また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1247811 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

後立山連峰縦走

日程 2017年09月03日(日) 〜 2017年09月05日(火)
メンバー
天候9/3: 曇
9/4: 晴
9/5: 晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
栂池駐車場(\500/day)に車を置いて,白馬大池駅まで徒歩移動(急ぎ足で40min)。
電車とバス(信濃大町駅乗り換え)で扇沢まで移動して登山開始。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間5分
休憩
24分
合計
4時間29分
S柏原新道登山口09:3010:31ケルン(柏原新道)10:3510:39駅見岬10:4511:30水平岬11:53富士見坂11:5612:19種池山荘12:52爺ヶ岳南峰12:5713:08爺ヶ岳中峰13:1313:28爺ヶ岳北峰13:2913:48冷乗越13:59冷池山荘
2日目
山行
8時間8分
休憩
1時間54分
合計
10時間2分
冷池山荘テント場02:3703:20布引山03:2304:01鹿島槍ヶ岳04:0904:40鹿島槍ヶ岳北峰05:1405:58八峰キレット06:1406:15八峰キレット小屋06:3109:34五竜岳09:5710:41五竜山荘10:4310:46遠見尾根分岐11:28大黒岳11:3212:28牛首12:3612:39唐松岳頂上山荘
3日目
山行
10時間1分
休憩
1時間39分
合計
11時間40分
唐松岳頂上山荘01:5802:13唐松岳02:1402:48不帰嶮(不帰二峰南峰)02:5303:01不帰嶮(不帰二峰北峰)03:1503:45不帰嶮(不帰一峰)04:1204:24不帰キレット04:2705:04天狗ノ大下り05:0906:13天狗山荘06:1706:43鑓温泉分岐07:01鑓ヶ岳07:0507:58杓子岳08:0708:51丸山08:5509:00白馬岳頂上宿舎09:11白馬山荘09:23白馬岳09:2809:53三国境10:26小蓮華山10:3511:11船越ノ頭11:1211:40白馬大池山荘11:4112:08乗鞍岳12:52風吹大池方面分岐12:57天狗原/白馬岳神社13:28栂池山荘13:3113:33栂池パノラマウェイ 自然園駅13:3713:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
イレギュラーな状況は無かったのでは無いかと思う。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

1日目。
針ノ木岳方面。
2017年09月03日 12:20撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目。
針ノ木岳方面。
種池山荘。
2017年09月03日 12:20撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘。
爺ヶ岳も雲の中。
2017年09月03日 12:22撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳も雲の中。
爺ヶ岳南峰。
2017年09月03日 12:56撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳南峰。
1
爺ヶ岳中峰。
一応登ってみたが,やはり展望無し。
2017年09月03日 13:10撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳中峰。
一応登ってみたが,やはり展望無し。
1
冷池山荘が見えてきた。
ガスは長野県側から上がってくる。
2017年09月03日 13:45撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘が見えてきた。
ガスは長野県側から上がってくる。
1
2日目。
まずは鹿島槍南峰。
2017年09月04日 04:02撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。
まずは鹿島槍南峰。
1
続いて北峰。
2017年09月04日 04:42撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて北峰。
1
うっすらと赤くなった南峰。
2017年09月04日 05:00撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと赤くなった南峰。
1
ご来光まではまだ掛かりそう。
2017年09月04日 05:11撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光まではまだ掛かりそう。
3
キレット小屋。
2017年09月04日 06:20撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋。
1
五龍岳へ向けた登り。
2017年09月04日 07:54撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍岳へ向けた登り。
五龍岳からの下り。
2017年09月04日 09:35撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍岳からの下り。
2
手前にライチョウがいるのだが,見事な保護色。
2017年09月04日 09:36撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前にライチョウがいるのだが,見事な保護色。
5
日本海。
手前の山は良く分からないが,
雪渓が見えるので高い山なのだろう。
2017年09月04日 09:47撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海。
手前の山は良く分からないが,
雪渓が見えるので高い山なのだろう。
1
鹿島槍ヶ岳と立山連峰。
2017年09月04日 09:48撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳と立山連峰。
2
新潟か群馬の山?
手前には赤い屋根が綺麗な五竜山荘。
2017年09月04日 09:48撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟か群馬の山?
手前には赤い屋根が綺麗な五竜山荘。
1
五竜山荘から唐沢岳へ向かう稜線。
背後には白馬鑓ヶ岳。
2017年09月04日 09:49撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘から唐沢岳へ向かう稜線。
背後には白馬鑓ヶ岳。
2
五龍岳。
展望は良いし,マッシブな山容も格好いいし,気に入った。
2017年09月04日 11:10撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍岳。
展望は良いし,マッシブな山容も格好いいし,気に入った。
1
東から不穏な雲が上がり始めた。
2017年09月04日 11:10撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東から不穏な雲が上がり始めた。
1
唐松岳頂上山荘。
2017年09月04日 12:38撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘。
平日の昼過ぎに着いたのに,テント場は真ん中くらい。
2017年09月04日 13:05撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日の昼過ぎに着いたのに,テント場は真ん中くらい。
1
正面に立山連峰。
2017年09月04日 13:05撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に立山連峰。
左手には五龍岳。
すばらしいロケーション。
2017年09月04日 13:05撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には五龍岳。
すばらしいロケーション。
1
唐松岳。
しばらくして,手前の更地にもテントが並んだ。
2017年09月04日 13:05撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳。
しばらくして,手前の更地にもテントが並んだ。
3日目。
今日の朝も良い天気。
2017年09月05日 01:35撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目。
今日の朝も良い天気。
ほぼ満月でとても明るい。
2017年09月05日 01:37撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ満月でとても明るい。
3
一峰の頭。
2017年09月05日 04:11撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一峰の頭。
展望が良く,月も沈んだので,星空を撮ってみる。
2017年09月05日 04:07撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が良く,月も沈んだので,星空を撮ってみる。
3
風が強かったので,ゴリラポッドじゃブレブレ。
2017年09月05日 04:12撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強かったので,ゴリラポッドじゃブレブレ。
1
天狗ノ頭へ向けて登る。
2017年09月05日 05:11撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ノ頭へ向けて登る。
ご来光。
2017年09月05日 05:22撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光。
1
立山連峰のモルゲンロート。
2017年09月05日 05:26撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰のモルゲンロート。
天狗の大下りを登り終えた辺り。
2017年09月05日 05:29撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の大下りを登り終えた辺り。
1
雲海に日が差すと立体感が出てくる。
2017年09月05日 05:37撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に日が差すと立体感が出てくる。
2
白馬鑓ヶ岳が近づいてきた。
2017年09月05日 05:58撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳が近づいてきた。
2
天狗山荘の辺り。
2017年09月05日 06:14撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘の辺り。
1
谷間を上がってくるヘリを上から眺めるのが好き。
2017年09月05日 06:15撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷間を上がってくるヘリを上から眺めるのが好き。
2
白馬鑓ヶ岳。
2017年09月05日 07:04撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳。
2
これから歩く道が見えてきた。
2017年09月05日 07:05撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く道が見えてきた。
1
北から見る白馬鑓ヶ岳。
南から見る方がずっといい。
2017年09月05日 07:15撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北から見る白馬鑓ヶ岳。
南から見る方がずっといい。
1
杓子岳。
ここから見ると巻き道が立派なのが目立つ。
2017年09月05日 07:16撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳。
ここから見ると巻き道が立派なのが目立つ。
1
杓子岳。
2017年09月05日 07:57撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳。
1
白馬鑓ヶ岳を振り返る。
遠くに見える双耳峰っぽいのは鹿島槍ヶ岳かな。
2017年09月05日 07:58撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳を振り返る。
遠くに見える双耳峰っぽいのは鹿島槍ヶ岳かな。
2
白馬岳も目前。
2017年09月05日 07:59撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳も目前。
1
頂上宿舎手前のピークから,
白馬鑓ヶ岳と杓子岳。
2017年09月05日 08:56撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上宿舎手前のピークから,
白馬鑓ヶ岳と杓子岳。
2
白馬岳。
2017年09月05日 08:58撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳。
1
白馬岳。
2017年09月05日 09:23撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳。
1
杓子岳と大雪渓。
2017年09月05日 09:24撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳と大雪渓。
3
これから歩く稜線と,左手には栂海新道。
2017年09月05日 09:31撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線と,左手には栂海新道。
1
小蓮華山へ向けた緩い登り返し。
2017年09月05日 09:56撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山へ向けた緩い登り返し。
2
小蓮華山。
2017年09月05日 10:26撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山。
2
朝日岳。
もう,今すぐにでも歩きたい。
2017年09月05日 10:33撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳。
もう,今すぐにでも歩きたい。
2
白馬大池が見えてきた。
2017年09月05日 10:34撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池が見えてきた。
2
白馬山。
2017年09月05日 10:42撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山。
1
今日は本当に良い天気に恵まれた。
2017年09月05日 10:42撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は本当に良い天気に恵まれた。
2
雷鳥坂のライチョウ。
2017年09月05日 11:24撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥坂のライチョウ。
1
白馬大池。
2017年09月05日 11:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池。
1
なんとか好天のうちに下ることができた。
2017年09月05日 11:40撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか好天のうちに下ることができた。
1

感想/記録
by abey

天気が良さそうだったので,以前から行きたかった後立山連峰へ。

9/3
当初は針ノ木雪渓を登って種池山荘へ向かう予定だったが,
かなり出遅れてしまったので,柏原新道を登って冷池山荘へ登るだけの予定に変更。
初日は荷物の重さが身に染みることが多いので,結果的にこのくらいで丁度良かったかも。

柏原新道は,勾配がコンスタントで大きな段差も少なく,とても歩きやすい。
むしろ,味気無さを感じてしまうくらい。

種池山荘に着く頃にはガスがかなり上がってきており,その先の爺ヶ岳での展望は得られず。


9/4
鹿島槍は北峰からみる南峰が綺麗だと聞いたので,
モルゲンロートを狙って早い時間のスタート。

結果的には,北峰に早く着き過ぎてしまい,
多少の時間を潰してみるもご来光までは待ちきれず。

北峰から見るキレット小屋は真下に感じるほどの位置にあるが,
実際にはそれほどの難しさを感じることは無かった。

キレット小屋からは,多少のアップダウンや岩場もあるが,全体的には淡々と歩いて五龍岳。
南から見る五龍岳はあまりパッとしない山容だったが,ピークからの展望は最高。

唐松岳頂上山荘まで,五龍岳からの下り始めと頂上山荘の手前は若干険しいが,
それ以外は快適な稜線歩き。

唐松岳頂上山荘は,平日にも関わらず結構な混雑で,
テント場も上の方には張れなかった。


9/5
今回の行程の中では,やや長めのルート。
午後になると展望が無くなりそうなこともあり,前日に続いての早出。

ウォーミングアップ的な唐松岳を過ぎると不帰ノ嶮。
下調べをしていなかったので,どの辺りが険しいのか良く分からず,
目の前の岩場に集中して慎重に歩いていたら一峰に到着。
一峰からの下りも険しいのかと思ったら,全くそんなことは無く拍子抜け。

すばらしい景色に気を取られて歩いていると,
知らず知らずのうちに天狗ノ頭に到着。
ここまで来れば白馬鑓ヶ岳も目の前で,
白いガレに誘い込まれるように歩けば,ほどなくして頂上に到着。

頂上から,今度は白馬岳や小蓮華山に繋がる稜線が見えてくる。
この稜線歩きは,ピークの度に予想を超える景色が表れ,本当に楽しい。

この後も,杓子岳,白馬岳,小蓮華山と,絶景に目を奪われながら歩いていると,
いよいよ白馬大池が見えてくる。あまりに綺麗なので,もはや造られた景色に思えてくる。
ルートも緩い下りが続く,今回の山行を締め括るデザートの様。
訪問者数:348人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ