ヤマレコ

記録ID: 727690 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕岳、大天井岳、槍ヶ岳(表銀座・西鎌尾根・鏡平経由新穂高温泉下山)

日程 2015年09月19日(土) 〜 2015年09月22日(火)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
中房温泉駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間32分
休憩
48分
合計
10時間20分
Sスタート地点04:4805:00中房温泉05:21中房温泉登山口05:2606:05第1ベンチ06:1106:41第2ベンチ06:4607:18第3ベンチ07:2107:42富士見ベンチ07:4608:33合戦小屋08:4108:56合戦山(合戦沢ノ頭)09:28燕山荘09:3109:38いるか岩09:51めがね岩09:58燕岳10:0110:07めがね岩10:16いるか岩10:32燕山荘10:3611:01蛙岩11:17大下りの頭13:03小林喜作レリーフ13:0613:12槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐13:1613:49大天荘14:26大天井岳15:08大天荘
2日目
山行
10時間33分
休憩
33分
合計
11時間6分
宿泊地05:3706:03大天井ヒュッテ06:0506:35ビックリ平06:3607:34赤岩岳07:3608:06ヒュッテ西岳08:1009:25水俣乗越11:13ヒュッテ大槍11:1612:15槍ヶ岳山荘12:2116:03槍ヶ岳16:1816:43宿泊地
3日目
山行
6時間9分
休憩
1時間5分
合計
7時間14分
宿泊地06:0606:55千丈乗越09:14樅沢岳09:1509:44双六小屋10:3511:10くろゆりベンチ11:26花見平11:39弓折乗越11:44弓折岳11:5612:00弓折乗越12:44鏡平山荘12:4513:20宿泊地
4日目
山行
3時間49分
休憩
19分
合計
4時間8分
宿泊地06:5808:02シシウドヶ原08:1208:46チボ岩08:4709:06秩父沢出合09:37小池新道入口09:54わさび平小屋10:0210:16笠新道登山口10:28中崎橋11:06新穂高温泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報新穂高温泉 中崎山荘
過去天気図(気象庁) 2015年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ テント テントマット シェラフ

写真

中房温泉登山口は混雑してる。
2015年09月19日 05:28撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉登山口は混雑してる。
合戦小屋のすいか。800円。甘くない。
2015年09月19日 08:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋のすいか。800円。甘くない。
2
合戦沢の頭。ここで燕岳が現れテンションUP。
2015年09月19日 08:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦沢の頭。ここで燕岳が現れテンションUP。
美しい燕岳。
2015年09月19日 09:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい燕岳。
燕山荘脇から表銀座縦走コースへ入る。ここからは初。
2015年09月19日 10:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘脇から表銀座縦走コースへ入る。ここからは初。
やっと大天井荘に着いた。
2015年09月19日 13:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと大天井荘に着いた。
200名山大天井岳。
2015年09月19日 14:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200名山大天井岳。
テン場は大混雑。
2015年09月19日 15:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場は大混雑。
夕食は2,700円と高いがハンバーグは肉の香りがちゃんとして美味。
2015年09月19日 17:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は2,700円と高いがハンバーグは肉の香りがちゃんとして美味。
1
槍の脇に沈む。
2015年09月19日 17:56撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の脇に沈む。
1
燕岳からの縦走路。
2015年09月19日 18:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳からの縦走路。
3
浅間山からのご来光。
2015年09月20日 05:24撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山からのご来光。
2
槍ヶ岳に向かい大天荘出発。
2015年09月20日 05:33撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳に向かい大天荘出発。
槍までの喜作新道。
2015年09月20日 05:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍までの喜作新道。
大天井ヒュッテ。
2015年09月20日 06:07撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテ。
貧乏入口。ここが北鎌の入り口とはこの時は何だか知らなかった。
2015年09月20日 06:37撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貧乏入口。ここが北鎌の入り口とはこの時は何だか知らなかった。
水晶岳。
2015年09月20日 06:45撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳。
1
槍が近くなってきた。
2015年09月20日 06:50撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が近くなってきた。
1
西岳分岐。
2015年09月20日 08:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳分岐。
ヒュッテ西岳で休憩。
2015年09月20日 08:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ西岳で休憩。
早く槍へ行かねばテン場が心配。
2015年09月20日 08:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く槍へ行かねばテン場が心配。
1
行くぜ!!
2015年09月20日 09:01撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行くぜ!!
水俣乗越。
2015年09月20日 09:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越。
水俣乗越にも怪しい踏み後が。ここも北鎌入口だった。
2015年09月20日 09:28撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越にも怪しい踏み後が。ここも北鎌入口だった。
天気が良いのはいいのだが日陰のない東鎌尾根
2015年09月20日 10:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いのはいいのだが日陰のない東鎌尾根
1
ヒュッテ大槍。
2015年09月20日 11:01撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍。
1
槍ヶ岳山荘到着。
2015年09月20日 11:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘到着。
1
テン場、間に合わなかった。
2015年09月20日 11:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場、間に合わなかった。
殺生ヒュッテに下る元気無く小屋泊とするが。ここが今夜の寝床。
2015年09月20日 12:15撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテに下る元気無く小屋泊とするが。ここが今夜の寝床。
とりあえずジュース。
2015年09月20日 12:20撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずジュース。
1
槍渋滞がすごいので迷ったが並ぶ。
2015年09月20日 13:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍渋滞がすごいので迷ったが並ぶ。
山頂にて。北鎌から登って来たヒーロー。
2015年09月20日 15:48撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて。北鎌から登って来たヒーロー。
1
前回は全く渋滞せず到達したのだが。
2015年09月20日 16:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は全く渋滞せず到達したのだが。
小屋の戻るとすぐ夕食。驚異の9回転。
2015年09月20日 17:03撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の戻るとすぐ夕食。驚異の9回転。
西鎌に沈む夕日。
2015年09月20日 17:46撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鎌に沈む夕日。
朝食も行列。
2015年09月21日 04:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食も行列。
みんなでご来光待ち。槍も朝から渋滞してる。
2015年09月21日 05:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなでご来光待ち。槍も朝から渋滞してる。
1
今日も1日が始まる。
2015年09月21日 05:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も1日が始まる。
2
西鎌尾根へ入る。
2015年09月21日 06:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鎌尾根へ入る。
鏡平山荘が見える。
2015年09月21日 06:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平山荘が見える。
今日も良い天気。
2015年09月21日 08:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も良い天気。
振り返ると槍。
2015年09月21日 08:10撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると槍。
槍へ向かう沢山の登山者とすれ違う。
2015年09月21日 08:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍へ向かう沢山の登山者とすれ違う。
水晶岳。
2015年09月21日 09:15撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳。
双六小屋が見えた。
2015年09月21日 09:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋が見えた。
双六小屋のうどん。
2015年09月21日 10:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋のうどん。
双六小屋、なんかなつかしい。
2015年09月21日 10:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋、なんかなつかしい。
前回泊まった時の思い出の詰まったテン場。
2015年09月21日 10:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回泊まった時の思い出の詰まったテン場。
紅葉がとても素敵。
2015年09月21日 11:22撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がとても素敵。
縦走路から外れた弓折岳。
2015年09月21日 11:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路から外れた弓折岳。
雷鳥だ!
2015年09月21日 11:57撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥だ!
鏡平小屋到着。
2015年09月21日 12:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平小屋到着。
今夜は隣が空いていて助かった。
2015年09月21日 12:56撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今夜は隣が空いていて助かった。
早速生ビールで乾杯。
2015年09月21日 13:03撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速生ビールで乾杯。
夕食は忙しかった。
2015年09月21日 16:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は忙しかった。
夕焼けの鏡池。
2015年09月21日 17:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けの鏡池。
1
朝日前の鏡池。
2015年09月22日 05:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日前の鏡池。
1
ゆっくりと朝食。
2015年09月22日 05:47撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりと朝食。
鏡平小屋出発。
2015年09月22日 06:59撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平小屋出発。
鏡池で小屋番の方と話す。このSWはお盆より混んだとの事。
2015年09月22日 07:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池で小屋番の方と話す。このSWはお盆より混んだとの事。
1
焼岳と乗鞍岳。
2015年09月22日 07:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳と乗鞍岳。
わさび平小屋でトマト食べた。久しぶりの生鮮食品うまい。
2015年09月22日 09:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび平小屋でトマト食べた。久しぶりの生鮮食品うまい。
新穂高温泉登山口到着。
2015年09月22日 11:00撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉登山口到着。
バスターミナルから近く泉質も良い温泉。
2015年09月22日 11:13撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスターミナルから近く泉質も良い温泉。
バスターミナルでラーメン。
2015年09月22日 12:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスターミナルでラーメン。
バスは2台出て大混雑。
2015年09月22日 12:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスは2台出て大混雑。
平湯温泉で松本行きのバス乗り換え1時間待ち。
2015年09月22日 14:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平湯温泉で松本行きのバス乗り換え1時間待ち。
平湯から笠ヶ岳が綺麗に見えた。
2015年09月22日 14:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平湯から笠ヶ岳が綺麗に見えた。
新島々駅では列車に乗る行列が長い。
2015年09月22日 15:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新島々駅では列車に乗る行列が長い。
車内は登山者で大混雑。
2015年09月22日 16:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車内は登山者で大混雑。
波田駅で下車。やっとゆっくり出来た。
2015年09月22日 16:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
波田駅で下車。やっとゆっくり出来た。

感想/記録
by buyu

 100名山が終わり一段落。今後は200,300名山も意識しつつ気になる山やコースに行ってみたいと考えていた。そんな時のSW。当初、年間登山者数が北アルプスでは最も少ないと言われている秘境的扱いの赤牛岳を目指そうとした。が、さすがの秘境な訳で高瀬ダムへのアクセス、コース上のテン場の少なさを考えてるとだんだん面倒になってきた。そこで、メジャーな表銀座にターゲットをスイッチ。中房温泉から入り200名山大天井岳、300名山三俣蓮華岳を絡めて新穂高温泉に下山する事にした。
 最初は19日(土)の深夜に家を出れば5時までには中房温泉に着くと思っていたが前日風呂に入りながら考えていると、中房温泉の駐車場が狭いことを思い出す。SW直前なんだから混むことは当然な訳で。急遽予定を変更し金曜の20:30に群馬を出発。上田で食料を調達し中房温泉に0:30着。登山口に近い中房川右岸の駐車場は満車だったが左岸に駐車場は空いていた。駐車してビールを飲んでいると次々と車がやってきた。

19日(土) 山ガール率8% ダメージ率0% 装備D

 4時に起床し朝食を済ませ歩き出すと駐車場の路肩まで車で埋まっている。前日に出発した判断は正解であった。中房温泉登山口で出発の準備を整えていると続々と登山者がやってきた。やはり今日は大混雑。合戦尾根も沢山の登山者。前後共に人がおり静かな南アルプスとは違う雰囲気。表銀座なんだから当たり前か。合戦小屋で名物のすいか(800円)を食べてみる。旬を過ぎているのか甘みが無かった。パッキングのセオリーとして何となくテントはザックの一番下って思ってたんだけど試しに一番上にずらしてみる。すると何とも諸居心地軽い。いろいろ試してみるのは大切な事である。天気は快晴。青い空に白く輝く燕岳が現る。そのあまりの美しさに山頂を目指さずにいられない。白い頂に惹かれ前回と同じくテン場を降下してしまい引き返す羽目になる。素敵な稜線で嬉しくて思わす走り出してしまったり。山頂で絶景を楽しんだ後、燕山荘へ戻る。10:30なのにテン場はかなり埋まっている。ここから先は初めての道でワクワクする。槍を見ながら稜線を進む。大下りあたりまでは調子良かったが大天井岳の登り返しに入ると足が上がらなくなってきた。大天井ヒュッテへの道を右手に別けてからはとても辛い登りだった。ガスの中に大天荘を見たときはホッとした。テント張って早速大天井岳山頂へ行って見るもガスで展望いまいち。小屋に戻り生ビール飲むが寒い。食事はここんところすっかり楽な小屋食に慣れてしまった。食事はいままでで最高値の夕食2,700円、朝食1,300円。夕食は肉か魚を選べてハンバーグか鯖の味噌煮。ハンバーグを選んだのだがこれが大当たり。しっかり肉の香りがして普通においしい。さすが高いだけの事はある。いままでの小屋食で最もおいしかった。食後は黒霧島に切り替えほろ酔い気分で景色を眺めているとガスが取れてきた。槍ヶ岳と夕日のセットを再度山頂まで行き堪能した。快適な睡眠の大敵は寒さ。これに対向するため上下ダウン、レインウェアにヒートテックを装着、靴下2枚重ね履きでドライパックに足を入れて寝た。おかげで暖かく眠れたがドライパックに足を入れたのは失敗。翌日体から蒸発した水分でドライパック内側がびっしょり濡れており危うくダウンシュラフを濡らしてしまうとこだった。これは次回からは気をつけよう。

20日(日) 山ガール率11% ダメージ率5% 装備D

 3時起床。4時から小屋の朝食を頂く。浅間山から登る真っ赤な朝日を眺め、いざ槍の穂先へ。大天井ヒュッテの先で貧乏入口なるあやしい道があるのでちょいと登ってみるが藪。この時点では何なのか不明だったがここがあこがれの北鎌入り口その,世箸蓮9ヅ靴慮汽▲奪廛瀬Ε鵑両ない気持ちよい稜線を進む。丁度良い休憩のタイミングでヒュッテ西岳。ここで槍ヶ岳山荘でテント泊を予定してる方とお話する。今日のテン場は激混み必死なので早く到着したいとの事。そうだよね、やっぱりそうだよね。ゆっくり行きたいけど早く行かねば。西岳から下ると水俣乗越。ここにも地図にない怪しい道が。それは北鎌入り口その△世辰拭ここから容赦ない日差しに照らされ東鎌尾根の洗礼を浴びる。しかし、明らかに鋭く尖ったアイツに近づいているのが実感出来る。ヒュッテ大槍で休憩し槍沢からの登山道を見下ろしながらここまでの行程を見返す。今思えば何とも贅沢な時間であった。最後のひと登りで槍ヶ岳山荘到着。するとテン場満席の看板が出ている。西岳で会った方の話だと11時過ぎに満席になったとのこと。殺生ヒュッテに下る元気もなく槍ヶ岳山荘で小屋泊とする。槍の山頂への大渋滞を見ながら行こうかどうか迷っていると昨日合戦尾根で会った京都の方が下ってきた。その方に勧めで山頂渋滞に14:30入る。天気が良かったからよかったものの日が陰っていれば寒さに震えるとこだった。小槍をたっぷり堪能しつつ山頂までたっぷり時間をかけて登る。前回、4年前に来た時はタイミング良く全く渋滞無く落ち着いて山頂を楽しめたが、今回は2時間半かかった。山頂では北鎌尾根から登ってきた方々がいてその瞬間、歓声と拍手があがった。かっこいい!ヒーローである。下ると京都の方が待っていてくれた。下った時間は小屋の夕食時間17時ぎりぎりだった。夕食じ100人以上は入れそうな食堂が今夜は9回転するとの説明。1000人以上が泊まっている計算になる。こりゃ、えらい日に来てしまったものだ。食事後、京都の方と待ち合わせたが会えずに残念。星空を見ながら黒霧島をやり寝ようとベットへ入るが隣の方と肩が重なりいびきが気になり全く寝られず。翌朝まで地獄の時間を過ごすのであった。

21日(月) 山ガール率5% ダメージ率10% 装備D

 4時になり宿泊客が動き出す。助かった、この窮屈な布団から抜け出せる。今思えばテント泊セット持ってるんだから廊下でマットひいて寝ちゃえば良かったかなと。朝食の行列がすぐに出来る。5時半ご来光。見終えてから西鎌尾根へ入る。千丈乗越まで一気に下る。ここから先は小さなアップダウンの繰り返し。右手には登山道のない赤岳、硫黄岳が、左手には鏡平小屋が見える。今日は三俣蓮華岳へ登り双六小屋へ泊まる予定であった。そして、中房温泉まで戻る気でいた。なぜなら、中房温泉までのバスの存在を知らなかったので縦走したら車を取りに戻れないと思っていたからである。しかし、京都の方からバスがある事を教えてもらったので縦走に予定変更した。そして、今日の三俣蓮華岳は行かずに鏡平山荘へ下る事にする。昨夜の寝不足により体調不良となってしまったためである。樅沢岳手前で京都の方と再会する。嬉しかった。双六小屋で一緒にうどん食べて鏡平小屋に泊まる話すると双六小屋と同系列のその小屋の予約を入れてくれた。どの後、鏡平小屋まで一緒に歩き、前回はスルーしてしまった弓折岳山頂も踏めて無事小屋着。この小屋は昨夜ほどこんでおらず広く場所を使えた。食事前についうとうとしてしまう。昨夜の寝不足のツケだろうか。夜には声が出なくなる。夕食後星空を見上げて素敵な時間を過ごせた。

22日(火) 山ガール率5% ダメージ率15% 装備D

 鏡池で美しい日の出を迎える。昨夜の夕食は入れ替えの関係で忙しかったが朝食はゆっくりと頂く。今日は下山日するだけなので。快晴の中、北アルプスの余韻に浸りながら新穂高温泉へ下る。バスターミナル近くの中崎山荘 奥飛騨の湯で汗を流す。期待していなかったが湯ノ花豊富なお湯に満足。ここで京都の方とお別れ。その後バスターミナルでラーメンを食べて12:50分のバスで新穂高温泉を後にする。今日中に中房温泉へは戻れそうもないので松本あたりで泊まろうかと考えていた。新島々でわざわざバスを降りて松本電鉄で乗り鉄を楽しもうかと考えていると、南アルプスで知り合った横浜の方から連絡が来て、何と中房温泉まで送ってくれるとの事。丁度SWで北アルプスに来ていて今日は常念岳に登ってきたとの事。新島々から2つめの波田駅で下車。そこまで迎えに来て頂き中房温泉まで送って頂き無事車をピックアップ。明日も休みなので無理をせず、穂高の街へ下りてビールを飲んで泊まり翌日帰宅。今回は良い出会いと思いやりに感謝するとても良い山行であった。みなさん、ありがとうございました。
訪問者数:420人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ