また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > saitama-nさんのHP > 日記
2020年09月26日 13:36未分類全体に公開

野反湖の途中にある別荘地(野反湖パークハイランド)

2014年の9月に友人が群馬県にある尻焼温泉に行きたいというので一緒にドライブ。
尻焼温泉は川の温泉だとか。
現地に到着すると本当に川の一部が温泉になっていました。
が、友人は長時間かけて来たのにすぐに上がってしまいました。
「綺麗好きなので苔は我慢できない」と言う友人ですが、「川の温泉なんだからちょっと考えれば川に苔があるのぐらい分かるじゃん!」と思ったものの心の奥底に封印しました。

その後は野反湖の湖畔でご飯休憩(貧乏人の味方カップラーメン)。
食事中に友人から「尻焼温泉はダメだった。万座温泉に前に行ったら良かったので行こうよ」との事。
草津をすっ飛ばして(前に一緒に日帰りで来たので)、万座温泉の立ち寄り湯へ。

熱めで良い具合の万座温泉でしたが、露天風呂は立ち湯か!というくらい湯舟が深くて斜めに落ちて顔がジャブン!(お湯が白いので底が見えない)
先客3人はニヤニヤ顔。
「お、来た来た。湯舟でジャブンするぞ」だったようです。
彼等も同じ思いをしたのかもしれません。くそ〜。

が、友人は露天風呂に来ません。
「だって熱いんだもん」ですって。「お前が万座温泉に行きたいと言ったんだろうに、どうして露天風呂に入らんの?」と思ったものの心の奥底に封印しました。

そんなこんなで数日後に野反湖について調べていると、野反湖近くに妙な場所を発見。調べると別荘地のようです(カーナビで別荘地みたいのが出ていたので気になっていた)。
野反湖パークハイランドだそうです。調べてもゲートがある別荘地という情報だけ。

久々に調べなおすと野反湖パークハイランドの一角が100万円(1411m²)で売り出されていました。
「管理料 年間54,859円(税込)※月3円/屐廚世修Δ任后「月3円/屐廚賄效鰐明囘たりの管理費。
ゲートのある別荘地のようなので、土地購入というよりは土地利用権といった感じ。
冬季通行止めなので冬は利用できません。
原野商法的に見えてしまう自分はひねくれているのかもしれません。
自分なら100万円で草津温泉のいい宿に(2人で5万円として)で20回宿泊します。
同じ別荘地で225万円という物件もありました。同様に草津温泉で45回宿泊します。

六合の里温泉郷組合:尻焼温泉
https://nakanojo-kanko.jp/kuni/hotsprings/hotsprings/尻焼温泉/
野反湖キャンプ場:天空の湖に映る満天の星
https://nozorikocamp.com/
東京電力ホールディングス株式会社:群馬県 野反ダム
https://www.tepco.co.jp/electricity/mechanism_and_facilities/power_generation/renewable_energy/hydroelectric_power/dam/list/nozori.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:189人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ