また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1250409 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

白根三山(広河原〜北岳〜間の岳〜農鳥岳〜奈良田)

日程 2017年08月26日(土) 〜 2017年08月27日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候8/26:雨のち晴、8/27:晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田の無料駐車場に駐車し、始発(5:30)のバスで広河原に向かった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間51分
休憩
1時間5分
合計
7時間56分
S広河原インフォメーションセンター06:2106:27広河原山荘06:3906:50白根御池分岐07:39白根御池小屋07:4108:56草すべり分岐09:0909:16小太郎尾根分岐09:1909:49北岳肩ノ小屋10:02両俣分岐10:0310:21北岳10:3010:51吊尾根分岐11:02トラバースルート分岐11:0711:33北岳山荘11:4712:15中白根山13:09間ノ岳13:1514:17農鳥小屋
2日目
山行
6時間11分
休憩
36分
合計
6時間47分
農鳥小屋05:0405:44西農鳥岳05:4506:11農鳥岳06:1206:43大門沢分岐06:5408:55大門沢小屋09:1711:13奈良田ゲート11:30奈良田駐車場11:3111:51奈良田バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目に大門沢まで行けたらいいな、と思っていたが、思いのほかキツく、農鳥小屋で早々に打ち止めにしてしまった。
農鳥小屋のテン場は、風が通らないところを確保できれば、快適この上ない。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はないが、大門沢下降点は、濃霧の時に道に迷うかも。
また、大門沢は壊れかけた橋が多く、暗いときに通過することは避けたい。
その他周辺情報奈良田バス停から徒歩5分のところに日帰り温泉(奈良田の里温泉:550円)あり。
また、新倉まで行けば「ヘルシー美里」という日帰り温泉もあり。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 防寒着 雨具 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション コンロ コッヘル ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 時計 タオル ツェルト シェラフ
備考 登山用品店で購入した防水マッチが全く役に立たず、農鳥小屋の主人に中古をいただくことになった。予備の着火器具は必要です。
農鳥小屋のトイレには紙がないので、この小屋を利用するならトイレットペーパー必携。

写真

広河原のバス停。ここからスタート。
2017年08月26日 06:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原のバス停。ここからスタート。
広河原小屋。ここで雨が降ってきたので、雨具を着込むが、ここでもたもたしたため、渋滞に巻き込まれた。
2017年08月26日 06:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原小屋。ここで雨が降ってきたので、雨具を着込むが、ここでもたもたしたため、渋滞に巻き込まれた。
渋滞。。
まあ、人気の山だから仕方ないのだが。
2017年08月26日 06:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋滞。。
まあ、人気の山だから仕方ないのだが。
白根御池小屋。
いよいよ草すべりへ。
2017年08月26日 08:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋。
いよいよ草すべりへ。
だんだん雨が強くなる。
暑いが、レインウェアを脱がないで良かった。
2017年08月26日 08:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん雨が強くなる。
暑いが、レインウェアを脱がないで良かった。
鹿除けのフェンス。
こんなところにも鹿は来るわけだ。
2017年08月26日 09:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿除けのフェンス。
こんなところにも鹿は来るわけだ。
肩の小屋まで登ってきた。
もうすぐ山頂で、のんびりしたいところだが、風雨が強くのんびりしていられない。
2017年08月26日 10:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋まで登ってきた。
もうすぐ山頂で、のんびりしたいところだが、風雨が強くのんびりしていられない。
両俣小屋への分岐。
ずいぶん難路らしいが、試してみたいショートカットコースだ。
2017年08月26日 10:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両俣小屋への分岐。
ずいぶん難路らしいが、試してみたいショートカットコースだ。
どうにか登頂。
風雨が強いものの、時折弱まるので、ひょっとすると待てば晴れ間がのぞくかも、と期待するが、先を急ぐので、このまま北岳山荘に向かうことにした。
2017年08月26日 11:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうにか登頂。
風雨が強いものの、時折弱まるので、ひょっとすると待てば晴れ間がのぞくかも、と期待するが、先を急ぐので、このまま北岳山荘に向かうことにした。
八本歯のコルへの分岐。雨はあがった。
霧はあるが、視界を失うほどではない。
2017年08月26日 11:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコルへの分岐。雨はあがった。
霧はあるが、視界を失うほどではない。
北岳山荘から間ノ岳に向かう道中見かけた雷鳥。
なかなかカメラ目線になってくれませんね。
2017年08月26日 12:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘から間ノ岳に向かう道中見かけた雷鳥。
なかなかカメラ目線になってくれませんね。
中白根山直下から見た北岳と北岳山荘。
2017年08月26日 12:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中白根山直下から見た北岳と北岳山荘。
中白根山。間ノ岳までもう一息。
2017年08月26日 12:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中白根山。間ノ岳までもう一息。
右から北岳、甲斐駒、仙丈。
天候は回復。これ以降、一切降らなかった。
2017年08月26日 13:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から北岳、甲斐駒、仙丈。
天候は回復。これ以降、一切降らなかった。
間ノ岳。
静岡市最高峰らしい。
2017年08月26日 13:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳。
静岡市最高峰らしい。
三角点は「相ノ岳」だって。
2017年08月26日 13:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は「相ノ岳」だって。
農鳥岳。
鞍部にある赤い屋根は農鳥小屋。
2017年08月26日 14:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳。
鞍部にある赤い屋根は農鳥小屋。
農鳥小屋。
ここのトイレは寄付金など求めないが、昔ながらの垂れ流しなので、抵抗のある人もいるんじゃないかな。
ちなみにトイレットペーパーはないので、ここを利用する予定の方は、トイレットペーパー必携。
2017年08月26日 15:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥小屋。
ここのトイレは寄付金など求めないが、昔ながらの垂れ流しなので、抵抗のある人もいるんじゃないかな。
ちなみにトイレットペーパーはないので、ここを利用する予定の方は、トイレットペーパー必携。
水場までは、小屋から往復30分くらい。
この距離、南アルプスではよくある。
2017年08月26日 15:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場までは、小屋から往復30分くらい。
この距離、南アルプスではよくある。
西農鳥岳から間ノ岳、北岳を眺める。
鞍部には農鳥小屋。
2017年08月27日 05:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳から間ノ岳、北岳を眺める。
鞍部には農鳥小屋。
西農鳥岳から農鳥岳と富士山を望む。
少し富士山が大きく見えた。
2017年08月27日 05:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳から農鳥岳と富士山を望む。
少し富士山が大きく見えた。
西農鳥岳から塩見岳を望む。
2017年08月27日 05:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳から塩見岳を望む。
白根南嶺と荒川三山方面。
2017年08月27日 05:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根南嶺と荒川三山方面。
大門沢下降点。
黄色い目印から東に降りる。
2017年08月27日 06:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢下降点。
黄色い目印から東に降りる。
大門沢コースは、こんな危なっかしい橋がいくつもある。
2017年08月27日 08:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢コースは、こんな危なっかしい橋がいくつもある。
大門沢小屋。
真夏でも涼しいので、ここでのんびりするのもいいかも。
2017年08月27日 08:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢小屋。
真夏でも涼しいので、ここでのんびりするのもいいかも。
ロープがないと怖いが、そのロープの信頼性も微妙。
2017年08月27日 09:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープがないと怖いが、そのロープの信頼性も微妙。
トレラン組は、夜中に大門沢を通過して広河原まで1Dayで突っ走っていくようだが、こういうところを暗い時間帯に通過するのは感心しない。
※トレランがダメと言っているわけではない。念のため。
2017年08月27日 10:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレラン組は、夜中に大門沢を通過して広河原まで1Dayで突っ走っていくようだが、こういうところを暗い時間帯に通過するのは感心しない。
※トレランがダメと言っているわけではない。念のため。
最後の締めは、床板が微妙に傾いた吊橋。
2017年08月27日 10:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の締めは、床板が微妙に傾いた吊橋。
撮影機材:

感想/記録
by gen560

初日午前中の風雨は残念だったが、雨具やウェアのテストができたので、そういう意味ではポジティブにとらえている。
大門沢スタートのトレイルランナーと多くすれ違ったけれど、あの荒れた道なら、登りも下りも大差ないだろうから、広河原発の最終バスに間に合う自信があるなら、渋滞しない大門沢を登りに使うのも悪くない。
訪問者数:74人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鞍部 三角点 水場 コル 下降点 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ