ヤマレコ

記録ID: 1228875 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

裏銀座縦走 ブナ立尾根-三ッ岳-野口五郎岳-水晶-鷲羽-鏡平-新穂高

日程 2017年08月13日(日) 〜 2017年08月15日(火)
メンバー , その他メンバー1人
天候13日晴れのち曇り、霧
14日曇り時々晴れ
15日曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間33分
休憩
1時間7分
合計
9時間40分
S高瀬ダム濁沢登山口07:0107:43ブナ立尾根取付07:4808:30権太落し08:4210:33三角点10:5812:34烏帽子小屋12:4712:55烏帽子ひょうたん池14:43三ツ岳14:5516:41野口五郎小屋
2日目
山行
5時間58分
休憩
2時間13分
合計
8時間11分
野口五郎小屋06:2706:42野口五郎岳06:4707:24真砂岳07:2707:29真砂岳分岐07:4208:49東沢乗越09:0709:51水晶小屋10:3511:09水晶岳11:1611:48水晶小屋12:0912:39ワリモ北分岐12:4212:56ワリモ岳13:0313:31鷲羽岳13:4314:38三俣山荘
3日目
山行
6時間36分
休憩
2時間14分
合計
8時間50分
三俣山荘04:1705:07三俣峠05:1006:33双六岳中道分岐06:38双六岳巻道分岐06:49双六小屋07:1307:15双六池07:1607:55くろゆりベンチ08:0208:10花見平08:1408:26弓折乗越08:3209:02鏡平山荘09:3709:38鏡池09:4010:09シシウドヶ原10:1810:29イタドリが原10:37チボ岩10:46秩父沢出合11:0911:40小池新道入口12:00わさび平小屋12:1712:27笠新道登山口12:36中崎橋12:48お助け風穴12:59登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)13:0213:07新穂高温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

ブナ立尾根はここから始まる。何度かここから登ったが「北アルプス裏銀座登山口」とあるのは今回初めて気づいた。
2017年08月13日 07:38撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ立尾根はここから始まる。何度かここから登ったが「北アルプス裏銀座登山口」とあるのは今回初めて気づいた。
タヌキ岩。タヌキが出るのだろうか?それともここでビバークするとタヌキに化かされるとか?
2017年08月13日 11:06撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タヌキ岩。タヌキが出るのだろうか?それともここでビバークするとタヌキに化かされるとか?
「注意 転落」のコーションプレート。ここのオリジナルなのだろうか。ちなみに向かって左側が切れ落ちている。
2017年08月13日 11:17撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「注意 転落」のコーションプレート。ここのオリジナルなのだろうか。ちなみに向かって左側が切れ落ちている。
1/12白樺の木。ここまで来ると烏帽子小屋まであと少し。
2017年08月13日 12:23撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1/12白樺の木。ここまで来ると烏帽子小屋まであと少し。
ブナ立尾根最高地点。ここから少し下ると烏帽子小屋。
2017年08月13日 12:35撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ立尾根最高地点。ここから少し下ると烏帽子小屋。
尾根上を歩く頃にはガスが出てきた。
2017年08月13日 13:17撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上を歩く頃にはガスが出てきた。
コマクサ。そろそろ花の時期も終わり。
2017年08月13日 13:38撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ。そろそろ花の時期も終わり。
1
この尾根を進んでゆく。
2017年08月13日 14:28撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根を進んでゆく。
1
三ッ岳手前の岩峰
2017年08月13日 14:30撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ岳手前の岩峰
1
三ッ岳山頂付近。地形図を見ても判り辛いが、山頂部が3箇所の高まりから出来ているのが名前の由来なのだろうか。あまり人は来ないみたいで踏み跡もはっきりしない。山頂には三角点がひっそりとあるのみ。
2017年08月13日 14:43撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ岳山頂付近。地形図を見ても判り辛いが、山頂部が3箇所の高まりから出来ているのが名前の由来なのだろうか。あまり人は来ないみたいで踏み跡もはっきりしない。山頂には三角点がひっそりとあるのみ。
1
チングルマ
2017年08月13日 15:13撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ
2
ガスの晴れ間
2017年08月13日 16:12撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの晴れ間
野口五郎小屋まであと500m。
2017年08月13日 16:22撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋まであと500m。
夕暮れが近づいてきた
2017年08月13日 16:35撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れが近づいてきた
2
この日の目的地、野口五郎小屋
2017年08月13日 16:41撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の目的地、野口五郎小屋
野口五郎小屋の夕食。15年前のメニューとほぼ同じ。
2017年08月13日 17:50撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋の夕食。15年前のメニューとほぼ同じ。
2
この日も天候は今一つ。曇っている。
2017年08月14日 06:25撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日も天候は今一つ。曇っている。
1
これから歩く道が見える。尾根上にある高まり(中央、上4/5)は真砂岳
2017年08月14日 06:48撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く道が見える。尾根上にある高まり(中央、上4/5)は真砂岳
1
一瞬晴れた。
2017年08月14日 07:19撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬晴れた。
5
尾根上にあるにも関わらずほとんどの人が立ち寄らない真砂岳。私も前回は登らなかった。
2017年08月14日 07:24撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上にあるにも関わらずほとんどの人が立ち寄らない真砂岳。私も前回は登らなかった。
1
山頂標が無いかもしれないと思ったが誰かが設置しておいてくれた。
2017年08月14日 07:24撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標が無いかもしれないと思ったが誰かが設置しておいてくれた。
またこのお地蔵様に会う事が出来た。次はいつ会えるかな…。
2017年08月14日 08:48撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またこのお地蔵様に会う事が出来た。次はいつ会えるかな…。
1
水晶岳山頂。以前と山頂標が違っているような…。厳しい場所に設置されているからあまり長くは持たないのかもしれない。
2017年08月14日 11:12撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳山頂。以前と山頂標が違っているような…。厳しい場所に設置されているからあまり長くは持たないのかもしれない。
4
奥は水晶岳。手前左側は割物岳(ワリモ岳)。
2017年08月14日 13:33撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥は水晶岳。手前左側は割物岳(ワリモ岳)。
2
鷲羽池。火口だ。しかし、鷲羽岳自体は火山ではない。
2017年08月14日 13:44撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽池。火口だ。しかし、鷲羽岳自体は火山ではない。
1
三俣山荘の夕食。鹿肉。鹿の肉を食べたのはもしかしたら初めてかもしれない。
2017年08月14日 17:38撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘の夕食。鹿肉。鹿の肉を食べたのはもしかしたら初めてかもしれない。
1
鏡平山荘で遅い朝食。ここまで来るとそろそろ北アルプスともお別れ…という気分になってくる。まだまだ先は長いのだが。
2017年08月15日 09:19撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘で遅い朝食。ここまで来るとそろそろ北アルプスともお別れ…という気分になってくる。まだまだ先は長いのだが。
秩父沢。天候は下り坂。
2017年08月15日 10:46撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父沢。天候は下り坂。
小池新道は自然石を利用した石畳になっている箇所が多い。ここもその一部。
2017年08月15日 11:14撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小池新道は自然石を利用した石畳になっている箇所が多い。ここもその一部。
1
ワサビ平小屋。この辺でとうとう降り出した。合羽はギリギリ不要な量。
2017年08月15日 11:59撮影 by NIKON D3, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ平小屋。この辺でとうとう降り出した。合羽はギリギリ不要な量。
撮影機材:

感想/記録

以前裏銀座を歩いたのはもう15年位前になります。
その年は天候が不順で2日雨が降ったら1日晴れ・・そんな感じでした。
烏帽子小屋から野口五郎小屋までは小雨混じりのガスの中を歩いていたのであまり記憶に残っていません。
そんな事もあり、今回久しぶりに歩いてみました。

ブナ立尾根入口の水場を過ぎると三俣山荘まで水場は無いにでここで水を6ℓ汲みました。稜線上の小屋で水の購入をなるべく抑えたい為です。
ブナ立尾根を登る途中でかなり水を消費しました。2ℓ位でしょうか、飲みすぎですかね。
登り始めは晴れていたものの、ブナ立尾根を登っていると次第に雲が多くなってきてしまいました。稜線上を歩く頃になるとガスに巻かれたり時折日差しが差し込んだりというような天候に。
それでも雨が降られるような事はなかったので良いとしましょう。
ブナ立尾根は順調に登れたのですが、稜線上に出てからが意外と時間が掛かりました。
前回通らなかった三ッ岳に立ち寄ったからでしょうか。
三ッ岳はなるほど、文字通り三つの高まりからなる山でした。地形図を見てもそうと読み取る事は難しいと思いますが実際に登ってみるとなるほどと納得します。
山頂には三角点があるのみ。山頂標などはありません。他に誰もいない、静かな山頂でした。

初日は野口五郎小屋泊。以前とほとんど変わっていませんでした。小屋の外観も、その佇まいも、そして食事のメニューも。

二日目は曇り。あまり良い天候ではありません。
初日に続き二日目も前回通らなかった山頂を踏みます。今日は真砂岳。
三ッ岳に比べ、真砂岳の方が訪れる人が多いようです。
踏み跡がしっかりしています。山頂には真砂岳を示す標識もありました。
その後東沢乗越を経て水晶岳へ。水晶小屋からはハイキングコースみたいです。
この辺に来ると人が多く、北アルプスの奥地とは思えません。
水晶岳の後はワリモ岳を経て鷲羽岳、そして三俣山荘。
ワリモ岳頂上と鷲羽池は前回訪ねたので今回は素通りです。
天候がすっきりしないせいか、写真もすっきり写っていません。
まぁ、暑くなくて良いのではありますが。

翌日の天気が少々心配だったので双六小屋まで行きたかったのですが、やや疲れ気味だった事もあり三俣山荘でこの日の行程は終了です。
野口五郎小屋が混んでいて睡眠が十分取れなかった事が原因なのでしょうか。
三俣山荘のグループは近年小屋を新しくしているのですが、この三俣山荘は以前のままの外観です。数年後に立て直しかな?と思ったのですが内装が新しくなっています。暫くはこのままかな。

三日目、最終日はバスの時間の絡みで朝3時起きとしました。
しかし、そんな日に限って雨。朝2時頃から結構な雨音が小屋に響きます。
幸いな事に出発時、朝4時過ぎには小康状態に。
多量に持ってきた行動食を食べ出発です。

まだ夜の明け切らない中を双六小屋に向けて歩きます。
最初はキャンプ指定地の中を歩くのですがこれがまた迷い。周辺が良く見えない中を歩くと正規のルートがどこなのか、判り辛い道でした。
朝、最初から合羽を着て歩いたのですが、中が蒸れ、思うようにスピードがあがりません。
三俣蓮華岳・双六岳の巻道は周囲がに規模の大きなお花畑があり、天気の良い昼間に来れば随分綺麗な事でしょう。タイミングが悪かったようです、今回は。
(この辺の写真が無いのはカメラをザックにしまっているからです)
最初の休憩は双六小屋の前でとったのですが、このような天候の時には風の通り道になり、ちょっとだけ辛いものが。

双六小屋から弓折乗越を過ぎ、鏡平へと至ります。
途中で合羽を脱いでいる人が居たので思い切って脱ぐことに。
脱いで歩くと(知ってはいたものの)歩き易さに感動します。
鏡平の辺りまで来るとそろそろ山ともお別れ、そんな気持ちになってきます。
鏡平山荘では遅めの朝食にカレーライスをいただきました。
ここ数日、日中は行動食ばかり食べていた為か、これのまた美味しい事。
(恐らく同じものを町中で食べてもそんなに美味しいとは感じないのだとは思います)
小池新道を下り切ると雨が降り始めました。やや迷ったものの、結局合羽を再び着ることはありませんでした。
訪問者数:135人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ