また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1222943 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

赤牛岳【216/301】今年の山の日は、北アルプス最奥の山<鷲羽岳⇒水晶岳⇒赤牛岳⇒高天原温泉⇒三俣蓮華岳>

日程 2017年08月10日(木) 〜 2017年08月13日(日)
メンバー
天候8月10日 晴れ時々霧
8月11日 くもりのち晴れ
8月12日 くもり一時雨
8月13日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
■新穂高温泉 鍋平高原無料駐車場
■下山時に新穂高温泉ロープウエイ利用
新穂→鍋平高原[500円]
駐車場まで 下り 17分かかりました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1224397.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間6分
休憩
1時間16分
合計
11時間22分
S鍋平駐車場05:5206:28新穂高登山指導センター06:49登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)06:5307:14お助け風穴07:29中崎橋07:39笠新道登山口07:4007:54わさび平小屋08:0808:27小池新道入口09:11秩父沢出合09:2109:34チボ岩09:3509:53イタドリが原09:5410:34シシウドヶ原10:5811:48鏡池11:49鏡平山荘12:0213:13弓折乗越13:1413:31花見平13:44くろゆりベンチ13:4514:12双六池14:1314:16双六小屋14:1814:55双六岳巻道分岐14:5716:41三俣峠16:4217:14三俣山荘
2日目
山行
10時間41分
休憩
15分
合計
10時間56分
三俣山荘05:3706:50鷲羽岳07:18ワリモ岳07:1907:30ワリモ北分岐07:3108:05水晶小屋08:0608:47水晶岳08:4909:46温泉沢ノ頭09:4811:32赤牛岳11:3813:26温泉沢ノ頭16:07高天原温泉16:0916:33高天原山荘
3日目
山行
7時間32分
休憩
28分
合計
8時間0分
高天原山荘05:3905:47高天原分岐05:4806:31水晶池分岐06:38水晶池06:4006:45水晶池分岐06:4608:29岩苔小谷水場08:3108:38岩苔乗越08:3909:22黒部川水源地標09:3510:23三俣山荘10:2411:19三俣峠11:2011:36三俣蓮華岳11:3912:13丸山12:47中道分岐12:4813:22双六岳中道分岐13:2313:25双六岳巻道分岐13:2613:39双六小屋
4日目
山行
4時間14分
休憩
37分
合計
4時間51分
双六小屋06:0006:07双六池06:0806:37くろゆりベンチ06:3906:49花見平06:58弓折乗越06:5907:25鏡平山荘07:4207:44鏡池08:09シシウドヶ原08:1008:23イタドリが原08:35チボ岩08:51秩父沢出合08:5309:23小池新道入口09:36わさび平小屋09:4510:07笠新道登山口10:0810:17中崎橋10:28お助け風穴10:2910:42登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)10:4410:51新穂高温泉駅10:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
日本百名山 鷲羽岳・水晶岳
二百名山 赤牛岳
三百名山 三俣蓮華岳

鍋平駅から駐車場までは、リンクファイルにまとめました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1224397.html

コース状況/
危険箇所等
危険箇所
▪温泉沢の頭から高天原温泉[下り]
急坂を下り続けました。
温泉沢は、岩場の渡渉が続きました。
一ヶ所だけ、裸足になりました。
その他周辺情報帰りに、奥飛騨 福地温泉 石道の湯に立ち寄りました。
http://www.soene.com/goheimura/
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ヘルメット

写真

8/10 5:53
鍋平無料駐車場から新穂高温泉まで歩きました。
2017年08月10日 05:53撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 5:53
鍋平無料駐車場から新穂高温泉まで歩きました。
2
8/10 6:03
笠ヶ岳が正面に見えました。
2017年08月10日 06:03撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 6:03
笠ヶ岳が正面に見えました。
2
8/10 6:06
道案内に従い森の中を進みます。
2017年08月10日 06:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 6:06
道案内に従い森の中を進みます。
8/10 登山ゲート前で、4日間の行動を確認しました。 
2017年08月10日 06:49撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 登山ゲート前で、4日間の行動を確認しました。 
1
8/10 7:29
中崎橋通過
2017年08月10日 07:29撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 7:29
中崎橋通過
8/10 7:39
笠新道分岐、水場があります。
2017年08月10日 07:39撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 7:39
笠新道分岐、水場があります。
8/10 7:51
わさび平小屋。冷たいバナナを食べました。
2017年08月10日 07:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 7:51
わさび平小屋。冷たいバナナを食べました。
8/10 8:21
渡渉の練習です。
2017年08月10日 08:21撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 8:21
渡渉の練習です。
2
8/10 8:26
アザミとミドリヒョウモン(?)
2017年08月10日 08:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 8:26
アザミとミドリヒョウモン(?)
8/10 8:27
小池新道分岐
2017年08月10日 08:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 8:27
小池新道分岐
8/10 8:27
コースタイムが参考になりました。
鏡平まで3時間30分。12時に鏡平ですね。 
2017年08月10日 08:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 8:27
コースタイムが参考になりました。
鏡平まで3時間30分。12時に鏡平ですね。 
8/10 8:40
石の道が続きます。
2017年08月10日 08:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 8:40
石の道が続きます。
8/10 9:01
「槍へ延びる西鎌尾根」「奥穂へ続く稜線」が見えました。
2017年08月10日 09:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 9:01
「槍へ延びる西鎌尾根」「奥穂へ続く稜線」が見えました。
8/10 9:10
秩父沢が目の前です。
2017年08月10日 09:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 9:10
秩父沢が目の前です。
8/10 10:26
シシウドヶ原で小休止
2017年08月10日 10:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 10:26
シシウドヶ原で小休止
8/10 11:27
鏡平まであと500m
2017年08月10日 11:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 11:27
鏡平まであと500m
8/10 11:47
鏡池に写る・・・
2017年08月10日 11:47撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 11:47
鏡池に写る・・・
8/10 11:49
鏡平山荘到着。ワンコインの缶コーラで疲れを癒しました。
2017年08月10日 11:49撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 11:49
鏡平山荘到着。ワンコインの缶コーラで疲れを癒しました。
8/10 12:02
小休止後、目指すは、弓折岳分岐。
2017年08月10日 12:02撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 12:02
小休止後、目指すは、弓折岳分岐。
8/10 13:12
鏡平小屋から70分。疲れが・・(^^;)
2017年08月10日 13:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 13:12
鏡平小屋から70分。疲れが・・(^^;)
8/10 13:27
雪渓横断
2017年08月10日 13:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 13:27
雪渓横断
8/10 13:45
くろゆりベンチ 「くろゆり」は見かけませんでした。
2017年08月10日 13:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 13:45
くろゆりベンチ 「くろゆり」は見かけませんでした。
8/10 14:06
木道を歩きました。
2017年08月10日 14:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 14:06
木道を歩きました。
8/10 14:11
花畑を楽しみました。
2017年08月10日 14:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 14:11
花畑を楽しみました。
8/10 14:13
双六小屋テントサイト
2017年08月10日 14:13撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 14:13
双六小屋テントサイト
8/10 14:17
双六小屋通過
2017年08月10日 14:17撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 14:17
双六小屋通過
8/10 14:34
中道・巻道の分岐への急坂。
2017年08月10日 14:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 14:34
中道・巻道の分岐への急坂。
8/10 14:55
分岐点を巻道に向かいました。
2017年08月10日 14:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 14:55
分岐点を巻道に向かいました。
8/10 16:41
分岐から1時間45分で三俣峠。
2017年08月10日 16:41撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 16:41
分岐から1時間45分で三俣峠。
8/10 17:11
双六小屋から約3時間。
明日のためとはいえ、よく頑張りました。
2017年08月10日 17:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/10 17:11
双六小屋から約3時間。
明日のためとはいえ、よく頑張りました。
8/11 5:40
霧の中、鷲羽山を登ります。
2017年08月11日 05:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 5:40
霧の中、鷲羽山を登ります。
8/11 6:48
山頂まで、1時間10分かかりました。
2017年08月11日 06:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 6:48
山頂まで、1時間10分かかりました。
8/11 6:49
鷲羽岳登頂 とはいへ、先を急ぎます。
2017年08月11日 06:49撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 6:49
鷲羽岳登頂 とはいへ、先を急ぎます。
8/11 7:31
ワリモ分岐通過。ここまで、1時間50分。
2017年08月11日 07:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 7:31
ワリモ分岐通過。ここまで、1時間50分。
8/11 8:05
水晶小屋まで2時間25分。
2017年08月11日 08:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 8:05
水晶小屋まで2時間25分。
8/11 8:45
3時間5分で水晶岳まで来ました。
2017年08月11日 08:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 8:45
3時間5分で水晶岳まで来ました。
8/11 8:53
ここにきてやっと「赤牛」という文字を見ることができました。
2017年08月11日 08:53撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 8:53
ここにきてやっと「赤牛」という文字を見ることができました。
8/11 9:45
「温泉沢の頭」
重たいザックをデポして赤牛を目指します。
2017年08月11日 09:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 9:45
「温泉沢の頭」
重たいザックをデポして赤牛を目指します。
8/11 10:34
霧が濃くなると迷子になりそうな箇所がありました。
石積みケルンが目印です。
2017年08月11日 10:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 10:34
霧が濃くなると迷子になりそうな箇所がありました。
石積みケルンが目印です。
8/11 11:19
いくつもの丘を越えてきました。
いよいよ、赤牛岳でしょうか。
2017年08月11日 11:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 11:19
いくつもの丘を越えてきました。
いよいよ、赤牛岳でしょうか。
8/11 11:33
赤牛岳山頂、遠かった(>_<)
2017年08月11日 11:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 11:33
赤牛岳山頂、遠かった(>_<)
8/11 11:34
風と雪で角が丸くなってしまった三角点。
何等という文字もよくわかりません。
2017年08月11日 11:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 11:34
風と雪で角が丸くなってしまった三角点。
何等という文字もよくわかりません。
8/11 11:36
雲の中に隠れているのは、薬師岳でしょうか?
2017年08月11日 11:36撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 11:36
雲の中に隠れているのは、薬師岳でしょうか?
8/11 11:45
だんだん、ガスが晴れてきました。
2017年08月11日 11:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 11:45
だんだん、ガスが晴れてきました。
8/11 12:02
振り返ってみると、勇壮な赤牛が見えました。
2017年08月11日 12:02撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 12:02
振り返ってみると、勇壮な赤牛が見えました。
8/11 13:27
「温泉沢の頭」までもどって来ました。
赤牛岳往復 約3時間45分かかりました。
後は、高天原への下りです。
2017年08月11日 13:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 13:27
「温泉沢の頭」までもどって来ました。
赤牛岳往復 約3時間45分かかりました。
後は、高天原への下りです。
8/11 13:43
正面に見えるのは、薬師岳でしょうか。
2017年08月11日 13:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 13:43
正面に見えるのは、薬師岳でしょうか。
8/11 14:11
想像以上に、厳しい下りが続きました。
2017年08月11日 14:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 14:11
想像以上に、厳しい下りが続きました。
8/11 14:51
温泉沢まで下ると、岩場歩きが始まりました。
2017年08月11日 14:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 14:51
温泉沢まで下ると、岩場歩きが始まりました。
8/11 15:18
岩に表示された赤丸を目印に沢渡りを続けました。
ほとんどが猿飛びでしたが一か所だけ靴を脱ぎました。
2017年08月11日 15:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 15:18
岩に表示された赤丸を目印に沢渡りを続けました。
ほとんどが猿飛びでしたが一か所だけ靴を脱ぎました。
8/11 16:04
河原に作られた高天原温泉(硫黄泉)
2017年08月11日 16:04撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 16:04
河原に作られた高天原温泉(硫黄泉)
8/11 16:31
ランプの宿に到着。長い一日でした。
2017年08月11日 16:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/11 16:31
ランプの宿に到着。長い一日でした。
8/12 5:31
今日も、早朝出発です。
2017年08月12日 05:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 5:31
今日も、早朝出発です。
8/12 5:41
高天原の景色を楽しみながら歩きました。
2017年08月12日 05:41撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 5:41
高天原の景色を楽しみながら歩きました。
8/12 5:47
今回は、岩苔乗越を目指すため左に入りました。
また、いつか雲の平へ行ってみたいものです。
2017年08月12日 05:47撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 5:47
今回は、岩苔乗越を目指すため左に入りました。
また、いつか雲の平へ行ってみたいものです。
8/12 6:30
水晶池に寄り道します。
2017年08月12日 06:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 6:30
水晶池に寄り道します。
8/12 6:35
鏡のような静かな池でした。
水晶岳が水面に映っているのでしょうか?
2017年08月12日 06:35撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 6:35
鏡のような静かな池でした。
水晶岳が水面に映っているのでしょうか?
8/12 7:28
クルマユリをはじめとした花畑がありました。
2017年08月12日 07:28撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 7:28
クルマユリをはじめとした花畑がありました。
1
8/12 7:59
岩苔乗越が近づいてきました。
2017年08月12日 07:59撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 7:59
岩苔乗越が近づいてきました。
8/12 8:34乗越まで、あと少し。
2017年08月12日 08:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 8:34乗越まで、あと少し。
8/12 8:38
乗越到着。山荘から、ここまで3時間。
700mの登りよく頑張りました。
2017年08月12日 08:38撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 8:38
乗越到着。山荘から、ここまで3時間。
700mの登りよく頑張りました。
8/12 8:42
黒部川源流に注ぎ込む「水場」で水分を補給しました。
2017年08月12日 08:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 8:42
黒部川源流に注ぎ込む「水場」で水分を補給しました。
8/12 9:24
三俣山荘への分岐点まで下ってきました。
2017年08月12日 09:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 9:24
三俣山荘への分岐点まで下ってきました。
雲の平への登りです。
2017年08月12日 09:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平への登りです。
8/12 9:45
黒部源流碑
2017年08月12日 09:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 9:45
黒部源流碑
8/12 10:25
三俣山荘テント場まで戻ってきました。
2017年08月12日 10:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 10:25
三俣山荘テント場まで戻ってきました。
8/12 11:06
西鎌尾根の伸びる先に「槍ヶ岳」が鎮座しています。
2017年08月12日 11:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 11:06
西鎌尾根の伸びる先に「槍ヶ岳」が鎮座しています。
8/12 11:12
「あこがれの槍ヶ岳」
2017年08月12日 11:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 11:12
「あこがれの槍ヶ岳」
8/12 11:15
三俣蓮華岳に向かいながら「槍ヶ岳」を眺めました。
2017年08月12日 11:15撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 11:15
三俣蓮華岳に向かいながら「槍ヶ岳」を眺めました。
8/12 11:19
三俣峠まで来ました。
これから、三俣蓮華岳を目指します。
2017年08月12日 11:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 11:19
三俣峠まで来ました。
これから、三俣蓮華岳を目指します。
8/12 11:38
といいつつ、20分で山頂到着。
昭文社の地図だと「日本二百名山」になっています。
2017年08月12日 11:38撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 11:38
といいつつ、20分で山頂到着。
昭文社の地図だと「日本二百名山」になっています。
8/12 11:39
前回は、ここが山頂だと思い写真を撮っていました。
2017年08月12日 11:39撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 11:39
前回は、ここが山頂だと思い写真を撮っていました。
8/12 11:51
三俣蓮華より背の高い「丸山」を目指しました。
2017年08月12日 11:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 11:51
三俣蓮華より背の高い「丸山」を目指しました。
8/12 12:47
今回も、双六岳に興味を感じず小屋を目指します。
2017年08月12日 12:47撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 12:47
今回も、双六岳に興味を感じず小屋を目指します。
8/12 13:40
二日ぶりの双六小屋です。
2017年08月12日 13:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/12 13:40
二日ぶりの双六小屋です。
8/13 5:44
鷲羽岳が大きな羽を広げてくれました。
2017年08月13日 05:44撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 5:44
鷲羽岳が大きな羽を広げてくれました。
8/13 6:11
登りでは、気づきませんでしたが「クロユリ」が一輪咲いていました。
2017年08月13日 06:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 6:11
登りでは、気づきませんでしたが「クロユリ」が一輪咲いていました。
8/13 6:12
笠ヶ岳が見えました。
2017年08月13日 06:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 6:12
笠ヶ岳が見えました。
8/13 6:24
朝日を浴びる槍ヶ岳⇒奥穂高
2017年08月13日 06:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 6:24
朝日を浴びる槍ヶ岳⇒奥穂高
8/13 6:33
鷲羽岳のお見送りを受けました。
2017年08月13日 06:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 6:33
鷲羽岳のお見送りを受けました。
8/13 10:45
林道ゲートまで帰ってきました。
2017年08月13日 10:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 10:45
林道ゲートまで帰ってきました。
8/13 11:27
ロープウェイで鍋平を目指します。
2017年08月13日 11:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 11:27
ロープウェイで鍋平を目指します。
8/13 13:11
石動の湯
2017年08月13日 13:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/13 13:11
石動の湯

感想/記録

北アルプス最奥の山、赤牛岳に出かけました。赤牛岳に行くには、新穂高温泉・ブナたて・黒部ヒュッテとありますが今回は、ランプの宿と言われる高天原山荘を二泊目に設定し、温泉沢の降りと岩苔乗越への登りも楽しみました。一泊目は、赤牛岳へ少しでも近くにと考え三俣山荘で泊まりました。二日目の赤牛岳の帰りは、温泉沢の頭から高天原山荘を目指しました。ザレ場の急坂下り、森林帯下り、徒渉と行った変化に富んだエキスパートコースでした。沢の中は、千葉県から来られた青年と右往左往しながら赤丸表示に従い徒渉しました。徒渉の終わりは、秘湯高天原温泉♨[硫黄泉]でした。ランプの宿で泊まり、3日目は、水晶池経由で岩苔乗越を目指し乗越からは、黒部水源地標、三俣蓮華岳経由で双六小屋に戻って来ました。4日目は、新穂高温泉へ下山しました。いつもなら駐車場まで、もう少しですが、今回は、鍋平無料駐車場を利用したこともあり、ロープウェイを利用し、標高差約150mをラクしました。鷲羽岳・水晶岳・三俣蓮華岳を登ったとはいえ、北アルプスの奥深さの一端を感じることが出来、良い思い出となりました。
訪問者数:76人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ