また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1255040 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

広河原から白峰三山縦走 農鳥小屋でツエルト泊

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー
天候9日:晴れ 10日:稜線はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道路沿いの路肩が広くなった所に停める第1駐車場と、広い第2駐車場があります。
1:30着で第1駐車場は満車だったので第2駐車場に停めました。
簡易トイレ(男用1と男女兼用2)、沢水を引いた手洗い場があります。

5:30の始発バスに乗りたかったので第1駐車場の所にあるバス停まで15分くらい戻りました。
4:30に第2駐車場を出発して15分ほど歩き到着すると5番目で並びました。
第1駐車場のバス停のところの待合所にもきれいなトイレがありました。
バスの料金は1030円+協力金100円で合計1130円です。

この日はバスは2台体制だったので、第2駐車場で待っていた人(半分くらいかな?)は乗れてませんでした。
バスの運転手さんがどこかに電話してましたが、このあとすぐに来たかは分かりません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間19分
休憩
19分
合計
7時間38分
S広河原・吊り橋分岐06:3106:36広河原山荘06:44白根御池分岐08:04大樺沢二俣08:0509:37八本歯のコル09:3809:51吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐09:5210:12吊尾根分岐10:30北岳10:3110:44吊尾根分岐10:4811:00トラバースルート分岐11:21北岳山荘11:2812:05中白根山12:0713:06間ノ岳13:0814:09農鳥小屋
2日目
山行
7時間3分
休憩
3分
合計
7時間6分
農鳥小屋03:4204:39西農鳥岳05:20農鳥岳06:04大門沢分岐08:14大門沢小屋08:1710:30奈良田ゲート10:47奈良田駐車場10:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大門沢小屋の前後にある趣のある橋群は曲者です。
濡れてたら難易度がかなり上がります。
幸い乾いてたので難なく渡れました。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

第1駐車場にあるバス停。
4:45着で5番目で並べました。
緑色に写ってるのは照明のせいだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1駐車場にあるバス停。
4:45着で5番目で並べました。
緑色に写ってるのは照明のせいだと思います。
5時ごろバスがやって来て運転手さんが乗車券を売り始めます。
事前調べで乗車券は1130円と分かっていたのでぴったり持っていきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時ごろバスがやって来て運転手さんが乗車券を売り始めます。
事前調べで乗車券は1130円と分かっていたのでぴったり持っていきました。
1
この日は2台体制です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は2台体制です。
第2駐車場のバス待ちの列。
ぎゅうぎゅうに詰めても半分くらいの人たちが乗れませんでした。
15分歩いて戻って正解でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2駐車場のバス待ちの列。
ぎゅうぎゅうに詰めても半分くらいの人たちが乗れませんでした。
15分歩いて戻って正解でした。
1
6:25に広河原インフォメーションセンターに到着。
到着した時はそれほど混んでなかったのですが、トイレから出てくると、北沢峠方面からのバスが到着し大混雑。
トイレも長蛇の列だったとか。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:25に広河原インフォメーションセンターに到着。
到着した時はそれほど混んでなかったのですが、トイレから出てくると、北沢峠方面からのバスが到着し大混雑。
トイレも長蛇の列だったとか。。
つり橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり橋を渡ります。
すぐに広河原山荘に到着。
ボスの自販機の横を通って登山開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに広河原山荘に到着。
ボスの自販機の横を通って登山開始です。
荷物が重いため早々に足の付け根が痛くなる。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物が重いため早々に足の付け根が痛くなる。。
しっかりとした橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりとした橋。
だいぶ雲が取れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ雲が取れてきました。
急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続きます。
北岳をアップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳をアップで。
2
雪渓が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が見えてきました。
1
かなりしんどいので休み休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりしんどいので休み休み。
雪渓の脇の夏道を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の脇の夏道を登ります。
さらに急になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに急になります。
噂の丸太の階段が現れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の丸太の階段が現れました。
バットレスに目をやると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バットレスに目をやると・・・
1
クライマーが登ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマーが登ってました。
1
八本歯のコルに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコルに到着。
目指す間ノ岳と北岳山荘が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す間ノ岳と北岳山荘が見えます。
1
階段に次ぐ階段。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段に次ぐ階段。
まだ「夏山」って感じですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ「夏山」って感じですね。
1
吊尾根分岐点に到着。
ここに荷物をデポして山頂を目指します。
急に軽くなると足元がオロオロします。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐点に到着。
ここに荷物をデポして山頂を目指します。
急に軽くなると足元がオロオロします。。
1
10分ちょっとで北岳山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ちょっとで北岳山頂に到着。
戻って間ノ岳、農鳥小屋を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って間ノ岳、農鳥小屋を目指します。
一番左の山が農鳥岳かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番左の山が農鳥岳かな。
2
振り返って北岳。
左奥は仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って北岳。
左奥は仙丈ヶ岳。
1
北岳山荘に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘に到着。
中白峰山に到着。
ここから間ノ岳までが日本一長い3000m超の稜線らしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中白峰山に到着。
ここから間ノ岳までが日本一長い3000m超の稜線らしいです。
1
八本歯のコルよりちょっと上辺りでヘリコプターがホバリングしてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコルよりちょっと上辺りでヘリコプターがホバリングしてます。
まだまだ遠い間ノ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ遠い間ノ岳。
1
あれが山頂じゃなかったら心が折れてました。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが山頂じゃなかったら心が折れてました。。
間ノ岳に到着。
標識1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳に到着。
標識1
2
標識3
これは古い標高のまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識3
これは古い標高のまま。
噂の農鳥小屋が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の農鳥小屋が見えてきました。
3
農鳥小屋のオジサマとの緊張のファーストコンタクトを終えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥小屋のオジサマとの緊張のファーストコンタクトを終えました。
5
水場方面のテン場の一番奥の風が弱かった場所に決めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場方面のテン場の一番奥の風が弱かった場所に決めました。
1
水場まで下り10分、登り20分。
しんどいけど、とても美味しい。
食事分と翌日の水を確保できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場まで下り10分、登り20分。
しんどいけど、とても美味しい。
食事分と翌日の水を確保できました。
2
アーベンロートは見られませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベンロートは見られませんでした。
1
沸き立つ雲と、隙間から覗く夕日。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沸き立つ雲と、隙間から覗く夕日。
1
東側はずっと雲の中だったけど、この時だけ晴れて富士山が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側はずっと雲の中だったけど、この時だけ晴れて富士山が見えました。
2
富士山をアップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山をアップで。
時々ガスに包まれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々ガスに包まれます。
1
稜線は西風がそこそこ強くて寒い。
でもテン場は風が穏やかで快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は西風がそこそこ強くて寒い。
でもテン場は風が穏やかで快適。
1
夜中のおぼろ月。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中のおぼろ月。
翌朝、雨音で目が覚めました。
ヤマテン予報を信じてモルゲンロートを見るためにガスガスの中、農鳥岳を目指します。
ペイントがたくさんあるので暗い霧の中でも安心です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、雨音で目が覚めました。
ヤマテン予報を信じてモルゲンロートを見るためにガスガスの中、農鳥岳を目指します。
ペイントがたくさんあるので暗い霧の中でも安心です。
ガスの中、西農鳥岳に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中、西農鳥岳に到着。
う〜ん、ガスガスで何も見えません。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、ガスガスで何も見えません。。
サクサク歩き大門沢下降点に到着。
鐘を鳴らしたら、びっくりするくらい大きな音でした。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクサク歩き大門沢下降点に到着。
鐘を鳴らしたら、びっくりするくらい大きな音でした。。
何も見えないので降り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も見えないので降り始めます。
ちょっと降りたらガスの下に出たらしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと降りたらガスの下に出たらしいです。
足元はずっとこんな感じ。
急登で石がごろごろ、木の根がびっしり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元はずっとこんな感じ。
急登で石がごろごろ、木の根がびっしり。
橋1
右側が渡れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋1
右側が渡れます。
橋2
真ん中が抜けてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋2
真ん中が抜けてます。
大門沢小屋に到着。
ビールケースのベンチで休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢小屋に到着。
ビールケースのベンチで休憩。
橋4
一番安心して渡れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋4
一番安心して渡れました。
1
上が見えないくらい高い木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上が見えないくらい高い木。
大門沢コースは基本的に巻き道→ガツンと下降の繰り返しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢コースは基本的に巻き道→ガツンと下降の繰り返しです。
橋5
3つともしっかりしてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋5
3つともしっかりしてます。
橋6
右の橋は退役して、左の橋が現役です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋6
右の橋は退役して、左の橋が現役です。
橋・・・が無い。
石伝いに渡れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋・・・が無い。
石伝いに渡れます。
橋7
左に傾きつつ大きく揺れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋7
左に傾きつつ大きく揺れます。
橋8
一気に開けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋8
一気に開けます。
振り返って、上の方はガスの中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、上の方はガスの中。
橋8
上に掛かってる橋は渡れず、下の丈夫な橋を渡ります。
これで橋は終わり。
これを渡ると舗装路が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋8
上に掛かってる橋は渡れず、下の丈夫な橋を渡ります。
これで橋は終わり。
これを渡ると舗装路が始まります。
南アルプス林道まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス林道まで戻ってきました。
無事に帰ってこれました。
広い駐車場は半分以上空いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に帰ってこれました。
広い駐車場は半分以上空いてました。
1

感想/記録

久しぶりに週末2日間が晴れて風も弱いらしい。
前から狙ってた白峰三山縦走をツエルト泊で行ってきました。
ツエルトなので軽いはずなのですが、それでもザックは13kg弱。
最近は日帰りばかりだったので、軽い荷物に慣れてなまった体が耐えられるか心配です。
いつも重い荷物の時は肩が痛くなるので、スポンジを挟み対策してみました。
結果はスポンジが柔らかすぎたのかあまり変わりませんでした。
今度はもうちょっと固めのスポンジを入れてみよう。

初日は農鳥小屋の鉄の掟で「15時までに到着」というのがあって、それに間に合わせるためにちょっと頑張りました。
広河原のスタートがバスの関係上6時半に決まってしまっていて、コースタイムが約9時間なので普通に行ったら怒られるパターンです。
13kgを背負ってコースタイムの90%を目指します。
その甲斐あってか門限に間に合いました。
しかし、最初から時間を気にして飛ばしすぎたのか、最後はバテバテでした。

農鳥小屋のオジサマは登山者の安全を願って双眼鏡を片手に間ノ岳から下ってくる登山者を監視・・・じゃなくて見守っています。
小屋に近付くとオジサマが定位置に鎮座していらっしゃいました。
緊張のファーストコンタクトは元気よく挨拶。
なんか、学生時代の厳しい先生と対峙してるようでした。。
とりあえずテン場の受付をお願いすると「こっちに来て」と案内されます。
その後は女性が対応してくれました。
ずっとオジサマとのやり取りが続いてたら、この日一番の疲労感だったに違いありません。。

テン場は稜線から東側に一段降りたところにあるので風が弱くて助かりました。
水場は本当に往復30分掛かります。
ちゃんと登山靴で行った方がいいです。
その分、冷たくて美味しい水が手に入ります。
じゃんじゃん出てるので気兼ねなく使えて、頭と顔を洗いました。

翌日はツエルトを叩く雨音で目が覚めました。
期待してたモルゲンロートどころか周りの景色が全く見えないガスガスでした。
しかし、道は非常に整備されていて、ガスの中でも迷うことなく歩けました。
訳も分からず到着した西農鳥岳、かすかな期待が消えた農鳥岳。
あとは大門沢コースを淡々と下るだけです。
途中から晴れてきて暑いことこの上ない。
最後は舗装路を50分ほど歩き第2駐車場に到着しました。

目標だった白峰三山縦走、なんとかやりきりました。
今度は時間を気にしない登山をしたい。。
訪問者数:377人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ