ヤマレコ

記録ID: 1255039 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

表銀座縦走 〜 Road to 槍ヶ岳、空を貫く頂へ

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月11日(月)
メンバー
天候9/9;晴れ
9/10;晴れ
9/11;曇り 時々 小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
IN:
穂高駅前の駐車場(無料)→ タクシーで中房温泉(¥10000÷4名=¥2500)
※ バス始発前にタクシーが営業活動していた。
OUT:
上高地 → バスで新島々駅 → アルピコ交通上高地線で松本駅(上高地から¥2450) → JR大糸線で穂高駅(¥320)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
1時間0分
合計
7時間50分
S中房温泉05:2005:55第1ベンチ06:20第2ベンチ06:50第3ベンチ06:5507:20富士見ベンチ07:50合戦小屋08:0508:05合戦山(合戦沢ノ頭)08:55燕山荘09:0009:25燕岳09:3009:55燕山荘10:1510:50蛙岩11:10大下りの頭12:25小林喜作レリーフ12:3513:10大天荘
2日目
山行
8時間0分
休憩
2時間25分
合計
10時間25分
大天荘05:1005:20大天井岳05:4005:50大天荘06:25大天井ヒュッテ06:3007:00ビックリ平07:45赤岩岳08:35西岳08:4008:50ヒュッテ西岳09:1510:00水俣乗越11:40ヒュッテ大槍12:3513:20槍ヶ岳山荘13:3014:00槍ヶ岳14:2014:45槍ヶ岳山荘14:5015:15殺生ヒュッテ15:35ヒュッテ大槍
3日目
山行
5時間50分
休憩
1時間0分
合計
6時間50分
ヒュッテ大槍06:0006:35坊主岩屋下07:05槍沢・天狗原分岐07:1007:50槍沢大曲り08:10赤沢岩小屋(ババ平)08:30槍沢ロッヂ08:4509:55横尾 (横尾山荘)10:0510:50徳澤園11:1512:00明神館12:0512:50上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書き
コース状況/
危険箇所等
人気コースだけあって、コースの整備状況は申し分ない。核心部は喜作新道の西岳ヒュッテからヒュッテ大槍の区間。西岳ヒュッテから水俣乗越の下りはザレ気味の区間や鎖場、梯子が多数あり。水俣乗越からヒュッテ大槍の登りは高度感のある箇所も多く、鎖場、梯子が多数あり。槍の穂先は皆さん、最大限の注意をすると思うので。特別、難しい場面はなかったが、高度感はあるので緊張感はした。

写真

穂高駅でタクシーが営業活動していたので、バスの始発前に中房温泉に到着できました。予定より1時間早くスタートできてラッキー。遅くなると登山道の渋滞がすごかったみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高駅でタクシーが営業活動していたので、バスの始発前に中房温泉に到着できました。予定より1時間早くスタートできてラッキー。遅くなると登山道の渋滞がすごかったみたい。
「北アルプス三大急登」といわれる合戦尾根。屈指の人気ルートだけあって、さすが万全の整備状態で登りやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「北アルプス三大急登」といわれる合戦尾根。屈指の人気ルートだけあって、さすが万全の整備状態で登りやすいです。
1
急な部分は瞬間的で長くは続かず、なだらかな区間も多いので、予想以上に楽に登れてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な部分は瞬間的で長くは続かず、なだらかな区間も多いので、予想以上に楽に登れてしまいました。
富士見ベンチを過ぎると、木々の間から稜線が見えはじめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチを過ぎると、木々の間から稜線が見えはじめます。
ガスが絡んでいるけど、雲の流れは速く、まずますの眺望が。本日の目的地、大天井岳も見えました。しかし、遠いなぁ。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが絡んでいるけど、雲の流れは速く、まずますの眺望が。本日の目的地、大天井岳も見えました。しかし、遠いなぁ。。
順調に登って、合戦小屋までもう少し。看板には名物のスイカが描かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に登って、合戦小屋までもう少し。看板には名物のスイカが描かれています。
スタートから2時間半で合戦小屋に到着。あまり暑くなかったので、スイカは見送りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから2時間半で合戦小屋に到着。あまり暑くなかったので、スイカは見送りました。
遠くに燕山荘が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに燕山荘が見えてきました。
ガスが抜けて燕岳の山頂が見え隠れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが抜けて燕岳の山頂が見え隠れ。
燕山荘まであと少しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘まであと少しです。
3
そして稜線に飛び出ると、待っているのはこの眺望! 裏銀座の稜線が一望です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして稜線に飛び出ると、待っているのはこの眺望! 裏銀座の稜線が一望です。
1
右手には燕岳山頂。花崗岩の巨石と風化した白砂のコントラスト。独特の風景が広がっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には燕岳山頂。花崗岩の巨石と風化した白砂のコントラスト。独特の風景が広がっています。
5
そして、左手には槍ヶ岳。今回の山行の最終目標を視認。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、左手には槍ヶ岳。今回の山行の最終目標を視認。
4
燕山荘にザックをデポして、山頂に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘にザックをデポして、山頂に向かいます。
小屋前に有名な山男さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前に有名な山男さん。
3
いやぁ、これは本当に美しい。なんだか眩しいほどの風景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやぁ、これは本当に美しい。なんだか眩しいほどの風景です。
5
これも有名なイルカ岩。完成度、高い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも有名なイルカ岩。完成度、高い。
6
山頂直下。ビーチみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。ビーチみたい。
3
スタートから4時間で燕岳に登頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから4時間で燕岳に登頂です。
山頂からは360度のパノラマ。まずは槍ヶ岳。しかし遠いな。本当に明日、あの頂に立てるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは360度のパノラマ。まずは槍ヶ岳。しかし遠いな。本当に明日、あの頂に立てるのか?
4
野口五郎岳、水晶岳、鷲羽岳、双六岳、西鎌尾根と続く裏銀座の稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳、水晶岳、鷲羽岳、双六岳、西鎌尾根と続く裏銀座の稜線。
3
北側も庭園のような風景が続いています。その背後には立山連峰と剱岳。剱岳よりも尖っている針ノ木岳が目立っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側も庭園のような風景が続いています。その背後には立山連峰と剱岳。剱岳よりも尖っている針ノ木岳が目立っています。
3
東側は雲が多め。浅間山や四阿山が遠くに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側は雲が多め。浅間山や四阿山が遠くに。
これから進む稜線がガスを食い止めている模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む稜線がガスを食い止めている模様。
燕山荘に戻ります。こちらはメガネ岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に戻ります。こちらはメガネ岩。
ガスがまたいい感じの燕岳。たくさんの登山者が山頂に向かっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがまたいい感じの燕岳。たくさんの登山者が山頂に向かっていました。
1
休憩の後、大天井岳に向けて再出発。槍は稜線のガスで見えたり見えなかったり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩の後、大天井岳に向けて再出発。槍は稜線のガスで見えたり見えなかったり。
振り返って、少しずつ小さくなる燕岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、少しずつ小さくなる燕岳。
ガスが抜ければ槍ヶ岳を正面に最高の縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが抜ければ槍ヶ岳を正面に最高の縦走路。
1
槍ばかりの写真にならないように、鷲羽岳を載せておきます(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ばかりの写真にならないように、鷲羽岳を載せておきます(笑)
2
蛙岩(左側)と槍ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩(左側)と槍ヶ岳。
蛙岩となりの大岩の間を抜けて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩となりの大岩の間を抜けて行きます。
1
細かくアップダウンを繰り返す稜線。大天井岳も姿を見せはじめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細かくアップダウンを繰り返す稜線。大天井岳も姿を見せはじめました。
重厚感のある大天井岳。ルートは山頂に向かわず、山小屋へのトラバースとなります。まだ遠いけど予習できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重厚感のある大天井岳。ルートは山頂に向かわず、山小屋へのトラバースとなります。まだ遠いけど予習できました。
4
大下りの頭から双六岳、鷲羽岳方面。雲ノ平とセットであちらも歩いてみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大下りの頭から双六岳、鷲羽岳方面。雲ノ平とセットであちらも歩いてみたいです。
3
裏銀座は結構、平坦そうに見えるけど、実際はそんなことないのでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座は結構、平坦そうに見えるけど、実際はそんなことないのでしょうね。
1
ということで、名前の通り、一度大きく下ります…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで、名前の通り、一度大きく下ります…
ルートは時折、信州側にサイドチェンジします。眼下には稲穂が色づき始めた安曇野の平野。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートは時折、信州側にサイドチェンジします。眼下には稲穂が色づき始めた安曇野の平野。
何故かこちら側だけに花が咲いています。あちこちで見かけたオヤマリンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故かこちら側だけに花が咲いています。あちこちで見かけたオヤマリンドウ。
2
ミヤマコゴメグサの群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサの群生。
3
ガスを堰き止めている大天井岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスを堰き止めている大天井岳。
さて、そろそろ本日最後の登りですよ。左手に伸びるトラバース路を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ本日最後の登りですよ。左手に伸びるトラバース路を行きます。
表銀座ルートを切り開いた小林喜作のレリーフがある鞍部に一旦下りて、登り開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座ルートを切り開いた小林喜作のレリーフがある鞍部に一旦下りて、登り開始。
1
距離は長くないけど、疲れてきた体にはなかなか堪えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
距離は長くないけど、疲れてきた体にはなかなか堪えます。
1
振り返ると、燕岳から歩いてきた縦走路が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、燕岳から歩いてきた縦走路が。
1
レリーフから30分強で、今宵の宿、大天荘に到着です。大混雑で、布団一枚に二人となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レリーフから30分強で、今宵の宿、大天荘に到着です。大混雑で、布団一枚に二人となりました。
1
食事はなしにして自炊です。混ぜるだけのパスタですが、バゲットを持ってきたのは正解。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事はなしにして自炊です。混ぜるだけのパスタですが、バゲットを持ってきたのは正解。
9
山頂は夕焼けの時に、と思っていたら、夕方近くになるとガスガスになってしまいました。こうして1日目が終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は夕焼けの時に、と思っていたら、夕方近くになるとガスガスになってしまいました。こうして1日目が終了。
1
2日目の朝。地平線付近は雲が多めでご来光は厳しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝。地平線付近は雲が多めでご来光は厳しそう。
小屋から10分程度で大天井岳の山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から10分程度で大天井岳の山頂へ。
4
夜が明け行く槍ヶ岳。上空には月がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が明け行く槍ヶ岳。上空には月がきれい。
2
日の出の時間を迎えても太陽は出てこず。ただ、空は淡い茜色に染まっていい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出の時間を迎えても太陽は出てこず。ただ、空は淡い茜色に染まっていい感じ。
1
後立山方面の上空には帯状の雲が大きく横切っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山方面の上空には帯状の雲が大きく横切っていました。
青くなりはじめた空を背景に、槍・穂高のシルエット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青くなりはじめた空を背景に、槍・穂高のシルエット。
1
小屋に戻って出発します。残念ながらモルゲンロートはお預け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に戻って出発します。残念ながらモルゲンロートはお預け。
3
まずは大天井ヒュッテに向かって下りのトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは大天井ヒュッテに向かって下りのトラバース。
30分強で大天井ヒュッテに到着。宿泊客はみんな出発済みのようで、とても静かでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分強で大天井ヒュッテに到着。宿泊客はみんな出発済みのようで、とても静かでした。
1
一瞬、あれが西岳かと思ったけど、そんなに近いわけなく、手前の赤岩岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、あれが西岳かと思ったけど、そんなに近いわけなく、手前の赤岩岳です。
ビックリ平に飛び出ると北アルプスの中心部が丸見え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビックリ平に飛び出ると北アルプスの中心部が丸見え。
双六岳から三俣蓮華岳へのたおやかな稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳から三俣蓮華岳へのたおやかな稜線。
1
対照的に力強い鷲羽岳と水晶岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対照的に力強い鷲羽岳と水晶岳。
1
ビックリ平から少し進むと槍ヶ岳も再登場。しかし、穂先にだけガスが掛かるという意地悪をされます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビックリ平から少し進むと槍ヶ岳も再登場。しかし、穂先にだけガスが掛かるという意地悪をされます。
赤岩岳もなかなかカッコいい形ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩岳もなかなかカッコいい形ですね。
2
進む正面には奥穂と北穂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進む正面には奥穂と北穂。
1
赤岩岳はピークは通らず、東側を巻いて行きます。ここで猿と不意に出くわしびっくり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩岳はピークは通らず、東側を巻いて行きます。ここで猿と不意に出くわしびっくり。
東側には何故か花が咲いているの法則。日当たりのせいなのかな? トリカブトがたくさん咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側には何故か花が咲いているの法則。日当たりのせいなのかな? トリカブトがたくさん咲いていました。
1
西岳の背後に控える穂高の峰々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳の背後に控える穂高の峰々。
1
槍ヶ岳から大キレットまで続く大喰岳、中岳、南岳の稜線も雄大です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳から大キレットまで続く大喰岳、中岳、南岳の稜線も雄大です。
3
槍から伸びる北鎌尾根は普通の人間を寄せ付けない威圧を感じる迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍から伸びる北鎌尾根は普通の人間を寄せ付けない威圧を感じる迫力。
6
西岳の手前でちょっとした痩せ尾根を通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳の手前でちょっとした痩せ尾根を通過します。
1
西岳山頂を南東方向に巻くと西岳ヒュッテが見えてきます。最高のロケーションですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳山頂を南東方向に巻くと西岳ヒュッテが見えてきます。最高のロケーションですね。
5
西岳山頂はルート上にはなく、ヒュッテ手前の分岐からの登ります。ザックをデポして10分ほどで登頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳山頂はルート上にはなく、ヒュッテ手前の分岐からの登ります。ザックをデポして10分ほどで登頂です。
見える景色は縦走路と劇的に変わる訳ではないけど、それでもピークは気持ちが良くて特別。これから挑む東鎌尾根を一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見える景色は縦走路と劇的に変わる訳ではないけど、それでもピークは気持ちが良くて特別。これから挑む東鎌尾根を一望。
1
槍の穂先を望遠で。無条件に格好いいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の穂先を望遠で。無条件に格好いいです。
3
表銀座縦走ではどうしても裏役に回ってしまう常念岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座縦走ではどうしても裏役に回ってしまう常念岳。
2
昨年、登った前穂高、奥穂高を眺めると、なんだか感慨深くなってしまいます。かなり苦労したので。北穂高もそのうち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年、登った前穂高、奥穂高を眺めると、なんだか感慨深くなってしまいます。かなり苦労したので。北穂高もそのうち。
2
槍沢のエグレ具合もいい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢のエグレ具合もいい感じ。
1
西岳ヒュッテまで下りてきて休憩。西岳も最高のピークでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳ヒュッテまで下りてきて休憩。西岳も最高のピークでした。
一度大きく下って、槍まで一気に登り詰める東鎌尾根を改めて見ると、そのスケール感に少々臆してしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度大きく下って、槍まで一気に登り詰める東鎌尾根を改めて見ると、そのスケール感に少々臆してしまいました。
5
ヒュッテ前のヤマハハコに元気づけられて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前のヤマハハコに元気づけられて。
1
いよいよ槍ヶ岳に向けてラストスパート。いざ、喜作新道の核心部へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ槍ヶ岳に向けてラストスパート。いざ、喜作新道の核心部へ。
1
まずはザレ気味の鎖場やハシゴを慎重に下って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはザレ気味の鎖場やハシゴを慎重に下って行きます。
途中、高瀬ダム方面を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、高瀬ダム方面を望みます。
少しずつ険しくなって来るルート。小さなピークを小刻みに越えて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ険しくなって来るルート。小さなピークを小刻みに越えて行きます。
そのピークを越える度に、少しずつ確実に槍の姿が大きくなっているように感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのピークを越える度に、少しずつ確実に槍の姿が大きくなっているように感じます。
1
行く先のルートを遠望。険しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く先のルートを遠望。険しいです。
梯子状の階段も使って、高度を上げたり下げたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子状の階段も使って、高度を上げたり下げたり。
この辺りは結構、崩れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは結構、崩れています。
喜作新道の名物ともいえる3段の長梯子を通過して振り返ったところ。なかなか高度感があり、より慎重に下りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜作新道の名物ともいえる3段の長梯子を通過して振り返ったところ。なかなか高度感があり、より慎重に下りました。
3
その距離が縮まるごとに実感する「槍ってこんなに大きいのか」。なんか、うまく言えないけど、ちょっと感動。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その距離が縮まるごとに実感する「槍ってこんなに大きいのか」。なんか、うまく言えないけど、ちょっと感動。
3
眼下に広がる天上沢が壮観すぎます。今朝スタートした大天井岳もかなり遠くになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に広がる天上沢が壮観すぎます。今朝スタートした大天井岳もかなり遠くになりました。
1
Road to Mt.Yarigatake !
疲れてはいるけど、なんかもう気持ちが高揚してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Road to Mt.Yarigatake !
疲れてはいるけど、なんかもう気持ちが高揚してきました。
2
そんなうちにヒュッテ大槍に到着。西岳ヒュッテからは2時間半でした。この日はここを宿とします。理由は後ほど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんなうちにヒュッテ大槍に到着。西岳ヒュッテからは2時間半でした。この日はここを宿とします。理由は後ほど。
1
昼食の後、槍ヶ岳へ最終アプローチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食の後、槍ヶ岳へ最終アプローチ。
2
この一歩一歩が幸せに思える時間。もう手が届きそうな位置に槍の穂先が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この一歩一歩が幸せに思える時間。もう手が届きそうな位置に槍の穂先が。
2
岩陰に咲くイワツメクサに癒されて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩陰に咲くイワツメクサに癒されて。
1
この迫力、伝わりますか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この迫力、伝わりますか?
3
ちょっとした梯子があったりするけど、核心部のような緊張感はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした梯子があったりするけど、核心部のような緊張感はありません。
岩屑の斜面を横切って、槍ヶ岳山荘は目と鼻の先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屑の斜面を横切って、槍ヶ岳山荘は目と鼻の先。
槍沢ルートと合流。東鎌尾根上にあるヒュッテ大槍の立地が良くわかりますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢ルートと合流。東鎌尾根上にあるヒュッテ大槍の立地が良くわかりますね。
槍の肩に到着。槍の穂先は団体さんが登頂中で少し混んでいるようですが、雲行きがやや怪しくなってきたので、早めに行くことに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の肩に到着。槍の穂先は団体さんが登頂中で少し混んでいるようですが、雲行きがやや怪しくなってきたので、早めに行くことに。
穂先へアタック中。思ったよりも難しくはありません。でも、いい緊張感。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂先へアタック中。思ったよりも難しくはありません。でも、いい緊張感。
3
渋滞に焦っても仕方ないので、気持ちを落ち着けて一歩一歩、上へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋滞に焦っても仕方ないので、気持ちを落ち着けて一歩一歩、上へ進みます。
1
これが最後の梯子。空へ登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが最後の梯子。空へ登ります。
4
そして登り切った空を貫く頂。なかなか混雑していて、山名板までは順番待ちで時間が掛かりそう。振り返えると穂高はガスに飲まれていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして登り切った空を貫く頂。なかなか混雑していて、山名板までは順番待ちで時間が掛かりそう。振り返えると穂高はガスに飲まれていました。
1
やっと順番が回って来て…、槍ヶ岳登頂の証。周囲の喧噪で感慨に浸るって感じではなかったけど、大きく確かな達成感。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと順番が回って来て…、槍ヶ岳登頂の証。周囲の喧噪で感慨に浸るって感じではなかったけど、大きく確かな達成感。
13
今日、歩いてきたルートが全部見えました。よく歩いたなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日、歩いてきたルートが全部見えました。よく歩いたなぁ。
4
千丈沢方面を覗き込むと、これが小槍なのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈沢方面を覗き込むと、これが小槍なのかな?
山頂はゆっくりできる雰囲気でなかったので、名残惜しいけど早々に下山。下りも渋滞気味だったけど、問題なく下れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はゆっくりできる雰囲気でなかったので、名残惜しいけど早々に下山。下りも渋滞気味だったけど、問題なく下れました。
1
さて、宿に戻りましょう。帰りは何となく槍沢ルート・殺生ヒュッテ経由で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、宿に戻りましょう。帰りは何となく槍沢ルート・殺生ヒュッテ経由で。
1
殺生ヒュッテ前から見上げる槍ヶ岳も大迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテ前から見上げる槍ヶ岳も大迫力。
ヒュッテ大槍にした理由のひとつは豪華な夕飯。白ワインが付いています。評判通りに美味しい食事で大満足。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍にした理由のひとつは豪華な夕飯。白ワインが付いています。評判通りに美味しい食事で大満足。
4
もうひとつの理由が夕焼けをバックにした槍ヶ岳を取りたかったんだけど、日没の時間が近づくにつれ、雲がどんどん増えて行ってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひとつの理由が夕焼けをバックにした槍ヶ岳を取りたかったんだけど、日没の時間が近づくにつれ、雲がどんどん増えて行ってしまいました。
槍の上空には鱗雲っぽくなっていたので、焼ければ最高だったんだろうけど…。だいぶ粘ったけど、色付かずに終わり。今回の山行は残念ながら夕焼けに縁がありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の上空には鱗雲っぽくなっていたので、焼ければ最高だったんだろうけど…。だいぶ粘ったけど、色付かずに終わり。今回の山行は残念ながら夕焼けに縁がありませんでした。
1
夜が更けて来ると雲が抜けて、星空が見えるようになっていました。悪戦苦闘しながら初撮影に挑戦してみました。いちおう星は映っているけど、今後に課題が残る出来映えに…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が更けて来ると雲が抜けて、星空が見えるようになっていました。悪戦苦闘しながら初撮影に挑戦してみました。いちおう星は映っているけど、今後に課題が残る出来映えに…
4
3日目の朝、今朝も雲が多めで朝焼けにはならず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の朝、今朝も雲が多めで朝焼けにはならず。
雲の隙間から富士山は顔を出してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の隙間から富士山は顔を出してくれました。
3
槍ヶ岳はこんな有り様…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳はこんな有り様…
上高地に向けて長い下山の始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地に向けて長い下山の始まりです。
天気が良くないので、楽しみは花ぐらい。全体的に風が強くて、ピントがボケ気味だけど、ご容赦を。こちらはヒメシャジン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良くないので、楽しみは花ぐらい。全体的に風が強くて、ピントがボケ気味だけど、ご容赦を。こちらはヒメシャジン。
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
2
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
槍も完全に見えなくなってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍も完全に見えなくなってしまいました。
槍沢に沿ってひたすら下って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢に沿ってひたすら下って行きます。
1
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
1
ヨツバシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
1
イワオトギリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
カラマツソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツソウ
これ、いつまでも覚えられないやつ。シナノキンバイ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、いつまでも覚えられないやつ。シナノキンバイ?
サラシナショウマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
1
槍沢には雪渓が残っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢には雪渓が残っていました。
ハクサンボウフウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンボウフウ
ミヤマキンポウゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
崩壊し行く雪渓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊し行く雪渓。
キオン or ハンゴンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キオン or ハンゴンソウ
2時間半で槍沢ロッヂ。これまでの疲労蓄積で下りは苦戦するかなと思ったけど、なかなかの好ペース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間半で槍沢ロッヂ。これまでの疲労蓄積で下りは苦戦するかなと思ったけど、なかなかの好ペース。
槍沢ロッヂを過ぎると槍沢のそばを歩く区間が多くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢ロッヂを過ぎると槍沢のそばを歩く区間が多くなります。
もちろん流れはきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん流れはきれいです。
2
横尾までは槍沢と付かず離れず、常にせせらぎが聞こえて癒されます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾までは槍沢と付かず離れず、常にせせらぎが聞こえて癒されます。
名もない沢もたくさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名もない沢もたくさん。
2
10時少し前に横尾に到着。なんとなくここで終わりの気がしちゃうけど、上高地まであと11kmもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時少し前に横尾に到着。なんとなくここで終わりの気がしちゃうけど、上高地まであと11kmもあります。
屏風の頭もガスの中ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風の頭もガスの中ですね。
徳沢までのこの区間は、清々しい緑色のシャワー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢までのこの区間は、清々しい緑色のシャワー。
徳澤園でカレーライス。初めて食べたけど、かなり美味しかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤園でカレーライス。初めて食べたけど、かなり美味しかったです。
2
河童橋から穂高を望むことはできませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋から穂高を望むことはできませんでした。
予想外に順調で13時前に上高地着。予定よりも1時間早くゴール。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想外に順調で13時前に上高地着。予定よりも1時間早くゴール。
13:20発のバスで新島々駅へ。最近流行り?の鉄道萌えキャラにラッピングされたアルピコ交通上高地線に乗り換え松本へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:20発のバスで新島々駅へ。最近流行り?の鉄道萌えキャラにラッピングされたアルピコ交通上高地線に乗り換え松本へ。
松本から大糸線で車を停めている穂高駅へ帰還。乗り継ぎが良くなく、45分の待ち時間。なんだか下山後の車回収の方が疲れちゃった感じがするけど、仕方ないですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本から大糸線で車を停めている穂高駅へ帰還。乗り継ぎが良くなく、45分の待ち時間。なんだか下山後の車回収の方が疲れちゃった感じがするけど、仕方ないですね。
2

感想/記録

今年の夏山ラストは槍ヶ岳に挑戦しました。ルートは槍に登るなら絶対に表銀座縦走と決めていました。詳しくは写真をご覧いただいた方が分かると思いますが、天気にも恵まれて、とにかく最高の山行になりました。

燕岳の独特で美しい風景。槍を見ながらの稜線散歩。緊張感がありつつも、少しずつ確実に槍に近づいていることを実感できる東鎌尾根。青空を貫く槍の凛々しい姿。そして、槍の穂先への登頂。そのどれもが忘れられない風景、経験となりました。
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ