また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > hirokok510さんのHP > 日記
2021年09月06日 06:27博物館、展示会、美術館など全体に公開

9月5日(日)ず覿霧歴史と民俗の博物館「太平記絵巻」

写真 崑席慎絵巻」展入り口
写真絵巻の冒頭
写真B利氏傍流の新田義貞の鎌倉進入路図

 行田に戻り、時間が少しあるので最後に大宮公園の歴史と民俗の博物館で開催されている「太平記絵巻」展を見に行く。これも今日が最終日。この博物館では太平記絵巻を所蔵し、その保存・研究が一段落して令和3年、図録やブックレットを発行。それを記念して開催されたようだ。あまり時間がなかったので駆け足で回ったが、太平記に関してはほとんど内容を知らなかったので、その一端でも触れることができてよかった。
 太平記は作者・成立年代ともに不詳だが、14世紀後半までには成立したらしい。軍記物でそのまま史実とみることはできないが、のちの時代まで大きな影響を与えた作品であることは間違いない。絵巻は江戸時代に描かれたもののようで、忠臣蔵を含め様々な形で利用されたようだ。

 絵巻はそのまま史実ではないので、当時の様々な日記や書簡などにより、比較検討されてきた。その一次資料の一部(撮影禁止)も展示され、それらは図録となっていないのが残念。

 後醍醐天皇即位に始まり、鎌倉幕府滅亡、南北朝の成立から後醍醐天皇と尊氏との対立、観応の擾乱、三代将軍の足利義満と管領の細川頼之の就任で物語は幕を閉じる。時間のある時にじっくり太平記の世界を学べればーー
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:79人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ