また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ankotaさんのHP > 日記

日記

ブルーステージ ankota Standard

カテゴリー「過去の山行」の日記リスト 全体に公開

2015年 11月 01日 16:29過去の山行

幻の大池

幻の大池と云われていた池がある。地形図での名称は白沢ノ池である。私が山に登り始めた70年代のブルーガイドブックスにも載っていたのだが、このガイドブックは著者の個人的な嗜好が強く、とんでもない場所が載っていた。幻の大池の名称もこの著者の命名だったと思う。 80年代にこの地域の藪山に魅せられて、ど
  22 
2014年 07月 11日 18:11過去の山行

北アルプスの山小屋での不可解な出来事

以前にも幻覚を見たことを日記にも書いたが、自分は幽霊のようなものは信じていない。山の中で声も掛けずにそっと通り過ぎたら、西丸震哉氏から幽霊扱いされた経験も過去の日記に書いた。感覚器官によるものは証拠が残らない。ただ一度だけどうしても説明不能の現象に遭遇した。 日時ははっきり憶えてい
  83   5 
2014年 02月 13日 18:46過去の山行

56豪雪の思い出

 先日は南岸低気圧の影響で、広い範囲で大雪になった。大雪で思い出すのは、逗子開成高校の山岳部員が八方尾根で遭難した56豪雪の時だ。その時は北アルプスの槍ヶ岳硫黄尾根を目指していた。昭和55年の年末から昭和56年の正月にかけてである。 年末早い時期に友人と二人で入山した。葛温泉の登山指導所
  20   2 
2013年 12月 25日 15:09過去の山行

幻覚は伝染する?最終回

両側が笹藪に覆われた道になって、幻覚が見えなくなったことで安心したまでが前回の話でした。 その道の奥から、絵のように3人位の人影が現れました。揺れているので歩いているようです。今までの幻覚は全く静止していたので、あれは人でいいんだな、と思いましたが異常に寄り添っている様に見えました。もう少し
  54   6 
2013年 12月 22日 10:42過去の山行

幻覚は伝染する?その2

前回までに、徳沢から明神の間をどうも寝ながら歩いていたらしいことを書きました。その続きです。 明神から上高地に向かって出発すると、すぐに木がまばらになった砂礫のところを通ります。梓川の河原が良く見えます。道から河原の間の真ん中位に1台の乗用車が停まっていました。この道は許可車両であれば
  36   4 
2013年 12月 20日 17:51過去の山行

幻覚は伝染する?その1

 私は幽霊の様なものは信じていない。山で怖い思いをしたことは沢山あるが、幽霊の様なもので怖い思いはしたことがない。  以前の日記に書いたが、滅多に人に会うはずもない場所で、そっと通り過ぎたために、西丸震也氏から、私は幽霊にされていたようであるが、声をかけにくい事情があったからで、わかってしまえば、
  45   2 
2013年 12月 06日 18:16過去の山行

冬の北鎌で遭遇した親子のこと

雑誌に小さな子供が深田氏の日本百名山を完登したことが載っていた。 すごいことだとは思うが、私には素直に受け取れない。  もう20年以上前になるが、正月休みに北鎌へ行ったことがある。もちろん北アルプスの槍ヶ岳北鎌尾根である。千天出合の手前で一組の親子パーティに追いついた。父親とまだ小学生位の
  124   8 
2013年 07月 29日 18:50過去の山行

奥利根、矢木沢ダム湖岸の道

 奥利根の矢木沢ダムが渇水で、首都圏は取水制限されたようですね。こちら岩手はずっと天気が悪く、雨雲を分けてあげたい程です。矢木沢ダムの映像を見ると、80年代半ばに、水長沢から平ケ岳に一人で登った時のことを思いだします。  当時住んでいた埼玉県大宮市から、バイクで矢木沢ダムまで入り、湖岸の道を水
  7 
ページの先頭へ