また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1238989 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北穂高岳〜涸沢岳〜奥穂高岳〜前穂高岳

日程 2017年08月25日(金) 〜 2017年08月27日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候25日:雨、26日:晴れ、27日:晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡第3駐車場まで自家用車(自宅から:藤枝岡部IC〜新清水IC、52号、六郷IC〜松本IC)3時間30分
バスターミナルから乗合バス(往復2050円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
5時間24分
休憩
41分
合計
6時間5分
涸沢小屋07:4810:03北穂高岳・天場10:20北穂高岳(北峰)10:2210:24北穂高小屋10:2910:30北穂高岳(北峰)11:0413:22涸沢岳13:53穂高岳山荘
3日目
山行
6時間43分
休憩
53分
合計
7時間36分
宿泊地05:5706:40穂高岳06:5107:04南稜の頭07:0608:06紀美子平08:0708:37前穂高岳08:4009:05紀美子平09:0611:07岳沢小屋11:2712:247番標識12:3313:02岳沢湿原・岳沢登山口13:11日本山岳会上高地山岳研究所13:18河童橋13:2413:25無料トイレ13:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

沢渡バスターミナル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢渡バスターミナル
上高地
今回も雨具を着て出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地
今回も雨具を着て出発
1
涸沢に向かう途中の沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢に向かう途中の沢
1
涸沢ヒュッテ前のテント場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテ前のテント場
北穂高への登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高への登山道
2
北穂に向かう途中から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂に向かう途中から
4
北穂に向かう途中から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂に向かう途中から
3
北穂に向かう途中のハシゴ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂に向かう途中のハシゴ場
1
北穂に向かう途中のハシゴ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂に向かう途中のハシゴ場
北穂に向かう途中から穂高岳山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂に向かう途中から穂高岳山荘
3
北穂・奥穂の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂・奥穂の分岐
北穂から涸沢ヒュッテとテント場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂から涸沢ヒュッテとテント場
2
涸沢岳へ向かう途中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳へ向かう途中
2
涸沢岳から槍方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳から槍方面
3
涸沢山頂から涸沢ヒュッテ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢山頂から涸沢ヒュッテ
3
穂高岳山荘の夕食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の夕食
6
穂高岳山荘の朝食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の朝食
3
笠ヶ岳へ沈む夕日
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳へ沈む夕日
7
この写真の中にライチョウが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真の中にライチョウが
涸沢カールのテント場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カールのテント場
ジャンダルム方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム方面
3
紀美子平から岳沢へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平から岳沢へ
岳沢に向かう途中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢に向かう途中
2

感想/記録
by Jasper

このメンバーでは毎年1回、南アルプス、北アルプスを縦走している。
5回目(5年目9となる。
今年は、北アルプスの穂高岳。

初日:
沢渡バスターミナルに到着時には雨は降っていなかった。
バスで上高地に向かう途中からパラパラと雨が。
上高地を出発しようとしたら雨が強くなってきた。
今年も雨具をつけての登山初日となった。
明神、徳沢、横尾までは順調に到着。
横尾では雨が強くなってきた。
本谷橋に到着時にはMAXの本降り。
それでも涸沢小屋に向けて歩を進めた。
涸沢小屋到着。テラスには誰一人いない。土砂降りであるので当然である。
部屋に行くと、等尺している登山者が濡れた衣類の手当に必死であった。
満員を予想していたが、人員には余裕があった。

2日目:
昨夜も相当雨が降った。朝7時の段階でも雨が降っていた。
本日のルートをどうするか検討中に、9時には雨があがるとの天気予報。

本来予定していた、北穂高経由、涸沢岳、奥穂高のルートとして1時間50分遅れで出発した。
北穂高に向かう登山道は、雨の影響で沢の中を歩いているのと同じであった。
それでも岩などは乾いていたので助かった。

ルートタイムの8掛け程度のスピードで穂高岳に到着。
山頂で同行者の到着を待っていた。
山頂は風があり寒かったが360度のパノラマを楽しんだのであった。

同行者到着後、涸沢岳方面へ
このルートの地図には、1カ所危険マークが付けられている地点がある。
涸沢槍と呼ばれる登りである。
だんだん近づく垂直に岩場をみてだんだん足がすくんでいった。
勇気をだして登りにかかる。
下は一切見ないで上を上を見ながらひたすら登る。
鎖場、ハシゴを慎重にクリアー
どうにかこうにか涸沢岳に到着することができた。

涸沢岳山頂からの景色も最高であった。

穂高岳山荘前には多数の人が休んでいるのが涸沢山頂から見える。
しばらく景色を堪能した後、山荘に向かってチェックイン。
夕食は、2回目の5時40分からであった。この日は3回目まであったようだ。
80席ぐらい座れる食堂なので単純計算で200人強の登山者が宿泊していることになる。
当初の予定では、奥穂高岳にはこの日に登って、万が一3日目の天気が悪かった場合は、涸沢経由で下山することにしていたが、3日目の天気も良さそうなことと、涸沢岳への登りで神経を使って非常に疲れたため山荘到着で本日の行動を終了とした。
夕食まで景色を楽しみながらいーるを飲みながらゆっくりと過ごした。

3日目:
朝食を5時15分に摂って予定どおりに6時出発とした。
朝のトイレ待ち渋滞があるかと思いきや、待つことなく利用することができた。

6時ちょっと前、小屋を後にして奥穂高岳へ
朝一番で奥穂に登り、朝陽を山頂で迎えた登山者の下りと登りとの渋滞が多少あったが、順調に奥穂高岳に到着。
そこにはたくさんの登山者が写真の順番待ちをしていた。

ジャンダルム方面には、カラフルな服を着た多数の登山者を観ることができる。
自分は、北穂から涸沢への登りで精一杯であるので、西穂高までの縦走は絶対無理である。あそこに向かう登山者は尊敬に値する人たちである。

しばらく景色を楽しんだ後、同行者は、前穂には登らない一足先に前穂高方面に歩を進めた。
吊尾根は意外と歩き甲斐があった。自分は見なかったが、紀美子平までの間にライチョウの親子がいたようだ。

自分は空身で前穂高岳へ。
同行者には登っている間に紀美子平に到着して、しばらく待ってもらった。

前穂から下山して、荷物を持って岳沢へ。
肩にずっしりと重みを感じた。
紀美子平からすぐに鎖場があり、非常に神経を使った。
岳沢小屋までの間は、非常に神経を使う場所ばかりであった。
また、登りに使う場合は非常に急登である。
自分的にはここの登りのルートも登りたくないルートに登録しておく。
これで、鳳凰山の広河原から白鳳峠に登るルートここのルートの2つである。


下山途中、ずっと下に小屋の茶色の屋根が見えているが、なかなか近づかない。
やっと岳沢小屋に到着であった。

缶ジュースを購入し、しばらく到着。
上高地までの最後の下り
非常に良く整備されていて、歩き易い登山道であった。
13時過ぎ、やっと3日間の行程が終了した。


3日目の紀美子平から岳沢小屋に向かう途中、前穂に向かって登ってくるhaiziさんを発見。しばらく立ち止まってお話をさせていただいた。
今回は、旦那さんは仕事のためお一人であった。haiziさんありがとうございました。

帰路は、松本ICに向かう他県ナンバーの車で渋滞。
長野自動車道、中央自動車道、中部横断道は順調であったが、新東名は新清水ICから乗ったとたんに渋滞中。
3km先のトンネル内で事故あった。渋滞も30分程度で通過したが、普通自動車10台程度が追い越し車線上に重なって止まっていた。

最終的には自宅に20時に到着であった。
初日の雨はあったものの、2日間は晴れの北アルプスを堪能でき、充実した登山であった。

初日:
平面距離  16.7km
沿面距離  17.1km
記録時間 06:09:29
最高高度 2356m
最低高度 1470m
累計高度(+) 1586m
累計高度(-) 711m

2日目:
平面距離  3.8km
沿面距離  6.5km
記録時間 06:17:59
最高高度 3115m
最低高度 2345m
累計高度(+) 3386m
累計高度(-) 386m

3日目:
平面距離  8.7km
沿面距離  9.3km
記録時間 07:36:21
最高高度 3196m
最低高度 1507m
累計高度(+) 467m
累計高度(-) 1942m

お疲れ様でした。








訪問者数:412人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/10/27
投稿数: 1079
2017/8/28 21:32
 お疲れ様です!
SHCの飲み会にjasperさんがいらっしゃらなくて、皆さん心配していましたが、、
なるほど、、こんな良い思いをされていましたか。。何とも羨ましい限りです。
登録日: 2010/5/30
投稿数: 278
2017/8/29 6:14
 Re: お疲れ様です!
ittaさん、いつもありがとうございます。
>SHCの飲み会にjasperさんがいらっしゃらなくて
すみません、今回は先に予定を入れていましたので、山行きを優先させていただきました。
SHCの行事については、私の場合、他の方の日程を優先していただいて、その日程決定に私の予定が合えば参加をさせていただくスタンスでいます。
書き込みをすればいいのですが、何せシャイなもので、、、、


今後ともよろしくお願いします。
登録日: 2015/5/27
投稿数: 420
2017/8/29 16:49
 お疲れ様でした〜!(^^)!
Jasperさん こんにちは(^^)/ 先日はお疲れ様でした!!
突然、上から「haiziさん?!」って呼ばれてビックリ\(◎o◎)/!まさかあのようなところでJasperさんにお会いするなんて…とっても嬉しかったです ご友人の方に、写真撮影までお願いしてしまいすみませんでした<(_ _)>

初日は大雨で大変だったようですが、その後は素晴らしい展望を見ることが出来て良かったですね あの後、奥穂高岳山頂で、感激のあまり泣いている登山者さんもいらっしゃり、私までなんだかジーンときてしまいました。今月は雨ばかりでしたものね。。。
迫力のある岩稜帯と雄大な展望。。やっぱり穂高はいいですね!今回はお仕事のダンナさんにゴメンして一人で楽しんじゃいましたが(笑)、次はダンナさんと再訪したいです
(^o^)/
登録日: 2010/5/30
投稿数: 278
2017/8/29 20:06
 Re: お疲れ様でした〜!(^^)!
haiziさん、書き込みありがとうございます。

上から見たらhaiziさんだとすぐにわかりました。

あの後、同行者は女性一人で登山するなんて「すごい」と言っていました。
岳沢からの登りは、自分の中では広河原からの白鳳峠までの登りに匹敵する、登りで使いたくないルートになりました。
そんな中、登りで汗もかかずに登ってくるhaiziさんは本当に「すごい」と思った次第です。

自分は穂高は初めてでしたが、山頂から眺望はたいへん感激しますね。
自分の鳥肌が立ちまいた。

今後ともよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ