また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1530880 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北ア最深部縦走☆薬師岳、黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、笠ヶ岳

日程 2018年07月15日(日) 〜 2018年07月18日(水)
メンバー
天候全日快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間44分
休憩
56分
合計
8時間40分
薬師峠05:4005:55太郎平小屋06:00太郎山06:0107:01神岡新道分岐07:07北ノ俣岳07:36赤木岳08:07中俣乗越09:26黒部五郎の肩09:3009:39黒部五郎岳09:4109:48黒部五郎の肩09:5011:25黒部五郎小舎11:5312:54三俣蓮華岳巻道分岐13:0213:33三俣蓮華岳13:4413:54三俣峠14:20三俣山荘
3日目
山行
12時間46分
休憩
1時間38分
合計
14時間24分
三俣山荘04:4105:24鷲羽岳05:42ワリモ岳05:5206:00ワリモ北分岐06:0106:27水晶小屋06:2906:58水晶岳07:0507:28水晶小屋07:49ワリモ北分岐07:5007:58岩苔乗越07:5908:34黒部川水源地標08:3809:01三俣山荘10:30三俣峠10:3211:33双六岳中道分岐11:43双六小屋12:0612:09双六池12:38くろゆりベンチ12:47花見平12:55弓折乗越12:5813:03弓折岳13:06弓折岳(分岐)13:16大ノマ乗越14:02大ノマ岳14:34秩父平14:5115:49抜戸岳分岐15:53笠新道分岐16:34抜戸岩18:08笠ヶ岳山荘18:19笠ヶ岳18:4318:51笠ヶ岳山荘18:5419:05宿泊地
4日目
山行
4時間7分
休憩
20分
合計
4時間27分
宿泊地05:5906:13抜戸岩06:41笠新道分岐06:46分岐指導標(仮称)07:26杓子平07:3809:34笠新道登山口09:3909:48中崎橋10:03お助け風穴10:15登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)10:1810:26新穂高温泉駅10:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全般
 今回のルートではもうアイゼンもピッケルも不要。
 雪渓歩きもほとんどなし。

・折立→太郎平小屋
 バス停はトイレの目の前。隣がキャンプ場。
 登山口への道もバス停から見える。
 登山口の前には自販機もある。
 登山届は小屋(太郎平小屋)で出すようにと書いてある。
 
 登山道は最初樹林帯の道。しばらく登ると緩やかな登りや木道、石の道など整備された登山道となる。
 樹林帯を抜けるので、眺めがよくなるが、直射日光が強い。
 帽子があるといい。
 水場も小屋までないので十分に持って行った方がいい。

・太郎平小屋→薬師峠キャンプ地
 太郎平小屋で登山届を出す。
 夏の繁忙期はテント場でテントの受付をするとのこと。
 ただ、管理人の人はいるけれど、受付けや物品の販売は14時〜17時の間のみとのこと。

・薬師峠キャンプ地→薬師岳
 最初は沢沿いの登り。登りきると木道の平原。
 もう人登りすると薬師岳山荘。
 そこからは森林限界の登り。
 晴れていれば迷うところなし。

・太郎平小屋→北ノ俣岳
 緩やかな登り。眺めがよく、お花畑で気持ちのいい道。
 
・北ノ俣岳→黒部五郎岳
 アップダウンの道の後、山頂まで一気に登る。
 特に迷うところもなし。

・黒部五郎岳→黒部五郎小屋
 カールに下っていく道を利用。
 明瞭な道で迷うところはないが、ザレているのでカールの下に着くまでは注意。

・黒部五郎小屋→三俣山荘
 三俣蓮華岳の巻道は雪渓のトラバースが通行止め。
 雪切りが三俣山荘側から半分ぐらいまで進んでいたので、遠くないうちに開通すると思われる。
 薬師峠からテント装備で歩いてくると黒部五郎小屋から三俣蓮華岳の山頂までの登り返しがきつい。

・三俣山荘→鷲羽岳→水晶岳→黒部源流→三俣山荘
 山荘から鷲羽岳へはザレた道の急登。道は明瞭。
 鷲羽岳からワリモ岳へは最後の登りでロープ箇所があるが、使わなくても登れる程度。
 ワリモ岳から先は歩きやすい道。
 帰りの黒部源流ルートは沢沿いの道。
 尾根道と違って展望はきかないが、お花はたくさん。

・三俣山荘→双六小屋
 三俣蓮華岳の巻道利用。雪渓も少しあるが特に問題なし。

・双六小屋→笠ヶ岳山荘
 弓折岳、大ノマ岳、秩父岩など200mぐらい降りてからの登り返しがきつい。
 稜線のため日を遮るものものもなく、水場もないので熱中症注意。
 秩父岩あたりまで登りきると、あとは多少のアップダウンのある稜線歩き。
 笠ヶ岳山荘のテン場から山荘までの登りがけっこうしんどい。
 テント場にはトイレがないので、トイレのために登る必要あり。

・笠ヶ岳山荘→笠新道→新穂高
 稜線は眺めがいいが、帰りの方が登りがきついかも。
 笠新道は杓子平の周辺のみが緩やかな道。
 杓子平からの下りはしばらく大きな岩やザレた下りなので転ばないように注意。
 2,000mぐらいから下が樹林帯の道になるが、視界も開けないので単調な下りとなる。
 水場もないので、水は余裕を持った方がいい。
その他周辺情報■テント場情報
・薬師峠キャンプ場
 料金:1,000円
 水場:豊富
 売店:あり(受付も兼ねる。14時〜17時営業)
 トイレ:掃除が行き届いている。

・三俣山荘
 料金:1,000円
 水場:テント場にある水場は勢い弱い。小屋でも汲める。
    テント場に沢が流れているので涼める。
 売店:小屋で買う
 トイレ:小屋の中のを利用する。きれい。

・笠ヶ岳山荘
 料金:1,000円
 水場:テント場から歩いて1分ぐらい下った雪渓。豊富に出ていた。雪渓しだいなのでいつまで出るか不明。
    小屋でも雨水だけれど無料で汲める。
 売店:小屋
 トイレ:小屋のトイレを利用できる。テント場からは遠いのでつらい。
 お弁当:1,000円。揚げ物などのおかずも入っていて美味しかった。

●お風呂
・新穂高温泉
 中崎山荘 奥飛騨の湯
 https://www.okuhida.or.jp/archives/3311
 800円
 午前中からやっているのでありがたい。
 ちなみにホテル穂高は13時から。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ(モンベル#3)

写真

富山駅から折立まで。
バスには4人だけ。
前日は40人だったみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山駅から折立まで。
バスには4人だけ。
前日は40人だったみたい。
1
途中で休憩。
セブンもあるので、ここで足りないものは買い足せる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で休憩。
セブンもあるので、ここで足りないものは買い足せる。
1
折立。
トイレの前にバス停。キャンプ場も目の前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立。
トイレの前にバス停。キャンプ場も目の前。
1
バス停から登山道への標識も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停から登山道への標識も見える。
1
この大木からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大木からスタート。
さっそくギンリョウソウ☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそくギンリョウソウ☆
樹林帯を抜けると景色が広がり出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると景色が広がり出す。
あれ?
チングルマが終わっている。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?
チングルマが終わっている。。
ニッコウキスゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ。
整備された道を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された道を行く。
1
太郎平小屋到着。
ここで登山届を提出。
テントの受付は薬師峠のテント場でとのこと。
ジュースも薬師峠で買える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋到着。
ここで登山届を提出。
テントの受付は薬師峠のテント場でとのこと。
ジュースも薬師峠で買える。
2
薬師岳を見ながら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳を見ながら歩く。
テント場。
まだすいている。
管理人さんはいたけれど、14時から受け付けるとのことなので、受け付けてもらえず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場。
まだすいている。
管理人さんはいたけれど、14時から受け付けるとのことなので、受け付けてもらえず。
テントを張ったら薬師岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張ったら薬師岳へ。
開けたところからの景色はいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたところからの景色はいい。
薬師岳のカールがきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳のカールがきれい
1
小屋が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきた。
時間に余裕もあるので
ここでコーラを飲む。
500mlを一気に飲み干すぐらい暑い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間に余裕もあるので
ここでコーラを飲む。
500mlを一気に飲み干すぐらい暑い。
1
炎天下の道を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炎天下の道を歩く。
2
連休だけあってたくさんの人が登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連休だけあってたくさんの人が登る。
1
山頂はもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はもうすぐ。
1
だいぶガスってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶガスってきた。
壊れた避難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた避難小屋。
1
槍はよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍はよく見える。
2
終わってしまったものも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わってしまったものも。
1
明日歩く黒部五郎を見ながら下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日歩く黒部五郎を見ながら下山。
1
テント場。
徐々に増えて最終的には8割ぐらいは埋まったかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場。
徐々に増えて最終的には8割ぐらいは埋まったかな。
1
夕日に染まるくろべ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日に染まるくろべ
2
朝。この日もいい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝。この日もいい天気。
太郎平小屋を通り過ぎて進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋を通り過ぎて進む。
1
ニッコウキスゲがきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲがきれい。
2
北ノ俣岳の少し先からの眺めがよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳の少し先からの眺めがよかった。
1
雷鳥!
登山道で砂浴び中☆
かわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥!
登山道で砂浴び中☆
かわいい。
4
近くに行っても逃げない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに行っても逃げない。
4
登り返しの道が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しの道が見える。
鞍部からの登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からの登り返し
三俣蓮華に鷲羽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華に鷲羽岳
1
お花がたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花がたくさん。
いいカールだなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいカールだなあ
1
お花がかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花がかわいい。
ここでランチ休憩。
三俣蓮華の巻道は雪きりしていないので通行不可とのことなので山頂経由で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでランチ休憩。
三俣蓮華の巻道は雪きりしていないので通行不可とのことなので山頂経由で。
2
登り返しがなかなか堪える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しがなかなか堪える。
巻道。
半分ぐらいまで雪切りされていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道。
半分ぐらいまで雪切りされていた。
様子を見に行ってみたけれどアイゼンなしでは滑落すると思われるので山頂へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
様子を見に行ってみたけれどアイゼンなしでは滑落すると思われるので山頂へ。
三俣蓮華山頂辺り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華山頂辺り
1
三俣山荘へ下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘へ下る。
2
双六との分岐。
明日はまたここを通る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六との分岐。
明日はまたここを通る。
カールがきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールがきれい。
2
テント場はガラガラ。
4張ぐらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場はガラガラ。
4張ぐらい。
1
小屋に到着。
ここで受付。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に到着。
ここで受付。
3
テント場は空いているので選び放題。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は空いているので選び放題。
1
テントからの眺めは最高☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントからの眺めは最高☆
1
山とチャイ。
のんびり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山とチャイ。
のんびり
1
小屋の喫茶室でまったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の喫茶室でまったり。
1
小屋での夕暮れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋での夕暮れ。
2
暑くなる前に稜線歩きを済ませてしまおうと、とりあえず鷲羽経由で水晶へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑くなる前に稜線歩きを済ませてしまおうと、とりあえず鷲羽経由で水晶へ。
1
朝日がさしてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日がさしてきた。
1
ワリモ岳へのロープ場。
なくても行ける感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳へのロープ場。
なくても行ける感じ。
水晶小屋
ここも快適そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋
ここも快適そう。
2
テントを撤収してから笠ヶ岳へ向けて出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを撤収してから笠ヶ岳へ向けて出発。
いい山と小屋だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい山と小屋だった。
昨日の分岐到着。
今日は巻き道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の分岐到着。
今日は巻き道へ。
1
ここからが長いのでランチ。
カルビ丼。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが長いのでランチ。
カルビ丼。
2
テント場はまだすいている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場はまだすいている。
1
黒百合ベンチでは黒百合!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ベンチでは黒百合!
3
なんかガスってきた。
弓折岳から大ノマ乗越200mぐらい下り、それ以上の標高を大ノマ岳へ登り返す。
なかなかきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかガスってきた。
弓折岳から大ノマ乗越200mぐらい下り、それ以上の標高を大ノマ岳へ登り返す。
なかなかきつい。
ちょっと崩壊気味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと崩壊気味。
1
ここは登山道崩落。
右側に藪を切り開いた道あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは登山道崩落。
右側に藪を切り開いた道あり。
1
秩父平に下ってからまた登り返す。
この道はけっこうきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父平に下ってからまた登り返す。
この道はけっこうきつい。
1
登り切ればだいぶ楽な道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切ればだいぶ楽な道。
1
ガンバ。
ここ辺りがテント場。
このガンバは小屋までの道に対してか。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンバ。
ここ辺りがテント場。
このガンバは小屋までの道に対してか。。
1
テントを張ってから山頂へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張ってから山頂へ。
1
山頂でのんびり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でのんびり。
3
夕暮れ時は美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ時は美しい。
2
この3日間歩いてきた稜線が一望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この3日間歩いてきた稜線が一望。
笠ヶ岳の影が穂高に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳の影が穂高に
3
夜もすごい。
天の川。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜もすごい。
天の川。
3
富士山も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見える。
1
振り返って笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って笠ヶ岳
1
ここから笠新道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから笠新道へ。
笠ヶ岳が遠くなっていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳が遠くなっていく。
石には丸印が付いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石には丸印が付いている。
ちょこちょこ標識あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこちょこ標識あり。
樹林帯に入ると奥多摩などの里山のような感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると奥多摩などの里山のような感じ。
ようやく下山。
水場があるので、ここで水浴び。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく下山。
水場があるので、ここで水浴び。
あとは林道歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは林道歩き。
ここからバスに。
その前に温泉へ。
硫黄泉で気持ちよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからバスに。
その前に温泉へ。
硫黄泉で気持ちよかった。
2

感想/記録
by chasou

●日程
1日目:折立→薬師峠(テン場)→薬師岳→薬師峠
2日目:薬師峠→黒部五郎岳→三俣蓮華岳→三俣山荘(テン場)
3日目:三俣山荘→鷲羽岳→水晶岳→黒部源流→三俣山荘→双六山荘→笠ヶ岳山荘(テン場)→笠ヶ岳→テン場
4日目:笠ヶ岳山荘テン場→笠新道→新穂高温泉
訪問者数:1030人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/6
投稿数: 13
2018/7/23 21:27
 お疲れさまでした。
遂に北アルプス最深部登頂されましたね。おめでとうございます。3日目の行程が厳しかったみたいですがすごいですね。あとはこれからのハイシーズン避けてのテント泊の計画。高気圧の頑張りで天候も安定していたみたいですね。私もCHSASOUさんの山行を参考にして、この地域の踏破を目指したいと思います。
登録日: 2014/1/16
投稿数: 23
2018/7/24 23:59
 Re: お疲れさまでした。
こんばんは。
ようやくこのルートを歩くことができました。
3日目は灼熱の中、なかなかハードな行程でしたが、北アルプスをいろいろな角度から楽しむことができて良かったです。
最終目的地の笠ヶ岳からも、今まで歩いてきた山々を一望でき感慨深かったです。
このルートは天候がよければ問題ないのですが、天気が悪いとかなり厳しいと思うので、晴れの続きそうな時を狙って行ってみてください☆

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ