また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4296125 全員に公開 雪山ハイキング 剱・立山

立山周回*国見岳*雪の大谷 観光気分もいーですね(^^)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月15日(日) ~ 2022年05月16日(月)
メンバー
天候2日間とも高曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
●扇沢まで自家用車
●黒部立山ロープウェイ利用:扇沢⇄室堂 大人1名9,470円なり(復路は購入日より5日間有効)


経路を調べる(Google Transit)
GPS
26:17
距離
15.4 km
登り
1,311 m
下り
1,337 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間45分
休憩
12分
合計
3時間57分
S室堂09:3910:34国見岳10:3811:17室堂11:33みくりが池11:37みくりが池温泉11:3811:52雷鳥荘12:01雷鳥沢キャンプ場12:0712:12浄土橋12:1313:36剱御前小舎
2日目
山行
4時間38分
休憩
1時間35分
合計
6時間13分
剱御前小舎05:4206:12別山南峰06:1506:22別山北峰06:2906:37別山南峰07:22真砂岳07:3208:16富士ノ折立08:5809:11大汝休憩所09:17立山09:2509:41雄山09:5610:40一の越山荘10:4311:21室堂11:2811:55室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆残雪期は雪の状況等により現地判断が主になりますので、ログの活用等は参考程度にお願い致します☆
【コース状況】
●室堂⇄国見岳山頂:残雪期限定のピーク。地図上では北北西方向に緩やかな尾根が伸びており積雪期の歩行に向いていそうな感じを受けますが、実際には取り付き場がアルペンルートに聳える雪の大谷の雪壁となっており、取り付くことが出来ません。トレースの多くは、室堂山方面へのコルから稜線伝いに移動しています。
雪の状況によっては雪崩に注意。
●室堂→雷鳥沢キャンプ場→劔御前小屋:キャンプ場までは夏道に沿って歩きます。ルートの半分は夏道が露出しています。キャンプ場から劔御前小屋までのルートは、夏道の雷鳥沢ルートの北西方向の尾根沿いに、赤旗が立てられていますのでそれに沿って登ることになります。本日はトレースバッチリでした。
●劔御前小屋→別山→真砂岳→富士の折立→大汝山→雄山:このルートの90%以上は全て夏道でアイゼンは要りません。現時点では別山山頂周辺と大汝山周辺に多少積雪が残っており、本日は気温も低く固い雪質だったこともあって安全に歩行するためにアイゼンを着用しました。
なお、別山を巻くためのトラバース路の途中は完全に雪壁に覆われていますので今現在は通行禁止です。無理して入ると滑落の危険性が非常に高いので、キツくても必ず別山山頂を踏むこと。
●雄山→一ノ越山荘→室堂:山荘までは全て夏道。登りが赤マークで降りは黄色マークと棲み分けされていますので間違いないように。
山荘から室堂までは全て雪原ですが、ザクザクの雪質のため本日はノーアイゼンで降りました。
その他周辺情報【下山後温泉】
●高瀬館
温泉旅館の日帰り利用。夜7時00分まで日帰り可能と伺いました。源泉掛け流しのとても温まる温泉で、外湯も雰囲気が良く寛げます。大人700円也
http://www.takasekan.com/hot-spring/

【下山後ご飯】
●テンホウ大町店
https://tenhoo.jp/stores/%e5%a4%a7%e7%94%ba%e5%ba%97/
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ
備考 ●5月15日までは、剱岳入山は富山県警からの正式な許可が必要です。16日以降は許可制は無くなり、通常の登山届となります。

写真

無料駐車場にギリギリセーフ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無料駐車場にギリギリセーフ!
13
お久しぶりの黒部ダム経由、そして
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お久しぶりの黒部ダム経由、そして
16
超斜めのケーブルカーに揺られてからの、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超斜めのケーブルカーに揺られてからの、、、
14
いきなり立山蕎麦!笑
なんかいつもと違って気合いの入ってないスタートです(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり立山蕎麦!笑
なんかいつもと違って気合いの入ってないスタートです(^^)
34
入山届けを出しつつ情報チェックをします。ここで今回の出端をくじかれる〜(-。-;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山届けを出しつつ情報チェックをします。ここで今回の出端をくじかれる〜(-。-;
10
気を取り直して、立山室堂からスタートしまーす♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して、立山室堂からスタートしまーす♪
20
今日はどんより曇り空。やっぱり雄山は青空がいーなー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はどんより曇り空。やっぱり雄山は青空がいーなー!
13
まずはあのコルを目指して適当に登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはあのコルを目指して適当に登ります
9
目指す国見岳!登山道が無いから植生を傷付けない残雪期限定のお山なんですよ〜(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す国見岳!登山道が無いから植生を傷付けない残雪期限定のお山なんですよ〜(^^)
15
稜線に乗るとドーンと北アルプスの視界がひらけました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に乗るとドーンと北アルプスの視界がひらけました
20
すぐ目の前には、五色ヶ原と鷲岳、鳶岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ目の前には、五色ヶ原と鷲岳、鳶岳
16
こちらは赤牛岳。この角度の赤牛岳は新鮮です☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは赤牛岳。この角度の赤牛岳は新鮮です☆
25
もちろん槍ヶ岳もアップ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん槍ヶ岳もアップ!
19
さて、あとはこの稜線を歩くのみ♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、あとはこの稜線を歩くのみ♪♪
16
あー☆ホントにステキな稜線(*≧∀≦*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー☆ホントにステキな稜線(*≧∀≦*)
19
雪の大谷は蛇のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の大谷は蛇のよう
11
薄っすら富山湾も見えてまーす!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすら富山湾も見えてまーす!
11
どうやらあそこが山頂の様です(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらあそこが山頂の様です(^^)
16
国見岳に着きました〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳に着きました〜
14
ヤリホさん♪ 見える景色は稜線と変わらないので、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤリホさん♪ 見える景色は稜線と変わらないので、、、
28
チャチャっと下山しまーす♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャチャっと下山しまーす♪
13
あ〜、雷鳥いないかな〜、、、と話していると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ〜、雷鳥いないかな〜、、、と話していると
12
早速見つけたー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速見つけたー!
35
丸々としたオス雷鳥くん(*^▽^*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸々としたオス雷鳥くん(*^▽^*)
43
メスも居ました!頑張って美人さんをつかまえたんだね〜(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メスも居ました!頑張って美人さんをつかまえたんだね〜(^^)
24
雷鳥沢キャンプ場通過。テントも少なくて快適そうでした(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場通過。テントも少なくて快適そうでした(^^)
11
キャンプ場横にはデッカいクラックが。除いたら底が見えなかった〜(・・;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場横にはデッカいクラックが。除いたら底が見えなかった〜(・・;)
16
後はこの有難いポールに沿って登るのみです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後はこの有難いポールに沿って登るのみです!
9
上は少し急坂だけど、階段トレースがバッチリで有難いです(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上は少し急坂だけど、階段トレースがバッチリで有難いです(^^)
7
今日のウイニングロードだー☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のウイニングロードだー☆
14
劔御前小屋つきました(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔御前小屋つきました(^^)
11
小屋前の温度計はマイナス1℃!風もあって今日はとにかく寒かった〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の温度計はマイナス1℃!風もあって今日はとにかく寒かった〜!
11
談話室からも剱岳と後立山連峰が一望という素晴らしさ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
談話室からも剱岳と後立山連峰が一望という素晴らしさ
16
時間潰しにスパルタンといざ将棋勝負!!。。。詰んだ私の最後の姿で御座います。。。笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間潰しにスパルタンといざ将棋勝負!!。。。詰んだ私の最後の姿で御座います。。。笑
24
夕食もかなり美味しかったー!
スタッフさんも皆さんとても親切で気持ちが良くて、かなりお気に入りの山小屋になりました♡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食もかなり美味しかったー!
スタッフさんも皆さんとても親切で気持ちが良くて、かなりお気に入りの山小屋になりました♡
28
そしてお楽しみの日の入り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてお楽しみの日の入り
26
富山湾に沈む夕陽をスタッフさんもこぞって写真を撮ってるところを見ると、今日はかなり良い夕焼けの様です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾に沈む夕陽をスタッフさんもこぞって写真を撮ってるところを見ると、今日はかなり良い夕焼けの様です
31
後立山連峰のアーベント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰のアーベント
23
いやぁ〜、スゴイ眩しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ〜、スゴイ眩しい!
40
昼と夜が交差する空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼と夜が交差する空
27
ピンクの背景になった劔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクの背景になった劔
37
夕焼けが楽しめて良かったー!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けが楽しめて良かったー!!
29
お休み太陽、明日もまた顔見せてね〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お休み太陽、明日もまた顔見せてね〜!
32
翌朝、昨日とは違ってモルゲンはダメそうだ〜(・・;)
。。。という事で二度寝します 笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、昨日とは違ってモルゲンはダメそうだ〜(・・;)
。。。という事で二度寝します 笑
18
スパルタンの寝坊と悪夢によりplan2にてスタートになりました 笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スパルタンの寝坊と悪夢によりplan2にてスタートになりました 笑
9
とりあえずアイゼンは手に持って登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずアイゼンは手に持って登る
10
劔沢キャンプ場までの雪原、スキーならあっという間に着きますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢キャンプ場までの雪原、スキーならあっという間に着きますね
13
稜線に出て、アイゼンは当分必要ないと悟って仕舞いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出て、アイゼンは当分必要ないと悟って仕舞いました
16
立山稜線は9割ほどは夏道でーす♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山稜線は9割ほどは夏道でーす♪♪
13
まれにこんな所もありますが爪を履くほどでは無い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まれにこんな所もありますが爪を履くほどでは無い
13
まずは5年ぶりかな?別山北峰〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは5年ぶりかな?別山北峰〜!
16
後立が近い!左から、旭岳、白馬、杓子、白馬鑓、天狗ノ頭、不帰の剣、唐松、五竜、そして1番右は猫耳が見えない鹿島槍〜(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立が近い!左から、旭岳、白馬、杓子、白馬鑓、天狗ノ頭、不帰の剣、唐松、五竜、そして1番右は猫耳が見えない鹿島槍〜(^^)
20
鹿島槍〜爺ヶ岳〜赤沢岳くらいまでの稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍〜爺ヶ岳〜赤沢岳くらいまでの稜線
21
稜線の続きからの、右端はスバリ、針ノ木、奥には蓮華岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の続きからの、右端はスバリ、針ノ木、奥には蓮華岳
21
後立の向こうには焼山、火打山、妙高山も見えてます(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立の向こうには焼山、火打山、妙高山も見えてます(^^)
21
雲海に浮かぶ浅間山〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ浅間山〜
21
そして薄っすら八ヶ岳も〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして薄っすら八ヶ岳も〜
18
最後やっぱり主役は、剱岳!
出鼻挫かれずに、そして二度寝せずに変な夢を見なければ今頃歩いていただろうplan1の雪渓がよく見えます(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後やっぱり主役は、剱岳!
出鼻挫かれずに、そして二度寝せずに変な夢を見なければ今頃歩いていただろうplan1の雪渓がよく見えます(^^)
31
では別山の先に進みます。巻道は雪渓が無くなるまで通行止めです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では別山の先に進みます。巻道は雪渓が無くなるまで通行止めです
10
室堂方面をずっと見ながら歩けるのも良いルート♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂方面をずっと見ながら歩けるのも良いルート♪♪
16
その後の立山三山までの登りはなかなか手強い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後の立山三山までの登りはなかなか手強い
12
ここを登り上げて、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登り上げて、、、
13
黒部湖と針ノ木が真正面なんだね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖と針ノ木が真正面なんだね〜
26
槍穂高がよく見えます(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高がよく見えます(^^)
20
では立山最高峰、大汝山へGO!ノーアイゼンで登ろうとしたら、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では立山最高峰、大汝山へGO!ノーアイゼンで登ろうとしたら、、、
15
相棒が履くと言うからわたしも真面目にお付き合い♪♪ 笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相棒が履くと言うからわたしも真面目にお付き合い♪♪ 笑
14
その先の雪庇はそこかしこに大きな穴が空いてるので、乗らずに夏道へ逃げました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先の雪庇はそこかしこに大きな穴が空いてるので、乗らずに夏道へ逃げました
9
立山稜線の中でもここが1番雪の残っている場所です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山稜線の中でもここが1番雪の残っている場所です
10
大汝山着きました♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山着きました♪♪
20
薬師岳and黒部五郎
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳and黒部五郎
22
槍ヶ岳、そろそろ景色が同じで飽きてきた 笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳、そろそろ景色が同じで飽きてきた 笑
18
ラストの雄山はあっという間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストの雄山はあっという間
16
雄山山頂でーす(^^)v
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山山頂でーす(^^)v
38
立派な一等三角点脇から下山します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な一等三角点脇から下山します
17
一ノ越山荘でさらに龍王と浄土山も行くかどうか相談。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘でさらに龍王と浄土山も行くかどうか相談。。。
8
室堂のソフトクリームと雪の大谷に軍配が上がりました(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂のソフトクリームと雪の大谷に軍配が上がりました(^^)
9
室堂に戻りました〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に戻りました〜
13
ソフトクリームを購入しようとしたら、雷鳥付きのスペシャルバージョンを勧められたからそちらに変更♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソフトクリームを購入しようとしたら、雷鳥付きのスペシャルバージョンを勧められたからそちらに変更♪♪
26
何気に初めての雪の大谷さんに今日1番ワクワクです!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何気に初めての雪の大谷さんに今日1番ワクワクです!!
27
おお〜☆ テレビで見るやつー☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜☆ テレビで見るやつー☆
18
雪の大谷最高点は15m。バスとの対比をみんながこぞって写真撮影してました(^^) マッタリのんびり、大谷さん付きの立山周遊の旅でしたー♪♪ いつかはメジャーの大谷さんも見に行きたいなぁ〜笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の大谷最高点は15m。バスとの対比をみんながこぞって写真撮影してました(^^) マッタリのんびり、大谷さん付きの立山周遊の旅でしたー♪♪ いつかはメジャーの大谷さんも見に行きたいなぁ〜笑
31

感想/記録

暑い日も多くて気分は夏山に近いのだけれど、残雪期にしか味わえない景色のある場所も魅力的。
今回はそんなお山の一つ、立山にある国見岳を目指すことにしました。国見岳のみならば、半日もあれば帰って来れる日帰りのお山なのですが、何せ往復1万円もかかってしまう黒部立山ロープウェイ(^^;; ケチケチ根性を発揮して、せっかく立山に入るのなら国見岳だけなんて勿体無い!という事で、plan1、 plan2のいずれかセットでどちらにするかは当日の気分で考えようという事で劔御前小屋宿泊としました。plan1は残雪期の剱岳コース、plan2は立山三山周回コースです♪♪

そんな2つのplanを入山届け場所で書き書きすると、早速オッチャンから手厳しいご指導が。。。『女を連れて行くならロープを持っていけ』と言われてちょっとムッとする私( ˘ω˘ ) そんな発言うちの会社でした日にはアンタ明日には法務部に呼ばれて裁判だわよ〜(ー ー;)って思ったけど、まぁようはロープを持参しない人を剱岳に入山させたくないという事は理解しました。

そんな出端をくじかれたスタートでしたが、国見岳は予想以上にステキな景色が見られる山で、来て良かったなー♪と感動しまくりでした(^^)
劔御前小屋までもゆったりのんびり、ここ最近と比べるとかなり寒い厳冬期に近い気温でしたが、久しぶりに雷鳥にも会えて余裕を持って小屋に到着出来ました。
翌朝は気分によってどうするか決めるとして、3時には起床して考えると話していました。予定通り私は一応3時に起きて準備も整えて3時半ごろ戻るとなんと相棒はまだぐっすり。。。これは立山周回コース確定だなぁ(^◇^;)となり、のんびりゆっくり雪の大谷さん付きplanに即変更となりました。
オッチャンに出端をくじかれた事と関係あるのか、相棒はヨコバイで落ちる夢を見たというし、私は私で息子を塾にお迎えに行かなきゃならないのに行きたくても行けない状況の中もがいているだけ、、、という夢を見て。こういう何となく気乗りしない時は何かあると踏んであっさりプラン変更するのが今までの私たちのスタンスなので、今回もその経験に従いました(^^)

2日目もとても寒い朝。霜柱が目立つ夏道と、かなり締まった残雪。ずっと寒くて雄山までの間フリースとハードシェル、ホッカイロも全て手放せませんでしたが、立山周回は百高山をスタートした日に登った懐かしいルート。4-5年ぶりに改めてのんびり歩くと、忘れていた景色やルートを思い出して、久しぶりに同じルートを歩けるって良いもんだな♪と再認識しました。
2日目も曇天なのに雷鳥には全く出逢えず、それだけがとても残念でしたが、雪の大谷ルートまで歩くことが出来て、大満足の元を取った立山周回となりました(^^)
次回は最初から剱岳に定めて行きましょう!そうすれば寝坊はしないかな、と(笑)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:662人

コメント

ruha-haru(反転)コンビ殿

男尊女卑思想や約1名寝坊などによりplan2になったとはいえ、結果超オーライだったのではないでしょうか。
私は立山偏差値29につきよく分かりませんが、このチョイスだと観光要素がやや多くなるのかな(私だと十分ガチ登山になると思いますが)、レコを見る側としても緊張感なく見れました(時に、見るだけで緊張するレコもあるので笑)。
空がグレーがかってますが、見えるべき山は全部見えた(遥か浅間や八ツまで!)ので、大成功でしょうね。雷鳥にも遭えたし。 

さて、珍しく早コメをする気になったのは(笑)、将棋の写真があまりにも衝撃的だったからです(笑)
投了図を見る限り殆ど「何もしないうちに」終わった感じですね(笑)。野球で言うと45対0、5回コールドみたいな。相手があの形の時に既に飛車が2つも成ってるって時点で...
次回は飛車角金銀落ちぐらいから始めたら如何でしょう(笑)
しかしruhaさん、将棋でもスパルタンだったとは!(笑)
でも、へえ、はるぼさん(←ミス広島の真似)将棋もやるんだ!と普通に感心しました。
2022/5/17 10:07
tsukadonさん、イチコメありがとうございます✨ツカサンのイチコメは超希少価値♡

そーなんですよー!plan1とは全く毛色の違うplan2になりましたけど、本当に素晴らしい周回の旅になりましたよー♪♪ 月曜日にわざわざ有給取得した理由は、それこそ県警からの入山許可の関係で16日からしか登れないと判断してのことだったのですが、平日になったお陰で稜線上ではほとんど誰ともすれ違うこともなく雄山でようやくツアーパーティーに出会っただけという、あの立山を眺望付きで貸し切れるなんて贅沢な登山だなー!って思ってました(^^)

も〜、、、ツカサンのコメント読みながら大爆笑してしまいましたよー(//∇//) 将棋盤、分かる人には絶対に判っちゃうだろうなと思いましたがツカサンは将棋の達人さんですね✨
この私のどーしようもない戦略皆無の貧弱さに加えて、スパルタ相棒の山行以上に酷すぎる超ドSの攻め一方の戦いぶりまで言い当てちゃうだなんて(^^) もうね、バンバン攻撃されて逃げても逃げてもそれを許さない追従の仕方といい、まさに相棒の本性がこの戦いに全て出てました!次回は飛車角金落としでやってもらいます(≧∇≦)
2022/5/17 10:58
女を連れて行くなら(爆)ほんとそんな事言いましたか?県警が(笑)

でも私は知ってますよ、こういった劔岳残雪期みたいな怖い系の山行はruhaさんが連れられていってるという事を😁

胸騒ぎがするときは行かないのが吉です❗️
2022/5/17 12:09
essanさん、登山届け受付の室堂に立ってるオッチャンは県警っぽく見えなかったんですよ〜。紙を受付して注意喚起してるだけの初老の方でした。一昔前の警察官かな??または地元の山岳警備ボランティアか。まー、とにかくコッチはぷんぷん丸でーす🤣 そんな引っ張ってもらわないと登れなぁ〜い💦って山行してるつもりは無いんですけど、まあそー見えたんでしょうね😅

そうそう、さすがessanさん、よくご存知で(爆)。高所恐怖症が好んで残雪の高い山に行きたくは無いですもんね♪ でも一応相棒の名誉のためにお伝えすると、彼はすでにこの時期の劔は制覇してます!という事もあって、モチベーションもゼロだったと言うのも否めず😅そして私も昨秋に行ったばかりだったので『あ〜、平蔵谷からの登り返がやだなぁ、、、』とかちょっとやる気スイッチ入らなかったんですよー。胸騒ぎには従うって言うのは大切ですね☺️
相棒の過去レコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1471980.html
2022/5/17 13:04
『女を連れ・・』は、ないですよね〜
ほんと「ロープ無い人はダメ」で済む話なのに〜
残雪期の劔、機会があったらリベンジして下さいね

今回は両日とも曇りだったのに、夕焼けの何て綺麗な事!!

それから私も将棋の事は全く分からないのですが・・(駒の動かし方くらいは知っている)、tsukadonさんとのコメントのやり取りがとっても面白かったです
2022/5/17 13:53
popieさん、普段あまりそう言う立場で物を言われない社会に身を置いているから、久しぶりに聞いて面食らいました〜🤣🤣🤣 意味を咀嚼するまで2秒くらいかかったから、反応出来なくて返って良かったのかもです😂
もちろん、そんなぶっきらぼうな命令口調でオッチャンも話した訳じゃなくて普通のトーンだったんですけど、ズバリ女の人を連れてくならロープが無いと引っ張り上げてあげられないと仰ってましたわ😅 きっと昔はとても優しい紳士な山男さんだったのだと想像いたします😊

将棋はルールは知ってて小さい頃もよく従兄弟や友達とやってたんですけど、とにかくセンスがない事は変わってません💦人生で勝った事あったかなぁ🤔
2022/5/17 16:54
警備隊の人?の言うことももっともな話です。
アルパインクライミングなんかも目標のルート、最難ピッチやれるよう岩トレして初めて取り付きに立てる訳ですし。
そもそもそれで怯むような覚悟なら行っちゃダメってことでしょう。
農鳥オヤジはどデカい声で言います、「あんたじゃ無理だ」とか…本人耳が遠いんで自然と声デカくなるんですが。
言い方がアレですが善意じゃないかと思います。
それと一番アテになるのは自身の第六感。
私も山岳会の山行やら気乗りしない時は不参加にしますし、強風やら核心部前にして慄いて撤退したこと幾多。

私は北アルプスはてんで興味無いんですが剱と立山は以前富山に赴任したこともあって憧れです。
今年山岳会で行く予定があるので今からとても楽しみです。

harubo33さんの将棋は意外な感じでした。
2022/5/17 20:22
tomhigさんこんばんは〜(^^)いやほんと仰る通りです!そして私は決してオッチャンに言われた内容に全く違和感は無いと思って聞いたましたが、何よりもまぁその言い方が古い古い💧『女=男性にロープで引っ張ってもらって登る場所』のアンコンシャスバイアスの塊で物言うな〜😅って思って反応してしまいましたわ。もしかしたら私がスパルタンを引っ張るかもしれないじゃ無いですかねぇ!(‥‥無いけど🤣)私がスパルタンのガイドかも知れないという可能性は考えないんだな〜ってところがイヤでした。
ロープが無い人がこの時期劔は危ないと言うのはまさにその通り!そして、そんなオッチャンの水差しがあったからなのか、夢見の悪かった我々は無事に楽しく観光周回となりましたよ〜😊
仕事ではいつも第6感が狂ったら潮時だなと思っていますが、山も同じかも知れませんね。でも山でそれを悟る時は手遅れなのかも💦って思って今後も慎重にいきたいと思ってます。

あ、追伸です😊農鳥オヤジさんの宿に絶対泊まれという指令がスパルタンから出ていて、いつか実行に追い込まれそうな予感です😅将棋のように詰められて四面楚歌になる日も近いような。。。笑
2022/5/17 20:47
FM長野を聞いていたら、大谷さんに会いに行くというリスナーのメッセージが読まれていて、
大リーグ?と思ったら立山の大谷さんて。。。そのリスナーさんってharuboさんだったの?(笑)
私も今年の立山は雪山テント泊ビュー&国見岳に行きたかったんですよ。でも例のコロナかもという不安で
やめたんです。ライチョウが出迎えてくれて良かったですね。
雄山まで寒かったんだ〜。。。無事で良かったです。ずっと稜線だから寒そう.
ご褒美ライチョウソフトいいな〜何層にもなっていておしゃれ〜
2022/5/17 22:15
hapiraさん、リスナーさんと同じ『大谷さん』表現してますけど、私がそのリスナーではないです😆ラジオとかテレビに投稿した事一度も無いな〜。
そっか!雪山テント泊デビュー予定だったんですね✨残雪期は昼間は暑いし夜は寒いし、雪は汚くて水作りにくいし、、、と真冬とはまた違った試練があると思いますよー☆ 真冬の八ヶ岳テントとかもhapiraさんには良いかも😊
あのテントで寝る極寒を味わってもらいたいよ〜笑
2022/5/18 9:16
いつも思う…
いいなぁ〜
羨ましいなぁ〜って☺️

第六感Sixth Senseて大切ですよ。
おっちゃんの言葉も考えようによっては、無茶するなと引き止めてくれたのかもしれませんね。
2022/5/17 23:13
Aiwanwanさん、私もAiwanwanさんみたいに物凄い健脚になりたいなー♡って、いつも羨ましく思って拝見してます😊
シックスセンス、、、そんな映画があったなぁーって全然関係ない事思い出しました 笑
お山での後悔は手遅れになるだろうから、こうやって言ってくれるオッチャンの存在は大切ですね〜
2022/5/18 9:19
harubo33さんご無沙汰です

...って、えー!私も15日〜16日、室堂にいました!
今回は登山目的ではなかったので、無理矢理ナイトで雄山と大汝山に登ってきましたが、もしかしたら時間的に、室堂ですれ違っていたかもです笑
またどこかですれ違えたら嬉しいですw
2022/5/18 13:23
nori813さんこんばんは(^^)
ホントですねー!!再会果たしたかったです〜。。。
月曜日の室堂は団体ツアーが多くて意外に混んでてビックリしませんでしたか??日曜日の方が比較的空いてて良かったなーって(^^)
noriさんは最近はお仕事も落ち着かれたんでしょうか。また今後もどこかのお山でバッタリを期待しています!
2022/5/19 1:02
haruboさん
こんばんは^ ^
残雪期の立山泊まりで行ってたんですね!!
良いですね!
残雪期限定の山や雪の回廊行ってみたい

まだ立山行った事無く、天気次第で行けたら来月行きたいなって考え中です^ ^


2022/5/19 23:01
saka1976さんおはようございます!
立山は扇沢まではアクセス余裕ですけどそこからが長いんですよね〜😅
でもぜひ、行かれるなら大満喫されて来てください✨ 来月はさらに緑と残雪のコラボが美しい時期になってると思いますよー!
2022/5/20 7:42
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ