また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2050139 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

南アルプス 地蔵・仙塩尾根(三峰岳まで)&北岳周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月05日(土) 〜 2019年10月06日(日)
メンバー
天候10月5日 終日晴れ
10月6日 稜線上は10:00まで晴れ、10:00以降ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仙流荘に車を置き自転車で市野瀬まで5劼魄榮亜淵ツイ登りは無い)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
13時間47分
休憩
38分
合計
14時間25分
S市野瀬01:1501:54地蔵尾根駐車場01:5503:22地蔵尾根中間水場(仮称)03:2306:02丸山谷ノ頭07:34地蔵尾根合流07:3507:47仙丈ヶ岳07:5408:34大仙丈ヶ岳08:3509:38苳ノ平09:3909:52伊那荒倉岳09:5309:56高望池10:0910:362499m独標10:3911:03横川岳11:17野呂川越11:1813:40三峰岳13:4614:35間ノ岳14:3715:19中白根山15:40北岳山荘
2日目
山行
6時間40分
休憩
48分
合計
7時間28分
北岳山荘04:1104:29トラバースルート分岐04:3004:45吊尾根分岐04:5105:05北岳05:1005:24両俣分岐05:34北岳肩ノ小屋05:47小太郎尾根分岐05:4806:43小太郎山06:4707:50小太郎尾根分岐07:57草すべり分岐08:23白根御池小屋08:3609:16白根御池分岐09:25広河原山荘09:4210:54野呂川出合11:32仙丈ヶ岳二合目登山口11:3311:38北沢峠11:39北沢峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■特に危険個所はないと感じた
■新しい標識は、一部距離と時間が短く表記されているものがあるため注意が必要
その他周辺情報入浴は仙流荘(500円)
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

仙流荘から市野瀬までの5kmを自転車移動
キツイ登りがなく折りたたみ自転車でも余裕の移動
2019年10月05日 01:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙流荘から市野瀬までの5kmを自転車移動
キツイ登りがなく折りたたみ自転車でも余裕の移動
ここから登山口まで2.2卻涸路の林道を進む
2019年10月05日 01:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山口まで2.2卻涸路の林道を進む
かなり斜度のある舗装路
2019年10月05日 01:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり斜度のある舗装路
柏木登山口
2019年10月05日 01:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏木登山口
柏木登山口の駐車場
車10台程度は駐車可能
2019年10月05日 01:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏木登山口の駐車場
車10台程度は駐車可能
登山口すぐの分岐
まずは孝行猿へ向かう
2019年10月05日 01:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口すぐの分岐
まずは孝行猿へ向かう
孝行猿の遺跡
2019年10月05日 02:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孝行猿の遺跡
松峯小屋までは巻き道でこんな感じ
走るのに持って来いのトレイル
2019年10月05日 02:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松峯小屋までは巻き道でこんな感じ
走るのに持って来いのトレイル
地図では破線ルートだが、しっかり標識がありコースも整備され危険個所なし
2019年10月05日 02:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図では破線ルートだが、しっかり標識がありコースも整備され危険個所なし
松峯小屋までの登山道は、林道を縫っていき、斜度も緩くかなり歩きやすい、トレラン向きのコース
2019年10月05日 02:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松峯小屋までの登山道は、林道を縫っていき、斜度も緩くかなり歩きやすい、トレラン向きのコース
途中1か所水場
水量はある
2019年10月05日 03:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中1か所水場
水量はある
1
途中、林道を通っていく
2019年10月05日 03:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、林道を通っていく
樹林帯続きだが展望の良いところに出た
2019年10月05日 03:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯続きだが展望の良いところに出た
道は明瞭だが、草が茂っているところが少しあり注意が必要
2019年10月05日 04:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は明瞭だが、草が茂っているところが少しあり注意が必要
小峯小屋は登山道から100m降りる
2019年10月05日 04:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峯小屋は登山道から100m降りる
小峯小屋からは稜線を進む
ブナのトレイルが素敵
2019年10月05日 05:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峯小屋からは稜線を進む
ブナのトレイルが素敵
明るくなってきた
2019年10月05日 05:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきた
苔が大変いい感じ〜♪
2019年10月05日 05:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が大変いい感じ〜♪
農鳥岳だったかな
2019年10月05日 05:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳だったかな
中央アルプス
2019年10月05日 05:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス
アップダウンの少ない苔トレイル
2019年10月05日 05:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンの少ない苔トレイル
アップダウンの少ないブナトレイル
2019年10月05日 06:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンの少ないブナトレイル
標識は過少表記がたまにあるので注意、私でも仙丈ヶ岳まで1時間掛かった。
ここから仙丈ヶ岳までコースは少し険しくなる
2019年10月05日 06:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識は過少表記がたまにあるので注意、私でも仙丈ヶ岳まで1時間掛かった。
ここから仙丈ヶ岳までコースは少し険しくなる
岩の多い稜線を進む
2019年10月05日 06:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の多い稜線を進む
右に甲斐駒
奥に八ヶ岳
2019年10月05日 07:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に甲斐駒
奥に八ヶ岳
15劼猟后爾っ和尾根もここで終わり
2019年10月05日 07:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15劼猟后爾っ和尾根もここで終わり
15劼猟后爾っ和尾根
2019年10月05日 07:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15劼猟后爾っ和尾根
仙丈ヶ岳
2019年10月05日 07:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳
1
仙丈ヶ岳到着
2019年10月05日 07:50撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳到着
2
富士山と間ノ岳
2019年10月05日 07:49撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と間ノ岳
1
ここから仙塩尾根へ突入
2019年10月05日 07:53撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから仙塩尾根へ突入
仙塩尾根は塩見までの20km
今回は10km中間地点の三峰岳まで縦走する
2019年10月05日 07:49撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙塩尾根は塩見までの20km
今回は10km中間地点の三峰岳まで縦走する
ちょっとビール休憩
2019年10月05日 08:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとビール休憩
1
大仙丈ヶ岳
2019年10月05日 08:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大仙丈ヶ岳
1
大仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳を望む
2019年10月05日 08:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳を望む
1
三峰岳へレッツゴー〜♪
2019年10月05日 08:37撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳へレッツゴー〜♪
最初は展望のよいルート
2019年10月05日 09:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は展望のよいルート
1
標高を下げるとハイマツの背が高くなってくる
2019年10月05日 09:22撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を下げるとハイマツの背が高くなってくる
伊那荒川岳
2019年10月05日 09:52撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那荒川岳
高望池から少し離れたところに水場
枯れている場合もあるようだ
2019年10月05日 09:57撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高望池から少し離れたところに水場
枯れている場合もあるようだ
Lucky〜水があった
2019年10月05日 10:00撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Lucky〜水があった
3
アップダウンの緩い苔むした素晴らしいトレイル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンの緩い苔むした素晴らしいトレイル
アップダウンの緩い苔むした素晴らしいトレイル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンの緩い苔むした素晴らしいトレイル
仙丈が遠くになってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈が遠くになってきた
1
長い樹林帯が続くが癒しのトレイルなので退屈しない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い樹林帯が続くが癒しのトレイルなので退屈しない
長い樹林帯が続くが癒しのトレイルなので退屈しない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い樹林帯が続くが癒しのトレイルなので退屈しない
野呂川越
ここからキツイ登りとなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野呂川越
ここからキツイ登りとなる
三峰岳手前1kmあたりから森林限界を超える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳手前1kmあたりから森林限界を超える
1
三峰岳から仙丈と甲斐駒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳から仙丈と甲斐駒
三峰岳から
塩見までの仙塩尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳から
塩見までの仙塩尾根
三峰岳から
農取と富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳から
農取と富士山
2
3000mの世界へ突入
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3000mの世界へ突入
2
間ノ岳から
富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳から
富士山
2
間ノ岳から
仙丈と伊那市街地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳から
仙丈と伊那市街地
北岳小屋でテント泊
発電機が止まることなく音が気になった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳小屋でテント泊
発電機が止まることなく音が気になった
1
4:10頃に北岳小屋をスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4:10頃に北岳小屋をスタート
手前から北岳肩ノ小屋、小太郎山、アサヨ峰、甲斐駒が一直線に並ぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から北岳肩ノ小屋、小太郎山、アサヨ峰、甲斐駒が一直線に並ぶ
2
今朝は昨日より雲が多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝は昨日より雲が多い
北岳肩ノ小屋は大盛況
騒がしいのでささっと退散
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳肩ノ小屋は大盛況
騒がしいのでささっと退散
小太郎山へピストン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山へピストン
1
小太郎山まで往復2時間
一直線に伸びた稜線はかっこいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山まで往復2時間
一直線に伸びた稜線はかっこいい
1
小太郎山まで一直線に伸びた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山まで一直線に伸びた稜線
先っぽに甲斐駒がひょっこり現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先っぽに甲斐駒がひょっこり現れる
1
小太郎山から
甲斐駒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山から
甲斐駒
1
小太郎山から
仙丈はガスが掛かっていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎山から
仙丈はガスが掛かっていた
1
白根御池小屋のテント場
夏は花が咲き、鳳凰三山を見渡せ素晴らしいテント場
一度泊まってみたい場所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋のテント場
夏は花が咲き、鳳凰三山を見渡せ素晴らしいテント場
一度泊まってみたい場所
2
白根御池小屋
ここはいつも静かでいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋
ここはいつも静かでいい
白根御池小屋でジュース休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋でジュース休憩
1
最初は緩いトレイル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は緩いトレイル
後に急なトレイルになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後に急なトレイルになる
吊り橋を渡ると舗装路に出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ると舗装路に出る
1
広河原登山口
ここから北沢峠まで10厠濱冑弦500mのロードを進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原登山口
ここから北沢峠まで10厠濱冑弦500mのロードを進む
広河原峠への登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原峠への登山口
水場がいっぱいある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場がいっぱいある
野呂川出合
右は北沢峠(3.8km)、左は両股小屋へ行ける
北沢峠に着いたとき臨時便のバスに丁度間に間に合った。
定期運行は13時だけど、臨時便は11時40分に出発した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野呂川出合
右は北沢峠(3.8km)、左は両股小屋へ行ける
北沢峠に着いたとき臨時便のバスに丁度間に間に合った。
定期運行は13時だけど、臨時便は11時40分に出発した。
仙流荘に到着
このあと風呂に入って、自転車を回収して帰宅
2019年10月07日 00:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙流荘に到着
このあと風呂に入って、自転車を回収して帰宅

感想/記録

 以前から登りたいと思ってた地蔵尾根
 この週末は気温が高く天候が良さそうなので、仙塩尾根と北岳の周回を組み合わせた。地蔵尾根15劼隼以岳までの仙塩尾根10kmの合計25km尾根は、それほど登りがキツクなくガレていないので走れる。今回はテント泊の重装備だったけど、気持ちよい走れるトレレイルは、どうしてもパワーハイクになり、三峰岳着いたときは疲労がものすごく精魂尽き果ていた。

地蔵尾根は大半が暗い夜間だったのが残念に思えたので、明るい時に再度登ってみたい。塩見尾根は誰も合うことなく静かな尾根でした、塩見まで20kmを全スルーしてみたい。
 
 北岳山荘でテント泊したが、暖かいので私の寝具でも寒くなくよく寝ることができ前日の疲れもかなり取れた。

 百高山でもある小太郎山は、アップダウンの少ない一直線に伸びた稜線で終始見晴らしが良い、ピストンになるがおススメ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:570人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ