また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512485 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

青空の下、秋の足音。後立山縦走(唐松岳〜白馬三山/テント泊)

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候9/13(土):ガス時々雨
9/14(日):晴れ時々ガス
9/15(祝):曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【往路】
八方尾根 第3駐車場(駐車料金:無料)を利用。
八方ゴンドラリフト(1400円)で八方池山荘まで。
【復路】
猿倉より、八方尾根第3駐車場までタクシー利用(3300円)
※猿倉でタクシー呼べます。相乗り可です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間28分
休憩
16分
合計
2時間44分
S八方池山荘09:1609:39八方山09:54八方池10:45扇雪渓10:4811:03丸山11:1612:00唐松岳頂上山荘
2日目
山行
6時間50分
休憩
1時間57分
合計
8時間47分
唐松岳頂上山荘06:2106:38唐松岳06:4507:20不帰嶮(不帰二峰南峰)07:3307:47不帰嶮(不帰二峰北峰)08:0208:49不帰嶮(不帰一峰)09:0209:18不帰キレット09:1909:57天狗ノ大下り10:2911:03天狗ノ頭11:0511:23天狗山荘11:3612:36鑓ヶ岳12:5513:47杓子岳13:4815:02丸山15:0315:08白馬岳頂上宿舎
3日目
山行
4時間7分
休憩
47分
合計
4時間54分
白馬岳頂上宿舎06:3406:54白馬山荘06:5507:08白馬岳07:2407:38白馬山荘07:3907:55白馬岳頂上宿舎08:0309:26岩室跡09:2710:27白馬尻小屋10:3910:44白馬尻荘10:4511:20猿倉荘11:2711:27猿倉登山口駐車場11:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全体的にしっかりしたルートです。
・多少の浮石、ガレ場に注意。
・白馬の大雪渓は例年より残っています。軽アイゼン必要。
その他周辺情報【温泉】八方温泉 第二郷の湯(600円)
広くはありませんが、ぬるりとした湯。よい泉質でした。
※第一郷の湯は現在工事中とのことです。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

ゴンドラ〜リフトで八方池山荘へ。
久々の2泊テント縦走、スタートです。
2014年09月13日 09:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ〜リフトで八方池山荘へ。
久々の2泊テント縦走、スタートです。
1
雲は多めながら、気持ちいい好天。
2014年09月13日 08:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は多めながら、気持ちいい好天。
登っていきます。
久々の山日和。まぁ、けっこうな人です。
2014年09月13日 09:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていきます。
久々の山日和。まぁ、けっこうな人です。
途中から渋滞モード。連休ですねぇ。
標高上げるとガスが出てきました。
2014年09月13日 11:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から渋滞モード。連休ですねぇ。
標高上げるとガスが出てきました。
左手には不帰キレット。
久々の再会。心躍る!
2014年09月13日 11:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には不帰キレット。
久々の再会。心躍る!
1
そして、唐松岳頂上山荘に到着。
まだ午前中ですがテント多し!連休コワイ!
2014年09月13日 11:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、唐松岳頂上山荘に到着。
まだ午前中ですがテント多し!連休コワイ!
2
テント張ってたら、雷鳥ファミリー登場!
こんな近くに遊びにきました。
2014年09月13日 13:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント張ってたら、雷鳥ファミリー登場!
こんな近くに遊びにきました。
1
なんとか設営完了。適地探すのタイヘンでした。
雨も降り出したため、のんびりとテント時間を過ごし1日目は終了。
2014年09月13日 14:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか設営完了。適地探すのタイヘンでした。
雨も降り出したため、のんびりとテント時間を過ごし1日目は終了。
2
2日目。朝。
おお!好天!
ガスの衣をまとった五竜。ええなぁ。
2014年09月14日 05:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。朝。
おお!好天!
ガスの衣をまとった五竜。ええなぁ。
1
山荘の向こうから、日が昇ってきます。
そして適地という適地にはテントぎっしり。
2014年09月14日 05:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の向こうから、日が昇ってきます。
そして適地という適地にはテントぎっしり。
1
剣・立山に差す朝日。
2014年09月14日 05:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣・立山に差す朝日。
1
照らされる、五竜。
2014年09月14日 05:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
照らされる、五竜。
唐松も、くっきり。
最高の朝です。
2014年09月14日 05:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松も、くっきり。
最高の朝です。
剣を見ながら、贅沢なコーヒータイム。
2014年09月14日 05:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣を見ながら、贅沢なコーヒータイム。
さて、白馬に向け、まずは唐松岳へ。
2014年09月14日 06:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、白馬に向け、まずは唐松岳へ。
山頂着〜。
360度の晴天!
2014年09月14日 06:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着〜。
360度の晴天!
これから進む稜線。
不帰キレット、天狗の大下り、そして白馬鑓。
2014年09月14日 06:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む稜線。
不帰キレット、天狗の大下り、そして白馬鑓。
1
振り返れば五竜、そして鹿島槍。
後立山、本当に好きな山域だー。
2014年09月14日 06:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば五竜、そして鹿島槍。
後立山、本当に好きな山域だー。
1
雲海。青空。太陽。本当に久しぶりの、山日和weekend。
サイコーでした。
2014年09月14日 06:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海。青空。太陽。本当に久しぶりの、山日和weekend。
サイコーでした。
1
さて、不帰キレットへと稜線を進みます。
2014年09月14日 07:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、不帰キレットへと稜線を進みます。
1
あぁ、しあわせな稜線歩き。
2014年09月14日 07:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あぁ、しあわせな稜線歩き。
1
山肌に、自分らの影。
こんな何気ないことが嬉しいぐらい、久々の好天。
2014年09月14日 07:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌に、自分らの影。
こんな何気ないことが嬉しいぐらい、久々の好天。
1
曲南峰から、核心部へ突入です。
2014年09月14日 07:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲南峰から、核心部へ突入です。
白馬⇒唐松より、今回の唐松⇒白馬のほうが難易度が上がりますね。下降の多いキレットになります。
2014年09月14日 08:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬⇒唐松より、今回の唐松⇒白馬のほうが難易度が上がりますね。下降の多いキレットになります。
1
下ってきました。ココはすれ違い適地が少なく、互いに気配りが必要ですね〜。
2014年09月14日 08:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってきました。ココはすれ違い適地が少なく、互いに気配りが必要ですね〜。
2
さて、天狗の大下りを登攀。
ここは、見た目ほどキツくなかったのですが・・・。
2014年09月14日 08:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、天狗の大下りを登攀。
ここは、見た目ほどキツくなかったのですが・・・。
無数の石から成る白き山。白馬鑓。
この登りが案外とツラかった〜。
2014年09月14日 12:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無数の石から成る白き山。白馬鑓。
この登りが案外とツラかった〜。
3
そして杓子岳へ。
綺麗な巻道があるせいか、山頂は人も少なめ。
2014年09月14日 13:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして杓子岳へ。
綺麗な巻道があるせいか、山頂は人も少なめ。
杓子を降りる頃には、ガスも取れてきました。
独特なピークの形、何度来ても印象的。
2014年09月14日 14:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子を降りる頃には、ガスも取れてきました。
独特なピークの形、何度来ても印象的。
1
杓子・白馬鑓と、登ってきた白馬二山を振り返りつつ、最後のひと登り!
2014年09月14日 14:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子・白馬鑓と、登ってきた白馬二山を振り返りつつ、最後のひと登り!
そして頂上山荘へ。テントより白馬岳を臨む。
トイレは遠いけど、奥のほうが好眺望です。
2日目、終了〜。
2014年09月14日 16:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして頂上山荘へ。テントより白馬岳を臨む。
トイレは遠いけど、奥のほうが好眺望です。
2日目、終了〜。
1
3日目。
朝食は、ごろっとベーコンと玉ねぎのクリームリゾット。今回の山めしで最もヒットでした。
2014年09月15日 03:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目。
朝食は、ごろっとベーコンと玉ねぎのクリームリゾット。今回の山めしで最もヒットでした。
2
朝。燃ゆる白馬の空。
2014年09月15日 05:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝。燃ゆる白馬の空。
朝のうちは好天が持つと思っていたのですが・・・。
2014年09月15日 05:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のうちは好天が持つと思っていたのですが・・・。
1
白馬岳、登頂。
残念ながら高い雲が覆う曇天です。しかし、意外と遠くまで見渡せます。
2014年09月15日 07:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳、登頂。
残念ながら高い雲が覆う曇天です。しかし、意外と遠くまで見渡せます。
2
剣、立山。くっきり。
2014年09月15日 07:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣、立山。くっきり。
槍・穂高もしっかり。
2014年09月15日 07:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍・穂高もしっかり。
最奥に、富士山。
2014年09月15日 07:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最奥に、富士山。
黒部川、そして日本海も。
2014年09月15日 07:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部川、そして日本海も。
白馬の街並み。そして麓に広がる山の恵み。
白馬主稜がすごい勢いで突き上げてます。
2014年09月15日 07:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬の街並み。そして麓に広がる山の恵み。
白馬主稜がすごい勢いで突き上げてます。
1
モノトーンの眺望。趣があります。
貴重な景色でした。大満足。
2014年09月15日 07:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノトーンの眺望。趣があります。
貴重な景色でした。大満足。
さて、猿倉へ下ります。
2014年09月15日 07:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、猿倉へ下ります。
花は少しだけ残っていました。
2014年09月15日 08:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は少しだけ残っていました。
途中に現れた、猿のファミリー。
2014年09月15日 08:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に現れた、猿のファミリー。
1
げ、雪渓、けっこう残ってるなぁ。
軽アイゼン持参しなかったので、通過にけっこう難儀しました。反省。
2014年09月15日 08:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
げ、雪渓、けっこう残ってるなぁ。
軽アイゼン持参しなかったので、通過にけっこう難儀しました。反省。
1
無事に白馬尻小屋へ。
久々の白馬、満喫!後立山、最高でした。
2014年09月15日 10:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に白馬尻小屋へ。
久々の白馬、満喫!後立山、最高でした。
撮影機材:

感想/記録
by poptop

週末ごとに冴えぬ今年の夏空。やきもきした方も多かったかと思います。
久々に好天マークが付いた3連休。友人とテント担いで、大好きな後立山連峰へ。
北アの稜線上は、夏が去り、秋が顔をのぞかせていました。

山もテントも、ほぼ2ヶ月ぶり。2泊3日縦走は1年ぶり。
楽しく走破したものの、帰りの渋滞もあって、やはり疲れは残るもんですね。
翌日は全然仕事に集中できず。今後の反省材料だなぁ・・・過信禁物。

【1日目 歩行距離:5.6km/累積上昇:823m/累積下降:129m】
ゴンドラ〜リフトを乗り継いで、八方池山荘からスタート。
初の八方尾根、そして久々の青空、久々のアルプス。テンション上がります!

夏山おあずけ状態の全国の山好きが、こぞって山へと群がったろう連休初日。案の定、八方尾根も途中から渋滞モードです。
が、久々のアルプス、渋滞すら愛おしく感じます。のんびりと登って唐松岳頂上山荘に到着。唐松は何とかガスに隠れず待っててくれました。

しかし、お昼前だというのに既に下のほうまでテントの花。テン場の混雑、想像以上です。天狗山荘まで足を伸ばす予定でしたが、こりゃヤバイと我々も唐松泊に変更です。
斜面上にわずかに残る適地、何とか発見してテント設営。山荘までは15分はかかる僻地でしたが、雷鳥が遊びに来たりと、のんびり居心地の良い場所でした。

設営完了と共に小雨がぱらつき始めました。ヤマテンの予報では雪でしたが、さすがに雨で済んだようです。
しかし、寒っ。日が陰るとすっかり秋山の寒さ。冬用ダウンやダウンパンツ、持参して大正解でした。(僕はぬくぬくが好きなので)

それぞれテントに篭り、読書したり音楽聴いたり、ゆっくりごはん作ったり。久々のテント時間を楽しみます。
夜には雲も取れ始め、就寝前には輝く星々も見ることができました。
久々の、山のしあわせ、テントのしあわせを噛みしめながら就寝です。

【2日目 歩行距離:14.92km/累積上昇:1256m/累積下降:1137m】
起床。テントから顔を出せば・・・わお!澄んだ青。
五竜も剣も立山も、神々しい朝です。
ゆっくり、贅沢なコーヒー&シガレットタイムを楽しんで、白馬に向かいます。

ここから暫くは人も減り、静かな山歩きです。
自分は既に踏破済みのルートですが、唐松から向かうのは初めて。逆走も、印象が変わってなかなか楽しいものだと知りました。
不帰キレットは唐松→白馬のほうが難易度は上がりますが、岩はしっかりしているので安心感あります。曲前後はすれ違える箇所が少ないので、お互い声を掛け合う必要がありますね。
その後に待つ天狗の大下りも、見た目ほど大変じゃありません。

むしろその後の白馬鑓が、見た目以上に強敵でした。
登山道も稜線も、見渡す限り無数の石、石、石。ガレガレの道をじわじわと上げていきます。ま、こういう登り嫌いじゃないけどw
その後の杓子も含め、「あれ?こんなにアップダウンあったっけ?」って思わずつぶやく自分。
前回は不帰キレットに心奪われ印象に残ってなかったのですが、白馬三山、それぞれしっかりと歩き甲斐のある、充実の縦走ルートでした。

15時頃に白馬頂上山荘着。テン場は唐松より広いので奥にまだ適地が残っていました。無事にテント設営完了。
ここは晴天ならば、トイレから多少遠くても奥に張るのをお勧めします。手前に張ると何も見えませんが、奥は白馬がしっかり臨め、好眺望です。

岩場の奥に太陽が沈むと、途端に寒さが。テントに籠り、中から夕暮れを楽しみつつ夕食をこしらえます。
もうこの時期は、あったかい食べ物がありがたいですね。簡単な鍋物とビールで至福のディナー。そして夜は満点の星々。
満腹感・満足感・達成感を抱き就寝です。

【3日目 歩行距離:8.54km/累積上昇:235m/累積下降:1669m】
朝、早めに目覚めたので、テント内でのんびり朝食をこしらえます。残り物を全部ぶち込んだクリームリゾット。担いだ食材を使い切れたのも久々です。うまかった!
同行者はぐっすり就寝中。自分はたっぷりコーヒーを淹れて朝焼けを楽しみました。寒かったけど(苦笑)。

当初、栂池への下山の予定でしたが、高速の渋滞も考慮し、まっすぐ猿倉へ下山することに。
まずは三山最後の峰、白馬岳へ。
朝焼けは綺麗でしたが、上空には高く厚い雲が。しかし山頂からは富士山までしっかり見通せました。ラッキー。
快晴とはまた違う、モノトーンの世界が広がる好眺望。これはこれで貴重な景色でした。

大満足で下山。しかし誤算だったのは大雪渓でした。
この時期はもうそんなに残ってないだろうと高をくくっていたら、がっつり残っていました。2年前の同時期はせいぜい100〜200mだったんですけどね...。
栂池に降りるつもりでアイゼン不携帯、かつノーストック派の我々。残雪は慣れていたものの、いざ踏み出すと滑る滑る。
かなり多くの人が踏んでいるので、雪は締まらず腐った状態。ズルズルです。二度ほど転びながら何とか無事通過。
自分が怪我するよりも、他人を怪我させるんではないかとヒヤヒヤでした。反省です。

雪渓脇のガレ道を通って白馬尻小屋へ。ここまで来れば猿倉までは散歩道です。友人と久々の山行を振り返りながら、無事下山となりました。

天気運に恵まれなかった今夏。
やっとしっかりテント縦走できて、改めて山のしあわせを実感した山行でした。やっぱり、自分に山は欠かせないなぁ。
夏山を楽しめなかった分、これから、アルプスから低山へと徐々に降りていく山の秋を、大切に楽しもうと思います。
訪問者数:366人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/16
投稿数: 392
2014/9/21 11:27
 好天の縦走!
popさん、こんにちは!
久しぶりの山行で、好天の縦走
良かったですね〜

テント至近での雷鳥さん、不帰、夜明けのコーヒー
そしてクリームリゾット!!
目にも鼻にもグッとくる写真を拝見させてもらいました
これぞテン泊縦走ですね

白馬・八方は遠い昔スキーに行ったっきりで
山行は全く経験が無いんですよね・・・
でも、いつかは行ってみたいです
登録日: 2012/9/24
投稿数: 59
2014/9/29 12:52
 Re: 好天の縦走!
コメありがとうございます!Res遅くなってすいません。
久々にテント担げて、改めて、テン泊縦走の充実感に酔いしれましたよ〜。

後立山、なんか好きなんですよね。
剣立山や槍穂と比べて地味ですが、その地味さがたまらない!
個人的にはお奨めです。

今週末、針ノ木・蓮華と、またもや後立山に出没しようか思案中でーす。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ