また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1967000 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳(表銀座縦走)

日程 2019年08月09日(金) 〜 2019年08月11日(日)
メンバー
天候3日間とも晴天。暑くてバテバテだけど稜線展望は最高。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
・東部湯の丸ICから三才山TNを抜けて穂高駅Pに駐車、お盆休み1日前なので空きがあり駐車できました。朝5時の始発バスで中房温泉(1700円)まで行き登山開始。
・下山後は上高地〜新島々〜松本までのバスと松本電鉄の乗継券(2450円)。松本駅で50分ほど待ち時間あったので駅前で食事。松本〜穂高は大糸線(320円)で駐車場に戻る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間0分
休憩
1時間31分
合計
9時間31分
S中房温泉登山口06:1806:48第1ベンチ07:19第2ベンチ07:50第3ベンチ07:5108:33富士見ベンチ08:4309:14合戦小屋09:2209:40合戦山(合戦沢ノ頭)10:13ベンチ10:1610:31燕山荘10:3511:13蛙岩11:1411:43大下りの頭11:4513:37小林喜作レリーフ13:45槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐13:4614:22大天荘15:0815:22大天井岳15:3715:48大天荘15:49宿泊地
2日目
山行
8時間30分
休憩
1時間21分
合計
9時間51分
宿泊地05:1505:50大天井ヒュッテ06:10貧乏沢下降点07:24赤岩岳07:2608:09ヒュッテ西岳08:1509:23水俣乗越11:35ヒュッテ大槍11:4712:50槍ヶ岳山荘12:5213:05槍ヶ岳13:5914:20槍ヶ岳山荘14:2515:06殺生ヒュッテ
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
あまりにも有名な縦走路、整備は行き届いてます。
◆合戦尾根
約30分毎に休憩ポイントが出てくるので歩きやすい。標高を上げるとガスってきたので残念に思いながら歩きました。気温が高く燕山荘手前でお疲れモード。
◆燕山荘〜大天荘
稜線に出ると西側は快晴でテンションアップ。槍穂高を眺めながら気持ち良い縦走路。しかし容赦ない直射日光は厳しく水の消費が激しかった。大天井岳への登りはヘロヘロでした。
◆大天荘テンバ
お盆休み1日前なので若干余裕がありました。テン場から見る槍穂高連峰が秀逸です。
◆大天荘〜西岳〜槍ヶ岳(東鎌尾根)
2日目も快晴。槍ヶ岳を正面に、だんだん大きくなる穂先を目指して歩きます。西岳小屋までは順調だったけど、その後の東鎌尾根アップダウンと無風快晴のカンカン照りにやられました。槍の肩に到着時はバテバテ。9年前にも同ルートを歩いているけど同じようには歩けなった。
◆槍ヶ岳往復
お盆休み初日なので空いているのを期待したけど特に登りが渋滞気味。登り降りに1時間半くらい要した。
◆殺生テンバ
岩がゴロゴロしたテンバだけど一人用テントなので適地を確保できました。
◆上高地下山
お盆休み2日目なので登ってくる人とのすれ違いが多かった。また、日の出後に下山したので大曲手前までは直射日光で暑い。その後は日陰〜樹林帯に入るので助かりました。横尾から先はいつもの平坦路。上高地は山の日イベント開催中でさらに河童橋から見る穂高が素晴らしかったので物凄い観光客でした。
その他周辺情報穂高駅に戻って車を回収後に「安曇野しゃくなげの湯」に寄りました。激混みでした。

写真

中房温泉までバスで来ました。今夏は好天が期待できそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉までバスで来ました。今夏は好天が期待できそう。
合戦尾根の途中から雲海が見れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦尾根の途中から雲海が見れた。
暑いけど順調に合戦小屋に到着。迷ったけどスイカはパス。この先は残念ながらガスの中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いけど順調に合戦小屋に到着。迷ったけどスイカはパス。この先は残念ながらガスの中。
ガスの中に燕山荘が見えた。もう少しで稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中に燕山荘が見えた。もう少しで稜線。
稜線に出ると西側は快晴でテンションアップ。手前にはコマクサが咲き乱れてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると西側は快晴でテンションアップ。手前にはコマクサが咲き乱れてる。
2
燕岳も美しい。今回は先を急ぐのでパス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳も美しい。今回は先を急ぐのでパス。
3
槍ヶ岳を正面に進む稜線は最高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳を正面に進む稜線は最高。
1
北アルプス西側の山々もよく見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス西側の山々もよく見えている。
燕山荘と燕岳。稜線の安曇野側はガスっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘と燕岳。稜線の安曇野側はガスっている。
とにかく槍ヶ岳の展望が素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく槍ヶ岳の展望が素晴らしい。
三俣蓮華、鷲羽は昨年と一昨年に行っているけどこんな天気に行きたかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華、鷲羽は昨年と一昨年に行っているけどこんな天気に行きたかった。
穂高まで見えてきた。歩くのが楽しい稜線です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高まで見えてきた。歩くのが楽しい稜線です。
大下りから大天井岳、今日の目的地までアップダウン多し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大下りから大天井岳、今日の目的地までアップダウン多し。
北鎌の急角度な稜線が目の前。行くことは無い場所でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌の急角度な稜線が目の前。行くことは無い場所でしょう。
大天井岳が近くなってきたけど登りがキツイ。この辺りで暑くてバテバテ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳が近くなってきたけど登りがキツイ。この辺りで暑くてバテバテ。
切通し岩を振り返る。やはり安曇野側は真っ白。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通し岩を振り返る。やはり安曇野側は真っ白。
大天井岳への登り。一歩が出ませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳への登り。一歩が出ませんでした。
テント張った後に大天井岳山頂でノンビリ。目の前は明日歩く稜線、その先に槍穂高連峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント張った後に大天井岳山頂でノンビリ。目の前は明日歩く稜線、その先に槍穂高連峰。
1
上高地方面を望む。穂高の涸沢カールが見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地方面を望む。穂高の涸沢カールが見える。
常念方面を望む。昨秋歩いた稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念方面を望む。昨秋歩いた稜線。
テンバの先から見るより穂高。日の入り少し前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンバの先から見るより穂高。日の入り少し前。
燕から歩いてきた稜線は雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕から歩いてきた稜線は雲の中。
穂高にかかる天の川、月が沈んだ0時過ぎに撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高にかかる天の川、月が沈んだ0時過ぎに撮影。
4
(2日目)
テンバから日の出を望む。雲海が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(2日目)
テンバから日の出を望む。雲海が美しい。
1
昨日歩いてきた稜線もくっきり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日歩いてきた稜線もくっきり。
槍穂高にも朝日が当たります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高にも朝日が当たります。
上高地を正面に歩きだします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地を正面に歩きだします。
大天井ヒュッテまで下ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテまで下ってきた。
稜線を乗り越した先がビックリ平。裏銀座の山々が綺麗に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を乗り越した先がビックリ平。裏銀座の山々が綺麗に見える。
少し進むと槍ヶ岳が正面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと槍ヶ岳が正面。
絶景の表銀座の稜線を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景の表銀座の稜線を進みます。
Y字雪渓を抱く槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Y字雪渓を抱く槍ヶ岳
1
北アルプスの名峰が見渡せる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの名峰が見渡せる。
存在感ある常念岳。蝶ヶ岳の先に南アルプスと富士山が見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
存在感ある常念岳。蝶ヶ岳の先に南アルプスと富士山が見えている。
1
これから進む東鎌尾根、一度大きく降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む東鎌尾根、一度大きく降ります。
素晴らしい展望の中を歩いてきた稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい展望の中を歩いてきた稜線。
表銀座から見る槍ヶ岳は穂先がきれいに見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座から見る槍ヶ岳は穂先がきれいに見える。
西岳小屋が見えてきた。穂高連峰も大きく見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳小屋が見えてきた。穂高連峰も大きく見えてきた。
1
西岳小屋で休憩。いつかはここでテント泊したい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳小屋で休憩。いつかはここでテント泊したい。
ここから水俣乗越まで大きく下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから水俣乗越まで大きく下ります。
やはり穂高はカッコいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり穂高はカッコいい。
残念だけどハシゴを下ります。登り返しを考えると辛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念だけどハシゴを下ります。登り返しを考えると辛い。
正面から槍ヶ岳を登って行く。右は北鎌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面から槍ヶ岳を登って行く。右は北鎌。
飛行機雲がキレイだけど、午後はガスるかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機雲がキレイだけど、午後はガスるかな?
高瀬ダムが見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムが見えた。
この先は表銀座の核心部。ハシゴや階段で急峻に登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は表銀座の核心部。ハシゴや階段で急峻に登る。
東鎌尾根の稜線から左手は槍沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根の稜線から左手は槍沢
右手は今日スタートした大天井と稜線が見えてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手は今日スタートした大天井と稜線が見えてる。
ヒュッテ大槍の手前から歩いてきた稜線を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍の手前から歩いてきた稜線を振り返る。
やっと槍の穂先が目の前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと槍の穂先が目の前。
槍ヶ岳山荘に到着、バテバテだけど渋滞してるので穂先にアタック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘に到着、バテバテだけど渋滞してるので穂先にアタック。
1
渋滞中、まったく進まない時間帯もあるのは何故だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋滞中、まったく進まない時間帯もあるのは何故だろう。
待ち時間が長いので急峻な飛騨側を撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ち時間が長いので急峻な飛騨側を撮影。
上り1時間ほどで8年ぶりの槍ヶ岳山頂に到着。3回目だけど初めて眺望があってウレシイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上り1時間ほどで8年ぶりの槍ヶ岳山頂に到着。3回目だけど初めて眺望があってウレシイ。
2
本日歩いてきた稜線が全部見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日歩いてきた稜線が全部見えている。
登ってきた東鎌尾根、結構急峻です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた東鎌尾根、結構急峻です。
槍ヶ岳山荘側はガスが湧いてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘側はガスが湧いてきた。
穂先を下って殺生ヒュッテに向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先を下って殺生ヒュッテに向かう。
槍ヶ岳を見上げる適地にテント設営。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳を見上げる適地にテント設営。
1
テント前から槍ヶ岳を見上げてノンビリする贅沢を味わいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント前から槍ヶ岳を見上げてノンビリする贅沢を味わいます。
21時頃に月明りで撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
21時頃に月明りで撮影
月が沈む1時過ぎに撮影。槍の穂先と天の川。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月が沈む1時過ぎに撮影。槍の穂先と天の川。
1
流星ゲット、昨年も見たペルセウス座流星群の時期でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流星ゲット、昨年も見たペルセウス座流星群の時期でした。
4
(3日目)
穂先に朝日が当たる。今日も良い天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(3日目)
穂先に朝日が当たる。今日も良い天気。
1
雲海を目の前にしながら槍沢を下っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海を目の前にしながら槍沢を下っていきます。
常念岳の三角錐が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳の三角錐が見えてきた。
真っ青な空に槍ヶ岳が映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ青な空に槍ヶ岳が映える。
1
播隆窟を通過。中にも地蔵がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
播隆窟を通過。中にも地蔵がありました。
このあたりで絶景の槍ヶ岳とお別れ。それにしても良い天気だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで絶景の槍ヶ岳とお別れ。それにしても良い天気だ。
だいぶ下ってきて、やっと日陰に入りました。暑かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ下ってきて、やっと日陰に入りました。暑かった。
この先は大きく曲がっていきます(大曲)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は大きく曲がっていきます(大曲)。
槍沢ロッジに到着、少し休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジに到着、少し休憩。
梓川源流は清らかで涼しそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川源流は清らかで涼しそう。
だいぶ疲れて横尾に到着。ここから先は毎年見慣れた景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ疲れて横尾に到着。ここから先は毎年見慣れた景色。
徳澤まで戻ってきた。GWより荷はずーっと軽いはずなのに疲れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳澤まで戻ってきた。GWより荷はずーっと軽いはずなのに疲れた。
もちろんソフトクリーム。今年2回目です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろんソフトクリーム。今年2回目です。
1
このままの天気なら上高地から絶景が楽しめそう。と思って歩いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このままの天気なら上高地から絶景が楽しめそう。と思って歩いてました。
先に見えるのは大天井かな?昨日は上からこちらを見てた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に見えるのは大天井かな?昨日は上からこちらを見てた。
明神に到着。このあたりは1時間毎に休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神に到着。このあたりは1時間毎に休憩。
小梨平の河原に寄り道。人の多い上高地でも静かに穂高が眺められるのでお気に入りに場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小梨平の河原に寄り道。人の多い上高地でも静かに穂高が眺められるのでお気に入りに場所です。
焼岳にはガスがかかり始めてる。展望良い時にまた登りたいけど噴火が心配(前日も空振あり)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳にはガスがかかり始めてる。展望良い時にまた登りたいけど噴火が心配(前日も空振あり)。
河童橋にはものすごい人。穂高にも雲がかかり始めたけど、よい景色に間に合いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋にはものすごい人。穂高にも雲がかかり始めたけど、よい景色に間に合いました。
上高地BTまで降りてきました。おいしい水を頂きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地BTまで降りてきました。おいしい水を頂きます。
1
上高地からバスに乗り、新島々から松本電鉄に乗り換えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地からバスに乗り、新島々から松本電鉄に乗り換えます。
1
松本から大糸線に乗り換えて、穂高駅まで戻ってきました。おつかれさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本から大糸線に乗り換えて、穂高駅まで戻ってきました。おつかれさまでした。

感想/記録

北アルプス縦走路の王道、表銀座をテント担いで歩いてきました。いやー北アルプスといえども暑かった。そして人気の槍ヶ岳は人も多かった。好天が続くのでもう少し縦走を続けたかったけど暑くてヘロヘロしながら上高地に下山しました。でも3日間とも天気に恵まれて北アルプス表銀座の絶景を十分すぎるほど堪能したので満足の下山となりました。
訪問者数:141人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ