また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1932306 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳『後編』

日程 2019年07月16日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候槍ヶ岳山頂のみ雨で風強い
あとは曇りで時々晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間53分
休憩
1時間45分
合計
9時間38分
Sヒュッテ大槍05:4906:19槍ヶ岳山荘06:31槍ヶ岳06:4407:04槍ヶ岳山荘07:1407:58ヒュッテ大槍08:1808:41坊主岩屋下08:4409:27槍沢・天狗原分岐09:2909:55槍沢大曲り09:5611:00赤沢岩小屋(ババ平)11:0111:14槍沢ロッヂ11:46槍見河原12:16横尾 (横尾山荘)12:4713:23新村橋(パノラマ分岐)13:34徳澤園13:4413:50徳沢公衆トイレ13:5114:27徳本口(徳本峠分岐)14:30明神館14:3215:04小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)15:10河童橋15:2115:27上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
槍ヶ岳肩から山頂迄は雨で岩が濡れていて滑りやすかったです。乾いていればきちんと三点確保さえしていればそれほど危険では無いかと思います。坊主の岩小屋より下に四ヶ所雪渓渡りがありますがゆっくり慎重に行けばアイゼン等無くても大丈夫です。
その他周辺情報下山後に塩尻北迄移動、『信州健康ランド』で入浴して一泊。

写真

槍ヶ岳山頂
雨は小雨だが吹き上げてくる風が強く寒いので、貸し切り状態でもったいないけど早々撤退
ちなみにここに来る30分前くらいにプチぎっくり腰発症(涙)
2019年07月16日 06:39撮影 by X3-KC, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山頂
雨は小雨だが吹き上げてくる風が強く寒いので、貸し切り状態でもったいないけど早々撤退
ちなみにここに来る30分前くらいにプチぎっくり腰発症(涙)
1
nose君も初槍登頂
2019年07月16日 06:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
nose君も初槍登頂
坊主の岩小屋分岐にあったプレート
2019年07月16日 08:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主の岩小屋分岐にあったプレート
雪山はやった事無いので初雪渓渡り
2019年07月16日 08:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山はやった事無いので初雪渓渡り
初めてのライチョウ

わかりにくいですが親1子5いました
2019年07月16日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのライチョウ

わかりにくいですが親1子5いました
1
初めてのライチョウ
2019年07月16日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのライチョウ
初めてのライチョウ
2019年07月16日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのライチョウ
雪渓末端崩壊
なかなか分厚いです
2019年07月16日 09:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓末端崩壊
なかなか分厚いです
昨日はガスっててよく見えませんでしたが、今日は屏風岩がよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日はガスっててよく見えませんでしたが、今日は屏風岩がよく見えます
無事に上高地バスターミナルに下山しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に上高地バスターミナルに下山しました
撮影機材:

感想/記録

ログが1日目で途切れていたので全体の感想はこちらに書きます。

登山道ですが、大曲辺りまでは緩やかでそこから一気に高度を上げる感じで、それまでにあまり体力を消耗しないようにしないとそこからが辛く感じると思うのでペース配分等考えて歩いたほうがいいと思いました。
自分たちは東鎌尾根を歩いてみたかったので大曲から水俣乗越を目指しましたがこの間の急登が曲者で結構体力を削られました。体力にあまり自信の無い方でどうしてもヒュッテ大槍〜水俣乗越間の東鎌尾根を歩きたい方は下山に使うのが無難かと思います。上りは大曲を通り過ぎ坊主の岩小屋から上がった方がいいと思いました。
あとは槍の穂先の上り下りの際、岩が濡れていると危険度がだいぶ増す感じですので濡れている場合は気を付けて下さい。

山小屋は今回『ヒュッテ大槍』に泊らせていただきましたが、連休の最終日で泊まり客が少なくてとても快適で、食事もとても美味しく他のお客さんも気さくな方ばかりで楽しい団欒のひと時を過ごす事ができました。また是非泊まりたいと思う山小屋でした。

今回の山行きは梅雨時期で天気が持つか心配でしたが、槍の穂先以外はほとんど雨に降られる事も無く無事に初槍登頂できました。一泊二日だと行程が長いのでなかなかしんどかったのと、二日目の槍穂先アタック前の濡れたガレ場でズルっと足を滑らせて踏ん張った際にプチぎっくり腰を発症してしまい、下山は時折襲ってくる痛みとの闘いでしたが、とりあえず無事に下山できたので良かったです。また、北アルプスは3回目ですが初めて生のライチョウが見られたのでラッキーでした。
今回同行したnose君も膝を痛めながら初北アルプスを堪能できとても喜んでました。

次に北アルプスに来る時は大キレットに挑戦してみたいです。
訪問者数:82人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ