また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1259006 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

台風で計画縮小 栂池〜白馬岳〜不帰ノ剣〜唐松岳 縦走

日程 2017年09月15日(金) 〜 2017年09月17日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候9/15 晴れ 無風
9/16 曇り 視界良好 景色はっきり
9/17 曇りのち雨 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道、梓川SA 集合
梓川SA 4:30 出発
八方尾根スキー場:1台デポ(無料)
栂池スキー場 ゴンドラ乗り場:6:00 着 (有料 3日間¥1500、 ¥500/日)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間4分
休憩
1時間6分
合計
8時間10分
S栂池パノラマウェイ 自然園駅08:4708:50栂池ヒュッテ08:5208:55栂池山荘10:02天狗原/白馬岳神社10:0410:10風吹大池方面分岐11:03乗鞍岳11:31白馬大池山荘12:0412:56船越ノ頭13:0013:49小蓮華山14:51三国境14:5215:31白馬岳15:4415:54白馬山荘16:0516:57白馬岳頂上宿舎
2日目
山行
8時間22分
休憩
1時間5分
合計
9時間27分
白馬岳頂上宿舎06:5507:01丸山07:0308:11杓子岳08:1409:25鑓ヶ岳09:2609:43鑓温泉分岐10:07天狗山荘10:2812:04天狗ノ大下り12:1212:54不帰キレット13:26不帰嶮(不帰一峰)13:2714:16不帰嶮(不帰二峰北峰)14:3915:05不帰嶮(不帰二峰南峰)15:57唐松岳16:0316:22唐松岳頂上山荘
3日目
山行
2時間27分
休憩
5分
合計
2時間32分
唐松岳頂上山荘07:0707:43丸山07:4408:01扇雪渓08:0208:44八方池08:4508:49第三ケルン08:57八方ケルン08:5809:11第2ケルン09:1209:39八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天狗の大下り〜不帰ノ剣 
その他周辺情報八方温泉 ¥700
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

栂池自然公園を右、ここから登山道
2017年09月15日 08:53撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池自然公園を右、ここから登山道
天狗原
木道整備中
2017年09月15日 10:02撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原
木道整備中
天狗原
2017年09月15日 10:02撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原
白馬乗鞍岳までの途中から天狗原を振り返り
2017年09月15日 10:28撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳までの途中から天狗原を振り返り
ちょこっと雪渓
2017年09月15日 10:43撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこっと雪渓
乗鞍のケルン越しに小蓮華山を望む
2017年09月15日 10:59撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍のケルン越しに小蓮華山を望む
ケルン着
2017年09月15日 11:01撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルン着
白馬大池へ
2017年09月15日 11:07撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池へ
おだやかです。台風の気配もありません。
2017年09月15日 11:18撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おだやかです。台風の気配もありません。
1
白馬大池のテン場
ここで山メシ
2017年09月15日 11:32撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池のテン場
ここで山メシ
1
大池を後に、白馬めざして出発
2017年09月15日 12:50撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池を後に、白馬めざして出発
最高の雲海
2017年09月15日 13:28撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の雲海
通ってきたルートを振り返り
2017年09月15日 13:30撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってきたルートを振り返り
交差する飛行機雲
2017年09月15日 13:30撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交差する飛行機雲
これから進む銃走路
2017年09月15日 13:52撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む銃走路
小蓮華山から白馬岳方向
2017年09月15日 14:26撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山から白馬岳方向
小蓮華山頂上
2017年09月15日 14:46撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山頂上
もうすぐ白馬岳
2017年09月15日 15:24撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ白馬岳
剱岳と立山
2017年09月15日 15:37撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳と立山
白馬山荘と白馬岳
2017年09月15日 16:12撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘と白馬岳
杓子岳登頂
2017年09月16日 08:12撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳登頂
白馬鑓ヶ岳、登頂しました。
2017年09月16日 09:45撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳、登頂しました。
右手に剱岳を望みながらの稜線歩き
2017年09月16日 09:54撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に剱岳を望みながらの稜線歩き
天狗山荘、トイレ、売店は営業中
(復旧工事中でした)
2017年09月16日 10:00撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘、トイレ、売店は営業中
(復旧工事中でした)
ぎりぎりクリア
2017年09月16日 10:11撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぎりぎりクリア
天狗の頭
2017年09月16日 10:48撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭
不帰ノ剣が見えてきた。
後ろに、五竜、鹿島槍ヶ岳
2017年09月16日 10:49撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ剣が見えてきた。
後ろに、五竜、鹿島槍ヶ岳
いよいよ行きます。
2017年09月16日 13:27撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ行きます。
不帰ノ剣、どこを登るのでしょう?
2017年09月16日 13:28撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ剣、どこを登るのでしょう?
危険地帯終了、写真をとる余裕はありません。
2017年09月16日 14:35撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険地帯終了、写真をとる余裕はありません。
後は、唐松岳めざして
2017年09月16日 14:37撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は、唐松岳めざして
通ったルートを振り返り
2017年09月16日 15:00撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ったルートを振り返り
もう少し
2017年09月16日 15:30撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し
唐松岳到着
2017年09月16日 15:57撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳到着
今日の宿
2017年09月16日 15:58撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿
唐松岳頂上山荘から唐松岳
2017年09月16日 16:21撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘から唐松岳
雲の中、八方へ下山
雷鳥と遭遇
2017年09月17日 07:15撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中、八方へ下山
雷鳥と遭遇
雷鳥を探せ!!
親子雷鳥で、子供雷鳥がすごーーーーくかわいい。
写真では、わかりませんが・・・
2017年09月17日 07:15撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥を探せ!!
親子雷鳥で、子供雷鳥がすごーーーーくかわいい。
写真では、わかりませんが・・・
八方池、貸切でした。
2017年09月17日 08:43撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池、貸切でした。

感想/記録
by solo12

台風のため、唐松岳頂上山荘〜鹿島槍ヶ岳 縦走を中止
9/14(木) 出発、車両B と梓川SAで待ちあわせ。
    車両A(東京チーム 2名)が先の到着(0:00過ぎ)で、一足先に、車中眠。
9/15(金) 4:00起床、4:30 出発
    天気予報から、唐松岳で縦走終了とする計画で、1台を八方尾根スキー場へデポ
    6:00栂池スキー場 ロープウェイ乗り場 P 着
    7:00ロープウェイ営業開始と思ったら、平日は、8:00でした。
    ※7:00頃、スマホと村内放送で、Jアラートがなりお騒がありました。

    初日は、最高の天気で白馬岳まですばらしい景色を眺めながらの縦走。
    眼下に雲海もあって、すばらしい眺望でした。

    白馬岳頂上宿舎 泊
     夕食後、談話室で我々オヤジ4人で酒しているところに、ソロお嬢さんの参加があり、オヤジ達の酒が進み楽しい談話会でした。
    (お嬢さんは、酒は飲んでません。 オヤジ達へのお付き合いありがとうございました)
     部屋は、16人部屋に、我々4人だけでした。

9/16(土)白馬頂上宿舎〜天狗の大下り
    杓子岳、白馬鑓ヶ岳を越えながら、右手に剱岳、立山、日本海
    左に雲海の上に出ている数々の山々を見ながらの縦走。
    最高の景色でした。

    天狗の大下り
    大下りの取りつきから鎖場があり、高度差を眼下にしながらの長い長い下りでした。 鎖場を越えるまで、スリル感が結構ありました。

    不帰ノ剣
     ルートは、どこ? という感じで、スリル満載でした。 高所恐怖症の私は、唐松岳への登りルートとしてよかったと思いました。 唐松岳からの下りルートとしては、通りたくありません(下りで通った、数組の方と会いましたが・・・)

    唐松岳頂上山荘
     台風の影響だと思いますが、宿泊客は多くありませんでした。
     夜から雨の予報の中、テント泊者はいました。

     夕食後、パトロールの方といろいろ話すことが出来て、貴重な懇親となりました。
     (我がメンバとの不思議な出会いもあり・・・また酒が進みました)

9/17(日)雲の中、下山。
     雷鳥親子に会いました。 子雷鳥が、まぁかわいい。
     
     雲の中の下山でしたが、ゴンドラを降りるまで雨が振らず、ラッキーでした。

充実した、縦走でした。    
    
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ