ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 943313 全員に公開 トレイルラン札幌近郊

台風7号大雨警報、荒れる藻岩山

日程 2016年08月17日(水) [日帰り]
メンバー anmitu3
天候大雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間4分
休憩
1分
合計
1時間5分
S藻岩山スキー場ルート登山口13:3514:03ロープウェー中腹駅14:0414:09藻岩山14:14ロープウェー中腹駅14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
"腹ごなしにトレラン気分で"
※本来これくらいのタイムではトラレンと言えず。
 それなので「トレラン気分(^.^)」

本日札幌は雨天、豪雨警報なども。
少しの運動不足解消に山頂をピストン。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

当然ほぼ無人の藻岩山スキー場駐車場
2016年08月17日 13:31撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然ほぼ無人の藻岩山スキー場駐車場
2
ウルトラライトながら水はじきは十分、レッツ!
2016年08月17日 13:34撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウルトラライトながら水はじきは十分、レッツ!
3
登山道に水が流れ、低い部分には水たまり。
2016年08月17日 13:53撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に水が流れ、低い部分には水たまり。
2
ウサギ平より上はガスの中。
2016年08月17日 13:57撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギ平より上はガスの中。
2
登りではかわすが下りではじゃぶじゃぶと。
2016年08月17日 14:03撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りではかわすが下りではじゃぶじゃぶと。
3
藻岩山、中腹の様子
2016年08月17日 14:04撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藻岩山、中腹の様子
1
そして山頂、踵を返してこの場を去ります。
2016年08月17日 14:10撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂、踵を返してこの場を去ります。
2
スリップに注意、尾てい骨は大切に。
2016年08月17日 14:13撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリップに注意、尾てい骨は大切に。
1
転げる様に登山口へ。また運動不足の時はお世話になります!
2016年08月17日 14:40撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転げる様に登山口へ。また運動不足の時はお世話になります!
2

感想/記録

レインウェアの上を使用し、足元は濡れることを前提として、足元はトレランシューズ。
 実はトレランシューズで発寒川を歩いてみようかなと考えていた矢先。
 沢を1〜2時間歩いても脚はふやけないので、藻岩山往復程度であればずぶ濡れになったところでおそらく影響はない。
(寒さを感じるのであれば問題。)

 また、僕の持っているレインウェアの一着はウルトラライトモデル(超軽量)
 ホントに雨天でも大丈夫なのか!?と思えるほど軽量(170gくらい。)

 そこでレインウェアの性能確認兼ねて、ジョギング代わりの腹ごなしに藻岩山をピストン。

 登山道は川(^.^)
 水たまり多し(^.^)

  途中、雨が強まり、そして札幌市内全体が震える程の雷が落ちる・・・
  ピシャ!・・・ゴロゴロゴロゴロロロロロ・・・ドドドドドドド・・
  停電大丈夫かな・・・
  お風呂に水を貯めておいた方が良いだろか、でも札幌で停電ってあまり聞いたことがないし・・・
  でもあれをくらったらひとたまりもない。おーこわっ!
  連発するとまずいかも。でも単発だし、とりあえずはまだ大丈夫そう。
 

 水たまりが多い。登りではできるだけ避けて登るも、下りではじゃぶじゃぶと突破
 沢と考えれば水たまりはかわいいもの。

 スリップに注意しつつ、ドタバタと下っていく。
 もう僕には体重を支えて華麗にコースメイクして下る脚力はない。

 柳に風の様に、位置エネルギーをうまくいなしながら、ごまかしながら転げる様に登山口へ。

 帰宅・シャワー、そしてぐいっと牛乳がうまい!

 お粗末様でした(^.^)
訪問者数:210人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 山スキー ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ