ヤマレコ

記録ID: 1257082 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

1週間前に半月板損傷判明 崖っぷちから夢の雲の平。加賀屋はつみさんとの出合い!

日程 2017年09月08日(金) 〜 2017年09月13日(水)
メンバー
 Gooden_Cal(気象)
 snowyu(食事)
 epson(記録)
天候8日:明け方雨、朝〜昼過ぎ晴
9日:昼前まで晴、昼過ぎ曇 
10日:日中晴 
11日:温暖前線通過により曇〜小雨 
12日:寒冷前線通過により暴風雨 
13日明け方まで風雨、朝から晴
アクセス
利用交通機関
有料道路6:00〜20:00の時間帯のみ通行可
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間21分
休憩
43分
合計
6時間4分
S折立07:5908:02十三重之塔 慰霊碑08:0509:20太郎坂(アラレちゃん)09:3110:22青淵三角点(青淵山)10:3710:54積雪深計測ポール12:31五光岩ベンチ12:3212:55太郎兵衛平13:29太郎平小屋13:4214:03薬師峠
2日目
山行
7時間42分
休憩
1時間20分
合計
9時間2分
薬師峠06:1406:37太郎平小屋06:5007:51第一徒渉点07:5508:04第二徒渉点08:39第三徒渉点09:33カベッケが原09:46薬師沢小屋10:3113:35アラスカ庭園14:16奥日本庭園14:1814:39雲ノ平山荘14:5515:16雲ノ平テント場
3日目
山行
7時間52分
休憩
1時間56分
合計
9時間48分
雲ノ平テント場05:5106:04スイス庭園06:0807:00祖父岳分岐07:0807:31祖父岳07:3208:32岩苔乗越08:46ワリモ北分岐08:5009:35水晶小屋09:5310:38水晶岳11:0111:42水晶小屋12:0112:32ワリモ北分岐12:4713:12ワリモ岳13:1714:01鷲羽岳14:1415:31三俣山荘15:3715:39宿泊地
4日目
山行
10時間55分
休憩
1時間11分
合計
12時間6分
宿泊地05:3506:23三俣峠06:2706:37三俣蓮華岳06:4207:10三俣蓮華岳巻道分岐07:1608:21黒部五郎小舎09:0011:43黒部五郎の肩11:4511:55黒部五郎岳11:5912:09黒部五郎の肩12:1514:13中俣乗越14:1515:12赤木岳15:1415:51北ノ俣岳15:59神岡新道分岐17:32太郎山17:3317:41太郎平小屋
5日目
山行
3時間28分
休憩
15分
合計
3時間43分
太郎平小屋06:4007:00太郎兵衛平07:25五光岩ベンチ08:37積雪深計測ポール08:50青淵三角点(青淵山)08:5809:26太郎坂(アラレちゃん)10:12十三重之塔 慰霊碑10:1610:19折立10:2210:23折立駐車場
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届は太郎小屋で提出
山と高原地図の標準時間。みなさんと同意見ですが黒部五郎から太郎小屋の間の標準時間がきつめ、余裕率1.2倍掛けて計算すると丁度よいと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

エプソンさんアンバサダー認定ありがとうございます💗
2017年09月10日 10:44撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エプソンさんアンバサダー認定ありがとうございます💗
1
折立キャンプ場
2017年09月08日 06:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立キャンプ場
折立登山口
2017年09月08日 07:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立登山口
左の小屋は閉鎖されてます。
2017年09月08日 08:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の小屋は閉鎖されてます。
昨日の雨で
2017年09月08日 09:53撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の雨で
太郎小屋
2017年09月08日 13:43撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎小屋
薬師のテント場は太郎小屋から20分で下ったところにある。
2017年09月08日 13:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師のテント場は太郎小屋から20分で下ったところにある。
どんどん下る
2017年09月09日 08:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下る
2時間半 標高差400mの急登の始まり
2017年09月09日 10:29撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間半 標高差400mの急登の始まり
雲の平テント場のわき水はとても美味しい
2017年09月09日 18:13撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平テント場のわき水はとても美味しい
雲の平テント場
2017年09月09日 18:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平テント場
1
雲の平テント場
2017年09月10日 05:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平テント場
1
ワリモ分岐でデポして水晶岳へ
2017年09月10日 12:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ分岐でデポして水晶岳へ
水晶小屋
2017年09月10日 12:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋
三俣山荘
2017年09月10日 15:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘
三俣テント場
2017年09月10日 16:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣テント場
2
ジビエシチュー
2017年09月10日 17:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジビエシチュー
1
黒部五郎岳に向けて最後の急登。つづら折れの道
2017年09月11日 10:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳に向けて最後の急登。つづら折れの道
5日目 12日は雨
2017年09月12日 09:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5日目 12日は雨
6日目 まだ降っていたけど下山開始
2017年09月13日 05:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6日目 まだ降っていたけど下山開始
太郎小屋。さよなら〜
2017年09月13日 06:40撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎小屋。さよなら〜
昨日の風雨で木々が倒れていた。
2017年09月13日 08:46撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の風雨で木々が倒れていた。
折立駐車場に到着
2017年09月13日 10:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立駐車場に到着
1
撮影機材:

感想/記録

1週間前に半月板損傷していることが判明。
5年間以上あこがれていた場所。
一時はもうダメだと諦めていた山行。涙で溢れた。

5年に一回頂ける連続休暇を利用して計画を立てた。
しかし妻からは反対された。「折角の連休だから海外へ行きたい。なぜ山なのか!」と。「4日以上の山行経験もないし5日間も山に入りたくない。」
一ヶ月掛けて説得して徐々に理解が得られた。

日程の候補は過去の天候データから慎重に研究して5日間続いて晴れやすい日程を選んだ。第一候補は7月連休明けの梅雨末期が過ぎたころ。
しかし仕事のトラブルがあり休めなかった。気分が落ち込む。
やむえず9月上旬に休暇予定を変更。例年のパターンだと台風や前線による天候悪化が多い時期。今年は冷夏で8月末以降も雨が多く天候の期待はしていなかった。

しかし日程が近づいていくと晴れそうな予報。気持ちのテンションも上がる。

そのころ急に膝が激痛になり朝から立てずまともに歩けない。病院に行きMRI判定で半月板損傷していることが判る。原因は6月頃左膝を軸にして重量物を持って繰り返し作業を行っていた結果だった。崖からつきおとされ気分だ。折角長年の夢だった雲の平が遠ざかった。とても落ち込み。元気がなくなり諦め気分だった。

天気としては絶好の良いチャンス。こんなタイミングはない!山から呼ばれているような気を感じていた。半月板が損傷しても歩ける方法はないか色々悩み研究。医師にどうしても山に行きたいことを明かした。

対策は膝にヒアルロン酸注射。熱によって水が溜まらないように冷やすこと。筋肉や筋が硬直しないように薬で和らげる処方箋。ラッピング型のサポータで保護して膝の旋回による痛みや負担が出ないようにした。テント泊の食料は持つのをやめ軽量化。夕食は山小屋で過ごすことにした。

丁度このときエプソンさんより、MZ-500 Lアンバサダーキャンペーンの当選結果通知。応募したことも忘れていたので信じられない。担当者のご配慮で出発の当日に届けて頂いた。

自宅出発の7日深夜〜8日朝に掛けて雨、予報では回復傾向。そのとおりだった。

登りは痛めた左足をかばい右足から足を出すようにした。下りはストックを杖代わりにして左足から前に。妻が先導でペースは一歩一歩ゆっくりゆっくり進む。
そして3時間おきに湿布薬を貼り替えながら進む。

2日目薬師沢小屋からの急登2時間半。ついに夢の夢の憧れの雲の平の景色が広がった。一時はもうダメだと諦めていた山行。振り返ると本当に色々なことが重なったが無事にこの場所に居る。涙が溢れてくる。

3日目水晶岳に向かう。道中振り返ると広大な雲の平の風景が広がる。
なんども振り返っては心の中で「ありがとう」と叫んだ。

3日目は黒部五郎まで行く予定だったが、足の痛みもあり三俣テント場で過ごす。
小屋ではジビエシチューを頂いた。
この日は5日間のなかで一番最高の天気で水晶岳や鷲羽岳から絶景を楽しんだ。

4日目 三俣から太郎小屋へ。距離の長さは当初に計画上覚悟していたが前日黒部五郎まで行けなかった3時間が上乗せされ、合計12時間となった。
5日目が寒冷前線通過による大雨が予想されていたのでテントはやめ太郎小屋で宿泊するこにした。途中で小屋に連絡して到着時刻が17時過ぎになることを伝える。
行動中は低気圧が近づいていたがまだ温暖前線の通過の範囲だったので曇または小雨で大きな雨にあうことはなかった。。小屋に到着して10分も経たないうちに打ち付けるような大雨。暴風雨に変わった。本当にラッキーだった。
夕食も残して下さり準備して下さっていた。
受付では、昨年立山で見かけた警備隊の方がおられ感動の再会。転勤で担当が変更になったのこと。

5日目 小屋が吹き飛ばされそうな暴風雨が続く。小康状態を待つが収まらない。脚のこともあり下山せず延泊することにした。
同じように延泊組の方がいて談話室でスキーや山の話で盛り上がる。
その方々はシンガーソングハイカーの加賀屋はつみさんと山川さん
名前は知っていたが興味なく遠い存在の方だった。
とても優しい方々で人柄の良さがよく伝わってきた。
夜は少しお酒も入って将来の夢など色々語りあった。

6日目 明け方は風雨だったが回復傾向なので下山することに。
談話室で盛り上がったメンバー2組は雲の平を目指すようだ。
私たちが先に小屋を出ようとすると加賀屋さんが玄関まで駆け寄ってくれた。最後は握手で「また会いましょう」と別れを惜しんだ。

折立までの下山。最初は小雨で霧だったがどんどん青空が広がる。脚をかばいながら一歩一歩思い出と共に確実に下った。
訪問者数:237人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ