ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915673 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

これでも6月? 前白根山は一面、霧氷の花、花、花。

日程 2016年06月02日(木) [日帰り]
メンバー minomushikun
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯元国民休暇村無料駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
28分
合計
7時間36分
S湯元温泉登山口08:1309:52外山鞍部10:15天狗平10:1710:51前白根山10:5211:08避難小屋分岐11:1011:19五色沼避難小屋11:3511:58五色沼12:36前白根山12:3713:07五色山13:1213:41国境平13:4215:45湯元温泉登山口15:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湯元スキー場〜外山鞍部
スキー場から前白根山の取り付きまではスキー場の管理道路を歩きますが砂利道なのでけっこう疲れます。取り付きから外山鞍部までは悪路。急傾斜の上に大きな段差もあるので注意してゆっくり歩きます。
道ははっきりしているので道間違いの心配はありません。

外山鞍部〜前白根山
しばらくは樹林帯の中を歩きますがやがて視界が開け、天狗平から先は気持ちのいい稜線歩きが楽しめます。前白根山に近づくと稜線上に前白根山、その先左手に大きな白根山が見えてきます。これから向かう錫ヶ岳への稜線が視界に入るのもこの辺りから。
ここも道がはっきりしているで間違えようがありません。

前白根山〜避難小屋〜五色沼〜水場〜前白根山
前白根山から道標にしたがって避難小屋へ。強い風と低温で体温を奪われたので暖をとるために避難小屋に駆け込む。雨具上下を着込んで体温の上昇を待ち、小屋から出て昼食。
避難小屋は窪地になっているので稜線上の強風が嘘のよう。快適なランチタイムを過ごしました。

ここから五色沼の水場を確認してもう一度、前白根山に登って今度は五色沼へと向かいます。五色沼から前白根山に登り返す途中に水場があるので、水量の確認が目的でした。
渇水期なのか水量は乏しく、水を確保をするのは困難なくらいでした。
水場から白錫尾根に乗り今日、二度目の前白根山へ(^^)
前白根山の南側はザレ場なので足の踏ん張りがききません。足場のいいところを選んでゆっくり登った。

前白根山〜五色山〜国境平
眺めのいい快適な稜線は五色山直下まで続き、急登するとそこが五色山の山頂。眼下に湯元の温泉街や日光連山を見ることができます。
五色山から緩やかな稜線を下っていくと金精山への分岐を示す道標がある。
快適なのはここまで。

国境平〜中ッ曽根〜湯元
国境平から湯元へのルートは中ッ曽根と呼ばれる急な下りに加えて背丈ほどの笹が茂る難路。湯元へ戻るには前白根山ピストンか中ッ曽根しかありません。ここはなにも考えずにひたすら下っていく。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

スキー場内を抜ける砂利の管理道路を白根沢に向かって進んで行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場内を抜ける砂利の管理道路を白根沢に向かって進んで行く。
前白根山の取り付き部分。
ここから急登が始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山の取り付き部分。
ここから急登が始まる。
かなりの悪路。
木の根、大小の石、大きな段差あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの悪路。
木の根、大小の石、大きな段差あり。
ハクサンシャクナゲが出迎えてくれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲが出迎えてくれた。
大雨のときは水路になること間違いなしのえぐれた道をひたすら登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雨のときは水路になること間違いなしのえぐれた道をひたすら登っていく。
霜? いや、雪でした。
下界では昨日はいい天気だったが、少量とはいえここでは雪が降ったらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜? いや、雪でした。
下界では昨日はいい天気だったが、少量とはいえここでは雪が降ったらしい。
あえぎながらも第一の難関をクリアして外山鞍部に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あえぎながらも第一の難関をクリアして外山鞍部に到着。
ミツバオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
外山鞍部から天狗平まで、稜線上から少し北へ下がって道がついている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外山鞍部から天狗平まで、稜線上から少し北へ下がって道がついている。
天狗平直下のバイケイソウの群落を過ぎて、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平直下のバイケイソウの群落を過ぎて、、、
天狗平に到着。
ピークではないが広くて快適そのもの。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平に到着。
ピークではないが広くて快適そのもの。
天狗平からややトラバース気味に歩いて稜線に乗る。
頭の上からパラパラとなにかが落ちてくる。
霰かと思いきや、形が違う。板状の氷だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平からややトラバース気味に歩いて稜線に乗る。
頭の上からパラパラとなにかが落ちてくる。
霰かと思いきや、形が違う。板状の氷だ。
イワカガミを見るようになった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミを見るようになった。
うわ〜、ミネザクラ(タカネザクラ)が満開ではないか。美しいのひと言。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわ〜、ミネザクラ(タカネザクラ)が満開ではないか。美しいのひと言。
先ほどの氷の正体がわかった。霧氷だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの氷の正体がわかった。霧氷だ。
すごいぞ!!
木という木、すべてが霧氷だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごいぞ!!
木という木、すべてが霧氷だ。
暦は6月だというのに海老の尻尾が見られた。
これを幸運と言わずしてなんと言う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暦は6月だというのに海老の尻尾が見られた。
これを幸運と言わずしてなんと言う。
霧氷の向こうに白錫尾根が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の向こうに白錫尾根が見える。
満開のミネザクラにも霧氷が、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開のミネザクラにも霧氷が、、、
それにしても見事と言うほかにない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても見事と言うほかにない。
振り向くと霧氷の向こうに男体山が見える。
こうなると霧氷が主役で男体山は脇役だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと霧氷の向こうに男体山が見える。
こうなると霧氷が主役で男体山は脇役だ。
霧氷に見とれて時間をくってしまったが前白根山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷に見とれて時間をくってしまったが前白根山に到着。
道標もご覧の通り。
それにしても寒い。強風に体温が奪われる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標もご覧の通り。
それにしても寒い。強風に体温が奪われる。
上の道標の場所から白根山と五色沼が見渡せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の道標の場所から白根山と五色沼が見渡せる。
前白根山から下りて白錫尾根に乗ると男体山と中禅寺湖が見えるようになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山から下りて白錫尾根に乗ると男体山と中禅寺湖が見えるようになる。
前白根山を南へ下って避難小屋への分岐にさしかかる。
今日は錫ヶ岳の下見が目的なのでこのまま進みたいところだが暖をとるためにアッサリと方針転換し、避難小屋へ向かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山を南へ下って避難小屋への分岐にさしかかる。
今日は錫ヶ岳の下見が目的なのでこのまま進みたいところだが暖をとるためにアッサリと方針転換し、避難小屋へ向かった。
ここは窪地なので風はなく日差しが暖かい。
白桧岳を諦めて五色山に行くことにしたが稜線上の風を考え、ここで雨具上下を着込む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは窪地なので風はなく日差しが暖かい。
白桧岳を諦めて五色山に行くことにしたが稜線上の風を考え、ここで雨具上下を着込む。
目的とする錫ヶ岳は距離が長いので水が必須。
五色沼の水場に行って水量を確認することにした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的とする錫ヶ岳は距離が長いので水が必須。
五色沼の水場に行って水量を確認することにした。
水場への道標。
前白根山に登り返すのも同じ道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場への道標。
前白根山に登り返すのも同じ道を行く。
水は少なく確保するには至らない量だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は少なく確保するには至らない量だ。
前白根山に登り返して五色山へと向かった。
ダケカンバがもの凄いことになっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山に登り返して五色山へと向かった。
ダケカンバがもの凄いことになっている。
五色山直下の岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色山直下の岩場。
五色山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色山に到着。
五色山からの眺めも抜群で、日光連山が一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色山からの眺めも抜群で、日光連山が一望。
前白根山から見たのとはまた違った白根山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山から見たのとはまた違った白根山。
金精山と湯元を分ける国境平。
広場になっている。
ここから悪名高き中ッ曽根が始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金精山と湯元を分ける国境平。
広場になっている。
ここから悪名高き中ッ曽根が始まる。
国境平から湯元へ下る道は悪路の一言に尽きる。
胸までの笹に苦労する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国境平から湯元へ下る道は悪路の一言に尽きる。
胸までの笹に苦労する。
一瞬だがハクサンシャクナゲの美しさに救われる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬だがハクサンシャクナゲの美しさに救われる。
ここも雨の日は水路と化すのであろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも雨の日は水路と化すのであろうか。
ようやく白根山の登山口に下りることができた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく白根山の登山口に下りることができた。
アスファルト道を歩き、途中でスキー場に入り、無事に出発地点に戻れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスファルト道を歩き、途中でスキー場に入り、無事に出発地点に戻れた。

感想/記録

近い将来、予定している錫ヶ岳の下見で訪れた前白根山ですが、6月だというのに信じられない光景に唖然。そして感動。
最終目標として白桧岳まで行くつもりでしたが、あまりの美しさにもうどうでもよくなって霧氷に魅入ってしまいました。
高湿低温、それが数日続いて霧氷になったものと思いますが、いい条件が重なった日に来ることができました。錫ヶ岳達成の前祝いをしてくれたようです。
訪問者数:20人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ