また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233468 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

白峰三山縦走

日程 2017年08月20日(日) 〜 2017年08月21日(月)
メンバー
天候1日目、晴れ後曇り
2日目、曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行きは、車で奈良田第1駐車場へ、すぐ隣の奈良田温泉バス停5:30発の始発バスで広河原へ。
帰りは、大門沢登山道経由、奈良田第1駐車場へ

奈良田第1駐車場には午前1時ごろ到着、3台分空いていました。
奈良田温泉バス停からの始発便は2台、第2駐車場で乗車の方も含め、全員座れたようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間31分
休憩
1時間18分
合計
7時間49分
S広河原インフォメーションセンター06:3106:35広河原山荘06:3606:44白根御池分岐08:08大樺沢二俣08:2009:23草すべり分岐09:3009:37小太郎尾根分岐09:4410:06北岳肩ノ小屋10:1310:27両俣分岐10:3210:46北岳10:5211:04吊尾根分岐11:0911:19トラバースルート分岐11:2211:38北岳山荘11:5612:25中白根山12:2713:18間ノ岳13:2314:20農鳥小屋
2日目
山行
9時間55分
休憩
1時間24分
合計
11時間19分
農鳥小屋05:0705:53西農鳥岳06:0706:43農鳥岳06:5907:41大門沢分岐07:5010:35大門沢小屋11:1614:48大門沢登山道入口15:39奈良田ゲート15:4216:09奈良田駐車場16:1016:26奈良田バス停16:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大樺沢二俣の標識は要注意です。(角度がおかしい)
標識が示す右俣コース「肩の小屋・北岳山頂」の方角に路はなく、どちらかというともっと右の「白根御池小屋」の方角に近いので間違える可能性大です。
標識が示す方角より、90度ほど左の方向に右俣コースがあります。
私は「白根御池小屋」方向に間違えて行ってしまいましたが、100mぐらいで下りになったのですぐ引き返しましたが、他の方のレコをみると結構間違えいる方がいて「白根御池小屋」まで行ってしまった方もいるようです。
その他周辺情報奈良田の里温泉 550円
駐車場がないので、奈良田温泉バス停と第1駐車場の間の遊歩道を登っていきました。
お湯はツルツルしていていい感じです。
遅め(5時ごろ)に行ったので誰もいなくて独り占め、最高でした。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 飲料 レジャーシート コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック

写真

奈良田温泉バス停から5:30発の始発で広河原に向います。
2017年08月20日 05:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良田温泉バス停から5:30発の始発で広河原に向います。
広河原インフォメーションからスタート。
2017年08月20日 06:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原インフォメーションからスタート。
登山道入口。
2017年08月20日 06:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口。
すぐに吊り橋を渡ります。
2017年08月20日 06:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに吊り橋を渡ります。
広河原山荘。
2017年08月20日 06:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原山荘。
大樺沢沿いに登っていきます。
2017年08月20日 06:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢沿いに登っていきます。
一旦沢を渡ります。
2017年08月20日 07:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦沢を渡ります。
大樺沢二俣のバイオトイレ。
2017年08月20日 08:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢二俣のバイオトイレ。
1
大沢二俣に到着しまいました。ここの標識は要注意です。
この標識の示す「肩の小屋・北岳山頂」の方角より90度ほど左側に路があります。
2017年08月20日 08:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢二俣に到着しまいました。ここの標識は要注意です。
この標識の示す「肩の小屋・北岳山頂」の方角より90度ほど左側に路があります。
右俣コースの急登を登っていきます。周りは高山植物の花畑。
2017年08月20日 09:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣コースの急登を登っていきます。周りは高山植物の花畑。
1
この辺りも一面花だらけ。
2017年08月20日 09:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りも一面花だらけ。
1
草スベリとの分岐。
2017年08月20日 09:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草スベリとの分岐。
小太郎尾根分岐、いきなり視界が開けました。
2017年08月20日 09:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎尾根分岐、いきなり視界が開けました。
仙丈ヶ岳。
2017年08月20日 09:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。
北岳肩ノ小屋に到着。
2017年08月20日 10:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳肩ノ小屋に到着。
北岳山頂が見えてきました。
2017年08月20日 10:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂が見えてきました。
北岳山頂(3193m)で記念写真を撮ってもらいました。
残念ながらガスで真っ白。
2017年08月20日 10:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂(3193m)で記念写真を撮ってもらいました。
残念ながらガスで真っ白。
4
時々霧が引くと美しい景色が広がります。
2017年08月20日 11:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々霧が引くと美しい景色が広がります。
高山植物がいたる所に咲いていて、とてもキレイでした。
2017年08月20日 11:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物がいたる所に咲いていて、とてもキレイでした。
1
北岳山荘が見えてきました。
2017年08月20日 11:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘が見えてきました。
北岳山荘に到着。
今日はここに泊まる予定でしたが、まだ11時半と早いので農鳥小屋に向かうことにしまいました。
2017年08月20日 11:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘に到着。
今日はここに泊まる予定でしたが、まだ11時半と早いので農鳥小屋に向かうことにしまいました。
1
間ノ岳に向かう稜線の途中にある中白根山(3055m)。
2017年08月20日 12:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳に向かう稜線の途中にある中白根山(3055m)。
1
間ノ岳(3190m)に到着、ここも残念ながらガスで真っ白でした。
2017年08月20日 13:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳(3190m)に到着、ここも残念ながらガスで真っ白でした。
3
間ノ岳を下って農鳥小屋に向かいます。この辺りから、そこらじゅうに「ノウトリ」の矢印が。
2017年08月20日 13:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳を下って農鳥小屋に向かいます。この辺りから、そこらじゅうに「ノウトリ」の矢印が。
農鳥小屋が見えてきました。
2017年08月20日 13:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥小屋が見えてきました。
左が農鳥岳、右が西農鳥岳です。
2017年08月20日 14:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が農鳥岳、右が西農鳥岳です。
オヤジさんが犬の散歩から帰ってきました。
2017年08月20日 14:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤジさんが犬の散歩から帰ってきました。
2
本日の宿、農鳥小屋(2813m)に着きました。
2017年08月20日 14:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の宿、農鳥小屋(2813m)に着きました。
2
トイレ。
2017年08月20日 14:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ。
1
小屋の中は昔ながらの土間づくり。客は8名と余裕でした。
手前は無料サービスのコーヒーとお茶、ちなみにお湯は朝出発前に無料でいただけますが、水は往復30分の水場まで自分で汲みに行かなければなりません。
2017年08月20日 14:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中は昔ながらの土間づくり。客は8名と余裕でした。
手前は無料サービスのコーヒーとお茶、ちなみにお湯は朝出発前に無料でいただけますが、水は往復30分の水場まで自分で汲みに行かなければなりません。
1
コースタイム、かなりアバウト。
2017年08月20日 15:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースタイム、かなりアバウト。
夕食は5時から。普通においしいです。
ご飯と味噌汁はおかわり自由、味噌汁は野菜たっぷりでなかなかでした。
2017年08月20日 16:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は5時から。普通においしいです。
ご飯と味噌汁はおかわり自由、味噌汁は野菜たっぷりでなかなかでした。
2
朝食はなんと4時から。生タマゴが微妙でしたがおいしくいただきました。
2017年08月21日 03:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食はなんと4時から。生タマゴが微妙でしたがおいしくいただきました。
2
オヤジさんが色々なアドバイスをしてくれました。
2017年08月21日 03:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤジさんが色々なアドバイスをしてくれました。
2
朝焼けの富士山、良い天気になりそうです。
2017年08月21日 04:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの富士山、良い天気になりそうです。
2
小屋番のお姉さんが犬を連れて水場に行くとのこと、オヤジさんと2人だけで小屋を運営していました。
2017年08月21日 04:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋番のお姉さんが犬を連れて水場に行くとのこと、オヤジさんと2人だけで小屋を運営していました。
出発前にオヤジさんと記念撮影。
2017年08月21日 05:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前にオヤジさんと記念撮影。
4
テン場の横を通って正面の農鳥岳に向かいスタート。
まだ5時なので、この時は午前中に楽勝で奈良田に着くと思っていました。
2017年08月21日 05:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場の横を通って正面の農鳥岳に向かいスタート。
まだ5時なので、この時は午前中に楽勝で奈良田に着くと思っていました。
オヤジさんも犬の散歩に出ていました。犬はいったい何匹いるのでしょうか?
2017年08月21日 05:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤジさんも犬の散歩に出ていました。犬はいったい何匹いるのでしょうか?
2
途中で振り返ると間ノ岳がはっきり見えてきました。
2017年08月21日 05:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で振り返ると間ノ岳がはっきり見えてきました。
1
高度が上がると、右側に北岳も見えてきました。
2017年08月21日 05:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が上がると、右側に北岳も見えてきました。
3
西農鳥岳山頂(3051m)に到着、少しガスっていました。
2017年08月21日 05:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳山頂(3051m)に到着、少しガスっていました。
1
塩見岳が見えます。左には荒川三山。
2017年08月21日 06:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳が見えます。左には荒川三山。
1
次は農鳥岳の山頂を目指します。
2017年08月21日 06:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は農鳥岳の山頂を目指します。
農鳥岳山頂(3026m)に到着しまいました。少し雲が出ていますが、360度の大パノラマです。
2017年08月21日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳山頂(3026m)に到着しまいました。少し雲が出ていますが、360度の大パノラマです。
2
遠くに霞んでいるのは八ヶ岳、右が主峰赤岳、左が阿弥陀岳。
2017年08月21日 06:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに霞んでいるのは八ヶ岳、右が主峰赤岳、左が阿弥陀岳。
こんな感じ。
2017年08月21日 06:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
正面が北岳、左が間ノ岳。
2017年08月21日 06:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が北岳、左が間ノ岳。
こんな感じ。
2017年08月21日 06:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
記念写真を撮ってもらいました。
2017年08月21日 06:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念写真を撮ってもらいました。
3
この後は、気持ちの良い稜線を少しずつ下っていきます。
この辺りから右膝外側が痛み出し大幅にペースダウン、倍以上の時間をかけて下ります。
2017年08月21日 07:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後は、気持ちの良い稜線を少しずつ下っていきます。
この辺りから右膝外側が痛み出し大幅にペースダウン、倍以上の時間をかけて下ります。
2
稜線の先の広河内岳(ひろこうちだけ)の手前で、左側(東側)の大門沢に下って行きます。
2017年08月21日 07:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の先の広河内岳(ひろこうちだけ)の手前で、左側(東側)の大門沢に下って行きます。
1
大門沢下降点。ここから急登を奈良田まで下っていきます。
2017年08月21日 07:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢下降点。ここから急登を奈良田まで下っていきます。
下降点から見下ろすとはるか下方に川が流れています。
2017年08月21日 07:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降点から見下ろすとはるか下方に川が流れています。
1
岩がゴロゴロした歩き難い急登を下っていきます。
2017年08月21日 08:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロした歩き難い急登を下っていきます。
川沿いを下り、壊れかけた橋を渡ります。
2017年08月21日 10:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いを下り、壊れかけた橋を渡ります。
1
大門沢小屋に到着、大勢の登山客がお昼を食べていました。
2017年08月21日 10:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢小屋に到着、大勢の登山客がお昼を食べていました。
1
ここから川沿いに下ります。何度か橋を渡りました。
2017年08月21日 11:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから川沿いに下ります。何度か橋を渡りました。
1
川の水は多く、落ちたらヤバいです。
2017年08月21日 11:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の水は多く、落ちたらヤバいです。
1
発電所取水口の吊り橋までようやく下りてきました。
2017年08月21日 14:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発電所取水口の吊り橋までようやく下りてきました。
2
大門沢登山道入口が見えてきました。
2017年08月21日 14:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢登山道入口が見えてきました。
1
奈良田第一発電所バス停にやっと着きました。ここからバス通りを歩いていきます。
2017年08月21日 15:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良田第一発電所バス停にやっと着きました。ここからバス通りを歩いていきます。
第ニ駐車場の横を通っていきます。平日の夕方なので駐車している車は20台ほど。
2017年08月21日 16:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第ニ駐車場の横を通っていきます。平日の夕方なので駐車している車は20台ほど。
午後4時半にゴールの第一駐車場にようやく到着しました。
2017年08月21日 16:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後4時半にゴールの第一駐車場にようやく到着しました。
駐車場横の遊歩道を登ると、奈良田の里温泉があります。
2017年08月21日 17:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場横の遊歩道を登ると、奈良田の里温泉があります。
ツルツルした温泉で疲れと膝の痛みをとって帰宅しました。
2017年08月21日 17:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルツルした温泉で疲れと膝の痛みをとって帰宅しました。
2
撮影機材:

感想/記録

初めて南アルプスに行ってきました。
先ずはメインルートということで、北岳、間ノ岳、農鳥岳の白峰三山を1泊2日で縦走してきました。

初日は広河原から北岳、間ノ岳を縦走して農鳥小屋まで。
北岳、間ノ岳はガスっていて景色は見えませんでしたが、朝のうちは晴れていて、右俣コースのお花畑や北岳の肩からの仙丈ヶ岳はなかなかでした。

2日目は農鳥小屋から西農鳥岳、農鳥岳、大門沢経由奈良田第1駐車場まで。
時々ガスっていましたが概ね晴れていて、西農鳥岳、農鳥岳からの絶景を堪能することができました。
農鳥岳から大門沢下降点までは天気も良く、気持ちの良い稜線歩きを楽しむことができました。
大門沢の下りはキツイ下りでしたが、(調子が良ければ)変化に富んだ登山道でなかなか楽しめる登山道でした。

初日の最後、間ノ岳から農鳥小屋への石だらけの下りで、右膝を捻ったのが原因か、2日目から右膝外側の筋に痛みが発生。
だんだん痛みは酷くなって、農鳥岳の下りからは右足を引きずるように。
大門沢小屋に着く頃には痛みで右足が全く上がらなくなり、何度も立ち止まりながら普段の半分以下のスピードでしか進めなくなってしまいました。
帰宅後調べてみると膝の酷使とフォームの悪さに起因する「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」の症状のようで、この時はどうすることもできず、午前中に奈良田に着く予定が大幅に遅れ、ようやくゴールしたのは4時半。
あまりの痛さに冷や汗をかきながらの下山でしたが、それでも明るいうちに車までたどり着けたのはラッキーでした。

農鳥小屋に泊まりましたが、客も少なく(小屋泊りは8名)ゆったりとできてとても良かったです。客同士の酒盛りも楽しかったです。
有名なオヤジさんは、やや忠告好きのオヤジという感じで普通でした。
オヤジさん曰く、山登りの必需品は「携帯ラジオとテルモス」とのこと。

夕食は5時からと普通でしたが朝食はなんと4時から、この日は用意ができたのが早く4時前には食べ終わり、出発の用意をゆっくりすることができました。
明るくなった5時には出発できたおかげで、その後の膝のトラブルに余裕を持って対応することができました。ギリギリのスケジュールだったらパニクっていたかも。
登山は何が起こるか分からないので「早出早着」ですね。
農鳥小屋はゆったりしたい方にはお勧めの昔ながらの山小屋です。
訪問者数:412人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ