満足だった。
魚留の滝は巻いた。あともう1箇所巻いた。
ちょっと怖かった。

ユーシン渓谷目当ての人が3人ほどいた。
残念ながら玄倉ダムは完全に干上がっていて、ヤマレコでもよくアップされている「ユーシンブルー」の写真のような姿はなかった。
でも沢に入れば美しい渓流に触れられたのでよし。
訪問者数:296人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 堰堤 渓谷 渓流
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ