また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1925532 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

小太郎→北岳→キタダケソウ 〜 南アはやっぱり素晴らしい 〜

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 後 曇り 後 雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芦安駐車場 第1〜第5駐車場までほぼ満車だったらしい。
第6駐車場も使われるぐらいの混雑っぷり。
5時15分発のバス(1300円)で広河原へ。一気に5台ぐらいのバスで出発。座れない人も多かった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山梨百の小太郎山&北岳にしか咲かないキタダケソウ狙いの山行。
コース状況/
危険箇所等
広河原〜白根御池〜草スベリ〜小太郎尾根分岐
:整備され、安全。ハイカーたくさん。

小太郎尾根分岐〜小太郎山
:踏み跡、しっかりあり。意外と遠く感じた。
 この稜線で熊を目撃したハイカーにその情報を教えていただく。
 
小太郎尾根分岐〜北岳〜吊り尾根分岐
:ハイカーたくさん。

トラバース道:キタダケソウまだ咲き残りあり。

左俣コース&大樺沢ルート
:左俣コースは、残雪がまだまだあり、軽アイゼンがあると歩きやすい。
:大樺沢ルートは、ここ連日の雨で水量豊富。登山道も水浸し箇所多い。
その他周辺情報天笑閣:100%かけ流し温泉らしい。高アルカリの良い湯だった。
地元の少年スポーツチームの子供達も入浴していて賑やかだった。

写真

3連休で天気がましなのは土曜日しかない。金曜日の仕事を終え、すぐに準備して出発。夜中3時頃芦安第3駐車場に到着し、仮眠。4時頃起床。さあタクシーかバスか。
2019年07月13日 04:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3連休で天気がましなのは土曜日しかない。金曜日の仕事を終え、すぐに準備して出発。夜中3時頃芦安第3駐車場に到着し、仮眠。4時頃起床。さあタクシーかバスか。
1
タクシーは定員いっぱい。バスの列に並ぶしかない。仮眠しすぎて出遅れた。3連休だし、想定していたが、それにしても凄い。
2019年07月13日 04:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーは定員いっぱい。バスの列に並ぶしかない。仮眠しすぎて出遅れた。3連休だし、想定していたが、それにしても凄い。
3
1時間ほどバスに揺られ、ようやく広河原。時すでに6時半前。時間がもったいないので、即出発。
2019年07月13日 06:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほどバスに揺られ、ようやく広河原。時すでに6時半前。時間がもったいないので、即出発。
1
曇り気味だが、北岳がよく見えている。今日の下山は、左俣の雪渓の予定。結構、雪がある。チェーンスパイクで大丈夫かな?
2019年07月13日 06:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇り気味だが、北岳がよく見えている。今日の下山は、左俣の雪渓の予定。結構、雪がある。チェーンスパイクで大丈夫かな?
3
吊り橋から見下ろす野呂川の水量は豊富。
2019年07月13日 06:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋から見下ろす野呂川の水量は豊富。
2
さあスタート。巨樹多く美林の広がるここの山歩きは結構好き。
2019年07月13日 06:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあスタート。巨樹多く美林の広がるここの山歩きは結構好き。
2
梅雨でしっとり。キノコもいきいき。
2019年07月13日 07:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨でしっとり。キノコもいきいき。
1
梅雨でしっとり。ギンリョウソウもいきいき。
2019年07月13日 07:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨でしっとり。ギンリョウソウもいきいき。
1
カラマツソウ。虫付き。
2019年07月13日 07:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツソウ。虫付き。
1
タカネグンナイフウロ。虫付き。
2019年07月13日 07:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネグンナイフウロ。虫付き。
3
あちこち、水量豊富。
2019年07月13日 07:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこち、水量豊富。
2
白根御池小屋に到着。今日もスルー。いつかここでソフトクリームでも食べてみたい。
2019年07月13日 07:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋に到着。今日もスルー。いつかここでソフトクリームでも食べてみたい。
2
御池。ここで小休止。
2019年07月13日 07:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池。ここで小休止。
1
さあ、出発。草スベリコースを行く。
2019年07月13日 07:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、出発。草スベリコースを行く。
2
ぐんぐん登り、標高を稼ぐと、池山吊尾根や、左俣雪渓がだんだん同じ高さに見えてくる。
2019年07月13日 08:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐんぐん登り、標高を稼ぐと、池山吊尾根や、左俣雪渓がだんだん同じ高さに見えてくる。
3
振り返れば鳳凰三山。そして青空。
2019年07月13日 08:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば鳳凰三山。そして青空。
1
当たり前のようにキバナノコマノツメ。
2019年07月13日 08:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当たり前のようにキバナノコマノツメ。
3
う〜ん、何だっけ。ハクサンチドリ?
2019年07月13日 08:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、何だっけ。ハクサンチドリ?
2
北岳すっきり。しかも青空も広がる。
2019年07月13日 08:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳すっきり。しかも青空も広がる。
1
シナノキンバイ。
2019年07月13日 08:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ。
2
イワカガミ。
2019年07月13日 08:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
2
花に囲まれ、急登も気にならず。
2019年07月13日 09:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花に囲まれ、急登も気にならず。
2
おっと、嶺朋尾根越しに富士。最近梅雨空がしつこいので久々に見た気がする。
2019年07月13日 09:07撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、嶺朋尾根越しに富士。最近梅雨空がしつこいので久々に見た気がする。
1
鳳凰三山もたくさんの人が登っているんだろうな。オベリスクもよく目立つ。
2019年07月13日 09:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山もたくさんの人が登っているんだろうな。オベリスクもよく目立つ。
1
北岳は、まだまだすっきり。このまま北岳に向かえば良い景色が見られそうだが、今日最初に向かうのは小太郎山と決めている。
2019年07月13日 09:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳は、まだまだすっきり。このまま北岳に向かえば良い景色が見られそうだが、今日最初に向かうのは小太郎山と決めている。
4
来た道を振り返る。なんと贅沢空間。
2019年07月13日 09:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。なんと贅沢空間。
2
ハクサンイチゲ。キタダケソウではない。
2019年07月13日 09:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。キタダケソウではない。
3
そして、甲斐駒ヶ岳のお出まし。
2019年07月13日 09:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、甲斐駒ヶ岳のお出まし。
5
こちらは仙丈ヶ岳。
2019年07月13日 09:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは仙丈ヶ岳。
2
向こうに見えるアサヨ峰や鋸岳も山梨百。そのうち行かねば。
2019年07月13日 09:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見えるアサヨ峰や鋸岳も山梨百。そのうち行かねば。
3
甲斐駒の手前の早川尾根の奥には八ヶ岳。
2019年07月13日 09:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒の手前の早川尾根の奥には八ヶ岳。
2
さあ、小太郎分岐。山梨百の小太郎山を目指す。
2019年07月13日 09:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、小太郎分岐。山梨百の小太郎山を目指す。
2
仙丈ヶ岳の奥に木曽山脈。
2019年07月13日 09:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳の奥に木曽山脈。
2
小太郎山へ続く稜線は、甲斐駒方面へ伸びていく気持ちの良さそうな稜線。
2019年07月13日 09:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山へ続く稜線は、甲斐駒方面へ伸びていく気持ちの良さそうな稜線。
1
良い景色なので、小休止がてら記念に自撮り。
2019年07月13日 09:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い景色なので、小休止がてら記念に自撮り。
2
ハクサンイチゲ(キタダケソウではない)と仙丈ヶ岳。
2019年07月13日 09:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ(キタダケソウではない)と仙丈ヶ岳。
1
チョウノスケソウ(キタダケソウではない)と甲斐駒ヶ岳。
2019年07月13日 09:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ(キタダケソウではない)と甲斐駒ヶ岳。
3
可憐なシコタンソウの群生。
2019年07月13日 09:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可憐なシコタンソウの群生。
6
早川尾根に「の」の落書き。
2019年07月13日 09:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早川尾根に「の」の落書き。
2
キバナシャクナゲ。
2019年07月13日 09:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ。
1
ツマトリソウ。
2019年07月13日 09:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ。
1
前小太郎山へは、やや急登。
2019年07月13日 09:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前小太郎山へは、やや急登。
前小太郎山ピーク。木曽山脈、仙丈ヶ岳をバックに。
2019年07月13日 10:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前小太郎山ピーク。木曽山脈、仙丈ヶ岳をバックに。
2
来た道を振り返る。やはり北岳方面はガスに包まれてきた。自分で決めたコースだから仕方ない。
2019年07月13日 10:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。やはり北岳方面はガスに包まれてきた。自分で決めたコースだから仕方ない。
2
ゴゼンタチバナの群生。
2019年07月13日 10:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナの群生。
2
いよいよ小太郎山が近づく。標柱も見えている。
2019年07月13日 10:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ小太郎山が近づく。標柱も見えている。
1
小太郎山、到着。面倒な山梨百をget.
2019年07月13日 10:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山、到着。面倒な山梨百をget.
3
ここで大休止。
2019年07月13日 10:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで大休止。
1
北岳を望遠。たくさんのハイカーが登っている。
2019年07月13日 10:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳を望遠。たくさんのハイカーが登っている。
3
今日は、ヘリが物資をあちこちの小屋に届けに忙しく飛んでいた。
2019年07月13日 10:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、ヘリが物資をあちこちの小屋に届けに忙しく飛んでいた。
1
甲斐駒ヶ岳を望遠。こちらもたくさんのハイカーがいる。
2019年07月13日 10:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳を望遠。こちらもたくさんのハイカーがいる。
4
意外に長かった小太郎山への道。さあ、来た道を戻ろう。
2019年07月13日 10:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外に長かった小太郎山への道。さあ、来た道を戻ろう。
1
イワカガミの群生。
2019年07月13日 11:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミの群生。
4
タカネツメクサ。
2019年07月13日 11:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネツメクサ。
2
途中、この稜線で熊出没情報を聞く。なかなか会えない熊。会いたくないけど、会ってみたい気もする。
2019年07月13日 11:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、この稜線で熊出没情報を聞く。なかなか会えない熊。会いたくないけど、会ってみたい気もする。
1
小太郎分岐に戻ってきた。
2019年07月13日 11:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎分岐に戻ってきた。
1
鳳凰三山方面、ガス発生中。富士もすっかり隠れてしまった。
2019年07月13日 11:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山方面、ガス発生中。富士もすっかり隠れてしまった。
1
向かう北岳方面もガスっている。
2019年07月13日 11:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう北岳方面もガスっている。
1
イワツメクサ。
2019年07月13日 12:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメクサ。
1
ハクサンイチゲ。キタダケソウはトラバース道にしかないのかな。
2019年07月13日 12:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。キタダケソウはトラバース道にしかないのかな。
2
キバナシャクナゲ。
2019年07月13日 12:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ。
1
北岳ピークへの道は、まるで花畑。
2019年07月13日 12:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳ピークへの道は、まるで花畑。
1
ハクサンイチゲが辺り一面に。
2019年07月13日 12:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲが辺り一面に。
2
オヤマノエンドウもあちこちに。
2019年07月13日 12:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウもあちこちに。
1
ヨツバシオガマもあちこちに。
2019年07月13日 12:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマもあちこちに。
1
北岳肩の小屋。たくさんの人が休憩中だったので、スルー。山頂へ向かう。
2019年07月13日 12:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳肩の小屋。たくさんの人が休憩中だったので、スルー。山頂へ向かう。
1
そして山頂。三角点。
2019年07月13日 12:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして山頂。三角点。
2
北岳ピーク。
2019年07月13日 12:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳ピーク。
4
ここ北岳も山梨百。ガス多めも慣れっこ。
2019年07月13日 13:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ北岳も山梨百。ガス多めも慣れっこ。
3
イワベンケイのアフロ。
2019年07月13日 13:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワベンケイのアフロ。
1
ミヤマキンバイ、ハクサンチドリ、イワベンケイ盛り。
2019年07月13日 13:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ、ハクサンチドリ、イワベンケイ盛り。
3
ハハコヨモギ?、ミヤマキンバイ盛り。
2019年07月13日 13:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハハコヨモギ?、ミヤマキンバイ盛り。
3
さあ、ガスガスの北岳ピークを後にして、吊尾根分岐方面に下りていく。相変わらす素晴しい稜線。
2019年07月13日 13:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、ガスガスの北岳ピークを後にして、吊尾根分岐方面に下りていく。相変わらす素晴しい稜線。
2
カラフルなイワベンケイ。
2019年07月13日 13:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラフルなイワベンケイ。
2
またまた可憐なシコタンソウ。
2019年07月13日 13:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた可憐なシコタンソウ。
1
ハクサンイチゲは、本当にあちこちに咲いている。
2019年07月13日 13:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲは、本当にあちこちに咲いている。
3
ハクサンイチゲの絨緞。
2019年07月13日 13:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲの絨緞。
2
ガスは移りゆき、景色も刻々と移り変わる。
2019年07月13日 13:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスは移りゆき、景色も刻々と移り変わる。
1
すっきりと視界が開けるときは感動もの。
2019年07月13日 13:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっきりと視界が開けるときは感動もの。
2
さあ、吊尾根分岐。ここを下りていく。
2019年07月13日 13:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、吊尾根分岐。ここを下りていく。
2
富士がまた姿を現す。南アは目にする景色の一つ一つが雄大。
2019年07月13日 13:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士がまた姿を現す。南アは目にする景色の一つ一つが雄大。
2
ミヤマオダマキも、あちこちに咲いていた。
2019年07月13日 13:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマオダマキも、あちこちに咲いていた。
3
ヨツバシオガマ。
2019年07月13日 13:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ。
2
さあトラバース道にて、本気のキタダケソウ探し。もうキタダケソウの花の最盛期は過ぎているらしいから、咲き残りに期待するしかない。これはハクサンイチゲ。
2019年07月13日 13:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあトラバース道にて、本気のキタダケソウ探し。もうキタダケソウの花の最盛期は過ぎているらしいから、咲き残りに期待するしかない。これはハクサンイチゲ。
これもハクサンイチゲ。
2019年07月13日 13:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもハクサンイチゲ。
んん!?怪しいが・・・。
2019年07月13日 13:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んん!?怪しいが・・・。
1
トラバース道から見下ろす景色も雄大。
2019年07月13日 13:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道から見下ろす景色も雄大。
1
あれっ? と思ったがチョウノスケソウ。
2019年07月13日 13:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれっ? と思ったがチョウノスケソウ。
3
おおっ、これぞキタダケソウ!!
2019年07月13日 13:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ、これぞキタダケソウ!!
4
ハクサンイチゲは尖った葉だが、キタダケソウの葉はパセリとか手のひらみたいな形らしい。まさに、これはキタダケソウだろう。
2019年07月13日 13:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲは尖った葉だが、キタダケソウの葉はパセリとか手のひらみたいな形らしい。まさに、これはキタダケソウだろう。
10
たしかに葉の形で見ると分かりやすい。
2019年07月13日 13:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たしかに葉の形で見ると分かりやすい。
1
何とも愛らしい。まだもう少しの間は咲き残っていそうな雰囲気。
2019年07月13日 13:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とも愛らしい。まだもう少しの間は咲き残っていそうな雰囲気。
6
左がキタダケソウ、右がハクサンイチゲ。葉や花びらの形が違うし、ハクサンイチゲの方が背が高いらしい。このように並んで咲いてくれていると分かりやすい。
2019年07月13日 14:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左がキタダケソウ、右がハクサンイチゲ。葉や花びらの形が違うし、ハクサンイチゲの方が背が高いらしい。このように並んで咲いてくれていると分かりやすい。
4
ふと見上げると、間ノ岳、農鳥方面の素晴らしき稜線。そしてもっと南にはまだまだ魅力的な山々がたくさん。本当に南アは最高。
2019年07月13日 14:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと見上げると、間ノ岳、農鳥方面の素晴らしき稜線。そしてもっと南にはまだまだ魅力的な山々がたくさん。本当に南アは最高。
3
さあ、もう今日のミッションはやり遂げたので下山。雨が強くなってきたので、撮影少なめ。
2019年07月13日 14:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、もう今日のミッションはやり遂げたので下山。雨が強くなってきたので、撮影少なめ。
1
雨の中咲く、ナナカマドの花。
2019年07月13日 14:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中咲く、ナナカマドの花。
1
八本歯のコル。
2019年07月13日 14:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコル。
1
向かい側のルートは、池山吊尾根方面からのルート。いつか来てみたい。今回は広河原方面へ下りていく。
2019年07月13日 14:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かい側のルートは、池山吊尾根方面からのルート。いつか来てみたい。今回は広河原方面へ下りていく。
1
途中に北岳バットレス。声を掛け合いながら攻めている人たちがいた。
2019年07月13日 14:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に北岳バットレス。声を掛け合いながら攻めている人たちがいた。
2
さあ、雪渓へ。向かいの稜線はガスの取れてきた鳳凰三山などの稜線。
2019年07月13日 14:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、雪渓へ。向かいの稜線はガスの取れてきた鳳凰三山などの稜線。
2
チェーンスパイクを装着し、ガンガン下りていく。
2019年07月13日 15:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクを装着し、ガンガン下りていく。
1
そして、雪渓から沢の道へ。
2019年07月13日 16:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、雪渓から沢の道へ。
1
長梅雨で、水量豊富すぎ。
2019年07月13日 16:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長梅雨で、水量豊富すぎ。
1
ゴーゴーと水の流れる轟音を聞きながら、沢のすぐ横を進む。
2019年07月13日 16:18撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーゴーと水の流れる轟音を聞きながら、沢のすぐ横を進む。
1
そして無事、朝通ってきた白根御池小屋分岐に戻る。
2019年07月13日 16:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして無事、朝通ってきた白根御池小屋分岐に戻る。
1
広河原山荘には、たくさんの人が宿泊しようとしていた。羨ましいが、天気は余りよくなさそう。
2019年07月13日 16:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原山荘には、たくさんの人が宿泊しようとしていた。羨ましいが、天気は余りよくなさそう。
吊り橋を渡る。朝、あれだけいた人たちは、既に帰ったか、宿泊か、歩いているのは自分一人。
2019年07月13日 16:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡る。朝、あれだけいた人たちは、既に帰ったか、宿泊か、歩いているのは自分一人。
1
振り返れば北岳や左俣雪渓。ガスや雨雲に包まれている。あそこに行って帰ってこれる人間の足ってよくできていると思う。
2019年07月13日 16:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば北岳や左俣雪渓。ガスや雨雲に包まれている。あそこに行って帰ってこれる人間の足ってよくできていると思う。
1
そしてまだまだ下界とは言えない広河原。南アルプス林道をどうにかしなければならない。まだバスやタクシーは運行している時間。
2019年07月13日 16:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまだまだ下界とは言えない広河原。南アルプス林道をどうにかしなければならない。まだバスやタクシーは運行している時間。
1
バスに乗ろうとしていたが、タクシーの運ちゃんが自分1人だけなのに、バス料金と同額で乗せてくれて感謝。広々快適で、南ア話もはずんだ。が、少し車酔い・・。
2019年07月13日 16:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに乗ろうとしていたが、タクシーの運ちゃんが自分1人だけなのに、バス料金と同額で乗せてくれて感謝。広々快適で、南ア話もはずんだ。が、少し車酔い・・。
1
そして、帰り際に、立ち寄ったのは「天笑閣」という日帰り温泉。良い湯で疲れをとり、本日も充実。これにて終了。
2019年07月13日 18:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、帰り際に、立ち寄ったのは「天笑閣」という日帰り温泉。良い湯で疲れをとり、本日も充実。これにて終了。

感想/記録

 ガスは多めだったが、南アの稜線を歩けて幸せな気分だった。小太郎山も踏めたし、キタダケソウも初めて見ることができた。満足満足。この調子で、夏には南ア南部の未踏の山々にも行きたいなあ。
訪問者数:806人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/28
投稿数: 57
2019/7/15 9:37
 キタダケソウ・・・。
13日しか天気が持たなそうなのに、職場の地域のお祭り・・・。
見られたんですね。うらやましい。
来年こそは見に行きます。
登録日: 2014/7/24
投稿数: 93
2019/7/15 12:13
 Re: キタダケソウ・・・。
bchanbikkiさん
コメントありがとうございます。
キタダケソウ最盛期はとうに過ぎているようなので、ダメもとで行きました。
運良く咲き残っていて良かったです。でも、ほぼハクサンイチゲなので、ささやかな感動って感じでした。南アの稜線の雰囲気が、とにかく素晴らしかったです。またご一緒できるのを楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ