また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2108505 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳縦走(小淵沢駅→北横岳RW)

日程 2019年11月15日(金) 〜 2019年11月16日(土)
メンバー
天候1日目 快晴 西風強い
2日目 晴れ時々曇り 西風強い
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
東京→小淵沢 中央線特急

帰り
北横岳RW→茅野駅 アルピコ交通のバス 1日数便
茅野駅→新宿 中央線特急
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間58分
休憩
1時間36分
合計
12時間34分
Sスタート地点03:4105:32富士見平05:4106:46押手川06:5407:55青年小屋09:10権現小屋09:17縦走路分岐09:2610:21キレット小屋10:3411:26天狗尾根 稜線分岐11:2912:09赤岳12:1012:14赤岳頂上山荘12:3112:48赤岳天望荘12:5413:04二十三夜峰13:1213:51三叉峰(横岳)14:11横岳14:1814:37硫黄岳山荘14:4515:07硫黄岳15:35山びこ荘15:4216:15本沢温泉
2日目
山行
6時間56分
休憩
20分
合計
7時間16分
本沢温泉05:3606:50白砂新道入口06:5407:11東天狗岳07:1207:45中山峠07:4607:51黒百合ヒュッテ08:0208:28中山09:14高見石小屋09:1509:32丸山10:04麦草峠10:0510:32大石峠11:15五辻(東屋)11:1612:52坪庭・北横岳・縞枯山 登山道入口12:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪はあるが気にならない程度。
私は軽アイゼンとピッケルを持参したが、この日は気温が高く全工程ツボ足。

登山道で会った人は10人弱。
その他周辺情報宿泊
八ヶ岳ポニーユースホステル 4200円 ★★★☆☆
小淵沢駅付近。ユースホステルは初めてだったが、ほとんど民家なのね。確実に相部屋なので、入山前泊には適していないな。この日の宿泊客は私のみ。

本沢温泉 個室 7300円 ★★★★☆
日本一標高の高い露天風呂がある宿。なお、露天風呂は館からは歩いて5ー10分で、寒い時期の入浴は気合が必要。内風呂も有り、とても気持ちが良い。ただし館内全体が寒い。この日の宿泊客は10人強か。

写真

旅のオーバーチュア
ワクワク半分、不安半分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅のオーバーチュア
ワクワク半分、不安半分
青年小屋から編笠山
2019年11月15日 07:49撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋から編笠山
GIBOSHIと右に権現岳
2019年11月15日 08:34撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GIBOSHIと右に権現岳
1
生の実感を得るため
山に登っているのかもしれない
2019年11月15日 08:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生の実感を得るため
山に登っているのかもしれない
1
赤岳への登り
積雪・凍結はほぼ無い
2019年11月15日 11:41撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳への登り
積雪・凍結はほぼ無い
1
ぐちゃぐちゃな気持ち
全てを振り払って進む
2019年11月15日 12:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐちゃぐちゃな気持ち
全てを振り払って進む
あの峰を、全部を超えたいんだ
2019年11月15日 12:15撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの峰を、全部を超えたいんだ
2
横岳への登り
赤岳より雪が多い
2019年11月15日 13:36撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳への登り
赤岳より雪が多い
1
陰影が顕著な時間帯が好きだ
2019年11月15日 13:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陰影が顕著な時間帯が好きだ
2
鋭鋒を超えてきたからこそ
のっぺりの良さが際立つ
2019年11月15日 14:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋭鋒を超えてきたからこそ
のっぺりの良さが際立つ
初めて目前にした北八ヶ岳
こんなにも南と異なる地形が隣接している奇跡に感涙した
2019年11月15日 15:08撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて目前にした北八ヶ岳
こんなにも南と異なる地形が隣接している奇跡に感涙した
翌朝
ガスを晴らす東天狗
2019年11月16日 07:07撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
ガスを晴らす東天狗
1
来てよかった
2019年11月16日 07:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来てよかった
1
オシャレな山小屋、黒百合ヒュッテ
いつか泊まってみたい
2019年11月16日 07:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オシャレな山小屋、黒百合ヒュッテ
いつか泊まってみたい
癒しの森
2019年11月16日 09:53撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒しの森
麦草峠から見る茶臼山
2019年11月16日 10:02撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠から見る茶臼山
誰もいない、ヒミツの道路
2019年11月16日 10:08撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない、ヒミツの道路
茶臼山西麓は開けた草原
北八ヶ岳は、所々人工物があったり、地形が目まぐるしく変わったりと、飽きない
2019年11月16日 10:35撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山西麓は開けた草原
北八ヶ岳は、所々人工物があったり、地形が目まぐるしく変わったりと、飽きない
RW付近から北横岳
ピークを踏むのはまた今度
2019年11月16日 11:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
RW付近から北横岳
ピークを踏むのはまた今度
本当に良い山旅だった
2019年11月16日 12:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に良い山旅だった
下山後の爆食が至高の幸せ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の爆食が至高の幸せ
1

感想/記録

0日目
 今日は東京出張。お盆以降に歯応えのある山行をしていないので、公共交通機関で長めに歩ける山に行きたい。また、お盆の阿曽原温泉で味わった、山中温泉の気持ち良さが忘れられずにいる。どっちの欲求も満たせる山域は、八ヶ岳しかない。前々から気になっていた本沢温泉に泊まって縦断してやろう。
 仕事が終わってすぐに特急に乗り、小淵沢へ向かった。日本海側の爆弾低気圧による積雪は大丈夫だろうか。まあ、行けるところまで行けばいいか。駅周辺に飲食店はほぼ無く、セブンのカツ丼を食べて、近くのユースホステルで21時半には寝た。

1日目 21.7km +2650m -1520m
 3時起床、3時40分発。綺麗な星空を眺めつつ、ロード8kmくらい。途中、ヘッドランプが壊れ絶望する(後に電池の蓋が閉まり切ってなかっただけと判明)。気落ちしたまま、稜線に上がる。
 低気圧による積雪はほぼ無かったようだ。巻けるピークは全て巻いて進む。キレット小屋あたりから疲れてきて、計画よりも遅れ始めた。赤岳への登りは特に難所は無かったにも関わらず、めちゃキツかった。高い山は2ヶ月ぶりだから、高山病気味だったのだろうか。横岳は1年半前に来た時はアイスバーンで怖い思いをしたが、今回は特に何事も無く突破。硫黄岳辺りは西風が直撃し、かなり寒い。この時点で予定よりも大幅に遅れており、明日の蓼科牧場発最終バスに乗るのは無理だと悟った。
 本沢温泉に着くと、体が熱っぽく怠い。ドライカレーも喉を通らない。マズいぞ。去年も一昨年も冬山シーズンインの山行後には発熱してる。温泉に入って早く寝るしかない。温泉は寒さも相待って、筆舌に尽くしがたい気持ち良さだった。本当に気持ちが良くて、意識が吹っ飛びそうになった。19時過ぎには就寝。

2日目 15.2km +1050m -1400m
 4時起床、体調は回復した。この山小屋は5時過ぎまで電気が通らず、かなり寒い。自炊室に居れる気がしないので、自室でパンを食べて出発。もう満足したので蓼科山は諦め、北横岳RWのバスに乗って帰ろう。双子山、蓼科山近辺は歩いたことあるしな。
 登りの筋肉は昨日で死んだので、マジでペースが上がらない。喘ぎながらガスガスの東天狗まで登ると、ちょうどガスが晴れて北八ヶ岳が眼前に広がり、俄然テンションが上がる。下りの筋肉は元気で、良いペースが出せた。峠の度に休憩し、疲れているので巻けるピークは全て巻いて進む。途中に良さげな山小屋が何個もあり、空いている時期に泊まりたいと思った。RWは点検運休期間なので、徒歩で下山。道は整備されてて、50分ほどで下りれた。13時のバスに間に合い、9時間かけて自宅へ帰還。

 本当にいい山旅だった。今後も週末出張の度にウォークスルー山行を計画したい。
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ