また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1287545 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳(中岳→赤岳→横岳→硫黄岳)

日程 2017年10月11日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口の駐車場500円、美濃戸まで行くにはFitではムリ。というかエクストレイルが下を摺りかけていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
30分
合計
9時間0分
S八ヶ岳山荘06:3007:10赤岳山荘08:50行者小屋09:30中岳のコル09:4009:50中岳10:30赤岳10:4012:00横岳(奥ノ院)12:30硫黄岳山荘12:50硫黄岳13:0013:10赤岩の頭13:40ジョウゴ沢13:50赤岳鉱泉14:50赤岳山荘15:30八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳〜横岳が鎖の岩場、それに加えて吹き上げの風が強く、荷物込みで80kg近い体が浮きかけました。
その他周辺情報温泉施設はどこにでもあるようです
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

朝6時20分スタート、前回よりはかなり遅め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝6時20分スタート、前回よりはかなり遅め。
コレでもマシなくらいな悪路。Fitどころか帰りにエクストレイルが下を摺りかけてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コレでもマシなくらいな悪路。Fitどころか帰りにエクストレイルが下を摺りかけてました。
沢渡りをしながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢渡りをしながら
なんかピントの合い方がおかしい・・・特別な写真・ポイントではありませんので悪しからず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかピントの合い方がおかしい・・・特別な写真・ポイントではありませんので悪しからず。
こんな感じの道がずっと続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの道がずっと続きます
途中から枯れた川か林道歩きの2択に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から枯れた川か林道歩きの2択に
行者小屋到着。ココから複数のルートに分かれますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。ココから複数のルートに分かれますが
せっかくなのでグルリと周回を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなのでグルリと周回を
1
本当は文三郎尾根に行くつもりだったんですが、時間が20分と違わないこと、中岳がピストンにならないことから阿弥陀ルートを選択。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当は文三郎尾根に行くつもりだったんですが、時間が20分と違わないこと、中岳がピストンにならないことから阿弥陀ルートを選択。
やっと逆光じゃなくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと逆光じゃなくなってきました。
1
阿弥陀との分岐で富士山と権現岳のツーショット。右の影は千丈ですかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀との分岐で富士山と権現岳のツーショット。右の影は千丈ですかね。
1
阿弥陀にも行きたかったんですが、今回はパス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀にも行きたかったんですが、今回はパス
中岳経由して赤岳を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳経由して赤岳を目指します。
中岳はすんなり通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳はすんなり通過
このときまでは砂利歩きかと思ってたんですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このときまでは砂利歩きかと思ってたんですが・・・
流石に南八ヶ岳がそんなわけが無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石に南八ヶ岳がそんなわけが無い。
権現岳もよく見えます。いつかあのキレットを超えて行きたいものです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳もよく見えます。いつかあのキレットを超えて行きたいものです
3
次の目的地、横岳と硫黄岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の目的地、横岳と硫黄岳
下りもこんな感じの岩斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りもこんな感じの岩斜面
山頂と山麓2つの山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂と山麓2つの山荘
1
近くでも逃げない鳥。コイツは何でしょうか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くでも逃げない鳥。コイツは何でしょうか・・・
1
中岳へはニセピークが多数あって惑わされます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳へはニセピークが多数あって惑わされます。
東側の斜面はいい紅葉。そろそろ中腹から下まで紅葉してますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の斜面はいい紅葉。そろそろ中腹から下まで紅葉してますね。
1
やっと中岳、この辺りで天気が怪しくなってきて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと中岳、この辺りで天気が怪しくなってきて
1
たった2分でこの雲の量。吹き上げなのですぐ流れていきますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たった2分でこの雲の量。吹き上げなのですぐ流れていきますが
このケルンは何だろうと思いましたが、雪のときの雪庇のラインですかね。違うかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このケルンは何だろうと思いましたが、雪のときの雪庇のラインですかね。違うかな?
赤岳・阿弥陀のほうは完全に雲に巻かれましたね。逆ルートじゃなくてよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳・阿弥陀のほうは完全に雲に巻かれましたね。逆ルートじゃなくてよかった。
硫黄岳の崖。噴火口なんでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳の崖。噴火口なんでしょうか
1
ココと数箇所この白い岩肌がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココと数箇所この白い岩肌がありました。
1
東西の天狗岳でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東西の天狗岳でしょうか
この雲の陰は北横岳でしょうか。雲が切れるかと待ってたんですが、結局ずっと雲の中でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雲の陰は北横岳でしょうか。雲が切れるかと待ってたんですが、結局ずっと雲の中でした。
さて、風も強いのでくだりを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、風も強いのでくだりを。
1
赤岩の頭から1枚。この岩肌はやっぱりなんか違う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭から1枚。この岩肌はやっぱりなんか違う
こっちのルートはすぐに森林限界になって見通しが悪く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちのルートはすぐに森林限界になって見通しが悪く
鉱泉手前までほぼ写真なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱泉手前までほぼ写真なし。
開けた場所は少ない。ずっと沢沿いを上がっていく感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所は少ない。ずっと沢沿いを上がっていく感じ
そして長い林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして長い林道歩き
正直南ルートのほうが楽しいので赤岳鉱泉から行者小屋に行って降りたほうが楽しいかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正直南ルートのほうが楽しいので赤岳鉱泉から行者小屋に行って降りたほうが楽しいかも。
美濃戸口に着きましたが、ココから更に車道歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口に着きましたが、ココから更に車道歩き。

感想/記録

前回がキツかったので今日の休みは行く予定じゃなかったんですが、
来週の天気が悪すぎるので衝動に駆られて出動してしまいました。
過去に蓼科には行ったんですが、その後足が遠のいていた八ヶ岳へ。

色々ルートは検討しましたが、車でいけて沢山回れる今回のルートへ。
というか群馬にいる間に麦草から行っておけばよかった・・・


美濃戸までいければ往復2時間程度ショートカットできるんですが、前回と同じで運転には自信がないので美濃戸口からスタート。
出発地点で兵庫のおじさんと一緒になり、ウォーミングアップをかねてゆっくりと美濃戸へ。

そこで分かれてとりあえず行者小屋を目指して南沢へ。
朝の湿り気もあり、苔むした山道歩きといった感じ。
ある程度からは枯れた川か林の間のどちらかを歩く感じになります。

枯れた川は山の景色がよく、林道は湿ったコケがいい感じで甲乙つけがたい感じ。


行者小屋からはいろんなルートで皆さん思い思いに出発されてました。
自分は文三郎で行く予定だったんですが、阿弥陀側から行っても時間がほぼ変わらないのと、中岳がピストンではなくなることから阿弥陀を選択。
割とすぐ森林限界っぽくなり、見晴もよく良いルートでした。


中岳コルからは権現岳と富士山のコラボ、多分その後ろは仙丈ケ岳も見えていい感じなんですが、どうしても富士山北側の山は富士山が逆光になるんですよね、それだけが残念。

中岳から見る赤岳はザレ道なんですが、中腹というか合流地点からは完全な岩場。
多数ある鎖場は鎖が無くても問題は無いレベル。
雨が降ったらイヤですが。

ココからのキレットはそのうち行きたいとは思いますが・・・いつになることやら。



で、横岳へ。
この道は岩場と梯子の連続。一つ一つは難しいものではないですが、テント泊装備だったりすると大変そうです。
あとは横岳の主峰までニセピークが3〜4個あり、多少がっかりさせられます。


最後に硫黄岳。
ココまでとは打って変わってザレ場続き、歩きやすい道です。
硫黄小屋からはガレまでは行かないですが石が大きく平たくなります。
とはいえ普通に歩いて問題なし。
山頂はココまでとは違って平で広い山頂、蓼科もこんな感じでしたね。北八ヶ岳の特徴なのでしょうか。

ココから周回で赤岳鉱泉に下りて、北沢ルートで下山。
赤岳・阿弥陀側と違って折り始めてすぐに林の中に入り展望はあまり無し。
更に鉱泉からの川下りのあとは長い車道歩きが待っており、正直あまり面白い道ではない。

ルート的には赤岳鉱泉から行者小屋に向かって南沢を降りたほうが楽しめるのではないでしょうか。
訪問者数:517人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 24
2017/10/12 14:25
 強風は、寒いし怖いし嫌ですね〜
初雪前の八ヶ岳、運が良ければ穏やかな小春日和。
悪ければ寒いし、怖いし・・お天気次第ですね。
来週末に時計回りで2日かけてゆっくり回りますが、
はたしてどうなるやら・・・因みに美濃戸まで車で
かちあがる覚悟です(笑)一応四駆なので。。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ