ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919713 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

オトコは黙ってウラギンザ

日程 2016年07月15日(金) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー wakatakeya
天候7/15 ☂雨
7/16 ☁/☀曇りのち晴れ
7/17 ☂雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

「季節が1ヶ月ずれてる」と烏帽子小屋の親父さんが言っていましたが、本当に素晴らしい花に出逢えました。お花の名前はソルさんにも教えて頂きましたが、まだいくつか分かりませんでした。今回、ログが取れませんでした。

【7月15日(金)】10時間10分
 04:15 七倉登山口
 10:15 烏帽子小屋
 14:24 野口五郎小屋(泊)
【7月16日(土)】8時間45分
 06:05 野口五郎小屋
 06:24 野口五郎岳
 09:17 水晶岳
 11:49 鷲羽岳
 12:32 三俣山荘
 14:51 双六小屋
【7月17日(日)】4時間10分
 05:50 双六小屋
 07:20 鏡平小屋
 09:58 新穂高登山口
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

3泊4日テン泊の35Lザックは水抜きで8.8kg
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3泊4日テン泊の35Lザックは水抜きで8.8kg
3
福岡から成田へ1980円なり☆って1時間も遅延してエライ目に遭った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福岡から成田へ1980円なり☆って1時間も遅延してエライ目に遭った
4
新宿23時発の毎日あるぺん号で七倉まで。4時前に到着するも、やっぱり雨。ゲートオープンは6時半、それから高瀬ダムまでタクシーで15分の距離だが歩けば1時間半なので、4:15にスタート!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新宿23時発の毎日あるぺん号で七倉まで。4時前に到着するも、やっぱり雨。ゲートオープンは6時半、それから高瀬ダムまでタクシーで15分の距離だが歩けば1時間半なので、4:15にスタート!
1
高瀬ダムは日本第二位の高さ176mを誇る巨大なロックフィルダム。でも色んな問題を抱えている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高瀬ダムは日本第二位の高さ176mを誇る巨大なロックフィルダム。でも色んな問題を抱えている
2
最初に出迎えてくれたのはコオニユリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初に出迎えてくれたのはコオニユリ
5
堆積土砂を掻き出さなければこのダムはいずれ埋まるから土砂の搬出を始めたという東電。でも、このダムの影響で地下水位が上昇し周囲の山の地盤が緩み山体崩落が加速したという説もある。その結果予測を超える土砂が流入し、毎日ダンプで搬出しているという悪循環
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堆積土砂を掻き出さなければこのダムはいずれ埋まるから土砂の搬出を始めたという東電。でも、このダムの影響で地下水位が上昇し周囲の山の地盤が緩み山体崩落が加速したという説もある。その結果予測を超える土砂が流入し、毎日ダンプで搬出しているという悪循環
七倉であるぺん号を下りたのは僕ともう一人だけ。高瀬ダムまでは同じペースだった方は7日かけて裏銀座を堪能するとか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉であるぺん号を下りたのは僕ともう一人だけ。高瀬ダムまでは同じペースだった方は7日かけて裏銀座を堪能するとか
2
丸太橋で渡った渓谷の流れは白濁し、沢は堆砂で埋まった無残な姿。自然に抗おうとする我らの浅はかさを見せつける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太橋で渡った渓谷の流れは白濁し、沢は堆砂で埋まった無残な姿。自然に抗おうとする我らの浅はかさを見せつける
4
気を取り直して、いよいよ入山!12番プレートから0番を目指すよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を取り直して、いよいよ入山!12番プレートから0番を目指すよ
2
北ア三大急登とされるブナ立尾根は確かにキツイ!けど、豊かで美しい道だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ア三大急登とされるブナ立尾根は確かにキツイ!けど、豊かで美しい道だった
9
センジュガンピ:九州でも見かけます…と思ったらあれはカワラナデシコやった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センジュガンピ:九州でも見かけます…と思ったらあれはカワラナデシコやった
2
マルバダケブキ:くじゅうで見るハンカイソウに似てると思ったら同じキク科メタカラコウ属だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ:くじゅうで見るハンカイソウに似てると思ったら同じキク科メタカラコウ属だった
オオバギボウシ:くじゅうでも見かけますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバギボウシ:くじゅうでも見かけますね
1
ミヤマカラマツ:九州でも見かけますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカラマツ:九州でも見かけますね
1
ゴゼンタチバナ:九州では見ない花ですが、一度見たら忘れないほど印象強いですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ:九州では見ない花ですが、一度見たら忘れないほど印象強いですね
3
ヤマホタルブクロ:萼片の間が盛り上がっているのでホタルブクロと見分けた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマホタルブクロ:萼片の間が盛り上がっているのでホタルブクロと見分けた
4
ヤマハハコ:九州ではホソバノヤマハハコを見かけますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ:九州ではホソバノヤマハハコを見かけますね
1
ヨツバシオガマ:これも九州には無い花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ:これも九州には無い花
3
アオノツガザクラ:九州にはいませんね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ:九州にはいませんね
2
ミヤマダイコンソウ:葉の形状が丸実を帯びたギザギザのフキの葉のようです。黄色い花の見分けは難しいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ:葉の形状が丸実を帯びたギザギザのフキの葉のようです。黄色い花の見分けは難しいですね
1
クロクモソウ:九州にもいるそうだけど見た事ないな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロクモソウ:九州にもいるそうだけど見た事ないな
2
エゾシオガマ:九州にはいません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾシオガマ:九州にはいません
2
こんな雨の日にこの看板を見るとビビるね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな雨の日にこの看板を見るとビビるね
2
ほんとにお疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとにお疲れ様でした
2
寝不足がたたって烏帽子小屋まで6時間もかかってしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寝不足がたたって烏帽子小屋まで6時間もかかってしまった
8
シャリバテ気味だったのでカレーを食す。小屋の人はフレンドリーで気持ち良かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャリバテ気味だったのでカレーを食す。小屋の人はフレンドリーで気持ち良かった
6
小屋の前にはチシマギキョウが群生している
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の前にはチシマギキョウが群生している
6
まさにウラ!この後の鼻歌は山本リンダに決定♬
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさにウラ!この後の鼻歌は山本リンダに決定♬
1
小屋の水は天水に頼っている。なんか雨どいが愛おしくなるなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の水は天水に頼っている。なんか雨どいが愛おしくなるなあ
1
ミヤマキンバイ:花は大振りで葉は掌状で深く切れ込んでいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ:花は大振りで葉は掌状で深く切れ込んでいます
1
チングルマとコイワカガミとアオノツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマとコイワカガミとアオノツガザクラ
6
ツマトリソウかと思ったけど、花冠が6弁しかないから違うかなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウかと思ったけど、花冠が6弁しかないから違うかなぁ
1
ミヤマキンポウゲ:シナノキンバイよりも小ぶりの花でひょろっと背が高いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ:シナノキンバイよりも小ぶりの花でひょろっと背が高いです
もう綿毛を出しているチングルマもあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう綿毛を出しているチングルマもあった
4
ハクサンシャクナゲ:九州ではチクシシャクナゲが春の花なのでびっくり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ:九州ではチクシシャクナゲが春の花なのでびっくり
4
ミヤマコゴメグサ:九州では見ない花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ:九州では見ない花
4
言わずと知れた女王・コマクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
言わずと知れた女王・コマクサ
5
イワツメクサが開く前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサが開く前
1
アオノツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
1
小屋まで500mと出てからが長く感じるのはナゼ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋まで500mと出てからが長く感じるのはナゼ?
着いた〜!雨の中、10時間も歩いちゃったよ。それにしても、ここまでのお花畑は凄かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた〜!雨の中、10時間も歩いちゃったよ。それにしても、ここまでのお花畑は凄かった
1
野口五郎小屋はアットホーム。この日は僕とパトロール隊の人達だけ。夕飯も素朴でほっかりするね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋はアットホーム。この日は僕とパトロール隊の人達だけ。夕飯も素朴でほっかりするね
7
2日目の天気やいかにと心配してたけど、朝焼けが出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の天気やいかにと心配してたけど、朝焼けが出た
11
ゆっくり目の朝食を頂いて、さあ出発だ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり目の朝食を頂いて、さあ出発だ!
2
小屋をバックに後立山連峰が一望できた。昨秋にあそこを日本海まで歩いたんだよな〜。自分が歩いた山はスグに同定できるから嬉しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋をバックに後立山連峰が一望できた。昨秋にあそこを日本海まで歩いたんだよな〜。自分が歩いた山はスグに同定できるから嬉しい
6
野口五郎岳(2924m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳(2924m)
6
槍から常念山脈がくっきりと!あそこからコッチを眺めていた日を思い出す。テンション上がるわ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍から常念山脈がくっきりと!あそこからコッチを眺めていた日を思い出す。テンション上がるわ〜
6
五郎池と水晶岳。まさにザ・ウラギンザ!この風景は表からは観れないよ〜♬
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五郎池と水晶岳。まさにザ・ウラギンザ!この風景は表からは観れないよ〜♬
6
左の肩に水晶小屋が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の肩に水晶小屋が見えた
4
東沢乗越の手前でパトロール隊長に抜かれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越の手前でパトロール隊長に抜かれる
1
いやマジで速いわ、隊長
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやマジで速いわ、隊長
2
水晶岳(2986m)。小屋にザックをデポして山頂まで30分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳(2986m)。小屋にザックをデポして山頂まで30分
5
北を見れば左手に立山三山、中央に黒部ダム、その上が白馬岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北を見れば左手に立山三山、中央に黒部ダム、その上が白馬岳
5
南を見れば、槍と北鎌尾根に鷲羽
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南を見れば、槍と北鎌尾根に鷲羽
5
西を見れば、雲ノ平と黒部五郎岳。う〜ん、あそこもいずれ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西を見れば、雲ノ平と黒部五郎岳。う〜ん、あそこもいずれ!
3
山頂になんとキアゲハが!こんなとこまでどうやって君は来たんだい?2900mを超えるこの岩山に、君が求める何があるのだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂になんとキアゲハが!こんなとこまでどうやって君は来たんだい?2900mを超えるこの岩山に、君が求める何があるのだろう
1
山頂から読売新道への道が拓かれてる。いつかは行きたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から読売新道への道が拓かれてる。いつかは行きたい
水晶小屋に戻ってきました。15年前に建て直した5代目となる綺麗な小屋です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋に戻ってきました。15年前に建て直した5代目となる綺麗な小屋です
3
しかし、その工事着工直前に工事関係者や山小屋スタッフを乗せたヘリが眼前で墜落するという悲惨な事故もありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、その工事着工直前に工事関係者や山小屋スタッフを乗せたヘリが眼前で墜落するという悲惨な事故もありました
1
可愛らしい女性スタッフと思わず話し込んでしまい、かつオススメされた力汁を食したため、休憩時間が大幅に長引きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛らしい女性スタッフと思わず話し込んでしまい、かつオススメされた力汁を食したため、休憩時間が大幅に長引きました
12
ようやくワリモ岳。ここから見る鷲羽岳もかっちょいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくワリモ岳。ここから見る鷲羽岳もかっちょいい!
11
鷲羽岳(2924m)。ここまで晴天に恵まれ最高の気分!山の神様、ありがと〜♥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳(2924m)。ここまで晴天に恵まれ最高の気分!山の神様、ありがと〜♥
8
ここから降りる先に赤い屋根の三俣山荘が見える。正面は三俣蓮華岳。双六方面はガスだ。ちなみに手前に写る彼らは、これから新穂高まで一気に下山するって!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから降りる先に赤い屋根の三俣山荘が見える。正面は三俣蓮華岳。双六方面はガスだ。ちなみに手前に写る彼らは、これから新穂高まで一気に下山するって!
5
三俣山荘で昼食
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘で昼食
1
山荘を出て双六に向かう。右から鷲羽、ワリモ、水晶の三役そろい踏み。カッチョエ〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘を出て双六に向かう。右から鷲羽、ワリモ、水晶の三役そろい踏み。カッチョエ〜!
9
三俣峠に入る前にはガスガス。眺望は望めないので巻道ルートでお花畑を楽しもう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣峠に入る前にはガスガス。眺望は望めないので巻道ルートでお花畑を楽しもう
ハクサンフウロ:九州にもフウロソウは色々あるけど、これが見たかったから探した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ:九州にもフウロソウは色々あるけど、これが見たかったから探した
3
キヌガサソウ:ちょっと妖艶な感じだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ:ちょっと妖艶な感じだった
4
予定より1時間遅れて双六小屋に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より1時間遅れて双六小屋に到着
2
テン場は思ったより混んでない。それにしてもモンベルとニーモ率高し。僕の2ポールシェルター(緑)が中央に写ってる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場は思ったより混んでない。それにしてもモンベルとニーモ率高し。僕の2ポールシェルター(緑)が中央に写ってる
8
ラッキーな事に小屋で夕食を頂けた。豪華かつ美味い!3000円也
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッキーな事に小屋で夕食を頂けた。豪華かつ美味い!3000円也
7
この時間は晴れて月も見えたのだが夜半から強風、翌朝は雨となる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間は晴れて月も見えたのだが夜半から強風、翌朝は雨となる
4
ザンザン降りなので槍はキャンセルして新穂まで下山する。鏡平で逆さ槍なんてもちろん見えなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンザン降りなので槍はキャンセルして新穂まで下山する。鏡平で逆さ槍なんてもちろん見えなかった
1
すたこら駆け下り、CT5時間半の所を約4時間で下山した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すたこら駆け下り、CT5時間半の所を約4時間で下山した
新穂で温泉に入り汗を流し、バスで高山まで。昼食は弱尊(ジャクソン)のカレー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂で温泉に入り汗を流し、バスで高山まで。昼食は弱尊(ジャクソン)のカレー
5
「古い町並み」は凄い観光客であふれていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「古い町並み」は凄い観光客であふれていた
4
外国人観光客も多い、美しい町並みだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外国人観光客も多い、美しい町並みだ
2
夜には名古屋まで戻り旧友と飲み明かし、翌日は味噌煮込みうどん食べて福岡へ帰りましたとさ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜には名古屋まで戻り旧友と飲み明かし、翌日は味噌煮込みうどん食べて福岡へ帰りましたとさ
8

感想/記録

「ウラ」という響きに惹かれる。
陰や闇、地下とかマイナー、反体制や批評精神、それら同じようなちょっとせつない感じや危ない匂いが「ウラ」にはある。「オモテ」の陽が当たった正々堂々としたモノだって嫌いじゃない。けど、オトコはウラが好きなんだ。まあ皆がそうとは言えないが、僕はウラも好きだ。裏技だの裏口だの、裏金からはたまた裏ビデオまで、ウラには随分とお世話になってきた。

当然ながら表がなけりゃ裏は存在できない。
北アの表銀座と言えば、燕から大天井を経由し東鎌尾根から槍に至る人気ルートだ。このルートはまずアクセスが良いうえに、見事に整備されている。さらには、それまでの山小屋の既成概念を覆したであろう、お洒落で清潔でスタッフ教育が行き届いた燕山荘グループの小屋がある。このルートを行くときは、華やかなウェアと最新のギアに身を固めなければ、恥ずかしさを感じるほどである。当然、ハイカーの女子率・若者率も高い。

ここでタイトルが少し誤っていた事に気づいた。
「オヤジは黙ってウラギン!」が正しい。明るくキラキラとした表銀座に、どことなく居心地の悪さを感じているならば、我らオヤジ達はウラギンに行かねばなるまい。まず裏銀座を隠語のごとく言えるのが良いではないか。表銀座を呼ぶのに、こうはゆくまい。さらに「ギン!」という響きがオヤジにはたまらない。表の「キラキラ」ではなく、ウラは「ギンギラ」なのだ。うむ、今夜も酔いが回ってるぞ。

さて、裏銀座への入山は新穂高からではなく七倉が良い。
まず、七倉へ行くまでのアクセスが悪い。さらにゲートもあって簡単に入れない所が、良い。今回の山行は金曜に休みを取ったので祝日の月曜まで、なんと4日間も山を歩ける計画だ。木曜の仕事を終え、最終便の Jetstar で成田へ飛び、夜行バス(毎日あるぺん号)で七倉入りをする段取りを取っていたのだ。そんな出発直前に、俺は幾つかの過ちを犯していた。

一つ目は、不精故のトレーニング不足だ。
その解消をと平日の仕事帰りに夜間山行を強行し久住入りをしたら、コケて親指の靭帯を切った。さらに出発前日、昼間にマルちゃんとボルダリングをして腕が上がらなくなった。更にさらにその夜、チャンフーさん他ヤマレコ仲間(ツネさん・モカさん・タッキー・ソルさん・そしてマルちゃん)と飲み会をしたもんで、木曜は朝帰りとなってしまった。二日酔いの頭で仕事をこなし、ギリギリの時間で福岡空港に行く羽目になったのだった。

セールで購入していた Jetstar が今回もやってくれた。
なんと1時間の遅延。おいおい、あるぺん号の出発時刻に間に合わないじゃないか。一時はあきらめかけたが、成田に到着し連絡を入れると22時半の竹橋発ではなく23時の新宿発に間に合えばよいという事になった。俺は走った。広い成田空港を、慣れない電車の乗継を、重いザックを背負いつつ山笠でもやってるのかと思うような人混みの中を走った。

本当にギリギリでバスに乗れた。
そんなアドレナリンが大量放出された俺は、車中で眠ることも出来なかった。以前も同様の経験をしたが、2時間おきにSAに入り起こされる夜行バスでは熟睡できない。ましてや今回は23時に新宿を出て4時前には七倉に着くときた。そうして俺は疲労と寝不足を抱えたまま登山口に降り立ったのだった。

ブナ立尾根は北ア三大急登の一つに数えられる。
とはいえ、いつもの俺なら楽勝とまでは言わないが、まあ行けた道だろう。しかし今回は分が悪い。おまけに雨が微妙な降り方をする。ちょっと朦朧としつつ登りきり、なんとか烏帽子小屋に辿り着いた。話を「ウラ」に戻そう。表の燕山荘・大天荘とあえて対比をすれば、まさに烏帽子小屋・野口五郎小屋はウラ感が際立っていた。

小屋の扉はうまく開けられなかった。
痛めている親指のせいもあるが、立てつけの悪さか扉がやけに重い。ガタピシという感じがウラ感を増す。人が居なければ、ここは小屋開けをしているのかと疑ったかもしれない。しかしそこで会ったスタッフは実に温かかった。レインを着た俺に、身内に話しかけるように労りの声をかけてくれる若旦那。カレーを食いつつ親父さんと世間話をするうちに、ここは親戚のウチかと勘違いしそうになった。

野口五郎小屋では、長野県夏山常駐パトロール隊の方々とご一緒になった。彼らは長野県に委嘱され、夏山シーズンにおける北アルプスでの山岳遭難事故防止に努めている。オフシーズンはどうしているのか?と隊長に尋ねると、それぞれに働いているそうだ。隊長自身は仕事を辞めて貯金で食いつなぐ現在だそうで、パトロール隊が終わればネパールの8000m級へ向かうのだと言う。我々がこうして雄大ながらも危険な山で遊べているのも、こうした「ウラカタ」さんが大勢居てのことであろう。

2日目は野口五郎小屋からのスタートで、見事に晴れ渡った。
槍を左手に眺めつつ歩く稜線は素晴らしく、随所にお花畑が現われる幸せな天空の回廊だった。野口五郎岳も水晶岳も山頂を独り占めでき、鷲羽岳まで登山者とすれ違う事も数えるほどしかなかった。ウラギンの醍醐味をたっぷりと味わえた至福の時間であった。

この日の目的地、双六小屋に着いた頃には天候は下り坂。
思ったほど混んでいないテン場に張ったフロアレスシェルターは夜半の強風にもびくともしなかった。朝には雨足も強まって来そうだったので、銀座の最終目的地となる槍ヶ岳は今回スキップすることとした。西鎌尾根も槍の穂先も難度は高くないものの、強風と雨では楽しめないだろう。

連休中日の双六小屋は繁盛していたが、それでも上高地の混雑よりは静かだろうと推測しつつニヤリとできる辺りが、ウラっぽい。槍に行かないので予定が一日すっぽり空いた事になる。セントレア空港からの復路便は明日の夜だ。う〜む、それじゃこれから名古屋の夜を楽しむとするか。名古屋の夜の銀座といえば栄か錦か…いずれにしてもこれで締めればオヤジのウラギンも完璧だな。さらにニヤリとした俺だった。

おしまい。

なお、このレコは例のごとく酔って書いているので、悪意が無いことはご理解いただきたい。燕岳は僕の初恋の山だし、赤沼さんは20年来の友人でもある。烏帽子小屋も野口五郎小屋も素敵な小屋でファンになった。表と裏は一体であり、そこに優劣などない。登山道の整備を始め、疲れた登山者を暖かく迎えてくれる山小屋に敬愛を込めて書いたつもりだ。
訪問者数:727人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/4
投稿数: 1744
2016/7/19 12:57
 (〃^∇^)oお疲れさまでしたぁ
以前、裏銀座って話されてるのを聞いた時に、どうせヤマシイんだろうな・・・と
思ってたのですが、健全な場所でした(6 ̄  ̄)ポリポリ 
(そちら方面は無知でしてスミマセン)

私も、表より裏の方が色んな意味で好きですが
まずは、表を来年辺りチャレンジしてみようかなぁ〜notenote
sol
登録日: 2011/5/20
投稿数: 1964
2016/7/19 14:27
 お疲れです(^^)
行ってみたい山の名前が沢山出てきました。
2泊3日でここまで長く歩けないと思いますけどね
1日でも晴れて良かったですね〜
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/19 15:05
 チアキさん?Re: (〃^∇^)oお疲れさまでしたぁ
「どうせ」に引っ掛かりますが…?僕の良心回路は不完全なので、やましさを感じることがないのです(  ̄▽ ̄)
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/19 15:07
 ソルさん>Re: お疲れです(^^)
え?僕なんかよりも歩ける人と聞いていますが?
登録日: 2012/9/24
投稿数: 2204
2016/7/19 21:01
 ウララ〜ウララ〜♪
私の父が若い頃、「表なんてミーハーな…」と
裏やら後やら歩いていたという話を思い出しました。
裏ってなんかソソられますもんね

ツウ好みのこのあたり、
黒部の山賊読んで以来の憧れのエリアです
お花もたくさん見られててうらやましいー。
登録日: 2010/5/3
投稿数: 4427
2016/7/19 21:36
 お疲れ様でしたー!!
まずはご無事なご帰還、なによりでした
しっかしタフですねー

と言って記録を見たら自撮りはいつもの通りだけど、なんかいつもと違って花の写真が異様に多いような・・
花に目覚めましたか・・
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/19 21:54
 モカさん>Re: ウララ〜ウララ〜♪
早くおいでよ、北アルプスに
花の時期もいいけど、秋の紅葉も凄いぞ〜
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/19 21:56
 チャンさん>Re: お疲れ様でしたー!!
出発前夜の飲み会で消耗してましたよ〜
花は初期のレコには結構あげてるんですよ
登録日: 2011/12/13
投稿数: 2367
2016/7/20 7:13
 綺麗ですね〜
金泉寺に上りながら ソルさんと 「ワカタケヤさんは ウラが似合う男やね」って話しをしてたとこでした ←えっどんな(笑)
安いチケットで旅上手だなぁっと思ってましたが、時間にルーズなところが怖いですね でも バスも間に合って良かったぁ
やっぱ 景色が違いますね〜
あぁ 裏も表も憧れます
登録日: 2011/11/3
投稿数: 2612
2016/7/20 7:28
 酔って書かれた感想文!
素晴らしい文才ですね!
いつもながらの読み入ってしまいます。
2日目天気回復でいい景色の中歩けて
充実の裏銀座でしたね!
ジェトスターの遅れでハラハラの連絡が入りましたか、だいぶ走られて苦労されたようで心配してましたが、バスに間に合って良かったですね!
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/20 8:15
 ミスチルさん>Re: 綺麗ですね〜
「ウラが似合う男」…初めて言われましたが、「マニラのポン引き」とか「クヒオ大佐の兄」と言われた時より嬉しい感があります

これまで何度か乗った山岳夜行バスは、やっぱり自分には合わないようです。時間的には便利なんですけどね〜。遠征移動ルートの研究はなかなか深いものがあります

ミスチルさんもぜひアルプスへ行きましょ〜
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/20 8:26
 ツネさん>Re: 酔って書かれた感想文!
成田行きの最終便は恐ろしいです。以前も遅延して、あわや空港で野宿する羽目になりそうだった事も 。JRのシニア系割引が使える年齢になったので、ただいま鋭意研究中であります
登録日: 2012/7/19
投稿数: 4112
2016/7/20 9:56
 おかえりなさい
去年、槍〜高瀬ダムまで行けなかったので(槍から上高地に下山)ひっじょ〜に羨ましいです
五郎に水晶に鷲羽ぁ〜〜!!!
裏に惹かれる・・・わかりますww
踏み入れちゃいけないような、公にしちゃいけないような、だけど素晴らしい物を持ってそうな感じがしますよね

登山もだけど高瀬ダムもダムマニア的にずっと見てみたいダムのひとつなんですよね
見た目ばかりに心を奪われてましたが、こんな重大な土砂の問題があるとは知りませんでした
きっと計画段階から色んな頭いい人達がシュミレーションして建設したんでしょうけど、人間が自然に手を加えると自然界に綻びが起きますね
2000円弱で飛行機に乗れる御身分なのもうらやましか〜〜!!!!
登録日: 2012/9/7
投稿数: 1218
2016/7/20 12:37
 予報に反して
意外に良好で良かったですね。
珍しくお花の写真もいっぱいあって満喫できたようで。

裏ヤマシイ(笑)
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/21 9:06
 ユカリン>Re: おかえりなさい
頭のイイ人達がやると物事はイカンのよね。心のイイ人達がやらなね。

Jetstar がセールの時は飛行機を先に押さえ、予定を調整するという(笑)。今回、2便を無駄にしました…💧
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/21 9:09
 つるちゃん>Re: 予報に反して
1日でも晴れれば十分よね😃
秋にも行きたいなぁ。
登録日: 2013/11/19
投稿数: 1477
2016/7/21 21:38
 お疲れ様でした!
地図を広げて軌跡を追いかけてみました。
来月歩く道が少し被ってて、その先はこんな景色なんだなぁって
ワクワクしました。

さらりと書いてあったし写真も楽しかったから、
わたしもさらりと歩けそう!と思いましたが
長時間走行でしたね。
表と違って混雑がない、大人なウラギンなんですね。
山っていいなぁって改めて思いましたよ。
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/21 23:44
 クルさん>Re: お疲れ様でした!
来月ってアベちゃん達と?
天気が良いといいですね
sol
登録日: 2011/5/20
投稿数: 1964
2016/7/22 14:21
 42番
オヤマノエンドウ?
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/24 14:05
 ソルさん>Re: 42番
おお!そうですね、オヤマノエンドウです
さすがやな〜。すっきりしました、ありがとう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ