また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3707244 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 奥秩父

奥秩父主脈縦走(瑞牆山荘〜奥多摩駅)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年11月03日(水) ~ 2021年11月05日(金)
メンバー
天候1日目🌤
2日目☀️→🌦
3日目🌤
アクセス
利用交通機関
電車
韮崎駅からバスでアクセス。減便のため一便目でも到着が10時過ぎとなっている。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
23:02
距離
67.9 km
登り
4,775 m
下り
5,922 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間54分
休憩
0分
合計
3時間54分
S瑞牆山荘10:1610:26富士見平林道交差10:2610:39富士見平林道終点10:4010:45富士見平小屋10:4511:08鷹見岩分岐11:0811:13大日小屋11:1411:31大日岩12:10砂払いノ頭12:1112:17千代の吹上12:1712:24金峰山小屋分岐12:2412:43五丈石12:4312:51金峰山12:5213:39朝日岳13:3913:45朝日岳前の展望岩場13:4613:58朝日峠13:5814:17大弛峠14:17宿泊地
2日目
山行
9時間17分
休憩
54分
合計
10時間11分
夢の庭園05:2705:38前国師ヶ岳05:3905:42三繋平05:46国師ヶ岳05:4906:40国師ノタル06:4107:05東梓07:0707:33両門ノ頭07:3407:54富士見07:5408:17水師08:1708:252353m地点08:2508:41甲武信ヶ岳08:4808:54甲武信小屋08:5509:05木賊山まき道分岐09:0509:27破風山避難小屋09:3610:04破風山10:0410:19東破風山10:1910:51雁坂嶺10:5311:08雁坂峠11:1511:22雁坂小屋11:2712:03水晶山12:1712:32古礼山12:3312:52燕山12:5213:12雁峠13:1313:22小さな分水嶺13:2313:27笠取山西13:41笠取山展望地13:4113:45笠取山13:4613:54水干尾根13:5514:13黒槐山14:1314:17黒槐の頭14:1714:31独標2044m14:3114:55唐松尾山14:5715:33山ノ神土15:3315:38牛王院平15:3815:43将監峠15:4415:47将監小屋
3日目
山行
8時間2分
休憩
27分
合計
8時間29分
将監小屋05:4106:53大ダル06:5307:39飛龍山07:4007:45三等三角点比竜07:4608:01北天のタル08:0308:34三ッ山08:3508:47狼平08:4709:09三条ダルミ09:0909:34雲取山避難小屋09:3509:35雲取山09:3609:49雲取山避難小屋10:0110:09小雲取山10:0910:19ヨモギノ頭10:1910:38ブナ坂10:3910:49七ツ石山10:5011:04千本ツツジ11:0411:32巳ノ戸ノ大クビレ11:3211:42鷹ノ巣山避難小屋11:4812:08鷹ノ巣山12:0912:21水根山12:2112:33石尾根城山12:3312:38カラ沢ノ頭12:3912:46将門馬場12:4613:00六ツ石山分岐13:0313:18三ノ木戸林道分岐13:1813:26十二天山13:2713:38越路ノ杜13:3813:51石尾根縦走路・六ツ石山登山口13:5313:55農指山13:5614:14奥多摩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金峰山の北面は圧雪が凍結している。特にこの日の金峰山〜鉄山はかなりツルツル。小屋のおじさんによると、チェーンスパイクを持ってるのにつけないで進んだ人が転んで頭を打って出血したとか。
国師ヶ岳の周辺にも積雪があり滑りやすい。
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

写真

瑞牆山荘から出発。黄葉がきれい。
2021年11月03日 10:15撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘から出発。黄葉がきれい。
1
カラマツと瑞牆山
2021年11月03日 10:32撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツと瑞牆山
2
日差しで透けてキラキラ
2021年11月03日 10:37撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しで透けてキラキラ
2
富士見平
2021年11月03日 10:45撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平
1
標高をあげていくと先週降った雪が出てくる
2021年11月03日 12:09撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高をあげていくと先週降った雪が出てくる
1
稜線に出た。ひなたの雪は溶けたようだ。
2021年11月03日 12:11撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出た。ひなたの雪は溶けたようだ。
2
振り返ると瑞牆山と雲で隠れた八ヶ岳。
2021年11月03日 12:11撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると瑞牆山と雲で隠れた八ヶ岳。
1
五丈石が見えた。
2021年11月03日 12:13撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈石が見えた。
2
いつも思うけどお城みたいだなあ
2021年11月03日 12:19撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも思うけどお城みたいだなあ
2
日陰はこんな感じ
2021年11月03日 12:24撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰はこんな感じ
1
大弛峠が閉鎖されているからか人がまばら
2021年11月03日 12:45撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠が閉鎖されているからか人がまばら
2
廻り目平の方が黄色い
2021年11月03日 13:00撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廻り目平の方が黄色い
2
滑ります。そして日陰は本当に寒い。
2021年11月03日 13:49撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ります。そして日陰は本当に寒い。
2
大弛でテント泊。2日目朝のテント内は-2度。
2021年11月04日 04:26撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛でテント泊。2日目朝のテント内は-2度。
1
国師ヶ岳からは甲府の町灯りも見えた
2021年11月04日 05:46撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳からは甲府の町灯りも見えた
3
金峰山あたりより踏み固められてはいないけど、滑るのでチェーンスパイクをつける。
2021年11月04日 06:10撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山あたりより踏み固められてはいないけど、滑るのでチェーンスパイクをつける。
1
途中からは雪もなくなりフカフカの歩きやすい道に。
2021年11月04日 06:40撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からは雪もなくなりフカフカの歩きやすい道に。
1
樹林帯の中がほとんどだけど、たまに展望が開ける。
2021年11月04日 08:19撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中がほとんどだけど、たまに展望が開ける。
2
甲武信ヶ岳からこれまでの道を振り返る
2021年11月04日 08:41撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳からこれまでの道を振り返る
1
なぜこんなに標識を高くしたのか
2021年11月04日 08:42撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜこんなに標識を高くしたのか
2
甲武信小屋。雪はかなり溶けている。
2021年11月04日 08:54撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信小屋。雪はかなり溶けている。
1
巻道をいく。ここではチェーンスパイクはつけなかった。
2021年11月04日 08:58撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道をいく。ここではチェーンスパイクはつけなかった。
1
破風山避難小屋から。小屋の中はとてもきれい。
2021年11月04日 09:34撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山避難小屋から。小屋の中はとてもきれい。
2
山の下部が紅葉してるなあ
2021年11月04日 10:07撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の下部が紅葉してるなあ
2
この辺のピークにはどこも大きなベンチが置かれていて休める
2021年11月04日 10:19撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺のピークにはどこも大きなベンチが置かれていて休める
2
こんな道が続く
2021年11月04日 10:30撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道が続く
3
これで今年は三大峠を3つとも歩いたことに
2021年11月04日 11:08撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで今年は三大峠を3つとも歩いたことに
2
峠から下っていくと雁坂小屋がある。
2021年11月04日 11:21撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から下っていくと雁坂小屋がある。
3
古礼山のベンチ。気持ちのいい場所だった。
2021年11月04日 12:33撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古礼山のベンチ。気持ちのいい場所だった。
2
雁峠。標識が倒れている。笠取の上には怪しい雲。
2021年11月04日 13:13撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁峠。標識が倒れている。笠取の上には怪しい雲。
1
巻いてもよかったけど登ってみる。標高が下がってきたからか黄葉が目立つ。
2021年11月04日 13:40撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いてもよかったけど登ってみる。標高が下がってきたからか黄葉が目立つ。
1
唐松尾山への道は少し不明瞭な場所もあった。
2021年11月04日 15:07撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾山への道は少し不明瞭な場所もあった。
1
将監小屋。小屋は閉鎖中。ここでついに雨が降り始める。
2021年11月04日 15:46撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将監小屋。小屋は閉鎖中。ここでついに雨が降り始める。
2
じゃばじゃばじゃば
2021年11月04日 16:45撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じゃばじゃばじゃば
1
バリバリに凍ったフライシートの撤収に時間がかかった。
2021年11月05日 06:48撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリバリに凍ったフライシートの撤収に時間がかかった。
1
苔に霜が降りている
2021年11月05日 06:53撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔に霜が降りている
1
飛龍山には直登してみた。トレースと獣道が混じっていて迷いやすい。灌木をつっきる形になって手間取り、時間短縮にはあまりならなかった。
2021年11月05日 07:42撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍山には直登してみた。トレースと獣道が混じっていて迷いやすい。灌木をつっきる形になって手間取り、時間短縮にはあまりならなかった。
1
雲取山に向かう。笹が腰より高く茂っているところもある。迷わないけど、足を踏み外さないように注意する。
2021年11月05日 08:18撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山に向かう。笹が腰より高く茂っているところもある。迷わないけど、足を踏み外さないように注意する。
1
黄葉が見られるようになってくる
2021年11月05日 09:08撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉が見られるようになってくる
1
ようやく東京都。さすがに人が多くなる。ひなたで濡れたトレランシューズと靴下を乾かす。
2021年11月05日 09:33撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく東京都。さすがに人が多くなる。ひなたで濡れたトレランシューズと靴下を乾かす。
3
いろいろ物が多い山頂。
2021年11月05日 09:36撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろいろ物が多い山頂。
3
石尾根は黄葉が綺麗だった
2021年11月05日 10:36撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根は黄葉が綺麗だった
2
七ツ石からふりかえる
2021年11月05日 10:49撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石からふりかえる
2
歩きやすいというか走りやすい
2021年11月05日 11:03撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすいというか走りやすい
2
落ち葉も綺麗だ
2021年11月05日 11:14撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉も綺麗だ
2
鷹巣避難小屋
2021年11月05日 11:47撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹巣避難小屋
1
石尾根は歩きやすい道ばかりだ
2021年11月05日 12:30撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根は歩きやすい道ばかりだ
1
どんどん標高を下げる。奥多摩駅の写真は撮り忘れてしまった。
2021年11月05日 13:09撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん標高を下げる。奥多摩駅の写真は撮り忘れてしまった。
1
山と道 Alpha Vestのチタンコーティング剥離の件。3日間ほぼ常に着用し65kmくらい激しく歩くとこの状態になりました。下に着ていたキャプリーンミッドウェイト(Navy)に色移りは感じませんでした。ユニークで非常に良いウェアだと思います。
2021年11月06日 10:12撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と道 Alpha Vestのチタンコーティング剥離の件。3日間ほぼ常に着用し65kmくらい激しく歩くとこの状態になりました。下に着ていたキャプリーンミッドウェイト(Navy)に色移りは感じませんでした。ユニークで非常に良いウェアだと思います。
2

感想/記録

■計画
休みが取れたから奥秩父へ。縦走なのでアクセスに悩んだ。韮崎からバスが出ているが、一便目でも10時過ぎに瑞牆山荘着。初日に甲武信小屋くらいまで行こうと思っていたけどそれじゃ急いでも16時を過ぎそうだ。2日目がキツくなるけど、初日は大弛峠までで我慢することにした。

■持ち物
北アの縦断と比べると日数が短いので食料は減らせたが、気温が零下になるので保温着やシュラフ(ダウンハガー3)が重くなった。かなり寒がりなのでダウンソックスも持っていったけど、おかげで暖かく眠ることができた。
今回特に活躍したのが、先月発売した山と道のAlpha Vest。保温性はありつつ通気性が非常に良いため、縦走中ほぼ常に着用しても快適だった。

■1日目(瑞牆山荘〜大弛小屋)
バスは激混みで座れず。窓から外を見ていたら、増富温泉あたりで紅葉が綺麗になってくる。瑞牆山荘周辺には路肩にも駐車され、混み合っている。富士見平あたりまでは黄葉が見事だった。ほとんど雪はないが、標高の高い北面の日陰部分は凍結している。大弛峠は閉鎖されており、小屋のおじさんが作業をしているが宿泊者はいないので夕方には車で帰るという。この日は私を含めてテント泊3人のみ。

■2日目(大弛小屋〜将監小屋)
寒いけどよく晴れて気持ちのいい縦走日和。すれ違う人も一桁しかおらず、静かな山だった。笠取を登ってみたりしていると、いつの間にか怪しい天気に。将監小屋につくと雨がポツポツしはじめ、すぐ止むと思ったらまさかの本降りになる。ぎりぎり設営できたけど、テントは濡れてしまった。

■3日目(将監小屋〜奥多摩駅)
前日の雨で濡れたフライシートはバリバリに凍りつき、撤収でテンションが下がる。下草が濡れており、シューズと靴下が濡れる。シールスキンズの防水ソックスを履けばよかったかなと思ったけど、履いていたドライマックスの速乾力がすごくて、特に問題はなかった。雲取山からの石尾根は日当たりもよくてトレイルは乾いている。走れる区間も多く、思ったより早く下山できた。


次はまた別の季節に。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:539人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ