また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3616201 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

鷲羽岳 折立よりワンデイ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇時々晴れ 一時小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
折立駐車場を利用。
有峰林道:6時〜20時 普通車:1900円 小見線は工事三か所

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
17分
合計
3時間33分
S十三重之塔 慰霊碑20:2621:04太郎坂21:0721:32青淵三角点21:3721:46積雪深計測ポール22:34五光岩ベンチ22:50太郎兵衛平22:5123:13太郎平小屋23:1423:49第一徒渉点23:5623:59第二徒渉点G
日帰り
山行
14時間7分
休憩
1時間52分
合計
15時間59分
第二徒渉点00:0400:22第三徒渉点01:05カベッケが原01:14薬師沢小屋01:2302:59アラスカ庭園03:0003:31奥日本庭園03:3203:45雲ノ平山荘03:4604:41祖父岳分岐04:5005:09祖父岳05:1605:56岩苔乗越06:0406:14ワリモ北分岐06:1506:32ワリモ岳06:4007:09鷲羽岳07:3307:52ワリモ岳07:5708:08ワリモ北分岐08:0908:13岩苔乗越08:1608:56祖父岳09:0009:15祖父岳分岐09:1709:59雲ノ平山荘10:12奥日本庭園10:1310:32アラスカ庭園11:48薬師沢小屋11:5412:10カベッケが原12:42第三徒渉点12:4313:00第二徒渉点13:0113:06第一徒渉点13:0813:52太郎平小屋14:0614:23太郎兵衛平14:37五光岩ベンチ15:11積雪深計測ポール15:1215:19青淵三角点15:35太郎坂15:3716:02十三重之塔 慰霊碑16:03ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・折立〜太郎平 
危険個所はなし。太郎平小屋脇に水が引かれています(募金箱あり)。
浮石の多いところに注意。
・太郎平〜薬師沢小屋
太郎平からの序盤の下りは削られた小石の多い所がある。
また、木の階段を固定していた鉄杭が頭を出しているので注意。
水場は沢水が豊富。
・薬師沢小屋〜雲ノ平小屋
薬師沢小屋入口に水場あり(無料)。
薬師沢小屋からすぐの急登は降りるのも登るのもコケの岩で滑りやすく慎重に。
木道は破損しているところがたまにある。
早朝歩く場合は、笹や小枝が張り出しているところは濡れるので雨具など着用。
木道が結露していると滑りやすい。
水場はなし。
・雲ノ平〜祖父岳〜鷲羽岳
祖父岳の登りのガレ場は霧の時など登山道を逸れやすいので注意。
また、祖父岳から少し東に下ったところで道を間違えやすいところがある。
(ケルンが目印)。
ワリモ岳山頂直下に短い岩場のトラバースあり(ロープが張られている)。
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

雲間から星が見える。気温は15℃。準備をしてスタート。
2021年10月08日 20:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲間から星が見える。気温は15℃。準備をしてスタート。
起こしてすみません。
樹林帯の通過は蒸し暑いくらいだ。
2021年10月08日 21:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起こしてすみません。
樹林帯の通過は蒸し暑いくらいだ。
1
樹林帯を抜けるが風が無い。
雲海があるのだろうか、市街地の夜景がまったく見えない。
2021年10月08日 21:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けるが風が無い。
雲海があるのだろうか、市街地の夜景がまったく見えない。
小屋前はいつも通り静かに通過。
寒くないのでありがたい。
2021年10月08日 23:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前はいつも通り静かに通過。
寒くないのでありがたい。
荒れた坂道をこなして木道区間へ。
2021年10月08日 23:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れた坂道をこなして木道区間へ。
ここまで水なしだったのでハイドレーションに補給。
2021年10月09日 00:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで水なしだったのでハイドレーションに補給。
1
案内板がいくつかありますが、時間・距離記載はありません。
2021年10月09日 00:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板がいくつかありますが、時間・距離記載はありません。
やはり緊張の吊り橋通過。
2021年10月09日 01:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり緊張の吊り橋通過。
2
今シーズン、四回目の雲ノ平へ。
2021年10月09日 01:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズン、四回目の雲ノ平へ。
いつもより乾いているが一苦労。
2021年10月09日 01:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもより乾いているが一苦労。
苔が付いた岩。
2021年10月09日 01:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が付いた岩。
1
中々終わらない標高差300m。
2021年10月09日 02:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中々終わらない標高差300m。
急登はここで終わり。
2021年10月09日 02:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登はここで終わり。
木道は快適。
2021年10月09日 02:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道は快適。
間違いやすいところはロープ。
2021年10月09日 02:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違いやすいところはロープ。
ここから祖父岳方面へ。先行者一名。そろそろヘッドライト組が幾つか。
2021年10月09日 04:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから祖父岳方面へ。先行者一名。そろそろヘッドライト組が幾つか。
祖父岳到着。空が明るい。
2021年10月09日 05:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳到着。空が明るい。
今日のターゲット。
2021年10月09日 05:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のターゲット。
1
平地は雲海だが山は晴れていた。
2021年10月09日 05:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平地は雲海だが山は晴れていた。
1
祖父岳から岩苔乗越へ向かい、祖父岳を振り返る。
2021年10月09日 05:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳から岩苔乗越へ向かい、祖父岳を振り返る。
三俣蓮華岳。先週は寒かった。
2021年10月09日 05:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳。先週は寒かった。
水晶小屋右手辺りが最も明るい。
2021年10月09日 05:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋右手辺りが最も明るい。
1
水晶岳。ほとんどがここを目指していた。
2021年10月09日 05:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳。ほとんどがここを目指していた。
1
右手のワリモ岳を目指す。
2021年10月09日 05:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手のワリモ岳を目指す。
赤く染まる薬師岳。
2021年10月09日 05:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く染まる薬師岳。
3
岩苔乗越到着。写真を取りワリモ岳へ。
2021年10月09日 05:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩苔乗越到着。写真を取りワリモ岳へ。
ひと登りで分岐点へ。ここは右へ。
2021年10月09日 06:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りで分岐点へ。ここは右へ。
ワリモ岳山頂。
2021年10月09日 06:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳山頂。
祖父岳に写るワリモ岳の影。
2021年10月09日 06:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳に写るワリモ岳の影。
水晶岳に続く稜線。
2021年10月09日 06:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳に続く稜線。
黒々とした薬師岳。
2021年10月09日 06:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒々とした薬師岳。
1
ワリモ岳山頂。登山道は右手を巻く。
2021年10月09日 06:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳山頂。登山道は右手を巻く。
ワリモ岳山頂にひと登り。
2021年10月09日 06:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳山頂にひと登り。
黒部五郎岳と北ノ俣岳の稜線。先週、お世話になりました。
2021年10月09日 06:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳と北ノ俣岳の稜線。先週、お世話になりました。
鷲羽岳と逆光の槍。
2021年10月09日 06:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳と逆光の槍。
1
鷲羽岳と三俣蓮華岳。
2021年10月09日 06:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳と三俣蓮華岳。
三俣蓮華岳とP2864。
2021年10月09日 06:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳とP2864。
鷲羽岳直下。
2021年10月09日 06:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳直下。
ワリモ岳、水晶岳。
2021年10月09日 06:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳、水晶岳。
ようやく到着。これにて雲ノ平シリーズ終了。
2021年10月09日 07:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく到着。これにて雲ノ平シリーズ終了。
2
三角点にご挨拶。
2021年10月09日 07:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点にご挨拶。
三俣蓮華岳から双六岳方面。
2021年10月09日 07:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳から双六岳方面。
鷲羽岳山頂概観。
水晶の山頂は狭いがこちらは広い。
2021年10月09日 07:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂概観。
水晶の山頂は狭いがこちらは広い。
黒部五郎岳。眺めは三俣蓮華岳からの方が良かった。
2021年10月09日 07:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳。眺めは三俣蓮華岳からの方が良かった。
穂高から槍は完全にシルエットのみ。
2021年10月09日 07:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高から槍は完全にシルエットのみ。
2
鷲羽池。火山湖ですね。
2021年10月09日 07:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池。火山湖ですね。
野口五郎岳への稜線。
2021年10月09日 07:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎岳への稜線。
三俣蓮華岳。
2021年10月09日 07:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳。
槍のズームアップ。
2021年10月09日 07:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍のズームアップ。
1
ワリモ、水晶、薬師。どうしてもワリモは負けてしまします。
2021年10月09日 07:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ、水晶、薬師。どうしてもワリモは負けてしまします。
1
薬師岳と祖父岳。
2021年10月09日 07:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳と祖父岳。
1
三俣小屋が小さい。
2021年10月09日 07:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣小屋が小さい。
こっちの稜線歩きも面白そうだが降りてからが大変そう。
2021年10月09日 07:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの稜線歩きも面白そうだが降りてからが大変そう。
水晶とワリモ山頂。
2021年10月09日 07:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶とワリモ山頂。
ワリモ岳山頂のロープ。
2021年10月09日 07:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳山頂のロープ。
鷲羽岳をワリモ岳から撮影。
2021年10月09日 07:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳をワリモ岳から撮影。
1
水晶岳の西側斜面。
2021年10月09日 08:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳の西側斜面。
1
あまり紅葉した感じがしない。
2021年10月09日 08:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり紅葉した感じがしない。
ワリモ岳と鷲羽岳から戻り。
2021年10月09日 08:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳と鷲羽岳から戻り。
水晶岳と赤牛岳。木々は葉っぱが落ちて枝だけのようだ。
2021年10月09日 08:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳と赤牛岳。木々は葉っぱが落ちて枝だけのようだ。
2
赤牛岳の左に五色ヶ原、越中中岳、スゴ乗越など。
2021年10月09日 08:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳の左に五色ヶ原、越中中岳、スゴ乗越など。
祖父岳より黒部五郎岳。
2021年10月09日 08:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳より黒部五郎岳。
1
三俣蓮華から槍穂方面。
2021年10月09日 08:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華から槍穂方面。
鷲羽岳とワリモ岳。
2021年10月09日 08:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳とワリモ岳。
何枚取っても飽きない存在。
2021年10月09日 08:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何枚取っても飽きない存在。
1
水晶岳アップ。人が見える。
2021年10月09日 08:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳アップ。人が見える。
薬師岳と雲ノ平全景。
2021年10月09日 09:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳と雲ノ平全景。
1
雲ノ平のテン場。
2021年10月09日 09:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平のテン場。
荒々しい水晶岳西面。
2021年10月09日 09:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい水晶岳西面。
越中沢岳、五色ヶ原アップ。
2021年10月09日 09:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越中沢岳、五色ヶ原アップ。
北ノ俣の稜線は緩やかに見えるがアップダウンの連続です。
2021年10月09日 09:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣の稜線は緩やかに見えるがアップダウンの連続です。
雲ノ平周辺はこんな感じ。
2021年10月09日 09:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平周辺はこんな感じ。
雲ノ平から黒部五郎岳。
2021年10月09日 10:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平から黒部五郎岳。
1
薬師沢小屋。すでに小屋締めの準備?
2021年10月09日 11:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋。すでに小屋締めの準備?
雲ノ平方面はガスって来た。
2021年10月09日 12:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平方面はガスって来た。
ガスガスの稜線。太郎平小屋も霞んでいる。
2021年10月09日 13:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスの稜線。太郎平小屋も霞んでいる。
太郎平小屋でジュースタイム。雲ノ平方面には雨雲。
2021年10月09日 14:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋でジュースタイム。雲ノ平方面には雨雲。
ガスガスの下山。この後小雨に見舞われる。
2021年10月09日 14:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスの下山。この後小雨に見舞われる。
ゲームセット。
2021年10月09日 16:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲームセット。
1

感想/記録

先週の三俣蓮華岳山行で残してしまった鷲羽岳・ワリモ岳を片付けるため、ワンデイで出かけることにした。寒くなるとなかなか行けない地域なので、条件が揃えば行くしかない。
土曜日は日曜日よりも天気は悪い予報だが登山できないほどでもない。
ナイトハイク登山は日曜日よりも土曜日実施の方が週末を効率よく使えるので、土曜日にいくことにした。ただし、昼間の会社が終わってからの山行となるので、その分きつくなるが仕方ない。車で一時間ほどで山に取り付け、仮眠を取ることなくすぐにスタートできるメリットを最大限に使おう。

有峰林道のゲートを19時半に通過、折立に20時過ぎに着き、登山スタート。
気温へ高めで林間を歩くと蒸し暑く感じる。歩きだして15分ほどでと登山道で煙草を吸うご老人とスライド。どうも疲労困憊して座っていたようだ。もう少しですとご挨拶、視線もしっかりしていたのでそのまま登山続行。
稜線に出ると寒くなる。いつもキラキラしている富山の夜景は全く見えないが、星はきれいだ。太郎平から薬師沢小屋までの坂道は黙々とこなすだけ。
今回は安心安全の雲ノ平コース、先週の飛越新道利用よりもスマートだ。
それでもアプローチに往復10時間以上、いつものことだがいろいろとある。
薬師沢小屋から雲ノ平への急登はいつもより乾いていて快適だった。
雲ノ平でも木道の結露が無く祖父岳までトラブルなく到達。ようやく空が明るくなる。遠くヘッドライトもたくさん見えだす。この辺がアルプスである。
景色は帰りの楽しみにして先を急ごう。
岩苔乗越からワリモ岳分岐を右に。ここから未体験ゾーン。
アプローチは比較的楽であっさりとワリモ岳直下に到達。
ついでに山頂に寄り景色を堪能する。薬師、水晶、野口五郎、槍穂、黒部五郎、三俣蓮華など高曇りの空で展望には支障なし。
山頂直下のロープ場を消化、一旦50m下り鞍部から鷲羽岳へ登り返す。
ザレ場がほとんどで手前の小ピークにのっかると山頂は目の前だった。
スライドする人も増えてきたが皆さん南から北へ水晶狙いですか。
鷲羽岳に登頂して雲ノ平シリーズのミッション終了。
微かに富士山も見えた。
さあ、帰ろう。帰りも長い。あとは展望台の祖父岳で景色を楽しもう。
三俣小屋方面へ下山する予定だったが、祖父岳展望を見たくなったので往路をそのまま戻ることにした。今回も20時間近くの完全燃焼、いい体力づくりと想い出作りになりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:319人

コメント

今回は折立からにされたんですね。
それにしても毎週のように無睡登山、真似できません。(^_^;)
ワンデイ雲ノ平も4回目はすごいとしか言いようがありません。(笑)
2021/10/10 17:08
飛越新道は泥濘と夜間のカール通過がネックでした。
最後なので実績のある折立から雲ノ平コースを選択しましたが
何回やっても疲労感は変わらないですね。
高天原温泉日帰りが残りましたが、来年に持ち越しです。
2021/10/12 6:14
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ