また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508546 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

不帰キレットから白馬三山&久しぶりの天狗鍋!

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候13晴のち曇 夕方雨
14晴のちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方第三駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間5分
休憩
26分
合計
5時間31分
S八方池山荘08:2308:43八方山08:55八方池09:28扇雪渓09:42丸山09:4410:16唐松岳頂上山荘10:2610:41唐松岳10:4211:15不帰嶮(不帰二峰南峰)11:1611:30不帰嶮(不帰二峰北峰)11:3212:12不帰嶮(不帰一峰)12:2112:36不帰キレット13:22天狗ノ大下り13:49天狗ノ頭13:5013:54天狗山荘
2日目
山行
6時間34分
休憩
44分
合計
7時間18分
天狗山荘05:2206:11鑓ヶ岳06:1206:54杓子岳07:52丸山08:16白馬山荘08:3608:54白馬岳09:17三国境09:49小蓮華山09:5010:18船越ノ頭10:44白馬大池山荘11:0511:28乗鞍岳12:01天狗原の祠12:0212:40栂池ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
核心部といわれる不帰曲より、天狗の大下り(このルートで行くと大登)の方がガレていて上からの落石注意。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

八方ゴンドラ乗場。始発待ちの列。
2014年09月13日 07:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方ゴンドラ乗場。始発待ちの列。
1
リフトから。
2014年09月13日 08:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトから。
4
白馬三山。
2014年09月13日 08:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山。
2
白馬方面と、
2014年09月13日 08:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬方面と、
5
八方池と不帰キレット。
2014年09月13日 08:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池と不帰キレット。
4
扇雪渓付近。まだ雪残ってる。
2014年09月13日 09:34撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇雪渓付近。まだ雪残ってる。
まだ晴れていて欲しい不帰。
2014年09月13日 09:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ晴れていて欲しい不帰。
4
唐松岳頂上山荘。
2014年09月13日 10:16撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘。
唐松岳と妻。
2014年09月13日 10:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳と妻。
2
さて、それでは。
2014年09月13日 10:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、それでは。
2
唐松山頂。
2014年09月13日 10:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松山頂。
6
不帰方面への稜線。
2014年09月13日 10:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰方面への稜線。
5
ここが大好きな妻はあっという間に先へ。
2014年09月13日 10:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが大好きな妻はあっという間に先へ。
7
不帰曲で待っていた妻。
2014年09月13日 11:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰曲で待っていた妻。
5
嬉しげに岩を越えていきます。
2014年09月13日 11:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嬉しげに岩を越えていきます。
2
天狗の頭方面はガスってきた。
2014年09月13日 11:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭方面はガスってきた。
3
不帰お馴染の桟道。
2014年09月13日 11:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰お馴染の桟道。
4
不帰喫で待っていた妻。
2014年09月13日 12:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰喫で待っていた妻。
1
鎖場を越えていきます。
2014年09月13日 12:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を越えていきます。
1
妻が出あった雷鳥の親子。
2014年09月13日 13:42撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻が出あった雷鳥の親子。
丸々してます。
2014年09月13日 13:42撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸々してます。
5
天狗山荘。
2014年09月13日 13:54撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘。
名物天狗鍋。久しぶりだが変らず美味しかった。
2014年09月13日 17:30撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物天狗鍋。久しぶりだが変らず美味しかった。
10
部屋はこれだけ。
2014年09月13日 17:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部屋はこれだけ。
2
山荘の裏山。
2014年09月14日 05:22撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の裏山。
2
テン場。いつもだったらテントで来るのであるが・・。
2014年09月14日 05:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場。いつもだったらテントで来るのであるが・・。
6
雲海からご来光。
2014年09月14日 05:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海からご来光。
9
綺麗です。
2014年09月14日 05:28撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗です。
3
富士山と八ヶ岳が浮かんでます。
2014年09月14日 05:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と八ヶ岳が浮かんでます。
5
雲海を見ながら出発。
2014年09月14日 05:32撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海を見ながら出発。
5
綺麗なグラデーション。
2014年09月14日 05:32撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なグラデーション。
5
朝日のあたる稜線と妻と白馬鑓。
2014年09月14日 05:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日のあたる稜線と妻と白馬鑓。
5
まだ月も出てます。
2014年09月14日 05:33撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ月も出てます。
3
モルゲンローテに輝く剱岳。
2014年09月14日 05:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンローテに輝く剱岳。
4
五竜、鹿島槍の後方は槍穂。
2014年09月14日 06:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜、鹿島槍の後方は槍穂。
4
剱立山の稜線。
2014年09月14日 06:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱立山の稜線。
2
白馬鑓山頂に向かう妻。
2014年09月14日 06:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓山頂に向かう妻。
3
白馬槍ヶ岳山頂。
2014年09月14日 06:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬槍ヶ岳山頂。
7
槍穂、鹿島槍、五竜。
2014年09月14日 06:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂、鹿島槍、五竜。
3
剱、立山。
2014年09月14日 06:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱、立山。
3
白馬をバックに。
2014年09月14日 06:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬をバックに。
5
白馬をバックに。
2014年09月14日 06:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬をバックに。
2
巻きたかったのにスタスタと杓子へ登って行ってしまった・・・。
2014年09月14日 06:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きたかったのにスタスタと杓子へ登って行ってしまった・・・。
3
杓子の大雪渓側は切れ落ちていて怖い。
2014年09月14日 06:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子の大雪渓側は切れ落ちていて怖い。
3
杓子山頂にたくさん人がいるのが見える。
2014年09月14日 06:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子山頂にたくさん人がいるのが見える。
2
すれ違い注意。
2014年09月14日 06:55撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すれ違い注意。
3
杓子岳山頂。ルートがだいぶ変っていました。
2014年09月14日 06:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳山頂。ルートがだいぶ変っていました。
4
白馬をバックに。
2014年09月14日 07:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬をバックに。
5
青空に映えます。
2014年09月14日 07:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えます。
1
白馬鑓と杓子。
2014年09月14日 07:38撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓と杓子。
青空に白馬山頂が。
2014年09月14日 07:41撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に白馬山頂が。
1
白馬のテン場。
2014年09月14日 07:49撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬のテン場。
清水岳方面。花の季節にまた行きたい。
2014年09月14日 07:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水岳方面。花の季節にまた行きたい。
2
白馬スカイレストランでホットココアを。
2014年09月14日 08:18撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬スカイレストランでホットココアを。
1
コーヒーと窓越しの剱。クラシックかかってまったり。
2014年09月14日 08:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーと窓越しの剱。クラシックかかってまったり。
2
まったりしたところで先へ。
2014年09月14日 08:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まったりしたところで先へ。
2
山荘の裏手にいた雷鳥。
2014年09月14日 08:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の裏手にいた雷鳥。
2
白馬をバックに。
2014年09月14日 08:58撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬をバックに。
1
朝日・雪倉岳方面。
2014年09月14日 09:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日・雪倉岳方面。
1
小蓮華へののびやかな稜線。
2014年09月14日 09:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華へののびやかな稜線。
2
何度歩いても気持ちいい。
2014年09月14日 09:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度歩いても気持ちいい。
4
小蓮華山頂。
2014年09月14日 09:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山頂。
4
白馬大池。
2014年09月14日 10:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池。
3
テントの花。
2014年09月14日 10:42撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの花。
3
天狗原が見えます。
2014年09月14日 11:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原が見えます。
3
色付き始めました。
2014年09月14日 11:59撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色付き始めました。
1
栂池へ下りてきました。
2014年09月14日 12:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池へ下りてきました。
2

感想/記録

まだ妻がテン泊重量持てないので、晴予報の三連休だが今一つテンション上がらず。テン泊できないとなると、どこも三連休で混んでいるだろうし・・・。
ということで、「空いていそうな山小屋」ということで不帰越えて天狗山荘にする。何度も歩いているので全く変り映えしないが、ここ最近はずっとテントで泊まっているので、小屋泊で名物「天狗鍋」を食べるのは久しぶりだからまあいいか。

が、登山人口が本当に増えたな、と実感した。ここでも90人位は宿泊していた。しかも遅い時間に到着する方が多くてびっくり。19時頃になってもまだ到着する人達が結構いた・・・。夕方からは雨になったようで、びっしょり濡れた人たちが水浸しになりながら乾燥室へ直行していて乾燥室は大混雑していた。
それでも、一人一枚の布団(しかもゆったりサイズ)ではあったし、これで混んでいるといっては贅沢だが、なにしろ昔は本当にガラガラだったので、つい昔と比べてしまう。以前は本当に空いていたのに・・・。何しろ、敬老の日の三連休の時に11人、秋分の日の3連休のときに4人しか宿泊客がいなかった時もあった。(いずれの時も天気はまずまず良かった)
小屋の人の、「夏はともかく、秋になると誰も来ない」という言葉が、今では考えられないが、本当にそうだった。
あの時からまだ7~8年しか経っていないと思うのに、4人→11人→今年90人、という飛躍的な数になっているとは。しばらくテントばかりであったので、小屋にどの位泊まっているかは気にしていなかったが、ここまで増えるとはビックリ。
大体、八方の駐車場からして異常。秋の第三駐車場など、他に1台も駐まっていないときもあったのに。今回下山してきたら隙間なくとまっており、あやうく車を出せなくなるとことであった。

まあ、山行的には、初日は八方尾根は相変わらず人が多かったが、唐松以降不帰まではそんなに人もいなかった。(山荘に泊まっている人の大部分は、猿倉からの逆コースの模様)。特に不帰キレットから先は2人位しか出会わなかった。不帰大好きな妻はドンドン先に行ってしまったので、殆ど単独行のようになってしまった・・・。まあ、仕方なし。

そして翌朝、大抵の方が不帰方面へ向かって行ったので逆行して、剱や槍穂の大展望を眺めながらの白馬鑓への稜線は貸切で気持ちよかったし、白馬鑓からの眺望も満喫。
杓子は面倒がってここんとこ巻くことが多く、今回も巻く気満々だったのに、妻が「今日はテン泊装備じゃないから、久々に登ろうよ。」と分岐からすたすた登っていってしまったので、しぶしぶ追いていく。
ワンピーススタイルの妻は、超初心者に見えるらしく、「ここ、急で大変だけど、もうちょっと頑張れば緩斜面になりますよ。」とか、「あのね、まだその先に、大変なところがあるんですよ!」とか、色々声かけて頂いていた。
如才ない妻は、百も承知のルートであるが、「そうなんですね!ありがとうございます!」とにこやかに返答しており、後ろで聞いていておかしかったが、こういう親切な方が多いのは何か嬉しい。
杓子のルートは以前はもっと大雪渓よりの崖側にずっとついていたが、中腹寄りのルートになっていた。崖側の崩壊が激しいのでこの方が安全である。
白馬のスカイレストランでいつもケーキセットを食べるが、体重激増につき、自粛してコーヒーだけにする。妻はホットココアを飲んでいた。
山頂から先はガスが湧いたり切れたり。
小蓮華から先はついこの前ピストンしたばかり。ここはやはり花の季節に歩いた方が楽しい。白馬大池から白馬乗鞍はいつも通り渋滞。
まだ雪渓が残っており、そこでも渋滞が発生していた。

栂池はほんの少し色付き始めており、これから紅葉シーズンを迎える感じ。
敬老の日の三連休はどこの山でも久しぶりの笑顔満載の登山者で賑わったことであろう。
訪問者数:1209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/12
投稿数: 6766
2014/9/15 21:09
 またまたニアミス
こんばんは。

またまたニアミスだったようです
歩いたコースもほとんど同じでした。

それにしても、この稜線はいつ歩いても気持ちの良い
場所ですよね。ここのところ、毎年でかけてしまいます。
天狗山荘、私も穴場だと思っているのでいつかテント泊を
したいと考えているのですが、結構泊まる人が増えている
のですね。
だとしても、唐松岳頂上山荘や白馬山荘などと
比べると、快適ですよね。

お会いできること、次回に期待です
今度すれ違えば、分かると思うのですが。。。
登録日: 2011/1/22
投稿数: 1416
2014/9/15 22:09
 続きでしたか〜
唐松から続きをされたような感じですね〜
羨ましいですよ。ガラガラ・・・・行けば良かったガラガラ。
こちらは1枚のふとんで2名・・登りも地獄でした。
天狗なべ食べたい〜

○さん たぶんキツイ読売新道とか行ってるかも知れません。
登録日: 2012/3/29
投稿数: 594
2014/9/15 22:09
 ガシガシ
登ってられますねぇ。。
とても追いつけない感じ。
白馬、混んでいるから、行ったことないし、行く気もないのですが、空いてるんですね。。
天狗荘は、気になってはいましたが、混むようになったと聞いて、どうしようかと。
いずれ、奥さまのご快癒は、誰も疑わないところだと思います。
こんだけガシガシ登っていれば。
登録日: 2010/9/8
投稿数: 3810
2014/9/15 22:45
 ホントだね〜〜〜
私も前に泊まった時は、Oちゃんとあの広い一区切り貸切だった。
90人とは驚き!!
でも、天狗鍋は本当に美味しいよね〜〜〜
二週続けてのゴタテ稜線つなぎ
うらやましい限りです。
私は、お仕事でしたよ〜〜ん
登録日: 2011/1/24
投稿数: 763
2014/9/15 22:57
 不帰キレットってそんなに簡単に行けましたっけ^^;
ペンさん お晩です!

不帰キレット…かつて足がすくんで動けなくなったルート
それをワンピーのヘルメットで楽しんで歩いていたなんて
頭おかしくなるくらい羨ましいです
(良い子はマネしちゃダメですよ。特別な選ばれた人だけが出来る行為ですから)

天狗小屋は穴場だったかもしれませんね、私もアルプスの小屋泊考えたのですが
キット恐ろしいことになっているのではと…近場を日帰りしてました

来週の飛び石もアルプスですかね
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/16 21:56
 Re: またまたニアミス
本当ですね!
しかも日帰りとは相変わらず凄いです
youtaroさんに先を歩かれたら追いつけないですよ
天狗山荘、昔は本当に空いていたのにビックリです。
いつも妻と二人で一区画貸切だったんですよ。
が、やはりここはテントがお勧めです。
稜線ですが水場もありますし、白馬鑓が正面に見えて気持ちのいいテン場ですので次回1泊でぜひ。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/16 22:01
 Re: 続きでしたか〜
本当に先週の続きでした。
先週下りてきたところを再度登るところから始めました
うーん、ここは昔はもっと空いていたんで、ガラガラとはいいたくないですが、確かにcarolさんに比べれば空いてましたね
天狗鍋も美味しいですが、ここはテントでぜひ。
イワメンの好きな不帰もありますし
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/16 22:10
 Re: ガシガシ
小屋泊なので、ガシガシっぽいですが、
妻は写真でもお分かりの通り、まだウェストベルトも締められず、
腰と腹筋に負荷がかけられない状態です。
そんな状態で普通行くか?という感じですが、会社に行くのも同じだとかで
山より、満員の通勤電車の方が負荷がかかるそうです。。。
白馬は、以前は花の季節をはずせば空いてましたけど、最近は花がなくても人が増えましたね
天狗の昔を知っているので比べてしまうとアレですが、最近としては許容範囲の小屋かと。。。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/16 22:14
 Re: ホントだね〜〜〜
なんだか変わりばえしない山行ばかりですが、
ついつい面倒で。。。
天狗、最近はずっとテントですが、以前小屋泊したときは我々もいつも一区画貸切でしたよ。
天狗鍋は相変わらず美味しかったですが。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/16 22:19
 Re: 不帰キレットってそんなに簡単に行けましたっけ^^;
剱好きなnaotosasさんでしたら不帰全然大丈夫でしょう。
昔とは、相当前のお話では?
今行かれたら絶対楽しまれるどころか物足りなく思われると思いますよ
登録日: 2012/4/9
投稿数: 13
2014/9/17 0:00
 遭遇しました!
初めてメールします。そうそうたるヤマレコユーザーさんコメントに割り込み恥ずかしいですが、遭遇したので思わず書き込みします。
白馬山荘でブレイクして下山途中に白馬山荘手前で遭遇しました!サングラスであれっ?全身ピンクであっ!5m後ろのpenginさんでおーーー 生pengin22さん夫婦に感動してしまいました。
私達夫婦はゆっくり派ですが、いつもpengin22さんレポを拝見して参考にしてます。
下山後に倉下の湯に入り膳で食事して帰りました。山行は決して真似出来ませんが。
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/17 6:41
 Re: 遭遇しました!
TAKEOGIさん、始めまして。
そうですか、妻の15m後ろを歩いているところでお逢いしましたか
倉下の湯も膳もいいところですよね。
最近は同じとこばかりのレコで下山後のことは省略しがちでしたが、
やはり温泉と食のことも重要ですよね。またちゃんと記録しようと思いました。
次回お会いしましたらぜひお声がけ下さい。
コメント、ありがとうございました。
登録日: 2012/5/11
投稿数: 1169
2014/9/17 13:51
 こんにちは♪
先週鹿島槍から唐松歩いていらしたのに、今週は唐松から栂池〜!
後立って、うち的にはものすごい遠いところなんですが
そして不帰って、「決して誰も帰ってくることはできまい・・・」みたいなすごいおどろおどろしいイメージなんですが
(マンガ版の『孤高の人』の文太郎の積雪期の不帰越え、から形成されたイメージですが
うちにとってはなかなか手の届かない憧れのお山を週末登山でさらっと行かれるぺんさまご夫婦、やっぱすごいです

追記:
天狗山荘のテント場って、こんな感じなんですね!
ジュンさんのお気に入りのテント場で、今年一緒に行く予定だったんですが〜
でも天狗鍋も美味しそうですね
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/18 22:15
 Re: こんにちは♪
不帰、名前はおどろおどろしいですが、大丈夫ですよ。
ただ、最近は登山者が多くなったので、
もらい落石に注意するため、メットがあった方がよいと思います。
天狗は例年だったらテン泊していますが、とてもいいところです
登録日: 2010/5/10
投稿数: 3178
2014/9/19 11:34
 遅コメ、すみませ〜ん。
Penさん、こんにちは!

連休は概ねよいお天気でお互いよかったですね!
天狗山荘、以前にお二人がテント泊しているレコで「すいていてオススメ」
みたいなことが書いてあっていつか行ってみたいなぁと思っていました。
確かその時はガリガリ君を食べていらした気が。。
でも小屋のご飯も美味しいのですね〜
天狗鍋、素晴らしいぃぃ

この季節、テント泊できないのはPenさん達には残念なのかもしれませんが
その分小屋の美味しいご飯を堪能して、(テントでも十分ロングされますが)
いつも以上に遠くまで足を延ばせるのもいいのでは?

次は紅葉ですね!
お疲れ様でした〜
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/22 17:45
 Re: 遅コメ、すみませ〜ん。
こちらこそ、遅レスで
ガリガリくん、覚えておられるとはkamehibaさんの記憶力すごいです
そのとおり、食べてました!
今回もガリガリくん売ってましたが、夏じゃないので食べる気にはなりませんでしたが
自分的には好きなテン場ベスト5に入ると思います。
ので、テントでぜひ行かれて下さい
登録日: 2012/1/31
投稿数: 988
2014/9/23 16:08
 遅コメ御免。
遅コメで失礼します。
先週の3連休どこも大変だったようですが流石ペンさん達は混まないところをちゃんと選らんでおられます。
ここと鹿島槍のキレット小屋は混まない小屋と思っていましたがキレット小屋も最近は満員になることがありびっくりしています。
以前は土曜日でも10人ぐらいとかだったのに。

実は20,21日は大雪渓から天狗山荘に泊まり不帰〜唐松〜八方尾根を考えていましたが天気予報が悪く、恐れをなしてムーンライト信州をキャンセルして奥多摩に行って来ました(涙)。
ペンさん達のように雨でも行く根性がありません。
今週末も天気が良ければこのコースか北穂など考えています。

ピンクのワンピにヘルメット結構有名になって来ましたね(笑)。
ワンピ・ヘルメットを見たらペンさんと声を掛けましょう!
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2531
2014/9/24 22:50
 Re: 遅コメ御免。
こんばんは。
本当に予報はイマイチでしたよね。
でも、今週は良さそうではないですか?
紅葉maple満喫されて下さいね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ