ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985766 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中国山地西部

立岩山〜市間山縦走

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー sakata702(記録), その他メンバー13人
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中国自動車道 戸河内ICを下りて、国道186号線を吉和方面に進み、坂原登山口へ(牛首峠に2台デポ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間2分
休憩
19分
合計
4時間21分
S坂原登山口09:4411:24日の平山12:18立岩山12:2513:14市間山13:2413:35ハチガ谷の頭13:57市間山登山口13:5914:05牛首峠付近G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はよく整備されていますが、ところどころに倒木があり、乗り越えたり、潜ったりします。特に危険な個所はありませんが、熊の生息域ですので少人数で入山する際はクマ鈴必携です。
その他周辺情報戸河内ICそばの「グリーンスパつつが」で入浴できます。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

坂原登山口:野菜の無人市はもうやっていないみたいです。
2016年10月16日 09:32撮影 by DV, GENERAL IMAGING CO
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂原登山口:野菜の無人市はもうやっていないみたいです。
支尾根への取り付き付近:倒木が多く、少しルートが不明瞭
2016年10月16日 11:08撮影 by DV, GENERAL IMAGING CO
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根への取り付き付近:倒木が多く、少しルートが不明瞭
日ノ平山分岐まではとにかく急登が続きます
2016年10月16日 11:43撮影 by DV, GENERAL IMAGING CO
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ平山分岐まではとにかく急登が続きます
立岩山からの十方山遠望
2016年10月16日 12:52撮影 by DV, GENERAL IMAGING CO
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立岩山からの十方山遠望
2
市間山へは気持ちの良いブナ林が続きます
2016年10月16日 13:28撮影 by DV, GENERAL IMAGING CO
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市間山へは気持ちの良いブナ林が続きます

感想/記録

牛首峠に2台の車をデポして、ほぼ予定通りに坂原の登山口をスタートする。幸いなことに空は曇天ながら、薄日も差しており、雨はまだ落ちてきていない。今回の山行リーダーは当会最高齢だが、最初からつづらの急登をものともせず、ガンガン登っていく。登山道は比較的明瞭だが、倒木が多くフィールドアスレティックのように何度もくぐったり、跨いだりしながら、ほどなく主稜線へ。ここから国土地理院の地形図に「立岩山」と表記されている「日ノ平山」のピークをピストンする。雨が落ちる前に昼食を済ませて、市間山へ向かって縦走開始。ひと時の間、岩稜帯を歩き、展望の良い立岩山(1134.9m)へ到着。曇ってはいるが、しばらく真正面の十方山を眺める。ここを過ぎると雨が本格的に落ちてくる。よく整備された歩きやすい稜線とブナ林を楽しみながら、あっという間に市間山へ到着・・・は、早っ!結局、昼食は座って食べたのにも関わらず、牛首峠まで4時間半というコースタイムで、秋の山々を駆け抜けました。
訪問者数:129人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ