また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2725455 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

岩殿山→大同山→百蔵山→コタラ山→カンバノ頭→大久保山→扇山→犬目丸→荻ノ丸

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月14日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
42分
合計
7時間26分
S大月駅03:3203:49岩殿山丸山公園口04:01岩殿登山口04:37岩殿山04:46三ノ丸跡展望台04:4804:52岩殿山06:04金比羅宮06:16四等三角点「葛野」06:32大同山06:3306:35表登山道分岐06:45百蔵山06:5407:14コタラ山07:1707:27宮谷分岐07:35長尾峰07:46カンバノ頭07:4808:22大久保山08:2308:26大久保のコル08:31扇山08:4809:10荻野・犬目分岐09:14犬目丸09:2009:31荻ノ丸09:3209:57安達野バス停10:05犬目バス停10:36大田峠10:58梁川駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

大月駅から出発です
03:31
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月駅から出発です
03:31
2
トイレの前に岩殿山へ登る方への注意書きがあります
03:32
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの前に岩殿山へ登る方への注意書きがあります
03:32
1
ハッピードリンクショップは自動販売機の群れでした
04:08
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハッピードリンクショップは自動販売機の群れでした
04:08
1
こちら側か天神山方面からのみ登れます
04:09
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側か天神山方面からのみ登れます
04:09
1
九十九折を登って来て鎖がありましたが鎖を持たないで大丈夫でした
04:35
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折を登って来て鎖がありましたが鎖を持たないで大丈夫でした
04:35
1
鎖からすぐに頂上ですが岩殿山の頂上標がありません
04:37
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖からすぐに頂上ですが岩殿山の頂上標がありません
04:37
2
岩殿山の頂上標がありました
04:40
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩殿山の頂上標がありました
04:40
2
富士山は見えませんでしたが夜景が綺麗でした
04:45
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は見えませんでしたが夜景が綺麗でした
04:45
1
百蔵山の登山口に到着しました
05:36
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百蔵山の登山口に到着しました
05:36
1
金比羅宮に鐘楼がありました
ここから先が急登でした
06:05
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅宮に鐘楼がありました
ここから先が急登でした
06:05
1
急坂を登って来て
トラロープは不要でした
06:13
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登って来て
トラロープは不要でした
06:13
1
・800.1 三角点
06:16
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・800.1 三角点
06:16
1
木の隙間から富士山が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の隙間から富士山が見えました
1
表登山道分岐
06:34
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表登山道分岐
06:34
1
松の木の間から富士山が見えました
06:40
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の木の間から富士山が見えました
06:40
1
百蔵山山頂から急激に下がってきました
07:06
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百蔵山山頂から急激に下がってきました
07:06
1
テープにもコタラ山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープにもコタラ山
1
カンバノ頭
少し戻って登るとあります
07:49
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンバノ頭
少し戻って登るとあります
07:49
1
大久保のコル
08:26
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大久保のコル
08:26
1
扇山の山頂が見えました
08:30
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山の山頂が見えました
08:30
1
扇山山頂と富士山
08:31
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山山頂と富士山
08:31
1
三角点?が凄く大きかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点?が凄く大きかったです
1
頂上付近は休みやすいようになってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近は休みやすいようになってました
1
・928
何もありませんでした
09:05
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・928
何もありませんでした
09:05
1
荻野・犬目分岐
09:09
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荻野・犬目分岐
09:09
1
ヤマレコでは犬目丸?付近
09:13
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコでは犬目丸?付近
09:13
1
松の木の間から富士山が見えました
09:39
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の木の間から富士山が見えました
09:39
1
左から降りてきて後ろ方向に向かいます
09:52
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から降りてきて後ろ方向に向かいます
09:52
1
奥の道標を右に向かいます
10:26
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の道標を右に向かいます
10:26
1
これが奥の道標です
ここを右に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが奥の道標です
ここを右に向かいます
1
滑り落ちて沼に落ちるところでした
10:30
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り落ちて沼に落ちるところでした
10:30
1
道標右側から降りて来ました
10:42
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標右側から降りて来ました
10:42
1
大田峠入り口です
ここはヘッドライトでは歩きたくありません
10:44
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大田峠入り口です
ここはヘッドライトでは歩きたくありません
10:44
1
甘い炭酸系で500mlの物はこれしかありませんでした

おつかれさまでした
10:59
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘い炭酸系で500mlの物はこれしかありませんでした

おつかれさまでした
10:59
1
大月駅でヤマノススメが展示してありました
11:23
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月駅でヤマノススメが展示してありました
11:23
2
よりみちの湯に入りに来ました
12:42
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よりみちの湯に入りに来ました
12:42
2

感想/記録

大菩薩嶺から景徳院までと三ツ峠山、滝子山と歩いた赤線を繋いでいたら富嶽十二景を結構歩いていたので他の山にも行ってみたくなり、今回の予定を立てました。
大月駅から出発して岩殿山登り口の注意事項がトイレの前にありました。
先週のお伊勢山で岩殿山の事について教えて貰っていたので再確認出来ました。
この近辺でハッピードリンクショップを見かけていましたが深夜休みのコンビニかと思っていましたが自動販売機の群れでした。

岩殿山はよく踏まれて登りやすかった(と思う位に記憶が…)数歩歩いて折り返しの九十九折が終わったと思ったら鎖が出てきましたが不要でした。
その先直ぐに山頂の頂上標で岩殿山の頂上票は少し下ってからあります。
東屋があって少し広くなっている所に鹿がいて、こんな所に!と気を抜いていたのでかなりビックリしました。

百蔵山の登山口からは笹が生えていて夜露?で濡れていたのでゲイターを着けようか迷ったのですが(面倒だったので大丈夫だろうと)着けずに登り初めます。
左側に水路?があるのか水の流れる音にややビビりながら歩いていると、突然目の前を鳥が飛び立ち死ぬかと思いました。
もうここから先はどの音にも過剰に反応してビクビクしまくっていました。
こうやって潜んでいて突然襲われたらどうにもならんじゃん…とかネガティブ思考に。
左側には清水を麓まで流している黒いパイプ?配管?を空気がたまに通るチョロチョロという音にまでビクビク…。
日の出がこんなに待ち遠しかったのは初めてでした。

金比羅宮から・800までが急登で、そこから先は名の有る山頂前後が急かな?と思ったぐらいで歩きやすい道でした。
百蔵山から写真22枚目までの下りが
これ滑ったら止まらないんじゃね?と思い慎重に下り
カンバノ頭から大久保山まで長い登りが続き、この三ヶ所が大変でした。

大田峠までの道(写真42枚目まで)は間違えてしまい、私が来た方向からだと42枚目の右側の黄色い看板は見えなく道を探しました。

44枚目で斜面で右足が滑りバランスを崩して沼に落ちるところでした。
その先に貯水槽?と思われるコンクリートの枠が落とし穴の様に道の右側にあり、危険と思いました。

今日の山行で一番危険な道で、逆ルートでヘッドライトで来なくてよかったと思いました。

大月駅に戻り岩殿山に登頂するとヤマノススメのマップとヤマカードをいただけるとの事で、JR大月駅駅前観光案内所
https://otsuki-kanko.info/blog/view/28297
で自撮りした岩殿山の写真を掲示してマップとカードを貰いました。
岩殿山の写真の周囲が真っ暗なので夜に登ったの?と会話が始まって、
今日のルートとか山の感想で盛り上がり、とても感じの良い方々でついつい色々購入してしまいました。

時間があったのでよりみちの湯に立ち寄り3時間弱色々な風呂に浸かってました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:170人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ