ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 961317 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

穂高連峰縦走(西穂高・奥穂高・北穂高・槍ヶ岳) 1日目

日程 2016年09月10日(土) 〜 2016年09月11日(日)
メンバー manusa
アクセス
利用交通機関
車・バイク
千葉から新穂高温泉口まで。

高速料金を抑えるため、下道中心のアクセス。
16号線で春日部まで、17号線(熊谷バイパス)で藤岡市、藤岡ICから下仁田ICまでは高速道路、あとは254号線で三才山トンネルくぐって松本市、158号線で安房峠トンネルくぐって平湯へ。

19時半に千葉を出て、途中2時間仮眠しながら、新穂高温泉口には6時到着。
有料道路は片道1600円、ガソリン代往復3000円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間8分
休憩
51分
合計
7時間59分
Sスタート地点07:1207:27旧ボッカ道分岐07:50西穂山荘07:5408:04西穂丸山08:31西穂独標08:3908:50ピラミッドピーク08:5108:57チャンピオンピーク4峰09:20西穂高岳09:24P109:2509:36赤岩岳09:53間ノ岳10:06逆層スラブ10:1110:24天狗岩10:35天狗のコル10:4111:39ジャンダルム11:4711:50ロバの耳11:5112:06馬の背12:0712:20穂高岳12:2313:18穂高岳山荘13:35涸沢岳14:44北穂高岳(北峰)14:5715:11ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般登山道としては、屈指の危険ルート。北穂高で1人滑落して、亡くなりました。

しかし、それ以上に気をつけるべきは渋滞。西穂高から奥穂高までは、鎖場も多く、列車ごっこしている人とすれ違いor追い越しのために10分くらい待たされることもある。連休時などピーク時は予定通りに進めないので要注意。シルバーウィークは確実に混雑するので、その一週間前なら空いているかも、と思い、この縦走を実行しました。目論見通り、目立った渋滞はなく、ほぼマイペースで登ることができました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

西穂高口スタート。ロープウェーである程度標高稼げるから、西穂高までは楽ちん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高口スタート。ロープウェーである程度標高稼げるから、西穂高までは楽ちん。
この日は快晴。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は快晴。
1
ジャンダルム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム
1
ジャンダルムから奥穂高に向かう道が、一番危険だと思うの。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムから奥穂高に向かう道が、一番危険だと思うの。
2
15時に北穂高山荘到着。

この日は6人で4枚の布団。隣の人がフレンドリーで良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時に北穂高山荘到着。

この日は6人で4枚の布団。隣の人がフレンドリーで良かった。

感想/記録
by manusa

<ロープウェー>
深山荘の駐車場に駐めれず、鍋平駐車場に駐めたため、しらかば駅からロープウェーに乗車。この日は7時始発だったが、真夏以外は8時始発なので、時間に注意。

<西穂高口〜西穂高岳>
西穂高岳までは、ハイキングコース。サクサクっと登ります。天気が快晴で最高♪

<西穂高岳〜ジャンダルム>
西穂高岳からジャンダルムまで、一部はしごや鎖場で狭くなっているため、渋滞に注意。列車ごっこをみたらサッサと抜かすが吉(下にいて落石に当たったら、目も当てられません)。
アップダウンがだんだん激しく、厳しくなってきます。

<ロバの耳、馬の背>
スリルのあるコース。
奥穂高に向かう場合は登りになるため、恐怖感は和らぐ。
滑落したら死ぬような所ですが、みんな気を引き締めて渡るため、案外ここでの死者は少ない。

<穂高岳>
穂高岳山荘は、ザイテングラートや天狗沢からも登って来れるため、多少混雑する。
とはいえ、奥穂高から山荘までは道幅に余裕があり、追い越しできるため問題なし。

<穂高山荘〜北穂高>
この辺で足に疲労が溜まったか、ペースが落ちた。唐沢岳までの登りが辛かったこと。
北穂高までだらだらとした登り。地味に距離が長い。
訪問者数:280人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ