ヤマレコ

記録ID: 1211863 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳の周回で高山ハイクを満喫♪(阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳)

日程 2017年07月30日(日) [日帰り]
メンバー
天候小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅から片道400km。赤岳山荘手前のやまのこ村の駐車場を利用しました。1000円です。美濃戸口から山荘までのアクセス道路は凸凹が激しく、大きな水たまりはドキドキします。ワンボックスカーでしたが、シャーシーをこすらずに到着できました。夜+雨+霧だったので、気を使いました。。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間35分
休憩
1時間55分
合計
10時間30分
Sやまのこ村05:4005:42赤岳山荘05:47美濃戸山荘06:46中ノ行者小屋跡06:5007:28行者小屋07:3707:43阿弥陀岳分岐07:4407:58中岳のコル登山道水場08:0308:06阿弥陀岳北稜08:27中岳のコル08:3609:03阿弥陀岳09:1609:43中岳のコル09:4509:59中岳10:17文三郎尾根分岐10:1810:39赤岳11:0211:10赤岳頂上山荘11:2211:47赤岳天望荘11:4811:51地蔵の頭11:5211:58二十三夜峰12:09日ノ岳12:1112:16鉾岳12:1912:20石尊峰12:2412:30横岳(三叉峰)12:3212:35無名峰12:3812:44横岳(奥ノ院)12:5013:01台座ノ頭13:15硫黄岳山荘13:2113:37硫黄岳13:47硫黄岳13:4814:03赤岩の頭14:0414:47ジョウゴ沢14:4814:53赤岳鉱泉14:5615:38堰堤広場15:4016:06美濃戸山荘16:10やまのこ村G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
阿弥陀岳は、ルートをはずさないようにしないと危ないです。赤岳周辺には岩場があったり、横岳周辺には少し反り立った鎖場がありますが、緊張して足が出ない、というようなところはありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

未明から雨音がやみません。遠路はるばる来たんだから、赤岳・阿弥陀岳でも拝んで帰ろう!と、愛機EOSの撮影はあきらめ、スマホ片手に出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未明から雨音がやみません。遠路はるばる来たんだから、赤岳・阿弥陀岳でも拝んで帰ろう!と、愛機EOSの撮影はあきらめ、スマホ片手に出発!
ここからコースイン。南沢を進みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからコースイン。南沢を進みました。
緩やかなトレイル。ですが風が抜けず、湿気ムンムン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかなトレイル。ですが風が抜けず、湿気ムンムン。
ギンリョウソウ、だと思いますが、うまく写せません(-_-;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ、だと思いますが、うまく写せません(-_-;)
沢沿いに明瞭な小道があります。雨が小降りになったので、レインスーツ脱皮! で、超スッキリ(*'▽')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに明瞭な小道があります。雨が小降りになったので、レインスーツ脱皮! で、超スッキリ(*'▽')
ヘリポートの脇を通過して
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポートの脇を通過して
行者小屋に到着。霧雨そぼ降る中、たくさんの方がいらっしゃって、何だか少し元気が出ました。小屋脇にあった冷たい湧き水をいただき、少し休憩してから阿弥陀岳を目指しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。霧雨そぼ降る中、たくさんの方がいらっしゃって、何だか少し元気が出ました。小屋脇にあった冷たい湧き水をいただき、少し休憩してから阿弥陀岳を目指しました。
看板に沿って、阿弥陀・阿弥陀方面へと進みます!(^^)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板に沿って、阿弥陀・阿弥陀方面へと進みます!(^^)!
途中で、赤岳方面に山容がチラリ。周りで歓声が。それくらい、今日は眺望がきかない('Д')。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、赤岳方面に山容がチラリ。周りで歓声が。それくらい、今日は眺望がきかない('Д')。
白花ヘビイチゴ、ですかね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白花ヘビイチゴ、ですかね。
グンナイフウロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グンナイフウロ。
1
水玉もキラキララ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水玉もキラキララ。
この形はオトギリですかね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この形はオトギリですかね。
雨に濡れちゃってますねぇ・・・関西で見る鹿より、随分がっしりしてる印象・・(''Д'')
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨に濡れちゃってますねぇ・・・関西で見る鹿より、随分がっしりしてる印象・・(''Д'')
3
ウスユキソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ。
中岳のコル。行者小屋近くでテン泊された元気なお嬢さんと歓談。阿弥陀岳へのルート3分岐のうち、左端がおすすめ、と教わった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳のコル。行者小屋近くでテン泊された元気なお嬢さんと歓談。阿弥陀岳へのルート3分岐のうち、左端がおすすめ、と教わった。
ハシゴを登り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴを登り、
途中の鎖を手繰りながら、「分岐は左」とつぶやきながら進んで行きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の鎖を手繰りながら、「分岐は左」とつぶやきながら進んで行きました
ブーケみたい・・・ミヤママンネングサのつぼみかなぁ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブーケみたい・・・ミヤママンネングサのつぼみかなぁ・・
タカネニガナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネニガナ
1
ミヤマシシウド(に似てる?)など、たくさんの花に応援されつつ、急坂を這い上がると・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシシウド(に似てる?)など、たくさんの花に応援されつつ、急坂を這い上がると・・
阿弥陀岳に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳に到着!
周囲はガッスガスで、残念ながら眺望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲はガッスガスで、残念ながら眺望はありません。
四等三角点!(^^)!赤すぎ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四等三角点!(^^)!赤すぎ・・
今度は角アリだぁ・・カモシカかなぁ。。
ちょっと休憩してから、赤岳へと下山していきました。3分岐ルートのうち、右を意識しておりますが、途中で右すぎる方向へとコースミス。浮石だらけでホールドがきかない岩壁。マジ、やばかった・・。慎重に登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は角アリだぁ・・カモシカかなぁ。。
ちょっと休憩してから、赤岳へと下山していきました。3分岐ルートのうち、右を意識しておりますが、途中で右すぎる方向へとコースミス。浮石だらけでホールドがきかない岩壁。マジ、やばかった・・。慎重に登り返し。
1
ナデシコっぽいですが、少し花びらの形がことなりますね。
コースミス中に這いつくばったせいで、ドロドロになりましたが、無事にリルートでき、中岳のコルまで降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナデシコっぽいですが、少し花びらの形がことなりますね。
コースミス中に這いつくばったせいで、ドロドロになりましたが、無事にリルートでき、中岳のコルまで降りてきました。
1
中岳に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳に到着!
イブキジャコウソウ 。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ 。
2
コゴメグサ 、おしゃれな色合いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コゴメグサ 、おしゃれな色合いですね。
コマクサ。たくさん撮りましたが、これが一番のべっぴんさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ。たくさん撮りましたが、これが一番のべっぴんさん。
ケルンを目印に赤岳へとと進んで行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンを目印に赤岳へとと進んで行きます。
チシマギキョウ 。リンドウに似てる・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ 。リンドウに似てる・・・?
文三郎尾根の分岐に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根の分岐に到着。
赤岳方面を拝むと、「しっかり登ってこい!!」と山から激励されてる感じ。。。ガスの奥には、岩場の赤岳山頂が潜んでいる。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳方面を拝むと、「しっかり登ってこい!!」と山から激励されてる感じ。。。ガスの奥には、岩場の赤岳山頂が潜んでいる。。
1
タカネツメクサでしょうか・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネツメクサでしょうか・・。
1
ミヤマダイコンソウ、かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ、かな。
ハイマツの実。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの実。
徐々に荒々しい岩場が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に荒々しい岩場が見えてきました。
岩場には誘導のマーキングや
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場には誘導のマーキングや
鎖が渡されており、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖が渡されており、
三点支持でいけば大丈夫(^◇^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三点支持でいけば大丈夫(^◇^)
こういうマーキングは、関西の山ではあまり目にしない・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうマーキングは、関西の山ではあまり目にしない・・。
ワクワクしながら駆け上がると赤岳の
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワクワクしながら駆け上がると赤岳の
山頂に到着!一枚撮っていただきました。。ガッスガスでしたが、良い思い出になりました!登山での2889mは、自己新記録!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着!一枚撮っていただきました。。ガッスガスでしたが、良い思い出になりました!登山での2889mは、自己新記録!
2
周りにいたお兄さん曰く
「新しい山名標だなぁ。にしても山梨100名山って・・?」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りにいたお兄さん曰く
「新しい山名標だなぁ。にしても山梨100名山って・・?」
山頂を過ぎると、すぐに小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を過ぎると、すぐに小屋。
悪天候の時こそ有難い存在(>_<)。おにぎり🍙を頬張り、小休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候の時こそ有難い存在(>_<)。おにぎり🍙を頬張り、小休憩。
ハクサンシャクナゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ。
チシマギキョウ。木漏れ日を浴びて、で少し開花?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ。木漏れ日を浴びて、で少し開花?
1
横岳方面へ進みます。途中、振り返ってバチリ。足取り重い登りの方に、あとちょっと!と声援を贈りました(^_^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳方面へ進みます。途中、振り返ってバチリ。足取り重い登りの方に、あとちょっと!と声援を贈りました(^_^)v
わずかながらのガスの切れ間。谷側に山小屋が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかながらのガスの切れ間。谷側に山小屋が見えました。
こちらは文三郎尾根かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは文三郎尾根かな。
ゴツゴツゴツ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴツゴツゴツ…
しばらく進むと山小屋が見えてきました。赤岳展望荘ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと山小屋が見えてきました。赤岳展望荘ですね。
立派な小屋ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な小屋ですね。
ガスが晴れると、素晴らしい眺望が楽しめるんでしょうね。行者小屋方向をパチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れると、素晴らしい眺望が楽しめるんでしょうね。行者小屋方向をパチリ。
1
晴れないかなぁ〜( -_・)?、横岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れないかなぁ〜( -_・)?、横岳方面。
天気、回復傾向?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気、回復傾向?
ここから美濃戸へ下山のつもりでペース配分していましたが、時間はまだ十分ありそうなので、周回決定!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから美濃戸へ下山のつもりでペース配分していましたが、時間はまだ十分ありそうなので、周回決定!
ガスよ、吹き飛べ!(^∧^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスよ、吹き飛べ!(^∧^)
1
イワベンケイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワベンケイ
1
クリスタルな石柱。スケールがデカイ!\(^_^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリスタルな石柱。スケールがデカイ!\(^_^)/
三又峰到着。不調の方をグループの方が介抱されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三又峰到着。不調の方をグループの方が介抱されていました。
ちょっとしたピーク。横岳名盤を探していると、お姉さん二人組に、もう少し先ですよ!と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとしたピーク。横岳名盤を探していると、お姉さん二人組に、もう少し先ですよ!と。
で、横岳到着!小屋泊予定のハイカーさんと、写しあいあいっこしました!明朝、晴れると良いですね(^_^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、横岳到着!小屋泊予定のハイカーさんと、写しあいあいっこしました!明朝、晴れると良いですね(^_^)v
レコでよく見る冬用の梯子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコでよく見る冬用の梯子。
ガスが晴れていると、かえってゾっとしそうなトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れていると、かえってゾっとしそうなトラバース。
穏やかなトレイル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかなトレイル。
コマクサの群生に遭遇\(^_^)/手前の株は真っ白。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの群生に遭遇\(^_^)/手前の株は真っ白。
辺り一面にコマクサ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辺り一面にコマクサ。
開花ピークを少し過ぎていましたが、元気な株も沢山見れました。 中々進めません(>_<)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開花ピークを少し過ぎていましたが、元気な株も沢山見れました。 中々進めません(>_<)。
2
漸く、硫黄岳山荘に着きました。スポドリを購入しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く、硫黄岳山荘に着きました。スポドリを購入しました。
ガスの中、ケルンとガイドロープの支持棒を目印に、硫黄岳へと登って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中、ケルンとガイドロープの支持棒を目印に、硫黄岳へと登って行きます。
山頂付近に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近に到着。
何やら注意喚起札。行けるところまで行ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何やら注意喚起札。行けるところまで行ってみます。
ここで行き止まり。ガスで眺望がなく、周囲の偉大さが分かりません(>_<)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで行き止まり。ガスで眺望がなく、周囲の偉大さが分かりません(>_<)。
1
近くには荒々しい岩がたくさん。覗いてみたい気もしますが、落ちたらジ、エンド…立禁の忠告に従います(._.)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くには荒々しい岩がたくさん。覗いてみたい気もしますが、落ちたらジ、エンド…立禁の忠告に従います(._.)
そして、最後のピーク、硫黄岳山頂に到着!阿弥陀から、赤、横、硫黄、四ツ岳\(^_^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、最後のピーク、硫黄岳山頂に到着!阿弥陀から、赤、横、硫黄、四ツ岳\(^_^)/
美濃戸へと降りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸へと降りていきます。
赤岩の頭に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭に到着。
覗きこむとこんな感じ。足下には硫黄の花のような褐色の塊がゴロゴロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覗きこむとこんな感じ。足下には硫黄の花のような褐色の塊がゴロゴロ。
森林限界の尾根道から高度を下げていくと、徐々に緑豊かになっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界の尾根道から高度を下げていくと、徐々に緑豊かになっていきます。
白樺のように見えますが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺のように見えますが…
案内に従い、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内に従い、
赤岳鉱泉に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着。
晴れてると、赤岳や横岳なんかが見えそうなんですが、次にお預けですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてると、赤岳や横岳なんかが見えそうなんですが、次にお預けですね。
1
タカネニガナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネニガナ。
良く整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く整備されています。
足下に住む妖精たちを夢中になって撮影しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下に住む妖精たちを夢中になって撮影しました。
キバナノヤマオダマキや
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキや
1
シナノオトギリ、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ、
気がつくと、買ったばかりのグローブを片方落としちゃいました。少し戻ってさがしましたが、断念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気がつくと、買ったばかりのグローブを片方落としちゃいました。少し戻ってさがしましたが、断念。
堰が見えたら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰が見えたら
ここからは林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは林道歩き。
出発点に戻って来ました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発点に戻って来ました!

感想/記録
by marsee

関西で山行きを始めて一年3ヶ月。初めて2000メートルを越える山ハイクを計画しました。ターゲットは、yapさんお薦めの中から、南八ヶ岳をチョイス。それ以降、ワクワク感がとまりませんでした。

ところが、日が近付くにつれ、天気予報が↓・・。休暇取ったし、足も確保したし・・何より、家の都合をやっとのことで整理したんだから。。。行くっきゃない!と強行しちゃいました。去年は台風に抗えず、あえなく白山車中泊の旅で終わってしまいましたが。。

赤岳山荘手前のやまびこ村の駐車場で車中泊でしたが、夜通し雨が降ってました。朝起きたときも、まだ小雨。雲は「ぶ」厚い。てんきとくらす でも、今日はB予報。相棒のEOS(カメラ)を連れて行く気にはなれず、どうしようかとぐずぐずとしてると、あっという間に小一時間が経過。「こりゃいかん、主峰の赤岳だけでも拝みに行こう!で、名物?阿弥陀にもちょっくら登ってこよう!」とコースを固め、いざ出発です。

スタートの標高が関西TOPの弥山・八経ヶ岳相当だし、涼しいはずだ、とレインスーツをまとって登り始めたのですが、すぐに汗だくになり・・。やや脱水症状もどきで苦しいスタート。気がつけば、何のための雨着だか状態に。雨も軽くなってきたので、早めでしたが上着を脱ぎました・・・超快適!

途中の行者小屋にはたくさんの方がいらっしゃり、流石の人気マウンテンだな、と再認しました。ガッスガス+なれないスマホ撮影で、テンション低めでしたが、活況だったハイカーさんたちから元気を貰い、湧き水でのどを潤してから、阿弥陀岳へとスタートしました。

中岳のコル手前で、びしょぬれのカモシカさん?に遭遇。獰猛なのかおとなしいのかが分からず、少々あせりましたが、終始おっとりしてました。

コルから先は、少し険しい岩登りゾーンがありました。コルでお会いしたお嬢さんの助言に従い、3つ又では左のコースをチョイス。あまり多くの方とはお会いしませんでしたが、「らく」石させないよう、滑らないよう、慎重に登りました。そして、阿弥陀岳に到着!真っ白けっけで眺望はありませんでしたが、2800メートルを超える山名盤に、なんだかうれしくなりました。

山頂を少々散策し、中岳コルまで下山開始。今度は3つ又を右、と言い聞かせながら、降りていきます。ところが、ガスのせいか、行きと違う尾根を進んでしまいました。厳しい角度だなぁ、と思いながら降りていると、やがて浮石だらけになり、これ、間違ってる!と感じた時は、状況が悪化。。。ヤバイ・・・↓↓なんとかホールドできそうなポイントまで横移動し、頭を冷やして呼吸を整え、修正ラインを探って、慎重にリルートしました。あせったぁ〜。。登山道へと這いつくばって登っている私を上から見かけたハイカーさんが、「大丈夫かぁ!こっちだよ!」と声をかけてくださり、うれしかったです。ズボンや手はドロドロになっちゃいましたが無事復帰。今思えば、EOSを置いてきて、正解だった・・・。

中岳で一息ついた後、気持ちを切り替えて赤岳を目指しました。雄大な景色は満喫できませんでしたが、湿気で潤った高山植物も風情がありますね。やがて、ごつごつとした岩場が現れ、立派な鎖を手繰って登りつめると赤岳に到着。時折小雨がぱらついてましたが、泥んこになったレインウェアーのズボンを脱ぎ、写真を撮っていただきました。

狭い山頂の先にある小屋の脇まで進み、おにぎりランチにしました。その頃、少しですが、すぅ〜っとガスが切れ、尾根や谷がわずかに見渡せました。すごいきれい、絶景だ・・。「お願い、ガスよ晴れて!」と念じながら、しばし見つめ続け、時折開ける尾根筋を何度も撮影しました。

この先の分岐で下山するつもりでしたが、時間的にまだ十分余裕があったので、ガス切れにかすかな望みを託し、横岳・硫黄岳へと足を伸ばすことにしました。しかしながら、終始、すっきりとガスが晴れることはなかったのですが、ダイナミックな尾根筋や高度感のある岩場、きれいなコマクサ群生などを満喫し、満足した四ツ岳踏破となりました。途中でお会いした皆さんとの楽しいプチトークも、良い想い出です。

硫黄岳以降は、途中のかわいい草花に足止めされながらも、リズムよく下っていきます。何度かしゃがみこんで撮影してたら、買ったばかりのグローブをどこかで落としちゃったようですが・・・。

激しい雨にあうことなく、無事にスタート地点まで戻って来れました。ガッスガスではありましたが、思い出深い高山デビューになりました。パートIIとして、翌日に駒ケ岳・宝剣岳へ登りました。こちらです↓(晴天・会心の写真が何枚かあります!)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1211961.html
是非ご覧ください!
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/12
投稿数: 119
2017/8/2 13:44
 いよいよ八ヶ岳登っちゃいましたか
marseeさんこんにちは。信州遠征ご苦労様です。

とうとう、八ヶ岳登っちゃいましたね。
でも、ガスガスで残念。素敵な景色はまたのお楽しみですね。
硫黄岳なんて、大きな火口の淵を歩いていて、怖かったですもの。
でも、写真見ながら、もう一度登ってみたくなりました。

日帰りも良いですが、山中一泊すると朝とかめっちゃ綺麗です。
来年は、頑張って一緒に信州遠征しますか
登録日: 2017/5/16
投稿数: 2
2017/8/2 14:03
 お疲れ様でした。
(本当に)近いうちに、「阿弥陀岳」を除いたコースで、展望荘1泊で計画してます。直前の情報なので、写真が、非常に参考になりました。私の方の日程も、天気は曇りマーク一色です。先週から、毎日数時間おきに天気を確認してますが、一時晴れマークがありましたが、その後は曇り一色です。
他の方の写真を拝見すると、行者小屋からは天気が良ければ、すばらしい景色ですよね。ぜひリベンジして下さい。
久しぶりの八ヶ岳、本当に楽しみにしているので、参考にさせていただきました。

ご苦労様でした。
登録日: 2016/5/5
投稿数: 44
2017/8/2 20:50
 Re: いよいよ八ヶ岳登っちゃいましたか
otoさん、こんばんは。早速にコメントありがとうございます。

はい、登っちゃいました。二度目の遠征計画で、またしても天候ブレーキ。
前日泊の車内で聞いた雨音には、相当なえちゃいました・・。
でも、雨・ガッスガスの山行あってこそ、快晴で味わう感動も一入、と
いうことなんでしょうね。

山中泊ハイク、是非計画しましょう!いろんな談義に盛り上がりたいですね。

引き続き、どうぞよろしくお願いします^^!
登録日: 2016/5/5
投稿数: 44
2017/8/2 20:56
 Re: お疲れ様でした。
misoshiruさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

慣れない携帯での撮影なので、失敗だらけでしたが、少しでも様子を
お伝え出来たようで良かったです。

八ヶ岳に再訪だなんて、とてもうらやましいですネ。
どうぞお気をつけて、ステキな山行になりますように
登録日: 2017/5/16
投稿数: 2
2017/8/3 13:43
 Re[2]: お疲れ様でした。
早速、ありがとうございます。ただいま、天望荘です。眺望、20mってとこです。今日は、朝晴れていたようなので、明日朝、天望荘から、赤岳の朝焼けを見て、ピーク行って、風がなければ、硫黄岳回ってもどります。今晩は、朝焼けを祈って...
登録日: 2016/5/5
投稿数: 44
2017/8/3 20:50
 Re[3]: お疲れ様でした。
こんばんは‼お疲れさまです!
テンクラだと、明日の午前はA 予想ですね。山は気紛れなので、なんとも言えませんが、グッドラックですね\(^o^)/
お祈り致します!お気を付けて‼

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ