また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2593425 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

北アルプス最奥南部 鷲羽岳 水晶岳 黒部五郎岳 小熊遭遇

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月20日(日) ~ 2020年09月22日(火)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
鍋平駐車場まで短縮のロープウェイ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間14分
休憩
3時間40分
合計
11時間54分
三俣山荘05:4106:35鷲羽岳06:5407:17ワリモ岳07:2507:33ワリモ北分岐07:3408:03水晶小屋08:1808:49水晶岳09:0409:31水晶小屋09:4410:07ワリモ北分岐10:1110:16岩苔乗越10:1911:01黒部川水源地標11:1111:39三俣山荘12:0013:14三俣蓮華岳巻道分岐13:2014:14黒部五郎小舎14:4616:19黒部五郎小舎17:3217:35宿泊地
3日目
山行
8時間14分
休憩
1時間39分
合計
9時間53分
黒部五郎小舎05:0006:20三俣蓮華岳巻道分岐06:55三俣蓮華岳07:0207:42丸山07:53中道分岐08:20双六岳中道分岐08:20双六岳巻道分岐08:40双六小屋08:5008:59双六池09:0009:30くろゆりベンチ09:40花見平09:5010:00弓折乗越10:44鏡池10:44鏡平山荘10:5310:54鏡池10:5611:24シシウドヶ原11:2611:42イタドリが原11:4311:53チボ岩11:5412:04秩父沢出合12:2012:49小池新道入口12:5013:04わさび平小屋13:1513:24笠新道登山口13:2513:34中崎橋13:45お助け風穴13:58登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)14:0114:06新穂高温泉駅14:2814:33鍋平高原駅14:3514:51鍋平駐車場14:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
黒部五郎小舎でGPS入れ忘れ
コース状況/
危険箇所等
鍋平出発より夜間下山時、熊注意
各山岳での道迷い、トラバース、熊注意
三密防止対策
その他周辺情報ひがくの湯
新穂高ロープウェイ
有料駐車場1日300〜1000円
無料駐車場有り

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル シェラフ

写真

真っ暗の中、確認
2020年09月20日 04:58撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ暗の中、確認
やっと日の出
2020年09月20日 05:30撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと日の出
笹ヶ岳登山道がえらそう
2020年09月20日 05:40撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ岳登山道がえらそう
玄関口
2020年09月20日 06:14撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄関口
鏡平へ
2020年09月20日 06:17撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平へ
秩父沢
2020年09月20日 06:53撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父沢
はるか遠い
この時点で思わなかったよ
2020年09月20日 06:54撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか遠い
この時点で思わなかったよ
チボ岩
2020年09月20日 07:10撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チボ岩
イタドリヶ原
2020年09月20日 07:29撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イタドリヶ原
標識に期待する
2020年09月20日 07:57撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識に期待する
鏡平
朝はキレイですね
2020年09月20日 08:41撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平
朝はキレイですね
1
高度化していくにつれ、
槍!
2020年09月20日 09:08撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度化していくにつれ、
槍!
上がりってわかる
2020年09月20日 09:20撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がりってわかる
弓折乗り越えました
2020年09月20日 09:49撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗り越えました
槍を中心に
花見平
体力補給しながら。
2020年09月20日 10:11撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍を中心に
花見平
体力補給しながら。
双六小屋
見えてきました
2020年09月20日 10:33撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋
見えてきました
双六小屋で休憩後出発
2020年09月20日 11:31撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋で休憩後出発
計画と裏腹に、稜線に行くことにした
2020年09月20日 11:48撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画と裏腹に、稜線に行くことにした
三俣蓮華岳の尾根、鷲羽岳
ついに来た
うれしい
2020年09月20日 12:10撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳の尾根、鷲羽岳
ついに来た
うれしい
1

雲の中は、ケルンに従うと良いだろう
2020年09月20日 12:24撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す

雲の中は、ケルンに従うと良いだろう
双六岳の山頂へ人だかり
2020年09月20日 12:24撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳の山頂へ人だかり
双六岳2860m
2020年09月20日 12:36撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳2860m
1
三俣蓮華岳2841m
2020年09月20日 14:01撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳2841m
1
三俣山荘、鷲羽岳
なんか素敵ですね
2020年09月20日 14:46撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘、鷲羽岳
なんか素敵ですね
1
伊藤正一さん
山岳グループで、
このご時世であっても
山荘を無くしてならない話があって
この方名前を知りました。
その息子さん家族は以前テレビで知りました。
2020年09月20日 16:27撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊藤正一さん
山岳グループで、
このご時世であっても
山荘を無くしてならない話があって
この方名前を知りました。
その息子さん家族は以前テレビで知りました。
アーベンロート(夕焼け)
2020年09月20日 17:48撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベンロート(夕焼け)
1
朝寝坊して出発
2020年09月21日 05:41撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝寝坊して出発
お手柔らかに見える
2020年09月21日 05:49撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お手柔らかに見える
1
鷲羽池
2020年09月21日 06:35撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池
鷲羽岳2924m
2020年09月21日 06:41撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳2924m
2
お手柔らかに見えない
2020年09月21日 06:52撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お手柔らかに見えない
和みの一時
2020年09月21日 07:10撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和みの一時
ワリモ岳をくぐる
2020年09月21日 07:20撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳をくぐる
ワリモ岳
上れるようですよ
体力消費保持のため通過
2020年09月21日 07:22撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳
上れるようですよ
体力消費保持のため通過
ワリモ北分岐
2020年09月21日 07:33撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐
水晶小屋で休憩
2020年09月21日 08:03撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋で休憩
水晶岳2986m三角点なし
2020年09月21日 08:54撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳2986m三角点なし
1
振り返って
肌色をしているんですね
2020年09月21日 08:58撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
肌色をしているんですね
水晶岳をあとにする
2020年09月21日 09:22撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳をあとにする
水晶岳の狭い山頂に人だかり
マスクなしで大丈夫かな?
2020年09月21日 09:22撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳の狭い山頂に人だかり
マスクなしで大丈夫かな?
水晶小屋へ
2020年09月21日 09:27撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋へ
黒部五郎岳へ行けるかどうか苦笑(朝寝坊)
2020年09月21日 09:43撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳へ行けるかどうか苦笑(朝寝坊)
雲ノ平
2020年09月21日 09:44撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平
岩苔乗越で黒部源流をたどります
2020年09月21日 10:16撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩苔乗越で黒部源流をたどります
鷲羽岳から恵みの水が流れていく
飲料水に感謝。
2020年09月21日 10:19撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳から恵みの水が流れていく
飲料水に感謝。
黒部源流
雲ノ平へつながっているようです
2020年09月21日 11:03撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流
雲ノ平へつながっているようです
黒部源流標
2020年09月21日 11:12撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流標
三俣蓮花岳キャンプ場を通過し、
黒部五郎岳へ
いや、黒部五郎小舎というべきね汗
行けるかわからないからという理由を感じていた
2020年09月21日 12:07撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮花岳キャンプ場を通過し、
黒部五郎岳へ
いや、黒部五郎小舎というべきね汗
行けるかわからないからという理由を感じていた
雪渓がある
どこに入るかわからないので
上から下へ確認したら、黄色ペンキを見つけた
下からわからないからこれは迷うでと思う
2020年09月21日 12:33撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓がある
どこに入るかわからないので
上から下へ確認したら、黄色ペンキを見つけた
下からわからないからこれは迷うでと思う
1
三俣蓮華岳巻道分岐を確認。
翌日の下調べ
2020年09月21日 13:20撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳巻道分岐を確認。
翌日の下調べ
黒部五郎小舎へチェックインして、
まだ日があったため、
途中まででいいと時間を決めて行ってみました。
カールまで時間切れ。雷岩も見れ満足しました。
黒部五郎岳山頂まで行くと間違いなくバカだ。
2020年09月21日 15:34撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎へチェックインして、
まだ日があったため、
途中まででいいと時間を決めて行ってみました。
カールまで時間切れ。雷岩も見れ満足しました。
黒部五郎岳山頂まで行くと間違いなくバカだ。
五郎小舎へ
2020年09月21日 16:15撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五郎小舎へ
下山開始
いつも思うけれども
熊に注意して装備している
2020年09月22日 05:04撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始
いつも思うけれども
熊に注意して装備している
1
雲の中でまだ隠れている黒部五郎。
2020年09月22日 05:34撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中でまだ隠れている黒部五郎。
前日確認した三俣蓮華岳巻道分岐
2020年09月22日 06:20撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日確認した三俣蓮華岳巻道分岐
朝起きするだろう黒部五郎
2020年09月22日 06:55撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝起きするだろう黒部五郎
三俣蓮華岳山頂に出て、稜線沿いに双六岳方面へ
2020年09月22日 07:07撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳山頂に出て、稜線沿いに双六岳方面へ
中道稜線分岐
2020年09月22日 07:53撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道稜線分岐
双六小屋が見えました
2020年09月22日 08:40撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋が見えました
双六池
2020年09月22日 08:59撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六池
2
鏡平
かき氷が良好のようだった
それより、
トマトが食べたい
実は、この後にわさび平小屋に駆け込んだが
トマト売り切れ(T_T)
2020年09月22日 10:55撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平
かき氷が良好のようだった
それより、
トマトが食べたい
実は、この後にわさび平小屋に駆け込んだが
トマト売り切れ(T_T)
1
まもなく新穂高
2020年09月22日 11:28撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく新穂高
小池新道登山口到着
先日、撮影していなかった標識。
2020年09月22日 12:50撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小池新道登山口到着
先日、撮影していなかった標識。
ロープウェイです
2020年09月22日 14:06撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイです
鍋平での看板
もう1つ、下の方にもあり、
熊に注意と書いてあります
朝が出て来ない時は、
この先を見て一瞬立ち尽くします
え、マジと思いました。
2020年09月22日 14:37撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋平での看板
もう1つ、下の方にもあり、
熊に注意と書いてあります
朝が出て来ない時は、
この先を見て一瞬立ち尽くします
え、マジと思いました。
1
鍋平駐車場に到着
その直前、熊に遭遇して、状況があれなのでびっくりするよりあっけにとられましたけど。
2020年09月22日 14:52撮影 by SCV41, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋平駐車場に到着
その直前、熊に遭遇して、状況があれなのでびっくりするよりあっけにとられましたけど。

感想/記録

今年初めて北アルプス。それより県外初めて。
三俣山荘、黒部五郎小舎は、新型対策をしっかりとられておりました。従業員もしっかりしています。
三俣山荘は、自分のモノがいるため、寝袋、コンロ、コップなど持って行きました。
ロングコースになるかと思って、充電池もっていきました。小屋では有料の充電ができるけど。
登山中、登山者はマスク無しが多かったです。
外は快晴で換気しているからと思うことにしています。小屋の中では食事中話をする人もいるので疲れたときには必要なんだろうけど苦笑。
終息の先が見えず、何があるかわからないので、気を許したらダメ、心のどこかで思っています。
ロングコースは体力勝負であり、ストレッチすれば、翌日体力回復していました笑
鷲羽岳、その元の名前となった三俣蓮華岳、黒岳、雄々しいカールの黒部五郎岳、面白い名前の双六岳を歩いて、黒部源流の水も最高でした。

下山して駐車場へ向かう前に、鍋平で横切る熊さん。ドスドス可愛らしい様子で反対側の森へ走りました。その前に、お二人がこちらの左前におられたんですね。そのお二人さんが植物かを左側へ向いて瞬間、黒々丸々した獣が左側から横切ったのに、腰を抜かしていなかったこと。普通なのかとあっけにとられました。気がつかれていなかったことに納得しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:201人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ