また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > NYAAさんのHP > 日記
2020年11月19日 01:12スノーシューレビュー(雪山装備)全体に公開

【スノーシュー】ヘリウムBC23がすごいにゃー(*^▽^*)

【参考】雪山の危険
http://www.yamareco.com/modules/diary/73693-detail-89323

3万円以上するスノーシューは要らないと思う。

●ヘリウムBC 23
https://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=253500

 やっとアトラス社がやってくれた(*^▽^*)23インチで、1.34kg、¥23,000税別は、素晴らしいと思う。

 MSRのEVOスノーシューをタブスがFLEXシリーズで進化させ、アトラスがヘリウムシリーズでさらに進化させた形となっている。

 アトラス社がプラスチックデッキタイプのスノーシューを作るなんて、驚きだ!

 即買い!だと思ったが、昨シーズンは、天候不安定でスノーシューに一度も行っていない。

 天候が安定して、快適な外岩ボルダリングが楽しめる環境にあると、なかなか雪山に行きたくなくなる(^_^;)


●【スノーシュー】TUBBS

https://store.shopping.yahoo.co.jp/shugakuso/tubbs28a5b.html

 秀岳荘で、FLEX TRKを取り扱っている。

 なお、FLEX TRK,RDGは、MSRのEVOシリーズの進化版というべき構造となっている。EVOシリーズのスノーシューは、FLEXシリーズに比べて、登れない、重い、高いの3拍子揃っている製品なので、注意したい。

 あと、ALP,VRTは、スノーシューの中で最も登攀力が高いが、重いし、前爪に雪玉ができる可能性が高い。


●MSR Lightning Trail Woman

https://www.yamareco.com/modules/diary/73693-detail-138274

 MSRでは、これが一番だと思う。3本バックルは意味がない。これは、スキーブーツで実証済。あと、値段は、25000円ぐらいが適性。


●VERTEX スーパーカンジキ

 雪が締まってきたら、もちろん、カンジキで十分だが、スーパーカンジキはアルミワカンより、重量が軽く、浮力も期待できる。
そして、下りも強い。ただ、トラバースは弱い。ワカンアイゼンもできないので、踏み抜き防止で持って行くのがいいと思う。

 もちろん、緩斜面ならスノーシュー的に使うことも可能。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:5791人

コメント

この日記はコメントを受け付けていません。


ページの先頭へ