ヤマレコ

記録ID: 1218546 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳〜朝日岳〜蓮華温泉

日程 2017年08月05日(土) 〜 2017年08月07日(月)
メンバー
 hiro-san(記録)
天候8/5晴れ時々曇り  8/6晴れのち曇り(昼過ぎ一時豪雨) 8/7晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:阪急三番街〜八方バスセンター:信州さわやか号(8,400)、八方バスセンター〜猿倉(930)
復路:蓮華温泉〜糸魚川(2,100)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間29分
休憩
17分
合計
5時間46分
S猿倉荘07:5008:41白馬尻荘08:47白馬尻小屋08:5210:05岩室跡11:32避難小屋11:4113:06白馬岳頂上宿舎13:0913:36白馬山荘
2日目
山行
7時間41分
休憩
27分
合計
8時間8分
白馬山荘05:3305:50白馬岳05:5406:21三国境06:2207:00鉱山道分岐07:0607:55雪倉岳避難小屋08:0308:44雪倉岳08:5210:52小桜ヶ原13:34水谷のコル13:41朝日小屋
3日目
山行
7時間31分
休憩
35分
合計
8時間6分
朝日小屋05:4005:48水谷のコル06:38朝日岳06:3907:06吹上のコル07:0709:28五輪高原09:2909:32花園三角点10:37白高地沢橋11:0711:13ヒョウタン池12:06瀬戸川橋12:0712:52兵馬の平13:27蓮華の森分岐13:2813:38蓮華温泉キャンプ場13:46蓮華温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪倉山から少し先のがれ場で曇りの中、サングラスで足元がはっきりししないままうまく岩を踏めず、2mくらいコースからはずれました。幸い打撲だけで済みました。
その他周辺情報朝日小屋、よかったです。ご飯はもちろん、トイレは水洗、布団も1人1枚。ゆっくり体を伸ばせました。

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 1
Tシャツ 1
ソフトシェル 1
タイツ 1
ズボン 1
靴下 1
グローブ 2
防寒着
雨具 1
ゲイター 1
日よけ帽子 1
着替え 2
1
予備靴ひも
サンダル 1
ザック 1
ザックカバー 1
サブザック
昼ご飯 3
行動食 4
非常食 2
調理用食材
調味料
飲料 1.5
ハイドレーション 1.5
燃料用アルコール 100ml
アルコールストーブ 2
コッヘル 1
食器
個人装備品
数量
備考
調理器具
ライター、マッチ 各1
地図(地形図) 1
コンパス 1
1
計画書 1
ヘッドランプ 1
予備電池 3
GPS 1
筆記用具 1
ファーストエイドキット 1
針金
常備薬 1
日焼け止め
ロールペーパー 1
保険証 1
携帯 1
時計 1
サングラス 1
タオル 1
ツェルト
ストック 1
ナイフ 1
カメラ 1
ポール 1
テント 1
テントマット 1
シェラフ 1
ヘルメット

写真

八方バスセンターから白馬岳方面
2017年08月05日 07:01撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方バスセンターから白馬岳方面
八方バスセンターはmont-bellでした、?
2017年08月05日 07:01撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方バスセンターはmont-bellでした、?
猿倉で登山計画書を提出。注意事項等丁寧に説明していただきました。
2017年08月05日 07:48撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉で登山計画書を提出。注意事項等丁寧に説明していただきました。
大雪渓がちらっと、見えました
2017年08月05日 08:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓がちらっと、見えました
やまあじさい?
2017年08月05日 08:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまあじさい?
白馬尻小屋
「ようこそ大雪渓へ」!
いよいよです。
2017年08月05日 08:42撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋
「ようこそ大雪渓へ」!
いよいよです。
呼びかける声がするので振り向くと濱さんと奥村さん
奥村さんにアクシデントが・・・
2017年08月05日 08:47撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呼びかける声がするので振り向くと濱さんと奥村さん
奥村さんにアクシデントが・・・
1
大雪渓のとりつきです
2017年08月05日 09:09撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓のとりつきです
1
一息ついて振り返ると、たくさんの方が登ってきています
2017年08月05日 09:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一息ついて振り返ると、たくさんの方が登ってきています
でも、まだ、先は長い
2017年08月05日 09:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、まだ、先は長い
1
気温は高いけど、涼しい!
2017年08月05日 09:59撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は高いけど、涼しい!
1
大雪渓もあと少し。
雪渓の終了あたりでたくさん座っている?
すぐにアイゼン外して葱平まで急ぐようアドバイスをもらったんだけど・・・
2017年08月05日 10:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓もあと少し。
雪渓の終了あたりでたくさん座っている?
すぐにアイゼン外して葱平まで急ぐようアドバイスをもらったんだけど・・・
ガスで大雪渓の下部は見えません
2017年08月05日 10:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで大雪渓の下部は見えません
でも、上空は快晴!
2017年08月05日 10:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、上空は快晴!
葱平は大雪渓から15分くらい、とアドバイスをいただいたが、どこ?まだかなぁ
2017年08月05日 10:40撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葱平は大雪渓から15分くらい、とアドバイスをいただいたが、どこ?まだかなぁ
おにゆり
2017年08月05日 10:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにゆり
避難小屋で先発隊と合流し、とりあえず白馬頂上宿舎を目指します
2017年08月05日 11:47撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋で先発隊と合流し、とりあえず白馬頂上宿舎を目指します
青と黒でダンディに決めた岩田さん
2017年08月05日 11:47撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青と黒でダンディに決めた岩田さん
見えてからずいぶんかかって白馬頂上宿舎に到着
2017年08月05日 12:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてからずいぶんかかって白馬頂上宿舎に到着
今日のお宿は更に上の白馬山荘です、あと一息
2017年08月05日 12:55撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお宿は更に上の白馬山荘です、あと一息
清水岳への分岐
2017年08月05日 13:23撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水岳への分岐
島田さん、ガンバ、あと10歩!
2017年08月05日 13:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
島田さん、ガンバ、あと10歩!
東野さんからサプライズプレゼント。
還暦祝いの自家製パンです。
いつもありがとうございますm(_ _)m
2017年08月05日 14:00撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東野さんからサプライズプレゼント。
還暦祝いの自家製パンです。
いつもありがとうございますm(_ _)m
岩田さん、東野さんお疲れさまでした。
ビール最高!そして赤霧島も!
2017年08月05日 14:27撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩田さん、東野さんお疲れさまでした。
ビール最高!そして赤霧島も!
島田さん、余裕やね。
よう頑張った。
2017年08月05日 14:27撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
島田さん、余裕やね。
よう頑張った。
記念バッヂ
(島田さんが買ったものを撮らせてもらいました)
2017年08月05日 16:08撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念バッヂ
(島田さんが買ったものを撮らせてもらいました)
白馬山荘の夕食です
2017年08月05日 17:32撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘の夕食です
ご飯を前にピース!
2017年08月05日 17:32撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯を前にピース!
呑み助2人組も乾杯!
2017年08月05日 17:33撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呑み助2人組も乾杯!
2日目スタート!
2017年08月06日 05:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目スタート!
白馬岳山頂で記念撮影!
2017年08月06日 05:48撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂で記念撮影!
ここから、別行動。
お互い無理のないよう頑張りましょう!
2017年08月06日 05:48撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、別行動。
お互い無理のないよう頑張りましょう!
2
雲の切れ目から大雪渓に朝陽が射します
2017年08月06日 05:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の切れ目から大雪渓に朝陽が射します
昨日、ここ登って来たんだね
2017年08月06日 05:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日、ここ登って来たんだね
三国境むけ歩き始めます
2017年08月06日 05:56撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境むけ歩き始めます
左奥が朝日岳?
2017年08月06日 06:06撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥が朝日岳?
三国境から小蓮華山?
2017年08月06日 06:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境から小蓮華山?
三国境です。
沢山の方が休憩しています。
ここから朝日だけに向け更に下ります。
2017年08月06日 06:21撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境です。
沢山の方が休憩しています。
ここから朝日だけに向け更に下ります。
雪倉岳?
2017年08月06日 06:30撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳?
蓮華温泉への分岐。
まさか翌日蓮華温泉に下ることになるとは思わず、名前すら知らぬままに通過八が岳の
2017年08月06日 07:05撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉への分岐。
まさか翌日蓮華温泉に下ることになるとは思わず、名前すら知らぬままに通過八が岳の
鉢ヶ岳の雪渓
2017年08月06日 07:14撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢ヶ岳の雪渓
慎重に赤い粉の跡、靴跡を踏みます
2017年08月06日 07:15撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に赤い粉の跡、靴跡を踏みます
結構長い
2017年08月06日 07:31撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構長い
雪渓を抜けて雪倉岳
何人か登っていきます
2017年08月06日 07:44撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を抜けて雪倉岳
何人か登っていきます
雪倉岳避難小屋
2017年08月06日 07:55撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳避難小屋
白馬岳から小蓮華山方面
2017年08月06日 08:41撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳から小蓮華山方面
旭岳から清水岳方面?
2017年08月06日 08:41撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳から清水岳方面?
白馬岳〜旭岳空清水岳
2017年08月06日 08:43撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳〜旭岳空清水岳
朝日岳方面
その向こうは富山湾?
2017年08月06日 08:43撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳方面
その向こうは富山湾?
にっこうきすげ
2017年08月06日 09:19撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にっこうきすげ
しゃくなげ?
2017年08月06日 10:23撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しゃくなげ?
ツバメ平
2017年08月06日 10:44撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバメ平
小桜ヶ原
2017年08月06日 10:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小桜ヶ原
ミズバショウ
2017年08月06日 10:56撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズバショウ
水平道分岐
2017年08月06日 11:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水平道分岐
朝日小屋
2017年08月06日 15:02撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋
テン場。
ここに私のテントはありません。
ほぼ同じころに着いた学生のテントが設営されています。
2017年08月06日 15:10撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場。
ここに私のテントはありません。
ほぼ同じころに着いた学生のテントが設営されています。
噂の、超豪華、朝日小屋の夕食です。
残念ながら肉は鶏むね肉だそうです。
2017年08月06日 16:39撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の、超豪華、朝日小屋の夕食です。
残念ながら肉は鶏むね肉だそうです。
3日目。
昨日の豪雨(少し早めの夕立?)が嘘のような良い天気。
でも、今日一杯とのこと。
2017年08月07日 05:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目。
昨日の豪雨(少し早めの夕立?)が嘘のような良い天気。
でも、今日一杯とのこと。
前朝日岳。北又へはこちらに下っていきます
2017年08月07日 05:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前朝日岳。北又へはこちらに下っていきます
白馬岳〜旭岳〜清水岳
2017年08月07日 05:34撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳〜旭岳〜清水岳
水平道分岐
昨日は川のような道でした
2017年08月07日 05:46撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水平道分岐
昨日は川のような道でした
剱岳、立山?
2017年08月07日 05:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳、立山?
朝日岳山頂
素晴らしい眺望です
2017年08月07日 06:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂
素晴らしい眺望です
白馬岳から昨日歩いて来た山々
2017年08月07日 06:37撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳から昨日歩いて来た山々
剱岳から毛勝山?
2017年08月07日 06:37撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳から毛勝山?
北側は富山平野から日本海
2017年08月07日 06:37撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は富山平野から日本海
これから下っていく吹上のコルから長栂山方面
2017年08月07日 06:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから下っていく吹上のコルから長栂山方面
小蓮華山から乗鞍岳方面?
2017年08月07日 06:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山から乗鞍岳方面?
妙高から黒姫山???
2017年08月07日 06:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙高から黒姫山???
みなさん、目指すは蓮華温泉
2017年08月07日 06:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みなさん、目指すは蓮華温泉
吹上のコル
2017年08月07日 07:03撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹上のコル
ここから栂海新道。
思わず左に歩きだしそう・・・
2017年08月07日 07:03撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから栂海新道。
思わず左に歩きだしそう・・・
ニッコウキスゲ
2017年08月07日 07:06撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ
五輪の森
2017年08月07日 08:48撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪の森
蓮華温泉?
2017年08月07日 08:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉?
花園三角点?
2017年08月07日 09:30撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花園三角点?
白高地沢にかかる橋
2017年08月07日 11:04撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白高地沢にかかる橋
雪倉下ノ沢にかかる橋
2017年08月07日 12:02撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉下ノ沢にかかる橋
兵馬の平
2017年08月07日 12:47撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兵馬の平
蓮華の森分岐、あと20分
2017年08月07日 13:28撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華の森分岐、あと20分
登山道入り口
キャンプ場横です
2017年08月07日 13:34撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口
キャンプ場横です
蓮華温泉。
今回の山歩きは親不知にたどり着くことなく、下調べも何もしていなかった蓮華温泉で終了。
2017年08月07日 13:44撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉。
今回の山歩きは親不知にたどり着くことなく、下調べも何もしていなかった蓮華温泉で終了。

感想/記録

今回は、はれのちはれの一員として白馬岳へ。そのあと単独で朝日岳から栂海新道をへて親不知へという計画でした。
結果的に予想通りの台風5号の影響と、ガレ場で足を踏み損ねて2mほど滑って右太ももを強打打撲、左ひざ打撲で歩くのがやっとの状態になったため、朝日小屋から蓮華温泉に下ることになりました。
 猿倉では登山計画書を丁寧にチェックしていただきアドバイスもいただき初めてのコースでも比較的安心して歩き始めることができました。
大雪渓は、ほんとに夏でも雪がたくさんありました、やっぱすごいなぁ。
急登だったけどゆっくりアイゼンを確かめながら登ったのでそんなにきついとは思いませんでした。ザックも軽かったし(今回は16〜17kg)。
 でも、白馬尻小屋でまさかの濱さん、奥村さんとの出会い。先発隊は約2時間前に出発したはずなのに・・・。昨夜仕事終わりで車で移動したせいか、足にアクシデントが発生し大雪渓の途中から降りてきてリタイアを決めたとのこと、残念。
 大雪渓の終了地点で多くの方が休んでいます?登山口では、大雪渓が終わったら直ちにアイゼンを外しザレ場をやり過ごし15分ほどの葱平で休憩するようにアドバイスをもらったのに・・・?
 しかし、20分歩いても30分歩いても葱平なる表示はなく、そのまま歩いてると避難小屋が見えてきました。すると先発隊の岩田さん、東野さん、島田さんに合流。
 腹ごしらえして少し歩くと白馬頂上宿舎が見えました。が、まだ30分ほど?は会歩いたでしょうか。山頂小屋の表にはビールの自販機が:キリン、アサヒです。いずれも350ml:500円、500ml:700円。ちなみに白馬山荘はサッポロで350ml:600円、500ml:800円。朝日小屋はきりん、アサヒで350ml:600円、500ml:800円。
 白馬山荘は人であふれていました。私の実家の瀬戸内海の小島では一度に会うことができないくらいの大人数。
 早めの(13時台)の到着だったので小屋の前のテラス?で本日の健闘を称えあい乾杯。初日は無事に歩くことができました。
 2日目。昨晩夕食後にセルベックスを飲み忘れたせいか?胃が気持ち悪くご飯がなかなか喉を通りません。でも、食べなきゃ歩けないのでお茶とみそ汁で流し込みます。
 今日から別コースになるので、私だけ荷物を担いで、岩田さん、東野さん、島田さんは貴重品だけ持って白馬岳を目指します。コースタイム通り15分ほどで山頂です。
天気はいいし、素晴らしい眺望でもあり、山頂は人人人です。
 この後のたがいの健闘を祈りあって、私は朝日岳目指して、まさに天空の稜線を気持ちよく下ります。いつまでもこんな稜線を歩いていたい・・・。
 三国境まではたくさんの人です。また、休憩している人もたくさん。ここから、朝日岳方面へ向かう人はまばらと、ガイドブックに書いていましたが、まさに、その場にいた登山者の中で向かったのは私一人でした。鉱山道手前で4人ほどの登山者が休憩中、朝食でしょうか?私も一口元気バーをかじり出発。鉢ヶ岳で稜線からはずれて下り始めるのでおかしいなと思って地図を見ると、巻き道でした。そして今日最初の雪渓。赤い粉の目印の足跡に忠実に靴を下ろします。書き忘れましたが、ざれた登山道の脇屋雪渓の途切れた登山道沿いにはたくさんの葉が咲いています。癒される、という言葉は、こういうことをいうのでしょう。しかし、名前が分かりません、が、綺麗であればいいじゃないですか。
 少し歩くと雪倉岳がガスの向こうに薄っすらと見えました。登山道を登る人影が見えました。で目を下におろすと避難小屋です。避難小屋の下で息を整えて登り始めます。急登です。いい加減登ったところですれ違った女性のグループ。最初の人はあと少しと、2人目の人は苦しいのもあとすこし、そしてもう一息。最後の人は、あと少しと言いたいけどまだ、ちょっとありますよ、と。
 なるほど。斜度が緩くなって山頂近くかなと思ったらゆるいガレ道がしばらく続いて雪倉岳山頂。ここも抜群の眺望です。振り返ると白馬岳はもちろん、旭岳に、たぶん剱岳も見えました。剱岳はほんの少しに時間ですぐにガスの中。長めの休憩(10分)で水、元気バー、ゆず皮の砂糖漬けを食べて出発。眼前に朝日岳までのほぼ稜線沿い?のコースを臨みながら気持ちよく下り始めました。なぜか先頭です。ガスってきました。疲労低減のためサングラスです。ガレ場です。足が・・・。2mほど滑って・・・。右太もも打撲、左ひざ挫傷。頭部打撲。幸いに骨折、捻挫はなく何とか歩けます。
 それからは、極端にペースは落ちさらに斜度を増したガレ場、小雪渓、ツバメ平を足を引きずりながら歩きます。どんどん抜かれますが、とりあえず歩けるので大丈夫、まだ、ほぼコースタイムです。燕岩を過ぎて水場で顔を洗いがぶ飲みしない程度に水を飲んで。ゆっくり歩き、やっと小桜ヶ原です。ミズバショウの咲く池塘です。
そして水平道分岐。ここで大休止。昼食タイム。足が曲げにくいので座るのもままならず、かといって立ってマグヌードルやら食べるわけにもいかず。20分余りかかってなんとか昼ご飯が終わり出発。
 それからはガイドブックの言葉通りアップダウンの連続する水平道。最後の小さな雪渓を超えて休んでいるとポツリ、ポツリと雨粒が落ちてきます。頭上はまだ青空がのぞいているので通り雨程度かと思ていると、あっという間に土砂降りです。木陰でしばらく様子を見ていましたが後続の男性はさっとザックカバーをかけ傘をさして歩き始めました。私も傘をと思いましたが、両ストックで体を支えることができないと大きめの段差の昇り降りができないので傘はあきらめレインジャケット上下を四苦八苦しながら着て出発。しかし10分、20分すると体中が濡れてきてついには靴の中も水浸し。
 朝日小屋に着いたときは濡れていないところはないほど。ちゃんと袖口やフード周りを止めなければ、こんな豪雨の時は意味ないことを体験しました。
で、途中で抜いていった学生たちが受付をしていて、彼らはテン泊で手続していましたが、私は気力がなくテン泊から小屋どまりに変更。ずぶ濡れのレインジャケットやらザックカバーを干して、割り込ませてもらった部屋に荷物を解いてやっと一番搾りで一息。
 外に出てみると、先ほどまでの雨がうそのよう。学生たちのテントがうらやましくもあったが、もうその元気は再び湧かず(結果的にはそのあとも2度ほど強い雨、夜中にも少し降っていた)。
 夕食は16時45分から。みんなで乾杯しようと主の清水ゆかりさんが全員をねぎらってくださって、料理の説明やら、花のビデオを見ながら楽しい夕食は終了。おいしかったです、ごちそうさまでした。
清水さんによると天気は明日(8/7)はなんとかなるが、次の日は台風の影響で暴風雨とのこと。今日雨にやられたことや足のケガで戦意喪失の状態なので栂海新道は中止し蓮華温泉に。北又は距離は短いがタクシーしかなく結構かかるようなので蓮華温泉に下ることにしました(標高的には「下る」なのですが、なんか登った感が強かった!)。
 3日目。今日も食事はのどを通らず何とか残さないように食べようと頑張ったが最後から2番目だった。
 5時半。荷物をまとめて小屋の外へ。いい天気です。北側には富山平野から日本海が。南西には雪倉、白馬に剱?そして東には朝日岳。昨日濁流だった水谷のコルあたりもすっかり水に洗われ緑が目にいたいくらいです。ゆっくりゆっくり登っていきます。息が上がってきました、小雪渓を超えて山頂です。ここの眺望も抜群です。アルプスはきれいな稜線歩きと幾重にもひだを重ねた山肌がすばらしです。疲れてもこれを体験できるからみんな登るんでしょうね。
 吹上のコルで栂海新道への分岐を確認し蓮華温泉に下ります。ここから下調べどころか蓮華温泉の名前も知らなかったところなので若干心配でしたが、朝日小屋の宿は客はほとんど蓮華温泉に向かうとのことだったので、最後尾を送れないように、足を滑らせないように歩きました。
 最後、ちょっと頑張って13時44分蓮華温泉着。ゆっくりと汗を流して15時15分のバスで糸魚川駅へ。しかし、サンダーバード運休のテロップが曲がれています。何とか運休前最後のサンダーバードに乗ることができその日のうちに大阪まで変えることができました。
 計画通りにはいかなかったけど、楽しい山歩きでした。もうちょっと、いろんなこと考えながら正しく楽しい山歩きを続けていこうと思いました。
訪問者数:371人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ