また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510873 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳(初めての北アルプスは最高のお天気!)

日程 2014年09月11日(木) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候晴れ(登頂時のみ若干ガス)
アクセス
利用交通機関
電車バス
往)9/11(木) 高速バス:新宿BT21:40-0:52松本BT ※松本のホテルに宿泊  
  9/12(金) 電車:松本6:32-7:02新島々  バス:新島々BT7:15-8:20上高地BT
        ※上高地BTに着いたら帰りのバスの整理券を窓口で貰う
復)9/14(日) バス:上高地BT16:00-17:05新島々BT 電車:新島々17:24-17:53
        ※整理券の番号順に乗車のため並ぶ必要はなし
        ※この日は100名ほどの乗客のためバスは3台で発車
       高速バス:19:00-- 9/15(月)02:30新宿BT 
        ※中央高速47km大渋滞のため4時間遅れで到着(涙)
■「上高地ゆうゆうきっぷ 新宿版」利用し上記全てで8,200円!!  
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間20分
休憩
45分
合計
5時間5分
S河童橋09:3010:20明神 (明神館)10:3011:35徳澤園12:0012:50横尾13:0014:35槍沢ロッジ
2日目
山行
6時間20分
休憩
1時間5分
合計
7時間25分
槍沢ロッジ06:1507:45槍沢大曲り08:40天狗原分岐08:5010:05坊主岩小屋下10:1011:00殺生分岐11:1012:00槍ヶ岳山荘12:3013:00槍ヶ岳山頂13:1013:40槍ヶ岳山荘
3日目
山行
7時間5分
休憩
1時間55分
合計
9時間0分
槍ヶ岳山荘06:3007:45槍沢・天狗原分岐08:15天狗池08:3008:50槍沢・天狗原分岐09:0009:38槍沢大曲り10:20槍沢ロッヂ10:2810:53一ノ俣10:5511:35横尾 (横尾山荘)11:5012:35徳澤園12:4513:55カッパ橋14:20上高地温泉ホテル15:1515:30上高地BT
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■上高地BT−横尾山荘:ほぼ平坦で広い道
■横尾山荘−槍沢ロッジ:道幅は狭くなるが歩きやすい山道。ロッジ手前の登りが若干キツイだけでそれ以外は快適な道。
■槍沢ロッジ−槍ヶ岳山荘:
 *槍沢大曲−天狗原分岐間に一ケ所雪渓があるが、アイゼンは不要、但し安全のためストックはあった方が良い。
 *天狗原分岐を過ぎ、しばらくすると広大な景色の中に槍ヶ岳がドーンと姿を現すがどんどん急登になってくる。
 *槍ヶ岳山荘直下はジグザグな急登でかなりキツイ。
■槍ヶ岳山荘−山頂:渋滞するが混雑状況は一目でわかる。通常往復1時間ほどだが下りの方が時間がかかる。山頂は狭く、記念写真を撮り一息入れたら後の人に場所を譲りましょう。
■天狗原分岐−天狗池:池まで往復するなら分岐にザックをデポして行くと良い。
 思ったより登るのでペース配分が大事。ガレ場は○印と目印の竹竿に沿って行く。
その他周辺情報■松本の宿泊
 松本に夜中に着いてしまうので安いビジネスホテルをじゃらんで探し予約
 松本ツーリストホテル 「旧館だから【わけあり】南館シングル(喫煙)」4,200円
 ※素泊まり ※チェックインは25時までOK ※大浴場あり 
 ※無料ミネラルウォーターあり(水筒に頂きました)
■上高地の立寄り温泉
 上高地温泉ホテルの立寄り湯 800円(自販機でチケットを購入に入場) 
 ※上高地BTから徒歩20分あり登山後に立寄るには不便。そのせいか3連休中日だったがガラガラでした。
 ※受付は15時迄なので注意。  
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

松本駅から松本電鉄上高地線のなぎさTRAINで新島々駅を目指します。
2014年09月12日 06:32撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本駅から松本電鉄上高地線のなぎさTRAINで新島々駅を目指します。
新島々バスターミナルは新島々駅に併設されています。
2014年09月12日 07:08撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新島々バスターミナルは新島々駅に併設されています。
新島々バスターミナルから今度はバスで上高地を目指します。
2014年09月12日 07:08撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新島々バスターミナルから今度はバスで上高地を目指します。
上高地バスターミナルに着くといきなり穂高がドーン!
2014年09月12日 08:36撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナルに着くといきなり穂高がドーン!
2
上高地河童橋付近ではのんびり絵を描く人も。
2014年09月12日 08:52撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地河童橋付近ではのんびり絵を描く人も。
本当なら先月登る筈だった奥穂高岳がくっきり。
2014年09月12日 08:59撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当なら先月登る筈だった奥穂高岳がくっきり。
1
河童橋からは梓川の正面に焼岳の雄姿が。
2014年09月12日 09:05撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋からは梓川の正面に焼岳の雄姿が。
2
河童橋を出てすぐの清水橋。
澄んだ水と輝く水草の緑に思わず足を止めてしまいます。
2014年09月12日 09:34撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋を出てすぐの清水橋。
澄んだ水と輝く水草の緑に思わず足を止めてしまいます。
1
しばらくは両側がキャンプ場の遊歩道を進みます。
2014年09月12日 09:37撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは両側がキャンプ場の遊歩道を進みます。
道端に見つけたキツリフネソウ。
2014年09月12日 09:42撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端に見つけたキツリフネソウ。
笹が茂る樹林帯の広い道が続きます。
2014年09月12日 09:53撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が茂る樹林帯の広い道が続きます。
左手の梓川越しに明神岳が大きく姿を現します。
この先道は明神岳を左に巻くように進みますが、それに従い山容が徐々に変化し目を楽しませてくれます。
2014年09月12日 10:02撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の梓川越しに明神岳が大きく姿を現します。
この先道は明神岳を左に巻くように進みますが、それに従い山容が徐々に変化し目を楽しませてくれます。
1
日光を受けた葉を裏から見上げるとまるで春の新緑のように美しいです。
2014年09月12日 10:05撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光を受けた葉を裏から見上げるとまるで春の新緑のように美しいです。
サラシナショウマ
いたる所に見られる。
まるで白猫のしっぽのようで思わず触りたくなります。
2014年09月12日 10:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
いたる所に見られる。
まるで白猫のしっぽのようで思わず触りたくなります。
1
ノコンギク
淡い紫色に癒されます。
2014年09月12日 10:13撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク
淡い紫色に癒されます。
1
約50分で明神に到着。
正面に見える明神岳が美しいです。
時間があれば明神池、穂高神社奥宮に寄りたかったのですが、今回はパス。
2014年09月12日 10:23撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約50分で明神に到着。
正面に見える明神岳が美しいです。
時間があれば明神池、穂高神社奥宮に寄りたかったのですが、今回はパス。
穂高奥宮参道の碑の裏にはカンボクの真っ赤な実が沢山実っていました。
秋がもうすぐそこまで来ています。
2014年09月12日 10:29撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高奥宮参道の碑の裏にはカンボクの真っ赤な実が沢山実っていました。
秋がもうすぐそこまで来ています。
2
この時期、ルート沿いにはトリカブトの花も沢山見られます。
2014年09月12日 10:35撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期、ルート沿いにはトリカブトの花も沢山見られます。
1
中にはこんなに白っぽい花も。
2014年09月12日 10:36撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中にはこんなに白っぽい花も。
1
明神岳も徐々に姿を変え、1峰から4峰までギザギザ頭が見えてきます。
2014年09月12日 10:39撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岳も徐々に姿を変え、1峰から4峰までギザギザ頭が見えてきます。
1
ノコンギク
花の盛りは過ぎたものの道端に目を凝らすと可憐な花々がひっそりと咲いています。
2014年09月12日 10:43撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク
花の盛りは過ぎたものの道端に目を凝らすと可憐な花々がひっそりと咲いています。
1
シダの葉に木漏れ日があたり美しいです。
2014年09月12日 10:52撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダの葉に木漏れ日があたり美しいです。
ルート脇の小さな古池。
静寂の中、立ち枯れした木が神秘的です。
2014年09月12日 10:56撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート脇の小さな古池。
静寂の中、立ち枯れした木が神秘的です。
1
マムシグサの実も徐々に赤くなっています。
2014年09月12日 11:00撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサの実も徐々に赤くなっています。
1
クロトウヒレン
変わった形のアザミですね。
2014年09月12日 11:01撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロトウヒレン
変わった形のアザミですね。
マッシュルームのような真ん丸キノコ。
2014年09月12日 11:02撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マッシュルームのような真ん丸キノコ。
2
トリカブトの花を前からパチリ。
いつ見ても不思議な形の花です。
2014年09月12日 11:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトの花を前からパチリ。
いつ見ても不思議な形の花です。
梓川の河原越しに明神岳をパノラマで撮ってみました。
2014年09月12日 11:15撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川の河原越しに明神岳をパノラマで撮ってみました。
2
不思議な形の花。なんだろう?
2014年09月12日 11:16撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議な形の花。なんだろう?
こちらも不思議な花。
2014年09月12日 11:17撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも不思議な花。
目を凝らすと可愛い赤い実がこっそり顔を覗かせています。
2014年09月12日 11:18撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目を凝らすと可愛い赤い実がこっそり顔を覗かせています。
樹林帯から広い河原に出るポイント。
その先の景色にワクワクします。
2014年09月12日 11:21撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯から広い河原に出るポイント。
その先の景色にワクワクします。
梓川に近づくと展望が開け、明神岳や前穂高岳に突き上げる急峻な岩場が見られるようになります。
2014年09月12日 11:24撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川に近づくと展望が開け、明神岳や前穂高岳に突き上げる急峻な岩場が見られるようになります。
1
このあたりからは前方の景色も開けます。
2014年09月12日 11:24撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりからは前方の景色も開けます。
再び樹林帯に入ると、間もなく徳沢ロッジと徳沢園の分岐です。
2014年09月12日 11:27撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び樹林帯に入ると、間もなく徳沢ロッジと徳沢園の分岐です。
徳沢園の前に広がるキャンプ場。
まるで広い芝生の公園のようで、のんびりお弁当を広げる人々の姿が見られました。
2014年09月12日 11:34撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園の前に広がるキャンプ場。
まるで広い芝生の公園のようで、のんびりお弁当を広げる人々の姿が見られました。
徳沢園。
カレーライスとソフトクリームが名物らしい。
ソフトクリームは下山時までガマンします。
2014年09月12日 11:36撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園。
カレーライスとソフトクリームが名物らしい。
ソフトクリームは下山時までガマンします。
井上靖の小説「氷雪」のモデルとなった徳沢園。
「氷雪の宿」という看板を掲げています。
2014年09月12日 11:37撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井上靖の小説「氷雪」のモデルとなった徳沢園。
「氷雪の宿」という看板を掲げています。
1
徳沢園のカレーライスに後ろ髪を引かれつつ、本日の昼食のジャンボどら焼きを頂きます。
これ1個で結構腹は膨れ、高カロリーです。
パンと違い潰れてもあまりショックを受けないので最近はよく山に持ってきます。家の近所の百均で買いました。
2014年09月12日 11:40撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園のカレーライスに後ろ髪を引かれつつ、本日の昼食のジャンボどら焼きを頂きます。
これ1個で結構腹は膨れ、高カロリーです。
パンと違い潰れてもあまりショックを受けないので最近はよく山に持ってきます。家の近所の百均で買いました。
2
しばらくは針葉樹と広葉樹が混在した明るい道が続きます。
2014年09月12日 12:21撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは針葉樹と広葉樹が混在した明るい道が続きます。
またまたトリカブト。
何故かこの花を見かけるとついついシャッターを切ってしまいます。
2014年09月12日 12:25撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたトリカブト。
何故かこの花を見かけるとついついシャッターを切ってしまいます。
再び梓川沿いの道になると、この先ゆるやかにアップダウンを繰り返すようになる。
2014年09月12日 12:33撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び梓川沿いの道になると、この先ゆるやかにアップダウンを繰り返すようになる。
ホタルブクロ
2014年09月12日 12:39撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
地面に生えた白いキノコ。
2014年09月12日 12:45撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面に生えた白いキノコ。
ノコンギク
この花、上高地を出た時から度々見かけましたが、標高が上がるにしたがって美しさが増してきました。
やはり上ほど気温が低く花の盛りが遅くなっているのでしょう。
2014年09月12日 12:45撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク
この花、上高地を出た時から度々見かけましたが、標高が上がるにしたがって美しさが増してきました。
やはり上ほど気温が低く花の盛りが遅くなっているのでしょう。
ノコンギク
写真では今一表現できませんが、実物は美しい菫色です。
2014年09月12日 12:51撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク
写真では今一表現できませんが、実物は美しい菫色です。
横尾に到着。
上高地からここまでの3時間半、ほとんど平らな歩きやすい遊歩道でした。
2014年09月12日 12:56撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾に到着。
上高地からここまでの3時間半、ほとんど平らな歩きやすい遊歩道でした。
1
横尾を過ぎると急に登山道らしく細い道になります。
涸沢方面に向かう人がいなくなり、登山者も減り、急に静かになります。
2014年09月12日 13:08撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾を過ぎると急に登山道らしく細い道になります。
涸沢方面に向かう人がいなくなり、登山者も減り、急に静かになります。
道端の倒木にキノコ発見!
童話に出てきそうな“いかにも”といった感じのキノコです。
2014年09月12日 13:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端の倒木にキノコ発見!
童話に出てきそうな“いかにも”といった感じのキノコです。
1
“いかにも”キノコが生えていた倒木。
なにやら動物の顔に見えなくもない…。
2014年09月12日 13:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
“いかにも”キノコが生えていた倒木。
なにやら動物の顔に見えなくもない…。
2
河原越しに見る屏風岩。
涸沢に向かうルートとは違い、槍沢ルートからはあまり見られない。
2014年09月12日 13:11撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原越しに見る屏風岩。
涸沢に向かうルートとは違い、槍沢ルートからはあまり見られない。
木に沢山生えた大きな白いキノコ。
2014年09月12日 13:16撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に沢山生えた大きな白いキノコ。
再び梓川左岸を緩やかに登って行きます。
2014年09月12日 13:20撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び梓川左岸を緩やかに登って行きます。
ゴゼンタチバナの実かな?
2014年09月12日 13:24撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナの実かな?
道沿いにキツリフネソウの群生が見られました。
2014年09月12日 13:30撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いにキツリフネソウの群生が見られました。
3
槍見河原
初めて憧れの槍ヶ岳を生で見られる場所として期待していたが意外にも人は少なく横浜から来たというイケメン2人のみ。
イケメンくんの1人が「そこからチョコッとだけ穂先が見えますよ」と教えてくれたポイントに立つと確かに穂先が見えました。
2014年09月12日 13:42撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍見河原
初めて憧れの槍ヶ岳を生で見られる場所として期待していたが意外にも人は少なく横浜から来たというイケメン2人のみ。
イケメンくんの1人が「そこからチョコッとだけ穂先が見えますよ」と教えてくれたポイントに立つと確かに穂先が見えました。
初めて見た槍の穂先!
地味な景色ですが感動しました。でも正面の木が大きくなったらここからも見えなくなってしまうでしょう。
それにしても気づかずに通り過ぎる人の多いこと。
実に地味なビューポイントでした。(笑)
2014年09月12日 13:42撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて見た槍の穂先!
地味な景色ですが感動しました。でも正面の木が大きくなったらここからも見えなくなってしまうでしょう。
それにしても気づかずに通り過ぎる人の多いこと。
実に地味なビューポイントでした。(笑)
頑丈そうな橋を渡ると一ノ俣。
この先にはすぐに二ノ俣があります。
2014年09月12日 13:53撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑丈そうな橋を渡ると一ノ俣。
この先にはすぐに二ノ俣があります。
崩落地を横切ります。
落石に注意が必要です。
2014年09月12日 14:02撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地を横切ります。
落石に注意が必要です。
1
二ノ俣を過ぎ、再び大きな橋を渡ります。
2014年09月12日 14:06撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ俣を過ぎ、再び大きな橋を渡ります。
1
槍沢に沿って歩きます。
とっても気持ちの良い道ですが、この先登りが徐々にきつくなります。
2014年09月12日 14:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢に沿って歩きます。
とっても気持ちの良い道ですが、この先登りが徐々にきつくなります。
またまた赤い実。
2014年09月12日 14:20撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた赤い実。
標高が上がるにつれ、今まで見られなかった花が現れてきます。
2014年09月12日 14:24撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるにつれ、今まで見られなかった花が現れてきます。
“もうすぐ”という言葉に励まされます。
2014年09月12日 14:25撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
“もうすぐ”という言葉に励まされます。
最後の石畳の道。
樹林帯をジグザグに登ります。
2014年09月12日 14:26撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の石畳の道。
樹林帯をジグザグに登ります。
本日の宿「槍沢ロッジ」に到着!!
2014年09月12日 14:33撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の宿「槍沢ロッジ」に到着!!
1
小屋前からは木々の間に穂先が見られます。
ちょっと遠いですが…。
2014年09月12日 14:53撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前からは木々の間に穂先が見られます。
ちょっと遠いですが…。
でも大丈夫。
ちゃんと望遠鏡が置いてあり、除くと頂上の人まで見ることができました。
2014年09月12日 14:55撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも大丈夫。
ちゃんと望遠鏡が置いてあり、除くと頂上の人まで見ることができました。
1
受付を済ませ、とりあえずビール!
やっぱり生は美味い!!
この後、風呂で汗を流しさっぱりしました。
2014年09月12日 15:03撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
受付を済ませ、とりあえずビール!
やっぱり生は美味い!!
この後、風呂で汗を流しさっぱりしました。
1
本日の夕飯。
チキンソテー(?)とっても美味しかったです。
2014年09月12日 17:08撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の夕飯。
チキンソテー(?)とっても美味しかったです。
1
翌日の朝食。
焼き鮭に卵焼きに味付け海苔。
旅館の朝食みたいですが、何故かホッとします。
2014年09月13日 05:10撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日の朝食。
焼き鮭に卵焼きに味付け海苔。
旅館の朝食みたいですが、何故かホッとします。
1
廊下は掃除が行き届いておりピカピカです。
靴とザックは基本的に廊下に置きます。
2014年09月13日 06:00撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廊下は掃除が行き届いておりピカピカです。
靴とザックは基本的に廊下に置きます。
寝床は2段ベッドの上でした。
例によってキツキツでしたが、偶然小生の隣が一人分空いていたのでゆったり寝ることができました。
2014年09月13日 06:00撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝床は2段ベッドの上でした。
例によってキツキツでしたが、偶然小生の隣が一人分空いていたのでゆったり寝ることができました。
翌朝6:20出発。
いよいよ槍ヶ岳を目指します。
2014年09月13日 06:20撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝6:20出発。
いよいよ槍ヶ岳を目指します。
峰の上には月がまだ出てました。
2014年09月13日 06:20撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の上には月がまだ出てました。
標高が上がるにつれ、赤い実が目立ってきました。
やはり秋は山の上から下りてきています。
2014年09月13日 06:26撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がるにつれ、赤い実が目立ってきました。
やはり秋は山の上から下りてきています。
槍見
「槍見」というからには岩の上から槍ヶ岳が見えるのだろう、ということで上の大きな岩によじ登ってみました。
2014年09月13日 06:32撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍見
「槍見」というからには岩の上から槍ヶ岳が見えるのだろう、ということで上の大きな岩によじ登ってみました。
おおっ!槍の先っちょが見えた!
今日もお天気の様で雄大な景色が期待できそうです。
2014年09月13日 06:30撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ!槍の先っちょが見えた!
今日もお天気の様で雄大な景色が期待できそうです。
1
ナナカマドの赤い実。
葉はまだ色が変わっていません。
2014年09月13日 06:58撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの赤い実。
葉はまだ色が変わっていません。
ババ平キャンプ場。
2014年09月13日 07:00撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ババ平キャンプ場。
ババ平を過ぎると徐々に展望が開けてきます。
2014年09月13日 07:07撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ババ平を過ぎると徐々に展望が開けてきます。
1
ミヤマトリカブト
上に行くほどトリカブトの花が増え、花の色も濃くなってきました。
2014年09月13日 07:08撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマトリカブト
上に行くほどトリカブトの花が増え、花の色も濃くなってきました。
槍沢大曲
ここからは正面の展望が更に開け、北アルプスを実感しながら歩けます。
2014年09月13日 07:33撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢大曲
ここからは正面の展望が更に開け、北アルプスを実感しながら歩けます。
1
回りには高山植物が徐々に増えてきます。
2014年09月13日 07:33撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回りには高山植物が徐々に増えてきます。
1
正面に雪渓が見えてきました。
あっ、雪渓を登るんだ。
2014年09月13日 07:39撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に雪渓が見えてきました。
あっ、雪渓を登るんだ。
2
ハクサンフウロ
夏の高山では君によく出会うね。
2014年09月13日 07:41撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
夏の高山では君によく出会うね。
1
ゆるやかな登りのためあまり登っている実感はありませんが、後ろを振り向くとかなり登っていることが分かります。
2014年09月13日 07:46撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかな登りのためあまり登っている実感はありませんが、後ろを振り向くとかなり登っていることが分かります。
いよいよ雪渓です。
前を行く人たちに倣い、とりあえず雪渓脇を登って行きます。
2014年09月13日 07:49撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ雪渓です。
前を行く人たちに倣い、とりあえず雪渓脇を登って行きます。
途中からいよいよ雪渓を登ります。
踏み跡に足を合わせ登りますが、雪の表面が解けてすべりやすいので注意して一歩一歩登ります。
2014年09月13日 07:53撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からいよいよ雪渓を登ります。
踏み跡に足を合わせ登りますが、雪の表面が解けてすべりやすいので注意して一歩一歩登ります。
1
この辺りはまだまだ盛夏のように高山植物が沢山咲いています。
2014年09月13日 08:00撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはまだまだ盛夏のように高山植物が沢山咲いています。
1
ミヤマキンポウゲ
2014年09月13日 08:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
雪渓を越え、再び登山道を登りますが、勾配は徐々にキツクなってきました。
槍ヶ岳の姿は未だ見えません。
2014年09月13日 08:11撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を越え、再び登山道を登りますが、勾配は徐々にキツクなってきました。
槍ヶ岳の姿は未だ見えません。
天狗原分岐
天気も良いことだし、天狗池に寄って行こうかどうしようかとかなり迷いましたが、まずは槍ヶ岳に向かうことにしました。
天狗池には帰りに寄れたら寄ることにします。
2014年09月13日 08:38撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原分岐
天気も良いことだし、天狗池に寄って行こうかどうしようかとかなり迷いましたが、まずは槍ヶ岳に向かうことにしました。
天狗池には帰りに寄れたら寄ることにします。
後ろを振り返るとずいぶん登ってきたことが分かります。
2014年09月13日 08:52撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返るとずいぶん登ってきたことが分かります。
面白い実
赤い実が2つずつくっついています。
2014年09月13日 08:56撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白い実
赤い実が2つずつくっついています。
1
ナナカマドの赤い実が岩山と青空に映えます。
秋の紅葉もさぞかし美しいことでしょう。
2014年09月13日 08:58撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの赤い実が岩山と青空に映えます。
秋の紅葉もさぞかし美しいことでしょう。
道は更に急になりますが途中いくつか水場があり、清涼感を味わえます。
2014年09月13日 09:17撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は更に急になりますが途中いくつか水場があり、清涼感を味わえます。
徐々に景色が開け、槍ヶ岳に近づきつつあることが感じ取れます。
2014年09月13日 09:34撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に景色が開け、槍ヶ岳に近づきつつあることが感じ取れます。
1
そして…
遂に憧れの槍ヶ岳がその姿を現しました。
(先っぽだけじゃなく)
2014年09月13日 09:40撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして…
遂に憧れの槍ヶ岳がその姿を現しました。
(先っぽだけじゃなく)
2
本日の宿である槍ヶ岳山荘と殺生ヒュッテもはっきり見えます。
それにしてもなんてカッコいいんでしょう。
灰色の山肌が青空に映えます。
2014年09月13日 09:40撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の宿である槍ヶ岳山荘と殺生ヒュッテもはっきり見えます。
それにしてもなんてカッコいいんでしょう。
灰色の山肌が青空に映えます。
1
ここからは槍ヶ岳を正面に、ひたすら登って行きます。
2014年09月13日 09:56撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは槍ヶ岳を正面に、ひたすら登って行きます。
アオノツガザクラ
2014年09月13日 10:03撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
1
坊主岩屋下
2014年09月13日 10:06撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主岩屋下
チングルマの果穂が風に揺れています。
2014年09月13日 10:12撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの果穂が風に揺れています。
イワツメグサ
2014年09月13日 10:15撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメグサ
1
これが槍ヶ岳を開山した播隆上人が泊まった岩窟だそうな。
2014年09月13日 10:20撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが槍ヶ岳を開山した播隆上人が泊まった岩窟だそうな。
徐々に槍ヶ岳が大きくなってくる。
登りはキツイが雄大な景色を見ながら登ると気分が紛れる。
2014年09月13日 10:26撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に槍ヶ岳が大きくなってくる。
登りはキツイが雄大な景色を見ながら登ると気分が紛れる。
ミヤマリンドウ
2014年09月13日 10:27撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
あまりの素晴らしさに記念写真!
2014年09月13日 10:38撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりの素晴らしさに記念写真!
3
殺生分岐
ここまで来ると周りはすべて石と岩。
2014年09月13日 11:04撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺生分岐
ここまで来ると周りはすべて石と岩。
それにしても凄い山容です。
本当にあのてっぺんに登れるんだろうか…。
2014年09月13日 11:04撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても凄い山容です。
本当にあのてっぺんに登れるんだろうか…。
1
あまりのお天気の良さと槍ヶ岳のカッコ良さに感動し、再び記念写真!
2014年09月13日 11:06撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりのお天気の良さと槍ヶ岳のカッコ良さに感動し、再び記念写真!
さあ、最後の急登です。
槍ヶ岳山荘目指し、ジグザグにガレ場を登って行きます。
2014年09月13日 11:18撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、最後の急登です。
槍ヶ岳山荘目指し、ジグザグにガレ場を登って行きます。
2
なんと!横の小さな雪渓でスキーをしている人を発見!
あんなところで滑るなんて、凄すぎです。
2014年09月13日 11:20撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと!横の小さな雪渓でスキーをしている人を発見!
あんなところで滑るなんて、凄すぎです。
1
なんかこのまま山頂目指して岩場を登って行くような錯覚に陥ります。
2014年09月13日 11:31撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかこのまま山頂目指して岩場を登って行くような錯覚に陥ります。
1
遂に槍ヶ岳山荘に到着です!
ああ、しんどかった。
2014年09月13日 11:52撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に槍ヶ岳山荘に到着です!
ああ、しんどかった。
山頂へは思ったほど渋滞していない感じ。
山小屋の受付を済ませたらすぐに山頂を目指そう。
2014年09月13日 11:54撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へは思ったほど渋滞していない感じ。
山小屋の受付を済ませたらすぐに山頂を目指そう。
山頂付近にガスが出てきたようです。
天よ!もうちょっとだけ待ってください!!
2014年09月13日 11:55撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近にガスが出てきたようです。
天よ!もうちょっとだけ待ってください!!
日付印が押してあり、良い記念になります。
2014年09月13日 12:05撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日付印が押してあり、良い記念になります。
裏:本日の寝床番号
2014年09月13日 12:05撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏:本日の寝床番号
さて、いよいよ山頂アタックです。
それにしても結構キツそうです。
2014年09月13日 12:26撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、いよいよ山頂アタックです。
それにしても結構キツそうです。
1
いきなり両手を使って岸壁をよじ登ります。
2014年09月13日 12:28撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり両手を使って岸壁をよじ登ります。
登りと下りのルート基本的に分けられており、は矢印を確認し進みます。
2014年09月13日 12:31撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りと下りのルート基本的に分けられており、は矢印を確認し進みます。
1
岸壁の上には梯子が見えてきました。
2014年09月13日 12:34撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岸壁の上には梯子が見えてきました。
片側は切り立った崖です。
2014年09月13日 12:35撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片側は切り立った崖です。
1つ目の梯子
ほぼ直角に立ってます。
2014年09月13日 12:39撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目の梯子
ほぼ直角に立ってます。
1
振り返るとずいぶん登ったことが分かります。
2014年09月13日 12:41撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとずいぶん登ったことが分かります。
1
2つ目の梯子
梯子を過ぎてから次の梯子まで岩場を登るのが大変です。
2014年09月13日 12:41撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の梯子
梯子を過ぎてから次の梯子まで岩場を登るのが大変です。
2つ目の梯子
左が登り専用で右が下り専用。
2014年09月13日 12:48撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の梯子
左が登り専用で右が下り専用。
1
3つ目の梯子
いよいよ最後の梯子です。
まるで天に登って行くように見えます。
2014年09月13日 12:49撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ目の梯子
いよいよ最後の梯子です。
まるで天に登って行くように見えます。
1
遂に3180mの山頂に到着!!
直前にガスが出て、残念ながら360度の大パノラマは見られませんが、大満足です。
2014年09月13日 12:53撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に3180mの山頂に到着!!
直前にガスが出て、残念ながら360度の大パノラマは見られませんが、大満足です。
2
皆さん、順番で記念撮影。
両手を頭の上で合わせる槍ヶ岳ポーズをとる人が殆どですが
57歳のオジサンとしては少々恥ずかしいので普通に撮りました。(笑)
2014年09月13日 12:55撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん、順番で記念撮影。
両手を頭の上で合わせる槍ヶ岳ポーズをとる人が殆どですが
57歳のオジサンとしては少々恥ずかしいので普通に撮りました。(笑)
1
最後の梯子を上から見たところ。
まだまだ続々と登って来ます。
2014年09月13日 12:58撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の梯子を上から見たところ。
まだまだ続々と登って来ます。
1
槍ヶ岳山荘を眼下にお弁当を食べる女性。
物凄い高度感です。
2014年09月13日 12:59撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘を眼下にお弁当を食べる女性。
物凄い高度感です。
小槍を上からパチリ。
コ、コワ〜!!
とてもじゃないが、あの上でアルペン踊りなんか踊れないっす。(汗)
2014年09月13日 13:00撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小槍を上からパチリ。
コ、コワ〜!!
とてもじゃないが、あの上でアルペン踊りなんか踊れないっす。(汗)
2
さて、そろそろ下りますか。
なんか下りる方が怖そうです。
2014年09月13日 13:05撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ下りますか。
なんか下りる方が怖そうです。
うわぁ、山小屋まであそこのジグザグ道を登って来たんだ。
我ながら良く登ったものです。
2014年09月13日 13:19撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわぁ、山小屋まであそこのジグザグ道を登って来たんだ。
我ながら良く登ったものです。
無事山荘まで下りて来ました。
安心感からか思わず年を忘れ“槍ヶ岳ポーズ”をしてしまいました。
2014年09月13日 13:32撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事山荘まで下りて来ました。
安心感からか思わず年を忘れ“槍ヶ岳ポーズ”をしてしまいました。
1
時間があったので千丈乗越方面に少し歩き、小槍を見てみました。
この角度からだと中々の迫力です。
2014年09月13日 13:36撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があったので千丈乗越方面に少し歩き、小槍を見てみました。
この角度からだと中々の迫力です。
1
千丈沢方面
2014年09月13日 13:36撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈沢方面
1
この辺り、トウヤクリンドウが沢山咲いてました。
とても清廉な感じの花です。
2014年09月13日 13:38撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺り、トウヤクリンドウが沢山咲いてました。
とても清廉な感じの花です。
2
槍ヶ岳山荘内部
全体的な感じは前日の槍沢ロッジに似ていますが、こちらの方が全然建物が大きく、作りが複雑です。
2014年09月13日 13:45撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘内部
全体的な感じは前日の槍沢ロッジに似ていますが、こちらの方が全然建物が大きく、作りが複雑です。
今日も2段ベッド
混み具合は昨日以上で、8人に布団7枚でした。
但し、部屋に寝られたのはまだましで、結局廊下や乾燥室まで人が溢れていました。
2014年09月13日 13:46撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も2段ベッド
混み具合は昨日以上で、8人に布団7枚でした。
但し、部屋に寝られたのはまだましで、結局廊下や乾燥室まで人が溢れていました。
殺生ヒュッテを見下ろしながらの遅い昼食です。
生ビールにラーメン。
ああ、幸せなひと時です。
2014年09月13日 13:53撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテを見下ろしながらの遅い昼食です。
生ビールにラーメン。
ああ、幸せなひと時です。
2
まだまだ登ってくる人の列は絶えません。
2014年09月13日 14:03撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ登ってくる人の列は絶えません。
1
頂上に目をやると、こちらも相変わらず大賑わいです。
2014年09月13日 14:04撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に目をやると、こちらも相変わらず大賑わいです。
翌朝 
槍ヶ岳山荘からご来光を仰ぎます。
日の出前のひととき。この時間がたまらなく好きです。
2014年09月14日 05:23撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝 
槍ヶ岳山荘からご来光を仰ぎます。
日の出前のひととき。この時間がたまらなく好きです。
1
遠く南アルプスと富士山も雲海の上に顔を出しています。
2014年09月14日 05:24撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く南アルプスと富士山も雲海の上に顔を出しています。
2
みんな日の出の瞬間を待っています。
2014年09月14日 05:24撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな日の出の瞬間を待っています。
1
正面の山の後ろが黄金色に輝き、間もなく日の出です。
2014年09月14日 05:27撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の山の後ろが黄金色に輝き、間もなく日の出です。
1
遂に朝日が昇りました。
あたりの空気が急に暖かくなります。
2014年09月14日 05:28撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に朝日が昇りました。
あたりの空気が急に暖かくなります。
なんて美しい日の出でしょう。
本当にここまで来て良かった。
2014年09月14日 05:30撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんて美しい日の出でしょう。
本当にここまで来て良かった。
3
パノラマ写真です。
2014年09月14日 05:31撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真です。
1
南アルプスと富士山もピンク色に染まります。
2014年09月14日 05:32撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスと富士山もピンク色に染まります。
2
槍ヶ岳山荘も暖かい光に包まれます。
2014年09月14日 05:33撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘も暖かい光に包まれます。
2
背後の笠ケ岳山頂にも朝日が当たりました。
2014年09月14日 05:37撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後の笠ケ岳山頂にも朝日が当たりました。
1
シルエットの槍ヶ岳をバックに、本日最初の記念撮影です。
2014年09月14日 05:40撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルエットの槍ヶ岳をバックに、本日最初の記念撮影です。
2
テラスのテーブルの上には真っ白な霜が降りています。
2014年09月14日 06:13撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスのテーブルの上には真っ白な霜が降りています。
笠ケ岳にもすっかり陽があたりました。
今日も良いお天気です。
2014年09月14日 06:17撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ケ岳にもすっかり陽があたりました。
今日も良いお天気です。
西鎌尾根方面
2014年09月14日 06:17撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根方面
槍ヶ岳山荘を出発します。
今日は上高地目指しひたすら下ります。
2014年09月14日 06:26撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘を出発します。
今日は上高地目指しひたすら下ります。
殺生分岐から見上げると、空にはまだ月が残っていました。
2014年09月14日 06:30撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺生分岐から見上げると、空にはまだ月が残っていました。
朝の槍ヶ岳
光の影響で昨日見たよりもゴツゴツして見えます。
2014年09月14日 06:47撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の槍ヶ岳
光の影響で昨日見たよりもゴツゴツして見えます。
物凄い存在感です。
2014年09月14日 06:48撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物凄い存在感です。
天狗平分岐まで降りて来ましたが、まだ空には月があります。
2014年09月14日 07:51撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗平分岐まで降りて来ましたが、まだ空には月があります。
イワギキョウ
2014年09月14日 07:53撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
1
迷った挙句、天神池に寄って行くことにしました。
ザックを分岐にデポし、身軽な格好で天狗平を横切って行きます。
2014年09月14日 07:57撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷った挙句、天神池に寄って行くことにしました。
ザックを分岐にデポし、身軽な格好で天狗平を横切って行きます。
天狗平からの槍ヶ岳
よくポスターやカレンダーに使われてますね。
2014年09月14日 08:05撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗平からの槍ヶ岳
よくポスターやカレンダーに使われてますね。
1
天神池
雪がやっと解けて“逆さ槍“が見られるようになりました。
思ったより小さな池でした。
2014年09月14日 08:21撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神池
雪がやっと解けて“逆さ槍“が見られるようになりました。
思ったより小さな池でした。
3
チングルマの果穂
2014年09月14日 08:28撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの果穂
そのすぐ横にはチングルマの花
この辺り初夏と晩夏が同居しています。
2014年09月14日 08:30撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのすぐ横にはチングルマの花
この辺り初夏と晩夏が同居しています。
モミジカラマツ
2014年09月14日 08:37撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
これが今回の槍ヶ岳の見納めです。
ありがとう!またいつか来るよ!
2014年09月14日 08:47撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが今回の槍ヶ岳の見納めです。
ありがとう!またいつか来るよ!
1
ハクサンフウロ
2014年09月14日 09:30撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
1
山をバックにミヤマトリカブト
2014年09月14日 09:34撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山をバックにミヤマトリカブト
2
ノコンギク
2014年09月14日 10:15撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク
徳沢園で行に我慢した名物のソフトクリームを食べます
2014年09月14日 12:34撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園で行に我慢した名物のソフトクリームを食べます
1
う〜ん、美味い!
2014年09月14日 12:36撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、美味い!
3
最後は上高地温泉ホテルで汗を流し、サッパリして帰りました。
上高地バスターミナルから20分程歩きちょっと不便ですが、その分空いています。
2014年09月14日 15:18撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は上高地温泉ホテルで汗を流し、サッパリして帰りました。
上高地バスターミナルから20分程歩きちょっと不便ですが、その分空いています。
1

感想/記録

一昨年富士登山のために発足したS登山隊。富士山に続き昨年は我が国第2峰の北岳に登り、今年は第3峰の奥穂高に登るという実に単純な?計画を立てていました。
ところが小生は仕事の都合で、他のメンバーも悪天候のため残念ながら今夏の奥穂高登山は中止となりました。
今回会社の休みが一日取れ、3連休と合わせ夢の4連休となったため、奥穂高のリベンジも兼ね急遽以前より憧れていた槍ヶ岳に一人で向かうことにしました。
北アルプス自体これが初めてです。

新宿から上高地行の直通バスが取れなかったため、新宿発21:40の高速バスで深夜松本に入り、一番安いビジネスホテルにチェックインし、翌朝電車・バスを乗り継いで上高地に入りました。結果的に直通の深夜バスよりもちゃんと睡眠が取れたので、この方が良かったかな?と思います。
また、今回は新宿−松本−新島々−上高地の往復切符である「上高地ゆうゆうきっぷ」を利用しましたが、8200円ですべての交通費が賄えたのは助かりました。

初めての上高地でしたが、抜けるような青空に穂高岳や焼岳がそびえ立つ素晴らしい景色にテンションは上がりっぱなしで、初日宿泊する槍沢ロッジまでの長い道のりを本当に楽しく、幸せな気分で歩きました。
途中、槍の穂先が見られるポイントでは初めての“生”槍ヶ岳に感動し、翌日の正式な”ご対面”に向けて否が応にも期待が膨らみました。

翌朝も晴天の中ロッジを後にし、一路槍ヶ岳を目指し歩き出しました。
中々槍ヶ岳は姿を現してくれませんでしたが、その分その壮大な姿を現した時には感動で体が震えました。なんと凛々しく素晴らしい山容でしょう。
なかなか姿を現してくれなかった槍ヶ岳ですが、一旦姿を現してからは登れども登れどもなかなか近づかない厳しい山でした。
昼過ぎに2日目の宿である槍ヶ岳山荘に到着し、チェックインを済ませた後、そのまま頂上を目指しました。
残念ながら頂上に着いた時にはガスが出てきたため360度の大パノラマは見られませんでしたが、それでも素晴らしい景色を堪能することができました。

翌朝山荘から見た見事なご来光、行き帰りに仰ぎ見た雄大な槍ヶ岳の姿、抜けるような青空…。素晴らしい景色に抱かれた3日間でした。本当に本当に大満足の山行となりました。
そして横浜から来たという39歳のイケメン2人組はじめ、記念写真のシャッターを切ってくださった多くの方々に感謝・感謝です。

来年は再びこの地を訪れ、是非とも奥穂高岳に挑戦したいと思います。

なお、すべてが順調に運んだ今回の山行でしたが、最後の最後に”落ち”がありました。松本を19時に発ち、22時半に新宿に着く筈だった高速バスが中央高速の大渋滞に捲き込まれ、何と4時間遅れの夜中の2時半に新宿に着きました。
当然電車は動いておらず埼玉の自宅には帰れません。
仕方なくタクシーで都内の実家に向かいました。(実家が近くて良かった…)
「行楽シーズンの連休に高速バスを使ってはいけない!」が今回の教訓です。(笑)
訪問者数:318人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ