ヤマレコ

記録ID: 1191529 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳南部(美濃戸口〜阿弥陀岳〜行者小屋〜地蔵の頭〜赤岳〜権現岳〜天女山〜甲斐大泉)

日程 2017年07月07日(金) 〜 2017年07月08日(土)
メンバー
天候7/7:曇り。時々晴れ、ガス、微雨。  
7/8:晴れ。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:茅野駅からバスで美濃戸口へ。
帰り:甲斐大泉駅からJR利用。(小淵沢からはホリディ快速ビュー山梨)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間19分
休憩
51分
合計
5時間10分
S美濃戸口11:1912:44御小屋山12:5713:31不動清水13:3915:11西の肩(岩場)15:1315:17阿弥陀岳15:4116:00中岳のコル16:08阿弥陀岳北稜16:1116:11中岳のコル登山道水場16:1216:24阿弥陀岳分岐16:29行者小屋
2日目
山行
7時間19分
休憩
1時間40分
合計
8時間59分
行者小屋05:5806:52地蔵の頭06:5507:37赤岳07:5308:02竜頭峰08:07真教寺尾根分岐09:05キレット小屋09:10(休憩・小屋上の尾根)09:1609:36ツルネ10:04旭岳10:17(休憩・梯子の下)10:2710:34縦走路分岐10:3610:41権現岳11:16三ッ頭11:20三ツ頭分岐11:3511:54前三ツ頭12:20(休憩・標高2000m表示点)12:3013:16天の河原13:3113:38天女山上駐車場13:42天女山13:4313:53(休憩)14:1514:19天女山登山道口14:57甲斐大泉駅14:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全コースとも一般登山道。メジャーなコースなので略。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

スタート地点の美濃戸口
2017年07月07日 11:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点の美濃戸口
道標に従って右側の道路を進む。
2017年07月07日 11:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標に従って右側の道路を進む。
御小屋山。左手前に見える板状の棒が何本も立てられている。いたるところでこういうのを見かけたが、なんだろう。
2017年07月07日 12:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋山。左手前に見える板状の棒が何本も立てられている。いたるところでこういうのを見かけたが、なんだろう。
1
不動清水入口
2017年07月07日 13:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水入口
不動清水。入口からほぼ水平の道ですぐ。
2017年07月07日 13:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水。入口からほぼ水平の道ですぐ。
同、広角で
2017年07月07日 13:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、広角で
ガスってきた。
2017年07月07日 14:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきた。
梯子。この辺り険しい岩場帯。
2017年07月07日 14:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子。この辺り険しい岩場帯。
癒しの花。
2017年07月07日 15:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの花。
同。
2017年07月07日 15:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同。
同。
2017年07月07日 15:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同。
鎖場。険しさ感いっぱい。
2017年07月07日 15:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。険しさ感いっぱい。
2
また梯子
2017年07月07日 15:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また梯子
同、少し下りてから広角で
2017年07月07日 15:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、少し下りてから広角で
1
阿弥陀岳頂上
2017年07月07日 15:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳頂上
2
ガスが晴れた僅かな時間に眼下の行者小屋を確認。
2017年07月07日 15:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れた僅かな時間に眼下の行者小屋を確認。
1
下を向いて歩いていて、この張り出した木に頭をぶつけてしまった。気付かない方が悪いとは分かるが・・・・
2017年07月07日 16:18撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を向いて歩いていて、この張り出した木に頭をぶつけてしまった。気付かない方が悪いとは分かるが・・・・
1
もう行者小屋は目前
2017年07月07日 16:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう行者小屋は目前
1
行者小屋
2017年07月07日 16:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋
1
いつしかガスも晴れて上空には青空が広がってきた。
2017年07月07日 17:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつしかガスも晴れて上空には青空が広がってきた。
2
正面は赤岳と中岳の間の鞍部。文三郎尾根を登り切った辺り。
2017年07月07日 17:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面は赤岳と中岳の間の鞍部。文三郎尾根を登り切った辺り。
1
赤岳がくっきり。
2017年07月07日 17:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳がくっきり。
3
中央は赤岳展望荘
2017年07月07日 17:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央は赤岳展望荘
横岳
2017年07月07日 17:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳
同アップで
2017年07月07日 17:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同アップで
1
阿弥陀岳。頂上に居た2時間くらい前ではガスってなにも見えなかったのに・・・
2017年07月07日 17:41撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳。頂上に居た2時間くらい前ではガスってなにも見えなかったのに・・・
2
私の御殿
2017年07月07日 18:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の御殿
1
日付けが替って地蔵尾根に向かう。
2017年07月08日 05:57撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日付けが替って地蔵尾根に向かう。
地蔵尾根の最初頃の道。
2017年07月08日 06:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の最初頃の道。
階段が多い
2017年07月08日 06:19撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が多い
1
こんな階段も多い。
2017年07月08日 06:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな階段も多い。
地蔵の頭
2017年07月08日 06:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
地蔵の頭から北方面
2017年07月08日 06:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭から北方面
2
地蔵の頭から南の方面。赤岳展望荘の上に赤岳
2017年07月08日 06:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭から南の方面。赤岳展望荘の上に赤岳
2
お花畑
2017年07月08日 07:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑
眼下に行者小屋
2017年07月08日 07:20撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に行者小屋
同、広角で
2017年07月08日 07:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同、広角で
赤岳頂上
2017年07月08日 07:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上
4
赤岳頂上小屋
2017年07月08日 07:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上小屋
1
赤岳から対面の阿弥陀岳
2017年07月08日 07:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳から対面の阿弥陀岳
2
中央は硫黄岳
2017年07月08日 07:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央は硫黄岳
1
文三郎尾根とキレットの分岐点
2017年07月08日 07:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根とキレットの分岐点
癒しの花
2017年07月08日 08:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの花
1
真教寺尾根分岐。左が真教寺尾根へ。
2017年07月08日 08:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真教寺尾根分岐。左が真教寺尾根へ。
険しい岩場が続く
2017年07月08日 08:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい岩場が続く
2
キレット小屋
2017年07月08日 09:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋
癒しの花
2017年07月08日 09:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの花
ツルネ
2017年07月08日 09:35撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネ
長い長い鉄梯子。スリル感じる。
2017年07月08日 10:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い長い鉄梯子。スリル感じる。
3
権現岳直前の分岐点。権現岳は3分先との表示有り。
2017年07月08日 10:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳直前の分岐点。権現岳は3分先との表示有り。
1
分岐から1分下ったところに建つ権現小屋。
2017年07月08日 10:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から1分下ったところに建つ権現小屋。
ここが権現岳頂上。
2017年07月08日 10:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが権現岳頂上。
1
癒しの花
2017年07月08日 10:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの花
三ツ頭
2017年07月08日 11:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭
前三ツ頭
2017年07月08日 11:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前三ツ頭
癒しの花。今日初めて見たニッコウキスゲ。この1本のみ見た。
2017年07月08日 13:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの花。今日初めて見たニッコウキスゲ。この1本のみ見た。
天ノ河原
2017年07月08日 13:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天ノ河原
天女山入口パーキング
2017年07月08日 13:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山入口パーキング
天女山
2017年07月08日 13:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山
やっとゴールした甲斐大泉駅。
2017年07月08日 14:57撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとゴールした甲斐大泉駅。
撮影機材:

感想/記録

■週間天気予報をみると7,8,9日辺りは晴れ間があり雨の心配はなさそうで、これを逃すと以降は曇りマークが多くなるし、さらに延びると夏休みシーズンに入る。混雑する山は出来れば避けたいので、天気が良いうちにと決行を決断した。毎日が日曜日の私は日程組みの自由度は高い。
ほぼ1年ぶりとなるテント泊山行であることと、忍び寄る老いとで歩けるかな等と幾分億劫さもあったが、行けばいつも”決行して良かった”という思いが殆どだったことから気持ちの萎えを振り切った。
テント場は混むような気がしたので土曜日発を前日の金曜日発にした。その代わり、平日バス便の都合上少し遅い歩き始めになるがテント泊なので遅くなって着いても問題はないだろう。

■天気はまずまずなのだろうがガスが濃くなってきた。日影になっていいのだが御小屋山で休んでいるときには雨粒が少し落ちてきた。以降、止んだりぽつりときたり陽が射したりとはっきりしない空模様だ。不動清水入り口で水補給する必要はなかったが偵察がてらにほぼ水平の道を片道数分の水場へ往復した。阿弥陀岳頂上が近くなると険しい岩場が現れてきた。鎖や梯子等も設置されている。

■阿弥陀岳頂上に15:17着。展望は本来いいはずなのにガスに覆われて眺望は全くない。休んでいる間に雨がポツリと落ちてきた。雨具とザックカバーを取りあえずいつでも取り出せるように準備して下山にかかった。中岳コルに着くまではガレ場の急坂な下りで躓き転倒を警戒し慎重に足を運んだ。

■行者小屋に着いた後、何時のまにかガスが晴れてきて、見上げた眼前の赤岳、阿弥陀岳、はじめ横岳、硫黄岳など周りの山々が神々しく照り輝いていた。夜には星も見えて明日の天気に安心を持てた。

■夜中は気温が下がり寒いくらいでシュラフのジッパーを上まで締めた。眠れたのかそうでないのか良く分からないなかで4:10起きだし、6時前に出発した。上は青空、暑い陽射しが照りそそぐが眺めが良く、梅雨明けの真夏を思わせるようだ。稜線に出てからの展望は素晴らしかった。

■今日は土曜日なので多くの登山者とすれ違った。赤岳を過ぎて真教寺尾根分岐から先は初めて歩くコースとなる。岩場の急な下り坂で前のめりの転倒だけは用心した。下りきったところがキレット。そこからちょっと進むとキレット小屋。山と高原地図には小屋傍に水場があるように表示されているので補給したかったが、小屋自体が雨水を利用しているようで、また、丁度ヘリの荷運び時で危ないから早く通り過ぎてくれと言われて、尋ねることもできず水場の確認もできなかった。

■権現岳近くの梯子登りは長くて高度感がありスリルある。3点支持を忠実に守り登り切って一安心した。権現岳から先は下り一辺倒。前三ツ頭から天の河原までは長かった。天女山を過ぎて、駅までなだらかな下りの車道歩きはゆっくり歩いたが、それでも電車の予定時刻より1時間前に到着した。こんなことならもっと途中で展望を堪能するんだったなあと思うも後の祭り。駅周辺は淋しい限りで待ち時間を持て余した。
訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ