また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511576 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

笹山ダイレクト尾根-白峰三山縦走 / お花はもうすぐ終わり

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候9/13 概ね晴れ 稜線はガス~晴天変化あり
9/14 概ね晴れ 稜線はガス~晴天変化あり
幕営地付近、朝方、霜が降りる
9/15 概ね晴れ 稜線はガス~晴天変化あり
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
■奈良田へのアクセス
東京方面から中央道、甲府昭和ICから約2時間です。
諏訪方面から中部横断自動車道、増穂ICから約1時間30分です。
中部横断自動車道は、中央道から双葉JCTで接続しています。

奈良田、第一町営駐車場(早川町営、無料) 40台
マップコード:893 561 645*80
googleマップ:http://goo.gl/RVd9nO

奈良田、第二町営駐車場(早川町営、無料) 160台
マップコード:893 591 140*00
googleマップ:http://goo.gl/6gEj0N

■山梨交通、南アルプス登山バス「奈良田〜広河原線」
我が隊は帰りにこのバスを利用しました。広河原〜奈良田で1130円でした。(南アルプス山岳交通適正化協議会への協力金100円を含む)

山梨交通、南アルプス登山バス「奈良田〜広河原線」
http://goo.gl/fTtYUu

「奈良田〜広河原」間の乗り合いタクシーは見当たりませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間49分
休憩
21分
合計
11時間10分
Sスタート地点04:4004:52奈良田バス停04:5610:52225613:01笹山 (黒河内岳)南峰13:0213:14笹山(黒河内岳)北峰13:3015:50幕営地
2日目
山行
9時間6分
休憩
18分
合計
9時間24分
幕営地04:1204:53大籠岳04:5407:02広河内岳07:0607:41大門沢分岐07:4508:43農鳥岳08:4909:30西農鳥岳09:3110:18農鳥小屋10:1912:12間ノ岳12:56中白根山12:5713:36北岳山荘
3日目
山行
4時間32分
休憩
37分
合計
5時間9分
北岳山荘04:1204:34トラバースルート分岐04:4205:05吊尾根分岐05:1305:32北岳05:4105:58吊尾根分岐06:0606:33吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐06:47八本歯のコル07:57二俣08:0009:17広河原山荘09:1809:21バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■笹山ダイレクト尾根
2011年に早川町が整備した登山道です。
ほぼ全てが直登で、傾斜はキツイです。
テープは随所にあり、解りにくい所はありません。

■笹山-広河内岳
マーキングは最小限で、わかりにくい所があります。
暗い、あるいは、ガスっているとルートがわかりにくいです。
踏跡が不明瞭な場所もあり、這松の中に入っていく場所もあります。
ルートファインディングは必須ですので、バリエーションルート未経験の方にはお勧めはできません。

■上記以外の登山道は、問題ありません。

■北岳山荘
11月上旬までの営業。
収容人員150人ですが、この日の小屋泊まりは布団1枚に対して3人と掲示されていました。
テント場は、富士山の見える北岳側のサイトは13時の段階でほぼ満杯、間ノ岳側は13時の段階でまだ余裕がありましたが、15時には良い場所は無くなっていました。条件の悪い傾斜地やガレ場なら残っていましたが厳しい場所なので、14時ぐらいまでに着くようにしたいものです。
その他周辺情報■お花
北岳周辺だけあります。コース上、それ以外の場所は殆どありませんでした。
頂上~八本歯のコル~左俣コース、二俣より大樺沢にあります。
雪渓があった、あるいは多少残っている左俣コース、大樺沢にお花が沢山ありますが、霜が降りてしまうと枯れてしまうので標高の高い場所から枯れていくことと思います。

■読み方
・白峰三山=しらねさんざん、北岳、間ノ岳、農鳥岳を総称した言い方。
白根三山ともいう。
北岳だけを白峰と呼んだこともあったことから。
日本最長の3000m級の稜線と思います。
・大籠岳=おおこもりだけ
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

【1日目、9/13】
まだ薄暗い中、奈良田湖のつり橋からスタートします!
今日の荷物は17.5kgです。

水4Lを積んでいるので、食事はアルファ米、フリーズドライ、レトルトなど質素なものに。お酒(ワイン+焼酎)も1L(自分の分だけ)と少なめです。
2014年09月13日 05:08撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目、9/13】
まだ薄暗い中、奈良田湖のつり橋からスタートします!
今日の荷物は17.5kgです。

水4Lを積んでいるので、食事はアルファ米、フリーズドライ、レトルトなど質素なものに。お酒(ワイン+焼酎)も1L(自分の分だけ)と少なめです。
11
早速、渡渉あり。右側でも左側でも石の積んである所を簡単に渡れます。増水時は素足またはサンダル履き替えですね。
2014年09月13日 05:13撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速、渡渉あり。右側でも左側でも石の積んである所を簡単に渡れます。増水時は素足またはサンダル履き替えですね。
2
足場のあたりを通過して、すぐ先を左側の登山道へ。
2014年09月13日 05:18撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場のあたりを通過して、すぐ先を左側の登山道へ。
1
笹山登山口という看板を通過し、このように手すりが設定されている杉林の急こう配を登り始めます。
2014年09月13日 05:43撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹山登山口という看板を通過し、このように手すりが設定されている杉林の急こう配を登り始めます。
発電所の施設の横を通り抜けていきます。
2014年09月13日 05:44撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発電所の施設の横を通り抜けていきます。
ずっと急登の尾根を登っていきます。植林エリアを過ぎると、明るい自然林が出てきて、気持が良いです。夏は暑そうですが...
2014年09月13日 06:31撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと急登の尾根を登っていきます。植林エリアを過ぎると、明るい自然林が出てきて、気持が良いです。夏は暑そうですが...
1
そんな折、サクラシメジを発見!「ちょっと紫がかった桜貝」のような、他のきのこにない色合いにドキッ!
沢山あったのですが、欲張らず、炊き込みご飯2合分のサクラシメジを収穫。
乾燥していましたし、道中の気温が低かったので、家に到着時の品質は問題ありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな折、サクラシメジを発見!「ちょっと紫がかった桜貝」のような、他のきのこにない色合いにドキッ!
沢山あったのですが、欲張らず、炊き込みご飯2合分のサクラシメジを収穫。
乾燥していましたし、道中の気温が低かったので、家に到着時の品質は問題ありませんでした。
4
1603m地点の近く、往復約20分で水場があるらしいのですが。時間をロスしたくなかったので、ハナから1人4Lづつ担いでます。
2014年09月13日 08:03撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1603m地点の近く、往復約20分で水場があるらしいのですが。時間をロスしたくなかったので、ハナから1人4Lづつ担いでます。
2
テープは沢山あります。
2014年09月13日 08:59撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープは沢山あります。
1
標高2256m付近
笹山のある稜線は2718m、もう少し!ここまでもきつかったけど、ここからのまだまだ延々続く急こう配、この尾根は相当キツイ!
2014年09月13日 10:49撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2256m付近
笹山のある稜線は2718m、もう少し!ここまでもきつかったけど、ここからのまだまだ延々続く急こう配、この尾根は相当キツイ!
1
ああ、やっと地獄から抜け出し、傾斜がゆるくなった〜!もうすぐ笹山かな。
2014年09月13日 12:15撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、やっと地獄から抜け出し、傾斜がゆるくなった〜!もうすぐ笹山かな。
4
急登に苦しみながらも、ようやく笹山/南峰に着きました〜
2014年09月13日 13:03撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に苦しみながらも、ようやく笹山/南峰に着きました〜
10
笹山/北峰に着きましたが、あらら、ガスガス。
2014年09月13日 13:16撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹山/北峰に着きましたが、あらら、ガスガス。
17
さあて、ようやくお目当ての稜線歩きが始められます(笑)。
2014年09月13日 13:26撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあて、ようやくお目当ての稜線歩きが始められます(笑)。
1
黒豆の木(クロマメノキ)果実は食べられます。
2014年09月13日 13:37撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒豆の木(クロマメノキ)果実は食べられます。
6
mikipomの足元、黒豆の木が紅葉しているのがわかりますか?
2014年09月13日 15:05撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
mikipomの足元、黒豆の木が紅葉しているのがわかりますか?
3
こちらは苔桃(コケモモ)ですね。
食べられます。クランベリーも仲間ですね。
2014年09月13日 15:05撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは苔桃(コケモモ)ですね。
食べられます。クランベリーも仲間ですね。
3
夏のいい時期に来れば、チングルマのお花畑も楽しめたんでしょうね。
2014年09月13日 15:19撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏のいい時期に来れば、チングルマのお花畑も楽しめたんでしょうね。
2
白峰三山方面
2014年09月13日 16:52撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山方面
5
白峰三山方面の右側は鳳凰山方面
2014年09月13日 17:51撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山方面の右側は鳳凰山方面
1
食事も終わって夕日を楽しみました!
2014年09月13日 18:01撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事も終わって夕日を楽しみました!
8
【2日目、9/14】
4:16、さあ、今日はロングコース、頑張っていこー!
2014年09月14日 04:16撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目、9/14】
4:16、さあ、今日はロングコース、頑張っていこー!
3
夜明け前、富士山見えた~
2014年09月14日 04:57撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前、富士山見えた~
11
鳳凰三山方面
2014年09月14日 05:16撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山方面
1
北東方向
ズームで奥に見えるのは奥秩父山地(国師ヶ岳方向)
2014年09月14日 05:19撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方向
ズームで奥に見えるのは奥秩父山地(国師ヶ岳方向)
4
天気予報では、500Hp、高度約5500mに-12℃以下の寒気が来ていて、霜が降りていました。
2014年09月14日 05:26撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気予報では、500Hp、高度約5500mに-12℃以下の寒気が来ていて、霜が降りていました。
3
朝日を浴びる塩見岳。
2014年09月14日 05:32撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる塩見岳。
3
ほぼ北を見ています。
左側、ぽっこりしているのはこれから向かう農鳥岳。
中央薄く赤岳、その右側手前は鳳凰山
2014年09月14日 05:39撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ北を見ています。
左側、ぽっこりしているのはこれから向かう農鳥岳。
中央薄く赤岳、その右側手前は鳳凰山
2
夏休みに2泊3日で楽しんだ荒川三山方向
2014年09月14日 06:15撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏休みに2泊3日で楽しんだ荒川三山方向
1
振り返って大籠岳方向
2014年09月14日 06:37撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って大籠岳方向
1
広河内岳に到着!
2014年09月14日 07:06撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河内岳に到着!
8
ホシガラスが、ハイマツの実を食べていました。
2014年09月14日 07:37撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホシガラスが、ハイマツの実を食べていました。
1
大門沢下降点です。
2014年09月14日 07:48撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢下降点です。
1
岩弁慶(イワベンケイ)の紅葉
2014年09月14日 07:56撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩弁慶(イワベンケイ)の紅葉
1
御蓼(オンダテ)の雄花
2014年09月14日 08:25撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御蓼(オンダテ)の雄花
兎菊(ウサギギク)
2014年09月14日 08:26撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎菊(ウサギギク)
1
mikipomは調子良いらしく、どんどん先に行きます。
2014年09月14日 08:34撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
mikipomは調子良いらしく、どんどん先に行きます。
1
わぁお、農鳥岳に到着!ウレシーね!
2014年09月14日 08:46撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わぁお、農鳥岳に到着!ウレシーね!
16
そしてすぐさま、西農鳥岳に到着!
2014年09月14日 09:39撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてすぐさま、西農鳥岳に到着!
7
西農鳥岳から見下ろすと、鞍部に赤い屋根の農鳥小屋が見えてきました!
昨日泊まった初心者らしきペア、農鳥オヤジにめちゃくちゃ怒られましたと言っていました。
2014年09月14日 09:40撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳から見下ろすと、鞍部に赤い屋根の農鳥小屋が見えてきました!
昨日泊まった初心者らしきペア、農鳥オヤジにめちゃくちゃ怒られましたと言っていました。
7
振り返ると、稜線には沢山のハイカーが。
でも白馬みたいに大混雑という感じではありません。
2014年09月14日 09:49撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、稜線には沢山のハイカーが。
でも白馬みたいに大混雑という感じではありません。
2
農鳥オヤジ(農鳥小屋のかの有名な小屋主さん)いるかなぁ?
昨日宿泊の慣れた感じの女性曰く、ルール違反者、初心者には厳しいらしいですね。もちろんその方は何も言われていませんが、噂通りのオヤジさんのリアクションに少し嬉しそうでした!
2014年09月14日 09:56撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥オヤジ(農鳥小屋のかの有名な小屋主さん)いるかなぁ?
昨日宿泊の慣れた感じの女性曰く、ルール違反者、初心者には厳しいらしいですね。もちろんその方は何も言われていませんが、噂通りのオヤジさんのリアクションに少し嬉しそうでした!
5
冷たいドリンクを、と売店に立ち寄ったものの、売り子は不在。農鳥オヤジは広場で、登山者に注意を払いつつ、若者と談笑中でした。言葉遣いは丁寧でしたよ。小屋前の広場にいなければ、●ームレスと勘違いしちゃうかも。(撮影係)
2014年09月14日 10:21撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たいドリンクを、と売店に立ち寄ったものの、売り子は不在。農鳥オヤジは広場で、登山者に注意を払いつつ、若者と談笑中でした。言葉遣いは丁寧でしたよ。小屋前の広場にいなければ、●ームレスと勘違いしちゃうかも。(撮影係)
7
お花じゃありませんが、ウラシマツツジの紅葉が綺麗です。
2014年09月14日 11:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花じゃありませんが、ウラシマツツジの紅葉が綺麗です。
2
間ノ岳に到着。
ガスですが、嬉しい。これで今年、南アの全ての3000m峰に登りました!(去年は塩見岳だけ)
2014年09月14日 11:56撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳に到着。
ガスですが、嬉しい。これで今年、南アの全ての3000m峰に登りました!(去年は塩見岳だけ)
17
【間ノ岳山頂で】
賑わっていますね。
2014年09月14日 11:56撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【間ノ岳山頂で】
賑わっていますね。
【間ノ岳で】
テント場を確保したいので、私だけ先を急ぎます。
2014年09月14日 11:57撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【間ノ岳で】
テント場を確保したいので、私だけ先を急ぎます。
1
北岳方向です。
右側は甲府側でガスがあります。
2014年09月14日 12:40撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳方向です。
右側は甲府側でガスがあります。
1
通ってきた稜線を振り返ります。間ノ岳、中白根山です。(撮影係)
2014年09月14日 13:15撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってきた稜線を振り返ります。間ノ岳、中白根山です。(撮影係)
1
今日お世話になる北岳山荘。「布団1枚で3人」と掲示してありました(驚)
2014年09月14日 14:21撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日お世話になる北岳山荘。「布団1枚で3人」と掲示してありました(驚)
1
一方、我が隊のテントは風も避けられ、フラットな一等地です(笑)。
2014年09月14日 14:22撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一方、我が隊のテントは風も避けられ、フラットな一等地です(笑)。
7
テント設営後、一杯やって調子にのったmikipomは、ブロッケン現象で遊びます。
2014年09月14日 17:40撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営後、一杯やって調子にのったmikipomは、ブロッケン現象で遊びます。
7
富士山側のテン場は、13時前に満杯。
この写真は、間ノ岳側です。
2014年09月14日 17:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山側のテン場は、13時前に満杯。
この写真は、間ノ岳側です。
3
夕暮れに今日一日の無事を感謝し、片手にお酒、もう一方におつまみで歓喜のガッツ。
天気が良いとkchan風ポーズがイイね。
2014年09月14日 17:52撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れに今日一日の無事を感謝し、片手にお酒、もう一方におつまみで歓喜のガッツ。
天気が良いとkchan風ポーズがイイね。
12
【3日目、9/15】
さあて今日は最終日。まずは暗い中、北岳に登りますよ〜!
しかしエネルギー不足と鼻水でしばらくは調子上がらず(笑)。
2014年09月15日 04:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【3日目、9/15】
さあて今日は最終日。まずは暗い中、北岳に登りますよ〜!
しかしエネルギー不足と鼻水でしばらくは調子上がらず(笑)。
2
【北岳山頂付近】
北岳山頂直下で日の出を迎えました。最高にきれいなご来迎!
2014年09月15日 05:27撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂付近】
北岳山頂直下で日の出を迎えました。最高にきれいなご来迎!
9
【北岳山頂付近】
振り返ると中央アルプスの上空に、なんと「富士山の影」が映っていました!初めての体験に朝一からハイテンション!
2014年09月15日 05:33撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂付近】
振り返ると中央アルプスの上空に、なんと「富士山の影」が映っていました!初めての体験に朝一からハイテンション!
4
【北岳山頂付近】
朝日に赤く染まり、ますますべっぴんさんの仙丈ヶ岳、唸るほどの美しさ…!
2014年09月15日 05:33撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂付近】
朝日に赤く染まり、ますますべっぴんさんの仙丈ヶ岳、唸るほどの美しさ…!
6
【北岳山頂付近】
標高2位の北岳から1位を望む。
2014年09月15日 05:34撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂付近】
標高2位の北岳から1位を望む。
11
【北岳山頂で】
昨日通ってきた稜線もよく見えます。
2014年09月15日 05:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
昨日通ってきた稜線もよく見えます。
1
【北岳山頂で】
南西方向を見ています。
右端のゆるやかな台形は恵那山です。
2014年09月15日 05:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
南西方向を見ています。
右端のゆるやかな台形は恵那山です。
3
【北岳山頂で】
西南西方向を見ています。
中央少し右が恵那山、中央右側は中央アルプス。空木ぐらいまで見えています。
2014年09月15日 05:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
西南西方向を見ています。
中央少し右が恵那山、中央右側は中央アルプス。空木ぐらいまで見えています。
2
【北岳山頂で】
西を見ています。
左から中央アルプスから乗鞍岳、右手前は仙丈ヶ岳。
2014年09月15日 05:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
西を見ています。
左から中央アルプスから乗鞍岳、右手前は仙丈ヶ岳。
2
【北岳山頂で】
北西を見ています。
仙丈ヶ岳
2014年09月15日 05:43撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
北西を見ています。
仙丈ヶ岳
1
【北岳山頂で】
北を見ています。
左は仙丈ヶ岳、右は甲斐駒ケ岳、手前は北岳肩の小屋方向からの登山道。
2014年09月15日 05:45撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
北を見ています。
左は仙丈ヶ岳、右は甲斐駒ケ岳、手前は北岳肩の小屋方向からの登山道。
1
【北岳山頂で】
北北東を見ています。
左に甲斐駒ケ岳、正面は八ヶ岳
2014年09月15日 05:45撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
北北東を見ています。
左に甲斐駒ケ岳、正面は八ヶ岳
1
【北岳山頂で】
北東を見ています。
正面手前は鳳凰山、正面奥は小川山~甲武信ヶ岳です。
2014年09月15日 05:46撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
北東を見ています。
正面手前は鳳凰山、正面奥は小川山~甲武信ヶ岳です。
1
【北岳山頂で】
ほぼ南東を見ています。
正面奥は御坂山地、富士山の右側は天子山地(毛無山)
2014年09月15日 05:46撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
ほぼ南東を見ています。
正面奥は御坂山地、富士山の右側は天子山地(毛無山)
1
【北岳山頂で】
山頂は代わる代わる記念撮影する人々で大賑わい!
2014年09月15日 05:47撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
山頂は代わる代わる記念撮影する人々で大賑わい!
2
【北岳山頂で】
私も何とか記念撮影にありつけました(笑)仙丈ヶ岳と。
前回(7/12)は、3:39着で真っ暗の北岳でしたが、今日は周りがよく見えてヨカッタ!
2014年09月15日 05:49撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳山頂で】
私も何とか記念撮影にありつけました(笑)仙丈ヶ岳と。
前回(7/12)は、3:39着で真っ暗の北岳でしたが、今日は周りがよく見えてヨカッタ!
10
深山塩釜(ミヤマシオガマ)も、もう終わりです。
2014年09月15日 05:52撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深山塩釜(ミヤマシオガマ)も、もう終わりです。
3
【北岳から八本歯のコル方向】
撫子
2014年09月15日 06:12撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
撫子
【北岳から八本歯のコル方向】
夏の花のドライフラワー、寄せ植えでなかなかの出来栄え(笑)。
岩弁慶、山母子(ヤマハハコ)など
2014年09月15日 06:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
夏の花のドライフラワー、寄せ植えでなかなかの出来栄え(笑)。
岩弁慶、山母子(ヤマハハコ)など
【北岳から八本歯のコル方向】
深山塩釜(ミヤマシオガマ)、撫子
2014年09月15日 06:13撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
深山塩釜(ミヤマシオガマ)、撫子
1
【北岳から八本歯のコル方向】
高嶺伊吹防風(タカネイブキボウフウ)
2014年09月15日 06:14撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
高嶺伊吹防風(タカネイブキボウフウ)
2
【北岳から八本歯のコル方向】
北岳鳥兜(キタダケトリカブト)北岳の特産種で、鳥兜の中で最も小さいそうです。
2014年09月15日 06:17撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
北岳鳥兜(キタダケトリカブト)北岳の特産種で、鳥兜の中で最も小さいそうです。
2
【北岳から八本歯のコル方向】
金露梅(キンロバイ)、これは初めて見ました。
2014年09月15日 06:18撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
金露梅(キンロバイ)、これは初めて見ました。
【北岳から八本歯のコル方向】
金露梅(キンロバイ)をアップ
2014年09月15日 06:22撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
金露梅(キンロバイ)をアップ
5
【北岳から八本歯のコル方向】
下山時刻が集中するため、八本歯のコルに向かうルートはちょっと渋滞気味。
2014年09月15日 06:40撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北岳から八本歯のコル方向】
下山時刻が集中するため、八本歯のコルに向かうルートはちょっと渋滞気味。
振り返って、北岳山頂方向から続々人が降りてきます。
2014年09月15日 06:40撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、北岳山頂方向から続々人が降りてきます。
【左俣~大樺沢】
高嶺ビランジ(タカネビランジ)南アルプスの特産種。
このお花は名残で他にはあまり残っていませんでした。
2014年09月15日 06:45撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
高嶺ビランジ(タカネビランジ)南アルプスの特産種。
このお花は名残で他にはあまり残っていませんでした。
2
【左俣~大樺沢】
中央に小さくmikipomがいます。バックは北岳。
2014年09月15日 06:47撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
中央に小さくmikipomがいます。バックは北岳。
4
【左俣~大樺沢】
写真ではわかりにくいのですが、北岳の岩稜帯を登っているパーティが何組かいました。
2014年09月15日 06:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
写真ではわかりにくいのですが、北岳の岩稜帯を登っているパーティが何組かいました。
2
【左俣~大樺沢】
左俣雪渓を通っていますが、既に雪は溶けていて雪渓を通過することはありません。
2014年09月15日 07:18撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
左俣雪渓を通っていますが、既に雪は溶けていて雪渓を通過することはありません。
1
【左俣~大樺沢】
味噌川草(ミソガワソウ)
2014年09月15日 07:27撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
味噌川草(ミソガワソウ)
1
【左俣~大樺沢】
御蓼(オンダテ)の雌花
2014年09月15日 07:37撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
御蓼(オンダテ)の雌花
1
【左俣~大樺沢】
伊吹虎の尾(イブキトラノオ)
2014年09月15日 07:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
伊吹虎の尾(イブキトラノオ)
1
【左俣~大樺沢】
ホタルブクロ、凄く大きかったので撮りました。
2014年09月15日 07:43撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
ホタルブクロ、凄く大きかったので撮りました。
1
【左俣~大樺沢】
郡内風露(グンナイフウロ)
2014年09月15日 07:52撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
郡内風露(グンナイフウロ)
2
【左俣~大樺沢】
深山花忍(ミヤマハナシノブ)
北アルプスの後立山連峰、清水岳(しょうずだけ、白馬岳の北西)および南アルプス(北岳、鳳凰山)のみに隔離分布する珍しい植物。
2014年09月15日 07:56撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
深山花忍(ミヤマハナシノブ)
北アルプスの後立山連峰、清水岳(しょうずだけ、白馬岳の北西)および南アルプス(北岳、鳳凰山)のみに隔離分布する珍しい植物。
6
【左俣~大樺沢】
九蓋草(クガイソウ)
2014年09月15日 08:05撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
九蓋草(クガイソウ)
【左俣~大樺沢】
こちらはよく見る鳥兜。
2014年09月15日 08:10撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
こちらはよく見る鳥兜。
1
【左俣~大樺沢】
胡麻菜(ゴマナ)
花期:8月から10月
キク科シオン属
若芽は食べられます。
2014年09月15日 08:15撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
胡麻菜(ゴマナ)
花期:8月から10月
キク科シオン属
若芽は食べられます。
1
【左俣~大樺沢】
山母子(ヤマハハコ)
2014年09月15日 08:15撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
山母子(ヤマハハコ)
1
【左俣~大樺沢】
黄苑(キオン)
2014年09月15日 08:16撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
黄苑(キオン)
【左俣】
深山当帰(ミヤマトウキ)
2014年09月15日 08:25撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣】
深山当帰(ミヤマトウキ)
1
【左俣~大樺沢】
黄釣船(キツリフネ)
2014年09月15日 08:45撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
黄釣船(キツリフネ)
2
【左俣~大樺沢】
このお花、判る方いらっしゃいますか?花が終わって実の状態?
2014年09月15日 09:03撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【左俣~大樺沢】
このお花、判る方いらっしゃいますか?花が終わって実の状態?
2
9:21、ろくに休まず、速足でいっきに降りたので、誰にも追い越されずに広河原に到着〜!
2014年09月15日 09:25撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:21、ろくに休まず、速足でいっきに降りたので、誰にも追い越されずに広河原に到着〜!
7
9:37、奈良田へのバス停の待ちは3番目。予定より1時間以上短縮しました(笑)。バスは11:10なので飲んだり食べたりして、ゆっくりとくつろぎます。こんな早い時間のビール、初めてかも?でも最高に美味かった〜!
2014年09月15日 09:37撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:37、奈良田へのバス停の待ちは3番目。予定より1時間以上短縮しました(笑)。バスは11:10なので飲んだり食べたりして、ゆっくりとくつろぎます。こんな早い時間のビール、初めてかも?でも最高に美味かった〜!
6
バスにゆられ、奈良田第二駐車場に戻ってまいりました〜。
2014年09月15日 12:02撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスにゆられ、奈良田第二駐車場に戻ってまいりました〜。
北岳と同じ南アルプス市の桃園でお昼ごはんを食べます。おそばにしようかな、うどんにしようかなっ!3日ぶりのまともな食事!
そば処桃園(桃園ロボットラーメン)
お店の前はそば畑です。
電話:055-282-3161 
南アルプス市桃園1421−2
11:00-14:30, 18:00-20:30
(現在は土曜定休)
2014年09月15日 13:43撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳と同じ南アルプス市の桃園でお昼ごはんを食べます。おそばにしようかな、うどんにしようかなっ!3日ぶりのまともな食事!
そば処桃園(桃園ロボットラーメン)
お店の前はそば畑です。
電話:055-282-3161 
南アルプス市桃園1421−2
11:00-14:30, 18:00-20:30
(現在は土曜定休)
3
いつもどおり、店主の自作のオートメーション注文システムを操作して注文します。

タッチパネル操作じゃありません。マウス操作です。
2014年09月15日 13:47撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもどおり、店主の自作のオートメーション注文システムを操作して注文します。

タッチパネル操作じゃありません。マウス操作です。
2
残念ながらおそばは売り切れだったので、うどんにしましたが、手打ちなので美味しいです。mikipomは冷たいうどん+天丼セット、撮影係は温かいうどん+天丼セットです。
2014年09月15日 14:02撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながらおそばは売り切れだったので、うどんにしましたが、手打ちなので美味しいです。mikipomは冷たいうどん+天丼セット、撮影係は温かいうどん+天丼セットです。
5

感想/記録

待ちに待った連休、今度こそはじっくりと2泊3日のハイキングを堪能しようと、南アルプスへ乗り込みました(←鼻息荒いね 笑)。

そこに待ち受けていた「笹山ダイレクト尾根」。
ここは今までの中でも指折りのハードな苦行を強いられる尾根でございました〜!
これまであまり思ったことはなかったのですが、さすがの厳しい急登の連続に、「何が楽しゅうて、こげな苦労をっ…!」と思いましたよ。
しかし。上には上がいるもので(?)ここの尾根を日帰りピストンするという方にも出会い、山にはいろいろな志向の方がいるもんだとつくづく思いました(笑)。

笹山から広河内岳まではほとんど入山している人の数は少なく、静かな山歩き&テント泊を楽しみました。特に白河内岳付近は、山頂が広いことに加え、踏み跡が不明瞭な場所が多く、ハイマツの間をまたぎながら超えることもありましたが、それはそれでまた楽しく。テント1泊目の明け方は霜がつくほどの寒さでしたが、夜半テント内は適温で快適でした(まわりには誰もいないので音に気遣うことなくその意味でも快適でした)。

二日目もヤマテンの天気予報は外れて、特に朝方は予想外の良いお天気!
ご来光も楽しみ、その跡も(ガスることは部分的にはありつつも)まずまずの秋晴れで、天候の大きな崩れはなく、ダイナミックな南アルプスの縦走を楽しむことができました!
農鳥〜北岳は、遠くから眺めるとなだらかに連なっているように見えましたが、いざ行ってみると、それぞれが立派なひとつのお山で(当たり前?)、「聞くと見るとでは大違い」のごとく、遠くから見るのと実際を歩くのとでは大違いだな〜、と実感しました!特に間ノ岳は山容がどっしりとして、美しく気高い印象でした。とはいえ、北岳山荘のテン場の場所取りで頭がいっぱいだったため、景色を楽しむ余裕はなかったのがホントのところで(汗)。ああっ、こんどは時間にとらわれずゆっくりと景色を楽しみながら歩きたいな〜。

それにしても、今回の縦走路および北岳山頂付近での夢のようなご来光は、素晴らしかったの一言!特に北岳はお花など含め、「つくづく名山だな〜」と、「人気があるのがわかるな〜」と思いました。バス便などにもう少し融通が利かないものか、とも思いましたが、便利になればなるほど、人はもっと増えるわけで。不便なままがいいんでしょう、きっと。
もっとゆとりをもって空いている日程を選んで、ゆっくり楽しみたいものです。

それでも。無茶苦茶苦行の笹山ダイレクト尾根〜人けの少ない広河内岳の静かな山行は、南アルプスの中ではある意味貴重なエリアですし、静かなハイキングが楽しめ、広河内岳〜北岳はまさしくダイナミックな3000メートル峰の縦走が楽しめ、何とも贅沢な時間でした。今回も満腹です(笑)
訪問者数:1736人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/1
投稿数: 3380
2014/9/17 14:51
 お疲れ様でした♪
こんにちは、ミキポンさん&撮影係さん(^^)v

白峰三山お疲れ様でした
…って、笹山ダイレクト尾根とはそんなルートがあるんですね
白峰三山縦走というといつも大門沢ばかり歩いておりますが、
なかなか人が少なくて楽しそう…って、地獄のような水なしの急登、なかなか厳しそうなルートですね
この辺り全然分からないんですけど、一泊目はテントが張れそうなところがあるんですかね 機会があれば歩いてみよう

三連休はこちらも天気はバッチリだったみたいですね
北アルプスからも北岳と間ノ岳はバッチリ見えてました(^^)v
ご来光のシーンも素晴らしいですけど、夕日の中でのガッツ、
一瞬kchanさんと見間違えてしまいましたよ~おほほ~(笑)!
登録日: 2013/8/18
投稿数: 378
2014/9/17 22:25
 mikipomさん、こんにちは
4L担いであの尾根登りましたか。。。
根性ありますねぇ
しかも大籠岳付近まで。
14日の朝、きれいですねぇ。

mikipomさん、物知りですね。
あのブルーベリーみたいのは黒豆の木って言うんですね。
おいしくて結構たくさん食べちゃいました。
きのこも食べれるんですね。
私は全く判らないので見るだけでした。

14日お会いしてたかも知れません。

最後まで元気に歩かれた様で、お見事でした。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 2308
2014/9/18 2:11
 酔っ払いガッツ〜♪(笑)
コンバンは〜♪mikipomさん☆ photogさん(*^_^*)

お酒片手に夕陽ガッツ あれはもうミキポンさんガッツでしょ〜 ・・とブロッケン見れたり、キレイな夕陽に朝陽に最高の景色が盛りだくさんですネ

mikipomさんたちが行かれるルートは、『これはどこの辺りなんだぁ』と思うような所が多かったり、静かだけどとてもキレイな感じだったりイイ〜ですネ  でも、きのこの山を歩かれたり、しっかりルートを読める事が出来きるお二人だから、踏み跡が少ないヤマを歩いたりも出来るのかなぁと思います  

そんな静かなヤマから最後は人気に北岳へと歩いて行き、人気があるだけあってやっぱり素適なヤマ☆稜線やお花は素晴らしいところなんでしょうネ

私たちもこの連休は南アの南を歩いてました 霜が下りるぐらい朝は寒かったですが、イイ〜お天気でヨカッタですネ お疲れさまでした(*^_^*)
登録日: 2012/4/10
投稿数: 1575
2014/9/18 8:42
 おはようございます。
黒河内岳から北岳までの縦走お疲れ様でした。
黒河内から大門沢下降点までの稜線歩きはあまり人が入らないけれど、景色も良くて気持ちの良いルートですよね。ただしガスると怖いけど。
農鳥おじさんとは、話さなかったですか?もったいない。よく怒るけど良い人ですよ。
自分はテントの受付の時に話したことがあるし、怒鳴られもしました。【農鳥へ向かう時いきなりコースを間違えて、それを遠くから見てて"おい!!!左だ!!!!"と】怒鳴られたのに、妙に嬉しかったのを覚えています。(Mかも)
登録日: 2012/7/28
投稿数: 146
2014/9/18 13:20
 素敵♥
mikipomさん。撮影係さんこんにちはー!

白峰ー!
来月行きます!
このルート逆周りってどうなんでしょうか?
農鳥のオジさまも気になる所ですが(笑)
出来れば人が居ない所(笑)がいいなと思って・・・。

仙丈の写真すごく素敵です!
見てて太陽の暖かさが伝わりますー♥

今週はmikipomさん達のレコを参考に光か聖を狙っていたら
易老渡通行止めでした・・・
登録日: 2011/12/23
投稿数: 714
2014/9/18 22:50
 kamasennin さん、こんばんは!
コメントいただきありがとうございます!
そおなんですよ〜、笹山ダイレクト尾根。2014年版の山と高原地図には載っているらしいですけど、私の持っている2009年版には載っていません。笹山までは踏み跡はしっかりありますし、道は迷いません。でも先の見えない急登が続き、展望もなく、ここでも力石(りきいし)化するところでした  
テントは張れますが詳細はメッセージいただければおこたえしま〜す
登録日: 2011/12/23
投稿数: 714
2014/9/18 22:57
 kiha58 さん、こんばんは!
コメントいただき、ありがとうございます!
わ〜、すれ違っていたかもなんですね〜
笹山〜広河内岳までは、なかなか人の少ないエリアなので、静かな南アルプスが楽しめて、楽しかったです(水4リットルはきついですけど 笑)。
あのツライツラ〜い笹山ダイレクト尾根、きのこがあちこちに出ていたので(ただし可食菌はすくなかったですけど )、なんとか気が紛れてのぼりきれました
登録日: 2011/12/23
投稿数: 714
2014/9/18 23:00
 Re: 酔っ払いガッツ〜♪(笑)
kchanこんばんは!コメントいただきありがとうございます!
kchan直々に命名いただいた「酔っ払いガッツ」、襲名させていただきます
笹山ダイレクト尾根、ぜひお二人にも試していただきたいです。
お二人ならルンルンで登れるのでしょうか
私はかなりストレス感じました ぜひ行っていただいて、感想をお願いします
登録日: 2011/12/23
投稿数: 714
2014/9/18 23:17
 tsuka-ponさん、こんばんは!
コメントいただきありがとうございます!
お〜、tsuka-ponさんもいらしたことがあるのですね〜。
踏み跡は確かに不明瞭なので、ハイマツの藪漕ぎは覚悟しないとダメですね  
でも、ケルンに大変助けられました〜
農鳥小屋は、ビクビクしながら通過したんですぅ あまりに噂が先行していて
でも、きっと話したらいい方なのでしょうね。私、あの手の方は得意なほうなので(笑)
きっとお友達になれると思います 遠巻きに観察してみたところ、かなりご本人もキャラを演じているようなところがあるのかもって、ほんのすこ〜し思ってしまいました
登録日: 2011/12/23
投稿数: 714
2014/9/18 23:30
 Re: 素敵♥
gligli さん、こんばんは!
おっと〜、南ア好きのgligli ちゃんの火が点きましたか〜
逆回りも問題はないと思います。逆コースの場合だと、大籠岳〜白河内岳まであたりが踏み跡が不明瞭なので、霧などの悪天時、ナイトハイク、日没間際は避けた方がいいと思います。
笹山ダイレクト尾根は急なので、お疲れのたまった後の下山路としてはキツイかもしれません
今回の北岳付近での朝焼けは絶品でした〜 北岳は混むけどやっぱり名山だな〜と思いました
易老渡が通行止め で、結局行かれず ?残念でした〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ