ヤマレコ

記録ID: 1226843 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 全山縦走(小淵沢〜蓼科山) 敗退

日程 2017年08月14日(月) 〜 2017年08月15日(火)
メンバー
天候曇りときどき雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:
9:00 小淵沢着
11:00 観音平着
帰り:
15:43 竜源橋よりアルピコバス乗車
17:00 茅野駅着

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間36分
休憩
53分
合計
7時間29分
S小淵沢駅09:1610:16観音平口ゲート10:2111:03観音平11:0611:37雲海12:02押手川12:0312:48編笠山13:0413:18青年小屋13:2013:25乙女の水13:2613:30青年小屋13:47のろし場13:4813:59西ギボシ14:08東ギボシ14:13権現小屋14:1614:17縦走路分岐14:1814:19権現岳14:2214:24権現小屋14:39旭岳14:57ツルネ14:5815:12キレット小屋15:1616:11真教寺尾根分岐16:1916:22竜頭峰16:26赤岳16:3016:31赤岳頂上山荘16:45赤岳天望荘
2日目
山行
8時間3分
休憩
49分
合計
8時間52分
赤岳天望荘06:0706:11地蔵の頭06:17二十三夜峰06:1906:28日ノ岳06:3206:34鉾岳06:3806:39石尊峰06:4006:45横岳(三叉峰)06:4806:54無名峰06:58横岳(奥ノ院)07:0007:09台座ノ頭07:17硫黄岳山荘07:2007:32硫黄岳07:3407:57ヒュッテ夏沢08:16箕冠山08:22根石岳08:2308:28白砂新道入口08:39東天狗岳08:4308:45天狗の鼻08:4608:52天狗岳分岐09:16中山峠09:24中山分岐09:31中山09:34中山展望台09:3510:13高見石小屋10:1710:28丸山10:3111:02麦草ヒュッテ11:0611:09茶水の池11:1011:19大石峠11:2211:32中小場12:00縞枯茶臼鞍部12:15縞枯山12:1712:34雨池峠12:39縞枯山荘12:47坪庭13:02三ツ岳分岐13:0313:06北横岳ヒュッテ13:0813:14北横岳(南峰)13:15北横岳13:1613:50亀甲池14:02天祥寺原14:15天祥寺原・将軍平分岐14:59竜源橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●区間ごと
小淵沢〜観音平:
ハイキングコースまでは歩道のある道路。
ハイキングコースからは草道。時折膝上程度の草に足を突っ込む。
編笠山:
ピークは丸い岩で覆われている。
標識を見ないと誤った斜面を降りてしまうことになりかねない。
権現岳前後:
八ヶ岳縦走路で最も難しいと思った箇所。
特に長いはしごは、自分も含め高所恐怖症の方にはおすすめできない。
北八ヶ岳全般:
登山道は慢性化していると思われる水たまりと大きな丸岩、簡易的な足場(丸太、小石。ただしよく滑るし沈む)のオンパレード。迂回路の道があったりもするが、結局水たまりは避けられず泥まみれになる。
その他周辺情報とにかくバスの本数が少ないので、確実に間に合うように。
間に合わない場合はタクシー(電話が通じない場合は呼べない)か、徒歩(20km)となり登山後の疲弊した体には非常に厳しいと思われる。

バス停:
麦草峠
蓼科山登山口

装備

個人装備 500mLペットボトル speed cross4 shotz(ベリー)
備考 ●山行について
いつかやりたいと思っていた八ヶ岳全山縦走。
丹沢である程度歩き慣れたので、一泊二日程度なら十分歩けると過信していた。
実際は、八ヶ岳にはその山域の特性があり、丹沢にはない岩場や難路、登山道の慢性的な濡れ、大きな岩などのため、普段の歩行速度で登山をやることができなかった。
天候や計画不足も相まって、最後の蓼科山ピークを踏むことができなかった。

●反省点
下山後に40分ほどバスを待つことになってしまったが、雨が本降りとなり非常に寒い思いをした。
濡れた衣服を脱いで、持参した雨具(ゴア)を上下に着込むと、雨濡れと風から逃れることができだいぶ状況が改善した。
登山中は着なくても不足の自体に備え雨具は絶対に持っていくべきだと痛感した出来事である。

写真

小淵沢からスタート
猫ちゃんのお出迎え。
思わず手を出して撫でようとしたら「シャー!!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小淵沢からスタート
猫ちゃんのお出迎え。
思わず手を出して撫でようとしたら「シャー!!」
1
道路を8kmほどあるくと観音平へのゲート
さらにしばらく歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路を8kmほどあるくと観音平へのゲート
さらにしばらく歩く
1
車道でも観音平へいけますが、観音平へのハイキングコースへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道でも観音平へいけますが、観音平へのハイキングコースへ
道は明瞭ですが、この時期は草が覆い茂って足に絡みつく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は明瞭ですが、この時期は草が覆い茂って足に絡みつく
観音平着。ここまで10km、小淵沢から標高700mほど上がっている。
今日は八ヶ岳最高峰の赤岳2899mを目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平着。ここまで10km、小淵沢から標高700mほど上がっている。
今日は八ヶ岳最高峰の赤岳2899mを目指します。
出だしは笹多め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしは笹多め
歩きやすい貴重なトレイル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい貴重なトレイル
押手川に近づくと登山道に水が流れてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
押手川に近づくと登山道に水が流れてくる。
立派なおもち…!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なおもち…!!
1
編笠山へ向かう道中
ゴーロからのはしご
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山へ向かう道中
ゴーロからのはしご
1
しばらく登ると樹林帯を抜け、展望が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登ると樹林帯を抜け、展望が。
編笠山着
地形図を見ると頂上は円錐型であり、遠くから見ると編笠のようにみえるはず。
あいにく本日は曇天のため遠景は拝めず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山着
地形図を見ると頂上は円錐型であり、遠くから見ると編笠のようにみえるはず。
あいにく本日は曇天のため遠景は拝めず
1
広いピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広いピーク。
編笠山の次は青年小屋経由で権現岳を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山の次は青年小屋経由で権現岳を目指す
1
青年小屋についてから、水を汲みに乙女の水へ。
ついてみると、「煮沸してのむこと」との注意書き。
要は自己責任。結局手だけ洗い、ルートへ戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋についてから、水を汲みに乙女の水へ。
ついてみると、「煮沸してのむこと」との注意書き。
要は自己責任。結局手だけ洗い、ルートへ戻る。
1
権現岳へ。岩稜帯でガレガレのルンゼ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳へ。岩稜帯でガレガレのルンゼ
1
それなりの岩登りが続き気が抜けない。
個人的に、八ヶ岳山行の難所は権現岳前後の登山道だったように感じる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それなりの岩登りが続き気が抜けない。
個人的に、八ヶ岳山行の難所は権現岳前後の登山道だったように感じる。
1
がれた斜面のトラバース道
トレランシューズは登山靴に比べ岩場での踏ん張りが効かず結構おっかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がれた斜面のトラバース道
トレランシューズは登山靴に比べ岩場での踏ん張りが効かず結構おっかない。
1
両手足使って三点支持で登っていく本格的な鎖場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両手足使って三点支持で登っていく本格的な鎖場
1
小屋から少し上り、権現岳着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から少し上り、権現岳着
1
噂に聞く難所、61段のはしご
はしごをつかむ腕が無駄に力む。高所恐怖症の自分にはだいぶきつい箇所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂に聞く難所、61段のはしご
はしごをつかむ腕が無駄に力む。高所恐怖症の自分にはだいぶきつい箇所
1
旭岳へ向かう縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳へ向かう縦走路。
1
あれが目指す赤岳。キレットからの岩場の登り返しはどの程度のものか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが目指す赤岳。キレットからの岩場の登り返しはどの程度のものか。
1
キレット斜面に群生するコマクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット斜面に群生するコマクサ
1
本当に赤岳山頂に山小屋があるのだろうかと思うほど、険しくみえる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に赤岳山頂に山小屋があるのだろうかと思うほど、険しくみえる
1
キレットからの登り返しが始まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットからの登り返しが始まる
ガレガレの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレの道
目印を頼りに岩場を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印を頼りに岩場を登っていく。
尾根まで登ってきました。
ここからは尾根伝いで赤岳ピークを目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根まで登ってきました。
ここからは尾根伝いで赤岳ピークを目指します。
高度のある場所での岩場は体力的に結構きつい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度のある場所での岩場は体力的に結構きつい。
先が見えないほどのガスに包まれた場合、進退が悩ましいだろうなと感じる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先が見えないほどのガスに包まれた場合、進退が悩ましいだろうなと感じる。
怖い思いをしながらも赤岳着です。
時間も結構ギリギリで、天候が悪化した場合を考えるともっと余裕をもって行動すべきでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怖い思いをしながらも赤岳着です。
時間も結構ギリギリで、天候が悪化した場合を考えるともっと余裕をもって行動すべきでした。
気になるがあっちまで行く余裕はない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になるがあっちまで行く余裕はない。
本日の宿を目指し下りる。
17:00に山小屋に到着し、本日の行動は終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿を目指し下りる。
17:00に山小屋に到着し、本日の行動は終了。
二日目の朝
夜に降り続いた雨は一旦一段落。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目の朝
夜に降り続いた雨は一旦一段落。
朝日は拝めませんでしたがやはり山で迎える朝は気持ちいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日は拝めませんでしたがやはり山で迎える朝は気持ちいい。
赤岳へ登る人も多いようです。
私は北へ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳へ登る人も多いようです。
私は北へ・・・
二十三夜峰と赤岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十三夜峰と赤岳
赤岳と阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀岳
噂には難所と聞いていたが、権現岳付近に比べれば特に難しくはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂には難所と聞いていたが、権現岳付近に比べれば特に難しくはない。
硫黄岳山荘で500mlペットボトルを一本購入(400円)
硫黄岳の上りはケルンとポールを頼りに広い尾根道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘で500mlペットボトルを一本購入(400円)
硫黄岳の上りはケルンとポールを頼りに広い尾根道を行く。
爆裂火口見たかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口見たかった
硫黄岳をつづら折りに降りて夏沢峠へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳をつづら折りに降りて夏沢峠へ向かう。
北八ヶ岳の雰囲気が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の雰囲気が出てきた。
去年行けなかった東天狗岳へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年行けなかった東天狗岳へ。
若干怖いと思う鉄製の橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干怖いと思う鉄製の橋
東天狗岳着
先を急ぐので遠景で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳着
先を急ぐので遠景で
天狗から中山の道は大きな岩が多く歩き辛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗から中山の道は大きな岩が多く歩き辛い。
以降、岩、水たまり、岩のような場所が多い。
特にこの辺の岩はとても大きく滑りやすいため注意が必要。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以降、岩、水たまり、岩のような場所が多い。
特にこの辺の岩はとても大きく滑りやすいため注意が必要。
二足歩行ですっ転んで致命傷を追わないよう、注意深く歩く。
最優先は怪我をしないこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二足歩行ですっ転んで致命傷を追わないよう、注意深く歩く。
最優先は怪我をしないこと。
1
中山ピーク
相変わらずガスってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山ピーク
相変わらずガスってる。
高見石小屋への下り。
気を抜くと足を持ってかれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石小屋への下り。
気を抜くと足を持ってかれる。
去年、高見石小屋に泊まったときに歩いた道。
ゆっくり苔観察でもしながら歩きたいところです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年、高見石小屋に泊まったときに歩いた道。
ゆっくり苔観察でもしながら歩きたいところです。
岩も丸太も滑る滑る。大きな怪我こそしてませんが、何度かすっころんだし、膝もぶつけている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩も丸太も滑る滑る。大きな怪我こそしてませんが、何度かすっころんだし、膝もぶつけている。
高見石小屋。
天候が悪いため小屋横の高見石はスルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石小屋。
天候が悪いため小屋横の高見石はスルー
しばらく降りてきて麦草ヒュッテが見えてきた。
登山道はそれはもう水たまりがすごかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく降りてきて麦草ヒュッテが見えてきた。
登山道はそれはもう水たまりがすごかった。
麦草ヒュッテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草ヒュッテ
麦草看板
予備も含めてスマホの電池が少ないため、以降写真が減ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草看板
予備も含めてスマホの電池が少ないため、以降写真が減ります。
全山縦走の目標のため、頭のなかで何度もバスの時間に対する、目標タイムを計算。
そうして気持ちが浮つくとすっ転ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全山縦走の目標のため、頭のなかで何度もバスの時間に対する、目標タイムを計算。
そうして気持ちが浮つくとすっ転ぶ。
縞枯山の縞枯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯山の縞枯
分岐点
北横岳ヒュッテ最短ルートはロープウェイ方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点
北横岳ヒュッテ最短ルートはロープウェイ方面
縞枯山荘
この辺の雰囲気は霧ヶ峰のような観光地に近いように思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯山荘
この辺の雰囲気は霧ヶ峰のような観光地に近いように思う。
坪庭の苔
観光客と登山客が半々程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坪庭の苔
観光客と登山客が半々程度
登り返して北横岳南峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返して北横岳南峰
亀甲池
雨が本格的に降っている。登山道はほとんど水たまり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀甲池
雨が本格的に降っている。登山道はほとんど水たまり。
川ではなく登山道となります。
結局、蓼科山の登山口(将軍平)まで来たが、帰りのバスの時間と天候、獲得標高と距離を考え、今回は山頂には行かず竜源橋(ビーナスライン)方面へ向かい、2日に渡る山行を終了とした。(あまり歩かれない道なのか道が埋まるほどの笹薮だった・・・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川ではなく登山道となります。
結局、蓼科山の登山口(将軍平)まで来たが、帰りのバスの時間と天候、獲得標高と距離を考え、今回は山頂には行かず竜源橋(ビーナスライン)方面へ向かい、2日に渡る山行を終了とした。(あまり歩かれない道なのか道が埋まるほどの笹薮だった・・・)
訪問者数:402人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/17
投稿数: 4
2017/8/17 12:31
 お疲れ様です。
先日ほとんど同じコースを歩きました。
道の悪い感じとか、よくわかります。お疲れ様でした。
登録日: 2016/8/2
投稿数: 2
2017/8/21 23:15
 Re: お疲れ様です。
コメントありがとうございます!
ヤマレコ拝見しました。八ヶ岳全山踏破おめでとうございます!自分もいつかやれるよう頑張ります(^o^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ