また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2454618 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

南北八ヶ岳縦走

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年07月23日(木) ~ 2020年07月25日(土)
メンバー
天候一日目雨、二日目曇り、三日目雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
早朝、道の駅小淵沢に駐車。小淵沢駅まで徒歩。小淵沢駅から茅野駅まで電車。茅野駅から蓼科山登山口まで季節運行バス。帰りは観音平から道の駅まで徒歩。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間57分
休憩
24分
合計
5時間21分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口09:0010:13標高2110m標識10:1310:27幸徳平10:2811:32蓼科山11:3511:35蓼科山頂ヒュッテ11:3511:38蓼科山11:4011:44蓼科山頂ヒュッテ11:4512:08蓼科山荘12:0812:12将軍平12:1212:27赤谷の分岐12:2712:34佐久市最高地点12:3413:12大河原ヒュッテ13:1213:15大河原峠13:3213:55双子山13:5814:24双子池
2日目
山行
10時間43分
休憩
43分
合計
11時間26分
双子池04:4104:42双子池ヒュッテ04:4405:19天狗の露地05:2406:07大岳分岐06:0706:12大岳06:1306:19大岳分岐06:2307:09北横岳07:1007:13北横岳(南峰)07:1307:22北横岳ヒュッテ07:2207:28三ツ岳分岐07:2807:49坪庭07:4908:14縞枯山荘08:1508:19雨池峠08:1908:40縞枯山08:4508:56縞枯山 展望台08:5809:09縞枯茶臼鞍部09:1209:25茶臼山09:3009:52中小場09:5210:01大石峠10:0210:12茶水の池10:1210:17麦草峠10:2110:22麦草ヒュッテ10:2710:27麦草峠 駐車場10:2710:32麦草峠10:3210:43白駒の奥庭10:4310:52白駒の池 駐車場10:58白駒分岐10:5911:02青苔荘11:0311:07白駒の池11:0811:40高見石11:4412:12高見石小屋12:1413:14中山展望台13:1513:19中山13:1913:29中山分岐13:3013:36見晴らし台13:3713:41中山峠16:09本沢温泉
3日目
山行
12時間34分
休憩
2時間35分
合計
15時間9分
本沢温泉05:1305:27本沢温泉野天風呂05:2706:18夏沢峠06:1906:24山びこ荘06:2906:29ヒュッテ夏沢06:2907:46硫黄岳07:4608:05硫黄岳山荘08:2008:46台座ノ頭08:4609:06横岳09:0609:12横岳(無名峰)09:1209:21三叉峰09:2109:30石尊峰09:3309:35鉾岳09:3609:42日ノ岳09:4909:56二十三夜峰09:5610:06地蔵の頭10:0710:11赤岳天望荘10:4411:15赤岳頂上山荘11:2011:23赤岳11:2411:27竜頭峰分岐11:2811:36真教寺尾根分岐11:4311:56天狗尾根 稜線分岐12:0112:44キレット小屋12:5513:31ツルネ13:3214:12旭岳14:1214:39縦走路分岐14:4014:42権現小屋14:5114:58東ギボシ15:0515:11西ギボシ15:1815:29のろし場15:3015:51青年小屋16:1416:42編笠山16:4717:44押手川17:4418:12雲海18:1218:46観音平18:5719:46観音平口ゲート19:4720:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

写真

蓼科山登山口バス停に立つ女の神茶屋。当日はやってませんでした。
2020年07月23日 09:00撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山登山口バス停に立つ女の神茶屋。当日はやってませんでした。
蓼科山頂ヒュッテ。ここで初めて人に遭遇。山頂近くはゴロゴロの岩。濡れてるしガスガスで少し怖い。
2020年07月23日 11:34撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂ヒュッテ。ここで初めて人に遭遇。山頂近くはゴロゴロの岩。濡れてるしガスガスで少し怖い。
蓼科山山頂。展望は見てのとおり。山行中ずっとこう。神社行きたかったけど道迷いしそうで止める
2020年07月23日 11:41撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂。展望は見てのとおり。山行中ずっとこう。神社行きたかったけど道迷いしそうで止める
急な下りを降りて蓼科山荘。気持ちのいい場所で一息入れたかったけど雨宿りするとこなかったんで進む。
2020年07月23日 12:08撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下りを降りて蓼科山荘。気持ちのいい場所で一息入れたかったけど雨宿りするとこなかったんで進む。
大河原峠
2020年07月23日 13:13撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠
大河原ヒュッテ。やってなさそうっていうか、普通に一般道で駐車場とトイレあり
2020年07月23日 13:13撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原ヒュッテ。やってなさそうっていうか、普通に一般道で駐車場とトイレあり
味のある地図
2020年07月23日 13:30撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
味のある地図
双子山。後は双子池に降りるだけ
2020年07月23日 13:56撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山。後は双子池に降りるだけ
双子池ヒュッテ到着。タープのありがたみ。雨で湖面が上がり、テン場減ってたけど張る人は多かった。雨のなか設営した後ビール買いに行くのだるくて止める。朝には雨上がった
2020年07月23日 14:28撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池ヒュッテ到着。タープのありがたみ。雨で湖面が上がり、テン場減ってたけど張る人は多かった。雨のなか設営した後ビール買いに行くのだるくて止める。朝には雨上がった
朝の双子池。美しい。今日は貴重な降らない予定の日。明日に備えてさっさと進むのだ(遅れ気味)。
2020年07月24日 04:43撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の双子池。美しい。今日は貴重な降らない予定の日。明日に備えてさっさと進むのだ(遅れ気味)。
朝日。一日の誕生の尊さ
2020年07月24日 05:03撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日。一日の誕生の尊さ
この天気続きますように
2020年07月24日 05:21撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この天気続きますように
大岳。風強い。ここまでは岩と苔の道。道通した人はすごいな
2020年07月24日 06:12撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳。風強い。ここまでは岩と苔の道。道通した人はすごいな
横岳北峰。まさかの無人。皆どこにいるんだ、時間早いのかな
2020年07月24日 07:09撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳北峰。まさかの無人。皆どこにいるんだ、時間早いのかな
双耳峰の南。こっちも無人。風強く、さっさと進む
2020年07月24日 07:13撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰の南。こっちも無人。風強く、さっさと進む
ここにもブランコある。
2020年07月24日 07:23撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもブランコある。
縞枯山荘。珈琲をいただく。霧雨のなか、ストーブの暖かさが沁みる
2020年07月24日 08:01撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山荘。珈琲をいただく。霧雨のなか、ストーブの暖かさが沁みる
縞枯山。ここらで人とすれ違い始める。
2020年07月24日 08:43撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山。ここらで人とすれ違い始める。
展望台はいいところだ。展望はないけど
2020年07月24日 08:56撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台はいいところだ。展望はないけど
茶臼山山頂って、ただの分岐ですねぇ
2020年07月24日 09:22撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山山頂って、ただの分岐ですねぇ
展望台。岩影に入ると風を感じない。電波通じる
2020年07月24日 09:25撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台。岩影に入ると風を感じない。電波通じる
開けた
2020年07月24日 10:13撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた
麦草ヒュッテ。人多い。整備された観光地で、ここと白駒池、高見石小屋をセットで回るのも楽しそう。
2020年07月24日 10:16撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草ヒュッテ。人多い。整備された観光地で、ここと白駒池、高見石小屋をセットで回るのも楽しそう。
白駒池の青苔荘。観光地。白駒池はやっぱきれいだ
2020年07月24日 11:01撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池の青苔荘。観光地。白駒池はやっぱきれいだ
ここから先、高見石の揚げパンと石からの景色取り忘れた。携帯充電してたから
2020年07月24日 11:10撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先、高見石の揚げパンと石からの景色取り忘れた。携帯充電してたから
中山峠。小休止の後GPS再開を忘れる。疲れているってことですね
2020年07月24日 13:14撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠。小休止の後GPS再開を忘れる。疲れているってことですね
でも東天狗岳の写真はとる。この後、白砂新道で本沢温泉へ降りる。可能なら根石岳を通って夏草峠から降りたかったけど、時間と体力がなかった
2020年07月24日 14:47撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも東天狗岳の写真はとる。この後、白砂新道で本沢温泉へ降りる。可能なら根石岳を通って夏草峠から降りたかったけど、時間と体力がなかった
雨だけど、ここに来たかった。最高!オーレン小屋予約してないってのもある。
2020年07月24日 18:06撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨だけど、ここに来たかった。最高!オーレン小屋予約してないってのもある。
翌朝。昨日の下りとは違い整備された夏草峠への道を登りやまびこ荘へ。風がないと登りやすい。ここからずっと風強い
2020年07月25日 06:26撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。昨日の下りとは違い整備された夏草峠への道を登りやまびこ荘へ。風がないと登りやすい。ここからずっと風強い
硫黄岳。ちょくちょく人とすれ違う。風強く雨叩く。雨具内部に浸透して来ないのが救い。最悪ここから赤岳鉱泉に降りる選択肢もあったが、人来るし進む。
2020年07月25日 07:45撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳。ちょくちょく人とすれ違う。風強く雨叩く。雨具内部に浸透して来ないのが救い。最悪ここから赤岳鉱泉に降りる選択肢もあったが、人来るし進む。
珈琲飲んで一息入れる。ここから核心部.灰蹈焚爾任竜濬の訓練してた。
2020年07月25日 08:06撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珈琲飲んで一息入れる。ここから核心部.灰蹈焚爾任竜濬の訓練してた。
横岳。楽しい行程
2020年07月25日 09:06撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳。楽しい行程
赤岳展望荘着。トイレとコーラをもらう。カレーももらえばよかった
2020年07月25日 10:32撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘着。トイレとコーラをもらう。カレーももらえばよかった
よっしゃ、赤岳着!時間遅れ気味だけどキレット越えの道を選択。権現岳までの道は知ってるからそうしたが、権現岳からの道は知らなかったのだ
2020年07月25日 11:22撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よっしゃ、赤岳着!時間遅れ気味だけどキレット越えの道を選択。権現岳までの道は知ってるからそうしたが、権現岳からの道は知らなかったのだ
権現岳手前の梯子62段あった。すれ違い合ったが、よりによってキレット通過中。なぜ
2020年07月25日 14:29撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳手前の梯子62段あった。すれ違い合ったが、よりによってキレット通過中。なぜ
権現岳
2020年07月25日 14:40撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳
権現小屋。閉まってます
2020年07月25日 14:43撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現小屋。閉まってます
青年小屋。ギボシ辺りは雨降ると危ないな!趣味で鎖触らないように歩いたけど、逆層気味で手掛かり探さないといけない。時間的にもう泊まれよって時間だが、ここ登れば降るだけだし車だから進むのだ!
2020年07月25日 16:07撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋。ギボシ辺りは雨降ると危ないな!趣味で鎖触らないように歩いたけど、逆層気味で手掛かり探さないといけない。時間的にもう泊まれよって時間だが、ここ登れば降るだけだし車だから進むのだ!
編笠山!岩々で蓼科山思い出す。時間は押しているがまだ体動く。
2020年07月25日 16:42撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山!岩々で蓼科山思い出す。時間は押しているがまだ体動く。
最後の最後で雲が切れてくれた。山側は見えないが八ヶ岳、ありがとう
2020年07月25日 16:44撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最後で雲が切れてくれた。山側は見えないが八ヶ岳、ありがとう
ここからが長かった。編笠山って修行の山ですね。なぜか道は敢えてか通りにくい道につけてあるし
2020年07月25日 16:47撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが長かった。編笠山って修行の山ですね。なぜか道は敢えてか通りにくい道につけてあるし
観音平着!!やった!ヘッデン着ける前に来れた!安堵が広がるがそうでない。ここからまだ道の駅まで2時間歩くのだ!
2020年07月25日 18:48撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音平着!!やった!ヘッデン着ける前に来れた!安堵が広がるがそうでない。ここからまだ道の駅まで2時間歩くのだ!
歩きだし本当に道あるのか戸惑うが、少し進めば道は明瞭。ひたすら降る。泥で泥濘ので草の上を歩いた(転けたから)
2020年07月25日 19:15撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きだし本当に道あるのか戸惑うが、少し進めば道は明瞭。ひたすら降る。泥で泥濘ので草の上を歩いた(転けたから)
車道に出た。もう真っ暗ですよ。なるべく草の上を歩く。大通りの歩道の脇が割りとよい
2020年07月25日 19:35撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出た。もう真っ暗ですよ。なるべく草の上を歩く。大通りの歩道の脇が割りとよい
小淵沢道の駅着。お疲れさま!!この時間でもまだ温泉やってるのだ!
2020年07月25日 20:30撮影 by SCV36, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小淵沢道の駅着。お疲れさま!!この時間でもまだ温泉やってるのだ!

感想/記録
by m_ya

いつかやりたいと思っていた八ヶ岳縦走。天気は悪いが折角の連休なので決行。
編笠山から進むか蓼科山から進むか悩んだが、本沢温泉に行きたかったので、編笠からだと時間が合わず、最後駅から観音平までタクシーをお願いすることになるからこっちに決定。蓼科山登山口へのバスに間に合うことも確認できたし。
結果、力不足でしたね。雨だし大人しく小屋泊にすればよかったと後悔。最後まで歩き通せたのはよかった。疲れたけど
いつか抜かした稜線歩かなきゃなぁ
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:18人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ