また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3364245 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

花盛りの北岳・間ノ岳 (3年前の敗退をついにリベンジ)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年07月20日(火) ~ 2021年07月21日(水)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【芦安市営駐車場-> 広河原 (7/20 火)】
乗合タクシー 5:10->6:00 (料金 1100+200)
前日夕方に電話で予約できて、当日朝は並ばずに乗り込めました。予約は1人でもOKでした。バスより少し早く出るし安いのでお勧めです。
【広河原 -> 芦安市営駐車場 (7/21 水)】
乗合タクシー 16:15->17:00 (料金 1100+200)
https://minami-alpskankou.jp/WP/images/pdf/bustaxi.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
9時間16分
休憩
2時間1分
合計
11時間17分
北岳山荘04:3705:22中白根山06:31間ノ岳06:5007:50中白根山08:18北岳山荘08:4409:22トラバースルート分岐09:2809:55吊尾根分岐10:1010:34北岳10:3911:02両俣分岐11:0911:15北岳肩ノ小屋11:4512:07小太郎尾根分岐12:1212:20草すべり分岐13:25大樺沢二俣13:3115:23白根御池分岐15:41広河原山荘15:4315:45広河原・吊り橋分岐15:52広河原インフォメーションセンター15:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
二股から左股に進んで雪渓の上を歩く距離は5m程度、軽アイゼン不要。

コースタイム x 1.2 + 休憩 で計画
1日目 総距離 5.33km, △1544m, ▽210m
2日目 総距離 10.15km, △651m, ▽1975m
その他周辺情報温泉 天笑閣 月曜休 10:30-20:00, 600円
ここおすすめです。
女湯の場合、ヒノキの湯船が3つ。それぞれ温度設定が異なり、高温 42°、中温 40°、低温 多分 30°くらい?
水風呂でアイシングして高温に入る、を繰り返せば、登山後の筋肉疲労回復にバッチリ。

写真

広河原インフォメーションセンター 朝の風景
2021年07月20日 06:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原インフォメーションセンター 朝の風景
北岳が見える
2021年07月20日 06:16撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳が見える
広河原の橋を渡り
2021年07月20日 06:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原の橋を渡り
大樺沢の水音を聞きながらひたすら歩く
2021年07月20日 06:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺沢の水音を聞きながらひたすら歩く
センジュガンピ と アブ
2021年07月20日 07:03撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジュガンピ と アブ
1
時折見える北岳
2021年07月20日 07:22撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折見える北岳
ひたすら歩くのみ
2021年07月20日 07:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら歩くのみ
二股はまだ? 暑いよ...
2021年07月20日 08:26撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股はまだ? 暑いよ...
1
二股に到着!
2021年07月20日 08:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股に到着!
ヘリが何度も往復して北岳方面に荷下ろししている様子
2021年07月20日 09:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリが何度も往復して北岳方面に荷下ろししている様子
今日は左俣へと進みます
2021年07月20日 09:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は左俣へと進みます
少しずつ少しずつ進む
2021年07月20日 10:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ少しずつ進む
1
振り返ると鳳凰三山!
2021年07月20日 10:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると鳳凰三山!
1
左股の沢を淡々と上り詰めていく
それにしても日差しが暑い!
2021年07月20日 10:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股の沢を淡々と上り詰めていく
それにしても日差しが暑い!
左俣の上部で休憩
沢の水を掬って、手を洗ったり顔を冷やしたり 気持ちいい
2021年07月20日 10:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣の上部で休憩
沢の水を掬って、手を洗ったり顔を冷やしたり 気持ちいい
3
北岳のバットレス!
近くで見るとさすがの迫力
2021年07月20日 11:21撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳のバットレス!
近くで見るとさすがの迫力
2
さて、左股の沢を離れて八本歯のコルを目指す
2021年07月20日 11:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、左股の沢を離れて八本歯のコルを目指す
いよいよハシゴが始まった
2021年07月20日 11:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよハシゴが始まった
すぐに、2つ目のハシゴ
2021年07月20日 11:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに、2つ目のハシゴ
さらに、3つ目の梯子
2021年07月20日 11:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、3つ目の梯子
4番目のハシゴ
2021年07月20日 11:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番目のハシゴ
5番目のハシゴ
この辺りで急にバテた 腹痛まで感じる
あとはヘロヘロで少し登っては休み、少し進んでは休み
2021年07月20日 11:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5番目のハシゴ
この辺りで急にバテた 腹痛まで感じる
あとはヘロヘロで少し登っては休み、少し進んでは休み
これが八本歯のコルの直前のハシゴだった
2021年07月20日 12:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが八本歯のコルの直前のハシゴだった
八本歯のコル やっと到着!
5番目の梯子からもう1時間近くかかっている
2021年07月20日 12:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコル やっと到着!
5番目の梯子からもう1時間近くかかっている
1
今日のお宿「北岳山荘」が見えてきた嬉しい!
左は中白根の山並みか
2021年07月20日 12:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお宿「北岳山荘」が見えてきた嬉しい!
左は中白根の山並みか
2
トラバース道を進む
2021年07月20日 14:11撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道を進む
1
北岳一の花畑を楽しみながら、ヘロヘロと進む
2021年07月20日 14:23撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳一の花畑を楽しみながら、ヘロヘロと進む
2
無事に到着!
2021年07月20日 14:52撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に到着!
北岳山荘
2021年07月20日 16:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘
夕食
サバの味噌煮で、タンパク質と不飽和脂肪酸と明日の元気を補充!
2021年07月20日 17:52撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食
サバの味噌煮で、タンパク質と不飽和脂肪酸と明日の元気を補充!
2
未明、部屋の窓からの富士山
2021年07月21日 04:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未明、部屋の窓からの富士山
1
間ノ岳に向かう私
2021年07月21日 04:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳に向かう私
中白根山 (3055m)
2021年07月21日 05:21撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中白根山 (3055m)
1
恵那山が雲の上にぽっかり
2021年07月21日 05:22撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山が雲の上にぽっかり
1
ハクサンイチゲ
2021年07月21日 06:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
2
間ノ岳に到着!
2021年07月21日 06:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳に到着!
2
間ノ岳より
2021年07月21日 06:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳より
間ノ岳で、宿のお弁当を食す
2021年07月21日 06:40撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳で、宿のお弁当を食す
2
北岳山荘に戻ります
2021年07月21日 07:00撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘に戻ります
1
おぉ、槍ヶ岳が見える
2021年07月21日 07:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ、槍ヶ岳が見える
北岳 キリリと引き締まった
2021年07月21日 07:35撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳 キリリと引き締まった
2
岩の表面にクロスした白の線ができているのが面白い
花崗岩なのか、なんでしょうね
2021年07月21日 07:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の表面にクロスした白の線ができているのが面白い
花崗岩なのか、なんでしょうね
1
北岳山荘にデポしたザックを回収し、北岳に向かいます
ミネウスユキソウ
2021年07月21日 09:05撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘にデポしたザックを回収し、北岳に向かいます
ミネウスユキソウ
1
チョウノスケソウ
2021年07月21日 09:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ
2
すぐそこに見えるのに、北岳山頂は遠い
2021年07月21日 09:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそこに見えるのに、北岳山頂は遠い
1
この鳥は何? じっと浮かんでいる
2021年07月21日 09:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鳥は何? じっと浮かんでいる
1
なだらかな道の先にハシゴが見える
2021年07月21日 09:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな道の先にハシゴが見える
このハシゴ、きつかった
2021年07月21日 09:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハシゴ、きつかった
吊尾根分岐
2021年07月21日 09:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐
ついに登頂! 来ました北岳
2021年07月21日 10:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに登頂! 来ました北岳
2
北岳山頂からの富士山
2021年07月21日 10:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂からの富士山
2
千丈ヶ岳と甲斐駒
2021年07月21日 10:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈ヶ岳と甲斐駒
さて、帰ります
2021年07月21日 10:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰ります
チョウノスケソウ
2021年07月21日 10:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ
2
チョウノスケソウ
2021年07月21日 10:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ
1
肩の小屋が見えてきた
2021年07月21日 10:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋が見えてきた
1
肩の小屋は増築工事中でした
水を補充し昼食をとり、後はひたすら下ります
2021年07月21日 11:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋は増築工事中でした
水を補充し昼食をとり、後はひたすら下ります
1
小太郎尾根分岐
2021年07月21日 12:07撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小太郎尾根分岐
右俣を下る
2021年07月21日 12:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣を下る
稜線の上にちらと富士山
2021年07月21日 12:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の上にちらと富士山
赤い字で「急傾斜・転倒注意!」と
ビビります
2021年07月21日 12:20撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い字で「急傾斜・転倒注意!」と
ビビります
コバイケイソウの群落
2021年07月21日 12:24撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウの群落
二股の道標の下にスマホの忘れ物!
そのまま置いて下り始めるとまもなく、持ち主の男性が下から引き返してくるのに会いました。無事に回収できたようで良かった!
2021年07月21日 13:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股の道標の下にスマホの忘れ物!
そのまま置いて下り始めるとまもなく、持ち主の男性が下から引き返してくるのに会いました。無事に回収できたようで良かった!
銘板が埋め込まれているように見えるけど、何なのだろう
表面のうねった筋模様が面白い
2021年07月21日 13:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銘板が埋め込まれているように見えるけど、何なのだろう
表面のうねった筋模様が面白い
炎天下を歩くのが辛くなり一休み
大樺沢の清流で顔を洗って、腕を洗って、すこし涼みました
2021年07月21日 14:04撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炎天下を歩くのが辛くなり一休み
大樺沢の清流で顔を洗って、腕を洗って、すこし涼みました
1
どんどん下ってきて、あと1時間
2021年07月21日 14:40撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下ってきて、あと1時間
広河原への道標だ。あと少し!
2021年07月21日 15:40撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原への道標だ。あと少し!
無事に下山
広河原からは乗合タクシーで芦安に戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山
広河原からは乗合タクシーで芦安に戻りました
1

感想/記録

梅雨が明け、いよいよ夏山シーズン
SCWで20、21日の2日間が良さそうとアタリをつけて、北岳と間ノ岳に行ってきた。

実は3年前の梅雨明け前に、テントを背負って『北岳肩の小屋』まで行ったものの、天気がくずれて雨風の中を一晩テントの中で過ごす羽目になった。翌朝も風雨。北岳までほんの標高差で193mの肩の小屋から、登頂することなく重い荷物をまとめて引き返した苦い過去がある。

今回は梅雨明けの安定した夏型の空模様。
標高3000m台のきつい直射日光を浴びつつ、雄大な山並みを眺めながらの山歩きを2日間満喫した。

○ 広河原〜大樺沢二股
淡々と進む
大樺沢二股で休憩。おにぎり1個他

○二股〜左俣の沢の上端
日差しを浴びて、淡々と進む
左俣の沢の上端で、ザックを下ろして休憩。沢の水で顔や手の汗を流してスッキリ

○左俣の沢の上端〜八本歯のコル
梯子の連続と聞いてはいた。
淡々と順調に進む。

しかし、5つ目の梯子に取り掛かるところで、突然の体調不良に襲われる。
腹痛あり。しばらく座って薬を飲む。 
二股で食べたおにぎりで食あたり? 合わせてシャリバテ? 力が入らない。

その後は、ハシゴをよじ登っては休み、少し進んでは休み。 
二股から八本歯のコルまでに3時間あまりを費やした。

八本歯のコルで岩山に猿の家族がいるのを見かけた。
あれは普通なのだろうか?

○八本歯のコル〜吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐
岩場とハシゴ
不調が続き、岩陰で日差しを避けてしばしば休憩

○吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐〜北岳山荘
ここからは下り
左右に満開の花畑。ガイド本では北岳一の花畑はここだという。

無事に北岳山荘に到着。
私は「八本歯」の部屋に割り当てていただいた。
パーティションで一人1畳分をしっかり区切ってあって、プライバシーも保てるし、過ごしやすかった。
ほどほどのプライバシーで、同室の方と情報交換できたのも良かった。

2日目
○北岳山荘〜間ノ岳〜北岳山荘
ザックを山荘にデポして、前夜に受け取ってあったお弁当を持って間ノ岳に遠足。
コースの左右に咲く花の種類が多くて色も多彩。良いコースでした。

○北岳山荘〜北岳〜北岳肩の小屋
ザックを回収して北岳へ向かう。
山荘と北岳の標高差は293mしかない筈なのに、意外と手間取る。
高山で酸素が薄いからなのか?

北岳に無事登頂。
北岳をぐるっと囲む仙丈・甲斐駒・観音岳は登ったことのある山だし、その真ん中の北岳に立っていることに、感激。

真っ青な空の下の眺めを楽しんだ。

北岳肩の小屋に到着。水を補給し、ベンチに座って昼食をとる。
ベンチで隣り合わせになったご夫婦と山談義が盛り上がり、楽しい寛いだ時間を過ごした。
3年前、肩の小屋のテン場で風雨に振り込められた苦い記憶は、この楽しい山談義の時間の記憶で完全に塗りつぶせそう。(笑)

○北岳肩の小屋〜右俣〜二股
淡々と進む

○二股〜広河原
淡々と進む。
途中、大樺沢の河原に下りて、顔と腕を水に浸して冷やす。水の冷たさが気持ち良い!
無事に下山。


それにしても北岳は大きかった。
もう少しゆとりある計画を立てれば良かった! 歩きながらそんなことを思っていた。
素晴らしい登山の時間だったけど、北岳はもう当分は行かなくてもいいな。^^

===
それにしても、コロナ禍で山小屋の運営は大きく変わりましたね。
2年前まではどの小屋でも布団を並べて雑魚寝がデフォルトでしたし。
それが嫌でテントにこだわってました。

今は1人1畳分をパーティションで囲ったスペースを提供するパターンが多数。パーティションでプライバシーも守られて過ごせます。部屋のドアは取り外して、窓を細めに開けて、室内を風がびゅうびゅう。通気もしっかり。
宿泊者はシュラフとシュラフシーツを持参すればいいだけ。料金は高くなったけど、以前の山小屋よりずっと快適で泊まりやすくなりました。有難いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:201人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ