また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 156370 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

KTC「北穂高岳・奥穂高岳・前穂高岳」縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2001年07月27日(金) ~ 2001年07月29日(日)
メンバー
 aaib1360(SL)
, その他メンバー3人
天候27日 晴、28日 晴、29日 晴
アクセス
利用交通機関
バス
26日 新宿都庁大型バス駐車場23:00発 さわやか信州号上高地行
29日 上高地バスターミナル16:00発 さわやか信州号新宿西口行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

7/27 5:25上高地5:45‐6:40明神池7:10ー8:00徳澤園8:15
   ‐9:08横尾9:30‐10:43本谷橋11:20‐13:00涸沢ヒュッテ
   13:20‐13:30涸沢小屋(泊) 

7/28 涸沢小屋5:30ー8:20南稜テラス8:30‐8:45北穂高岳9:30
   -12:35涸沢岳13:15‐13:35穂高岳山荘(泊) 

7/29 穂高岳山荘4:55‐5:45奥穂高岳6:10‐7:30紀美子平7:35
   ‐7:55前穂高岳8:30‐9:00紀美子平9:10‐11:30岳沢ヒュ
   ッテ12:00‐14:00河童橋15:30‐15:40上高地バスターミナル

コース状況/
危険箇所等
涸沢‐北穂高岳
途中にクサリ場、ガレ場があるので落石に注意すること。

北穂高岳‐涸沢岳
飛騨側は切れ落ちています。三点確保をしっかりして
岩場、クサリ場を通過して下さい。

穂高岳山荘‐岳沢
岩稜、クサリ場、ハシゴのアップダウンの連続です。
十分に注意をして歩くことです。
特に重太郎新道の下りは、転倒、滑落に注意をして下さい。

経験のない人を連れて行くと大変なことになります。

写真

今日の穂高は霞んでいます。
2008年08月29日 15:15撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の穂高は霞んでいます。
雲もかかっていますね…
2011年12月17日 16:40撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲もかかっていますね…
横尾まで来ました。
屏風岩がお出迎えです。
2008年08月29日 15:17撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾まで来ました。
屏風岩がお出迎えです。
屏風岩のアップです。
2011年12月17日 16:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩のアップです。
このピークは北穂高かな?
2008年08月29日 15:17撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークは北穂高かな?
本谷橋の賑いです。
日差しが強いですね…
2008年08月29日 15:18撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋の賑いです。
日差しが強いですね…
吊尾根が見えて来ましたよ…
2008年08月29日 15:18撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根が見えて来ましたよ…
久しぶりの奥穂高岳です。
40年振りですかね…
2008年08月29日 15:18撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの奥穂高岳です。
40年振りですかね…
白出沢のコルに穂高岳山荘が見えます。
明日はあの山荘に泊まります。
2008年08月29日 15:18撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢のコルに穂高岳山荘が見えます。
明日はあの山荘に泊まります。
雪渓でポーズをとる同行者。
2008年08月29日 15:18撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓でポーズをとる同行者。
右北穂高岳、左涸沢岳、
今夜泊まる涸沢小屋が見えて来ました。
2008年08月29日 15:19撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右北穂高岳、左涸沢岳、
今夜泊まる涸沢小屋が見えて来ました。
奥穂高岳ですね…
2008年08月29日 15:19撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳ですね…
吊尾根と前穂高岳です。
2008年08月29日 15:19撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根と前穂高岳です。
涸沢小屋のテラスに人がいっぱいいますね…
2011年12月17日 16:43撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋のテラスに人がいっぱいいますね…
前穂の峰々。
2008年08月29日 15:36撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂の峰々。
屏風の頭方面です。
2008年08月29日 15:37撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風の頭方面です。
涸沢小屋のテラスで…
2011年12月17日 16:45撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋のテラスで…
テラスの賑いです。
2011年12月17日 16:45撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスの賑いです。
テント村ですが、少ないですね…
2008年08月29日 15:37撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント村ですが、少ないですね…
奥穂高岳に朝日が当たっています。
2008年08月29日 15:38撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳に朝日が当たっています。
朝の前穂高岳です。
2008年08月29日 15:38撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の前穂高岳です。
奥穂とザイテングラードです。
2008年08月29日 15:38撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂とザイテングラードです。
涸沢岳がだいぶ近づいて来ました。
2008年08月29日 15:38撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳がだいぶ近づいて来ました。
北穂高岳の登りはこんな状態です。
落石に注意しましょう。
起こした人が居りました。
2008年08月29日 15:39撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂高岳の登りはこんな状態です。
落石に注意しましょう。
起こした人が居りました。
真ん中にジャンダルムが見えて来ました。
2008年08月29日 15:39撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中にジャンダルムが見えて来ました。
北穂から奥穂への道です。
このコースを歩くのは初めてです。
2008年08月29日 15:39撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂から奥穂への道です。
このコースを歩くのは初めてです。
やっと北穂の山頂に着きました。
2008年08月29日 15:40撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと北穂の山頂に着きました。
涸沢岳に着きました。
途中は写真を撮る余裕がありません。
残念ですよ…
2008年08月29日 15:40撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳に着きました。
途中は写真を撮る余裕がありません。
残念ですよ…
涸沢岳山頂です。
2008年08月29日 15:41撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂です。
前穂が近くに見えますね…
2008年08月29日 15:41撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂が近くに見えますね…
山荘に到着です。
2008年08月29日 15:41撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に到着です。
前穂の山頂までガスが無くなりました。
2008年08月29日 15:41撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂の山頂までガスが無くなりました。
山荘の主人がヘリで帰って来ました。
2008年08月29日 15:41撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の主人がヘリで帰って来ました。
常念岳から朝日が登り始めました。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳から朝日が登り始めました。
振り返ると左から涸沢岳、槍ヶ岳、
北穂高岳が見えます。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると左から涸沢岳、槍ヶ岳、
北穂高岳が見えます。
奥穂高岳山頂から槍方面を見ています。
裏銀座方面まで見えますね…
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂から槍方面を見ています。
裏銀座方面まで見えますね…
大天井岳、燕岳方面です。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳、燕岳方面です。
焼岳、乗鞍岳、御岳山が見えます。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳、乗鞍岳、御岳山が見えます。
ジャンダルム、焼岳方面です。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム、焼岳方面です。
前穂高岳方面です。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳方面です。
奥穂高岳の山頂で…
念願の頂です。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳の山頂で…
念願の頂です。
笠ケ岳です。
2008年08月29日 15:42撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ケ岳です。
ジャンダルムのアップです。
2008年08月29日 15:43撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムのアップです。
奥穂高を振り返ります。
2008年08月29日 15:43撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高を振り返ります。
前穂高岳の山頂です。
2008年08月29日 15:43撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳の山頂です。
奥穂高岳は大きいですね…
2008年08月29日 15:46撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳は大きいですね…
クライマーが前穂を登って来ました。
2011年12月17日 16:53撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマーが前穂を登って来ました。
紀美子平からの奥穂高岳です。
2008年08月29日 15:46撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平からの奥穂高岳です。
西穂高岳方面です。
2008年08月29日 15:46撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳方面です。
これから重太郎新道を下ります。
2008年08月29日 15:46撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから重太郎新道を下ります。
富士山が霞んで見えました。
右が南アかな?
2011年12月17日 16:55撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が霞んで見えました。
右が南アかな?
中央アかな?
2008年08月29日 15:46撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アかな?
こんな道は良い方です。
2008年08月29日 15:47撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道は良い方です。
だいぶ近づいて来ましたね…
2008年08月29日 15:47撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいて来ましたね…
この様な所を下って来ました。
2011年12月17日 16:56撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この様な所を下って来ました。
奥穂を振り返りました。
2008年08月29日 15:49撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂を振り返りました。
だいぶ稜線はガスが出て来ましたね…
2008年08月29日 15:49撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ稜線はガスが出て来ましたね…
無事に河童橋に戻って来ました。
2008年08月29日 15:49撮影 by SP-2000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に河童橋に戻って来ました。

感想/記録

中学から大学まで山歩きをしておりましたが、仕事が忙しく中断をしておりました。
60歳の時に山歩きを復活し62歳になりましたが、なぜか北アの穂高連峰を歩いていないのに気が付き穂高に行くことになりました。

北穂の登りはそれほどでもなかったのですが、北穂から涸沢岳までの岩場には
肝を冷やしました。
この時は剱岳の岩場の方が優しいと感じたぐらいです。
無事に通過しましたが、後でヒヤッとしたのが夢に出るようでした。
吊尾根から紀美子平までは感じませんでしたが、重太郎の下りでは
知らない女性二人の面倒を見る羽目になり、大変でした。
付いてくる人を断れませんでしたので…

上高地に下りやっと安堵したような気持ちです。
これからあとどのくらい山歩きが出来るかが、楽しみです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:650人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ