また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508612 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

百名山では日帰り最難関 遠かった【鷲羽岳〜水晶岳】

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち濃霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:新穂高の無料駐車場は何故かロープが張られていて、通常の台数が止めれなかった(らしい・・・友人のネコさん情報より)
なので、皆さん路駐が多数でしたよ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
15時間58分
休憩
1時間37分
合計
17時間35分
Sスタート地点02:0002:51笠新道登山口03:02わさび平小屋03:19小池新道入口03:50秩父沢出合04:01チボ岩04:37シシウドヶ原05:11鏡平山荘05:2406:01弓折乗越06:10花見平06:46双六小屋06:5107:05双六岳巻道分岐08:04三俣峠08:24三俣山荘08:4509:37鷲羽岳09:5310:15ワリモ岳10:27ワリモ北分岐11:02水晶小屋11:33水晶岳11:4512:05水晶小屋12:2112:41ワリモ北分岐13:24黒部川水源地標13:48三俣山荘14:25三俣峠15:27双六岳巻道分岐15:36双六小屋15:4516:35弓折乗越16:59鏡平山荘17:0417:24シシウドヶ原17:54秩父沢出合18:18小池新道入口18:36わさび平小屋18:47笠新道登山口19:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルート中ガレ場多数
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

今回は【新穂高センター】橋渡った先にあるこの【左俣谷】看板をスタート地点とします
2014年09月13日 02:00撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は【新穂高センター】橋渡った先にあるこの【左俣谷】看板をスタート地点とします
1
深夜なので前回同様ヘッデンでのスタート
2014年09月13日 02:07撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜なので前回同様ヘッデンでのスタート
1
暗闇の中の【わさび平小屋】
2014年09月13日 03:02撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇の中の【わさび平小屋】
1
【小池新道】スタート地点
今日も自転車が置いてありました。
2014年09月13日 03:19撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【小池新道】スタート地点
今日も自転車が置いてありました。
1
【小池新道】ルート中はマーキング多数なので、ナイトハイクも安心♪
2014年09月13日 03:31撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【小池新道】ルート中はマーキング多数なので、ナイトハイクも安心♪
2
日の出前に【鏡池】到着。
池から望む【槍】に見とれる
2014年09月13日 05:11撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前に【鏡池】到着。
池から望む【槍】に見とれる
6
【弓折分岐】へ登っていると・・・
2014年09月13日 05:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【弓折分岐】へ登っていると・・・
1
おっ、【焼岳】と【乗鞍岳】のモルゲンではないですか
2014年09月13日 05:41撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、【焼岳】と【乗鞍岳】のモルゲンではないですか
5
そして【槍ヶ岳〜穂高】
2014年09月13日 05:45撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして【槍ヶ岳〜穂高】
3
光明と槍
美しい・・・
2014年09月13日 05:52撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光明と槍
美しい・・・
6
【双六小屋】へ向かう
2014年09月13日 06:10撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【双六小屋】へ向かう
1
2500m付近はこのようにもう霜があるので、木道などではお気を付けて下さい
2014年09月13日 06:12撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2500m付近はこのようにもう霜があるので、木道などではお気を付けて下さい
1
ようやく【双六小屋】が・・・
2014年09月13日 06:36撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく【双六小屋】が・・・
2
巻き道で【鷲羽】へ
2014年09月13日 07:56撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道で【鷲羽】へ
2
【三俣峠】付近からの【大天井〜槍】のライン
2014年09月13日 08:05撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【三俣峠】付近からの【大天井〜槍】のライン
3
大きな羽が凛々しい【鷲羽岳】
2014年09月13日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな羽が凛々しい【鷲羽岳】
9
【三俣小屋】到着。
2014年09月13日 08:25撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【三俣小屋】到着。
1
一生懸命の小さな小屋番さんの対応にzenithの表情もほころぶ
2014年09月13日 08:28撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一生懸命の小さな小屋番さんの対応にzenithの表情もほころぶ
12
自由にお飲みください
2014年09月13日 08:43撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自由にお飲みください
3
大きいネっ
2014年09月13日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きいネっ
2
このザレの登りに疲労も蓄積
2014年09月13日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このザレの登りに疲労も蓄積
1
それでもこんな景色が心を和ます。
【鷲羽池】と【大天井〜槍〜穂高】
2014年09月13日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもこんな景色が心を和ます。
【鷲羽池】と【大天井〜槍〜穂高】
7
まずは【鷲羽岳】
2014年09月13日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは【鷲羽岳】
4
向かう【水晶岳】と左に【薬師岳】
2014年09月13日 09:47撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう【水晶岳】と左に【薬師岳】
5
【水晶岳〜野口五郎】の裏銀座
2014年09月13日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【水晶岳〜野口五郎】の裏銀座
5
では行きましょう
2014年09月13日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では行きましょう
2
【ワリモ岳】の切れ落ちたトラバース
2014年09月13日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ワリモ岳】の切れ落ちたトラバース
2
近いようで遠い【水晶岳】
2014年09月13日 11:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近いようで遠い【水晶岳】
6
ハシゴを登って・・・
2014年09月13日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴを登って・・・
1
ついに【水晶岳】の頂に!
日帰りって大変だぁ(汗)
2014年09月13日 11:34撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに【水晶岳】の頂に!
日帰りって大変だぁ(汗)
6
まだ折り返し地点
雲がだんだんと湧いてきて
2014年09月13日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ折り返し地点
雲がだんだんと湧いてきて
1
ガスの中を泳ぐように進む
2014年09月13日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中を泳ぐように進む
1
【ワリモ岳北分岐】
ここからは【岩苔乗越】経由で
2014年09月13日 12:41撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ワリモ岳北分岐】
ここからは【岩苔乗越】経由で
1
【黒部川】の最初の一滴が見れる
2014年09月13日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【黒部川】の最初の一滴が見れる
1
【黒部川水源地標】
2014年09月13日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【黒部川水源地標】
1
三俣のキャンプ地へ突き上げる
2014年09月13日 13:36撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣のキャンプ地へ突き上げる
1
巻き道で【双六小屋】へ
よくよく考えるとこれってホントに巻き道なの?
ぜんぜん巻けてないような・・・
2014年09月13日 15:01撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道で【双六小屋】へ
よくよく考えるとこれってホントに巻き道なの?
ぜんぜん巻けてないような・・・
1
【双六小屋】が見えてきた
2014年09月13日 15:30撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【双六小屋】が見えてきた
1
【三俣小屋】同様 水が豊富な【双六小屋】
2014年09月13日 15:36撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【三俣小屋】同様 水が豊富な【双六小屋】
2
エネルギー補給したので降ります
2014年09月13日 15:45撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エネルギー補給したので降ります
1
【秩父沢】まではノーヘッデンで
2014年09月13日 17:54撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【秩父沢】まではノーヘッデンで
1
ゲートの辺りでは暗闇の中
お疲れ様でした〜
2014年09月13日 19:27撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの辺りでは暗闇の中
お疲れ様でした〜
3

感想/記録
by zenith

今回は「いつかやってみよう」と考えていた日本百名山の日帰りプラン。
【新穂高温泉】スタートで【鷲羽岳〜水晶岳(黒岳)】の日帰りです。

コースタイムは25時間以上で通常は2泊3日とか。

ヤマレコでもやられている方がいますが、ルートは往復で自身初の40kmオーバーのルート。今の自分に出来るのか?
当日まで不安のあった今回の山行です。
秋の三連休の初日。
【新穂高】の駐車場問題。やはりコレが問題でした・・・

makkuroneko(以後ネコさん)さんから数日前に連絡があり、お誘いがありましたが休みが合わなく今回はお断りしました。しかし偶然にもこの日歩く場所が途中までは一緒でした。
当然スタート地点も一緒。
自宅から【新穂高温泉】へ向かっているPM23:30頃、ネコさんからメールが。
「駐車場はもう満車でした」
はっ????
まだ、金曜の夜なのに何で???
再度メールしてると、いつもの無料駐車場にロープが張られ、中に監視員みたいのがいるとか。
現地に到着すると、トンネル付近にはおびただしい路駐の車列(驚)
ネコさんが止めた場所に行くと場所を取ってもらっていました♪
ネコさん助かりましたよー(ふぅ)お礼を言って、ネコさんは再び車内へ戻って行った。さて、zenithは今回、この【鷲羽岳〜水晶岳】の日帰りの為すぐに用意して出発です。
ヘッデン点けてゲート前。こんな時間に出発している人って・・・。
居ました。【わさび平小屋】前に(笑)
電灯一つないこの林道は長く億劫です。
【小池新道】入り口に着き、相変わらずの自転車デポを確認して奥へ進む。
岩がゴロゴロしてそのままなら夜間は分かり辛いですが、しっかりと岩には○や←矢印のマーキング多数なので迷わない。
【鏡平】まであと1.5kmの場所で後ろから来たトレラン風の人に抜かれあっという間に闇の中へ消えていきました。
【鏡平】に着くとヘッドランプの明かりが無くても見えるくらいに。
池に移る【槍ヶ岳】がきれいに見えました。
ここで少し休憩を入れ【弓折分岐】へ。
途中で日の出になって【槍】の左側から陽が昇る。
たちまち辺りは陽で照らされ、美しい北アルプスの山々が見渡せます。
【双六小屋】に着き目指す【鷲羽岳】が大きく鎮座している。テンションも上がります♪
巻き道で【三俣小屋】に到着。バッジを購入しようと小屋番さんを呼ぶと、なんと小さな小屋番さんが対応してくれました。5才ほどの男の子でしたが、一生懸命に電卓を使ってお釣りを計算してくれました♪
そんな光景に笑顔を頂き、【鷲羽岳】を目指します。
ガレの登りではなかなか山頂へ行かせてくれません。
ヘロヘロのzenithはようやく山頂に立つとおそらく先ほど【鏡平】手前で抜いて行ったトレランさんがいました。
次は【水晶岳】へ向かう。
【ワリモ岳〜水晶岳】の区間は岩場なので通過には注意が必要です。
ようやく山頂にたどり着くと先ほどのトレランの方が居たので話しかけました。
京都から来た彼は普段はトレランをしていて三連休は北アルプスを周回しようと思っていたそうですが、今日は予定変更で【雲の平】へ予定変更だそうで。
10分ほど短い滞在でzenithは下山。なんせまだ行程の半分ですからね。
【ワリモ岳北分岐】からは一旦降って【黒部川水源地】方面へ。
【三俣のキャンプ地】を通過して【双六の巻き道】へ。
この辺りでは普段ロングコースをやっていても疲れが尋常ではありませんでした。
【双六小屋】に着き、十分に休憩を取って下山。おそらくは【秩父沢】辺りで陽が暮れるだろう。途中で前方に60台くらいの単独の方が歩いており、声を掛けると同じく【新穂高温泉】まで降るのだそうで・・・。ちょっと心配でしたが人の心配してる余裕もありませんでした。
【秩父沢】を越え【小池新道】の辺りで陽が落ちました。
ここからは完全林道なので道通り歩けばいずれ着きます。

PM19:35 ようやくスタート地点の【左俣谷】看板前に到着。

満身創痍
長い、本当になが〜い一日でした。
訪問者数:5884人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/30
投稿数: 219
2014/9/14 20:20
 こんばんは〜
zenith さん
はじめまして。
三俣山荘〜三俣峠の間の急登で擦れ違った二人組です。
良くブログを見させて頂いてて、サングラスとイチロー風な雰因気から、一瞬zenithさんかと思いましたが、登山靴がGARMONTだったので声掛けしませんでした。(確かSCARPAだったような記憶があったので…)

さすが zenith さんですね。
この区間を日帰りとは、羨ましいのと素晴らしい限りです。
またブログ楽しみにしております。
登録日: 2009/6/14
投稿数: 863
2014/9/14 23:32
 Re: こんばんは〜
terachan さん、はじめまして
コメントありがとうございます

>三俣山荘〜三俣峠の間の急登で擦れ違った二人組です。
ゴメンなさい。沢山の方々とすれ違ったので分かりませんが・・・coldsweats01
ブログの方も見て頂いて、とても嬉しく思います
しかしスゴイ所を見られているんで・・・
スカルパは現在の『ガルモント タワープラスGTX』を買うまで使用(300名山の半分はこれで登りました)。

>この区間を日帰りとは、羨ましいのと素晴らしい限りです。

ずっと「いつかはやってみたい」と考えていましたが、距離が距離ですのでずっと躊躇しておりました。最近は比較的ロングを歩く事が多くなってきたので、敗退覚悟でチャレンジしてみました
今後もブログ共々よろしくお願いしますhappy01
登録日: 2013/10/15
投稿数: 14
2014/9/16 0:48
 ニアミスでしたね
鹿島槍と赤石岳でお会いした時の旅人です。ちょうど、三俣山荘で私がビールにありつけた頃に通られたんですね。私は同じルートをゆっくり2日かけましたがそれでもバテて黒部五郎を諦めましたよ。日帰りとはスゴい。ちなみに小池新道入り口に赤い自転車見たかと思いますが私のです。新穂高まで10分少々、楽でしたが鍋平まで上がるのは一番疲れた。駐車場どうにかならないもんですかね〜
登録日: 2009/6/14
投稿数: 863
2014/9/16 2:24
 Re: ニアミスでしたね
lasttoknow68さん
こんばんは

またニアミスだったんですねぇ
【小池新道】の自転車。行きと帰りと違う色でしたが、確かに確認しましたよ
帰りの暗闇の林道で「はぁ〜、自転車で帰りたい」と何度つぶやいたか

駐車場はやはり三連休だったので・・・。
しかしロープで封鎖され監視員がいたというのは・・・、どうなんでしょうかねぇ
登録日: 2011/8/14
投稿数: 585
2014/9/16 8:53
 お疲れさまでした。
初めまして
懐かしい題名をみましたので、お邪魔しました。
私も数年前にチャレンジしました。
帰りの林道の石も、足裏に痛かったことを覚えて
います。
百名山全山日帰りを目指していました。

今回、水晶辺りでニヤミスでしたね。
一時間以上、離れていましたが。
また、お邪魔させていただきます。
登録日: 2009/6/14
投稿数: 863
2014/9/16 12:38
 Re: お疲れさまでした。
mieyamaさん
はじめまして

一度はやってみたい日帰りコースでした
【双六小屋】あたりでは足裏にマメが出来て、気にしながらの下山でした。
さらにあの帰りの林道が追い打ちかけました

そちらは【雲の平】【高天ヶ原】ですか。
zenithもいずれゆっくり歩きたい場所です

コメントありがとうございました♪
登録日: 2012/12/25
投稿数: 1650
2014/9/16 21:51
 お疲れ様でした!
zenithさん こんばんは〜

日帰り最難関(日本百名山)のルートお疲れ様でした!

いや〜、いつかは僕も挑むはずなんでその時は是非アドバイスをよろしくお願いします。

そういえば今回の山行でヤマレコでやり取りしてるかたと頂上で会ったんですがその方も日帰り百名山達成された健脚なかたでした。

・・・自分もまだ頑張りたいもんです。

お疲れ様でした
登録日: 2009/6/14
投稿数: 863
2014/9/16 23:26
 いやはや(汗)
drunkyさん、こんばんはっ

いや〜、ホント疲れましたwobbly
こんなに長いとは思いませんでしたよ。その長さも北アルプスの絶景のおかげで助けられたところもありましたが・・・
最後は暗闇の【東俣林道】1時間ちょっと は空腹と足のマメの痛みに耐えての歩行でしたし…。
えっ?コレやられるんですか?
ワタシは実際に歩いた直後なのでアドバイスとして

「オススメはしません」smile
drunkyさんが ドM なら別ですが

なので百名山すべて日帰りでやられた方々はスゴイと思いますよ〜
登録日: 2011/7/3
投稿数: 1464
2014/9/17 13:58
 こんにちは
小生も昨年 新穂高から水晶岳の日帰りをやりました 挑戦される
方のタイムは18時間前後ですが 途中で足が攣り22時間かかり死ぬ
思いで戻ってきました 水晶岳の日帰りを達成したことで百名山の
全山日帰りに自信が付 今年白馬山で達成することが出来ました
山登りにも目標が出来ると頑張れるものですね これからは百高山を
目標に登ろうと思っています
登録日: 2009/6/14
投稿数: 863
2014/9/18 0:53
 Re: こんにちは
yshoji2347さん
コメントありがとうございます

今回ようやくこのプランにチャレンジできそうなタイミングが来ました。
皆さんとても早く歩かれていて、ワタシはワタシのペースで頑張りました。
幸いワタシは足を攣ることは無かったですが、思ったペースで歩けない自分がいました
まだまだトレーニングが必要だなぁcoldsweats01

yshoji2347さんは百名山全山日帰りを成し遂げたそうで。
ワタシがもしやるなら残りは10座・・・う〜ん考えますねぇ

目標を持つことはとても素晴らしい良い事だと、ワタシも共感します。
『日本百高山』
是非頑張って下さいね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ