また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266079 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

黒部五郎岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳 テント泊(新穂高IN/OUT)

日程 2017年09月19日(火) 〜 2017年09月23日(土)
メンバー
天候9/19(火)晴
9/20(水)曇り
9/21(木)晴
9/22(金)曇り
9/23(土)曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高第3駐車場(P5)に駐車(登山者用で無料)
9/18(月)夕方駐車。車中泊。連休最終日で半分以上空いていました。
下山した9/23(土)10時は次の連休のため、満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間59分
休憩
2時間39分
合計
10時間38分
S新穂高第5駐車場05:4905:58新穂高登山指導センター06:0306:14登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)07:04笠新道登山口07:1907:32わさび平小屋07:4008:00小池新道入口09:01秩父沢出合09:1409:30チボ岩10:10イタドリが原10:49シシウドヶ原11:0512:03鏡池12:1312:16鏡平山荘13:1014:33弓折乗越14:5514:55花見平15:32くろゆりベンチ15:4816:27双六小屋
2日目
山行
5時間31分
休憩
1時間48分
合計
7時間19分
双六小屋06:3507:00双六岳巻道分岐07:40巻道途中07:5009:00三俣峠09:1009:48三俣山荘10:3811:55鷲羽岳12:1112:17鷲羽池入口12:33鷲羽池12:4513:10鷲羽池入口13:2013:54三俣山荘
3日目
山行
7時間3分
休憩
1時間47分
合計
8時間50分
三俣山荘06:3507:06巻道手前の雪渓07:2208:14三俣蓮華岳巻道分岐09:30黒部五郎小舎10:3412:40黒部五郎の肩12:56黒部五郎岳13:2314:30西又山15:25黒部五郎小舎
4日目
山行
6時間19分
休憩
2時間13分
合計
8時間32分
黒部五郎小舎06:5307:472661ピーク08:0408:50三俣蓮華岳巻道分岐09:0609:50三俣蓮華岳10:0811:01中道分岐11:1811:45双六岳11:5612:25双六岳中道分岐12:28双六岳巻道分岐12:3612:48双六小屋13:1714:06くろゆりベンチ14:2314:39花見平14:51弓折乗越15:25鏡平山荘
5日目
山行
3時間47分
休憩
22分
合計
4時間9分
鏡平山荘06:1506:17鏡池06:59シシウドヶ原07:21イタドリが原07:50秩父沢出合07:5508:39小池新道入口08:55わさび平小屋09:0509:14笠新道登山口09:55登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)10:09新穂高登山指導センター10:1610:24新穂高第5駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特別危険な所はありません。
新穂高〜双六間は良く整備された、歩き易い登山道です。
その他周辺情報入山前日と下山日に「ひらゆの森」(500円)を利用しました。
源泉かけ流しの温泉で、多数の露天風呂があります。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

第3駐車場(P5)から登山口へ向かいます。笠ヶ岳の稜線に朝日が当たる。良い天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3駐車場(P5)から登山口へ向かいます。笠ヶ岳の稜線に朝日が当たる。良い天気。
新穂高登山指導センターに、作成しておいた登山計画書を提出して出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高登山指導センターに、作成しておいた登山計画書を提出して出発。
1
登山口のゲートを横から入る。ここにも登山ポストあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口のゲートを横から入る。ここにも登山ポストあり。
笠新道入口。水場があります。23年前の7月、笠からここまで降りてきて水場が見つからず往生した記憶が蘇る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道入口。水場があります。23年前の7月、笠からここまで降りてきて水場が見つからず往生した記憶が蘇る。
わさび平小屋。連休明けの平日で閑散としていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび平小屋。連休明けの平日で閑散としていた。
小池新道へ入る。笠新道入口から弓折乗越の区間は初めて歩く道。その先は、ほとんど歩いた事のある道ばかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小池新道へ入る。笠新道入口から弓折乗越の区間は初めて歩く道。その先は、ほとんど歩いた事のある道ばかり。
秩父沢。台風の後だが水量は多くはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父沢。台風の後だが水量は多くはない。
シシウドヶ原で皆さん休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシウドヶ原で皆さん休憩。
ベンチもあって眺めも良く、つい長居してしまう場所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチもあって眺めも良く、つい長居してしまう場所。
鏡平に到着。ここもベンチがあり、ゆっくりしたい所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平に到着。ここもベンチがあり、ゆっくりしたい所。
少し風があり水面は鏡のようにはいかないが、最高のロケーション。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し風があり水面は鏡のようにはいかないが、最高のロケーション。
8
そしてすぐに鏡平小屋。テント泊はできないが、泊まってみたい小屋。ここで昼食にラーメンをいただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてすぐに鏡平小屋。テント泊はできないが、泊まってみたい小屋。ここで昼食にラーメンをいただく。
1
この辺りから同じペースの単独行登山者3名と、おしゃべりしながらゆっくり行進。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから同じペースの単独行登山者3名と、おしゃべりしながらゆっくり行進。
1
弓折乗越。槍、穂高が綺麗に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗越。槍、穂高が綺麗に見える。
2
双六小屋が見えて来た。休憩とおしゃべりで、すっかり遅くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋が見えて来た。休憩とおしゃべりで、すっかり遅くなった。
テント場はスカスカ。この夜のテント場は強い風が吹き抜け、寒い寒い。夕方4℃。夜は氷点下近く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場はスカスカ。この夜のテント場は強い風が吹き抜け、寒い寒い。夕方4℃。夜は氷点下近く。
夕食は双六小屋のベンチで。寒くてビールを飲む気にならず、持参のウィスキーをホットでいただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は双六小屋のベンチで。寒くてビールを飲む気にならず、持参のウィスキーをホットでいただく。
1
二日目(9/20)の朝。正面に大きく鷲羽岳。天気は曇りで明日の方が晴れとの予報なので、計画変更して黒部五郎岳を明日に延ばし、本日は三俣山荘から鷲羽岳を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目(9/20)の朝。正面に大きく鷲羽岳。天気は曇りで明日の方が晴れとの予報なので、計画変更して黒部五郎岳を明日に延ばし、本日は三俣山荘から鷲羽岳を目指す。
双六小屋を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋を出発。
双六岳では巻道を選択。帰りに双六岳山頂へ立寄る事に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳では巻道を選択。帰りに双六岳山頂へ立寄る事に。
三俣山荘とテント場が見えてきた。正面に鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘とテント場が見えてきた。正面に鷲羽岳。
1
本日のお宿を設営して、鷲羽岳に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のお宿を設営して、鷲羽岳に向かう。
3
天気は相変わらず高曇り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は相変わらず高曇り。
途中に伊藤新道の表記が。小屋の説明によると沢装備と沢技術が必要。展望台までは普通の登山道との事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に伊藤新道の表記が。小屋の説明によると沢装備と沢技術が必要。展望台までは普通の登山道との事です。
8合目あたりから見える鷲羽池。今回の目的の一つ。帰路に立寄る事にする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目あたりから見える鷲羽池。今回の目的の一つ。帰路に立寄る事にする。
3
鷲羽岳山頂到着。前回登ったのは20年前。晴れの良い天気。この日は風も強く、山頂にいると寒いくらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂到着。前回登ったのは20年前。晴れの良い天気。この日は風も強く、山頂にいると寒いくらい。
2
水晶へ続く山並み。水晶は過去に複数回登っており、風も強いので今回は見送り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶へ続く山並み。水晶は過去に複数回登っており、風も強いので今回は見送り。
1
さて、山頂を後に鷲羽池へ向かう。入口から鷲羽池を見たところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、山頂を後に鷲羽池へ向かう。入口から鷲羽池を見たところ。
下り15分程の道のり。ここがお気に入りという若い女性登山者とすれ違っただけで、他には誰も居ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り15分程の道のり。ここがお気に入りという若い女性登山者とすれ違っただけで、他には誰も居ない。
鷲羽池からの鷲羽岳。天気が良ければ最高の別天地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池からの鷲羽岳。天気が良ければ最高の別天地。
1
名残惜しいが帰路につきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが帰路につきます。
13時過ぎには風も強まり、ガスも出てきて山頂は雲の中に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時過ぎには風も強まり、ガスも出てきて山頂は雲の中に。
途中で出会ったイワヒバリ(岩雲雀)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で出会ったイワヒバリ(岩雲雀)。
三俣山荘の2階は展望レストラン。外階段で靴のまま入れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘の2階は展望レストラン。外階段で靴のまま入れます。
遅い昼食はカレーと缶ビール。ストーブにあたりながら暖まります。夕方から一時強い雨も降り、寒い夜を過ごす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い昼食はカレーと缶ビール。ストーブにあたりながら暖まります。夕方から一時強い雨も降り、寒い夜を過ごす。
2
三日目(9/21)の朝。平穏な一日の始まり。昨夜の雨もあがり晴れの予感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三日目(9/21)の朝。平穏な一日の始まり。昨夜の雨もあがり晴れの予感。
黒部五郎へ向かう途中でブロッケン現象(円虹)に出会う。カメラを出すのが遅く、目視したほど綺麗に写っていないのが残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎へ向かう途中でブロッケン現象(円虹)に出会う。カメラを出すのが遅く、目視したほど綺麗に写っていないのが残念。
1
野イチゴ。あちこち成ってました。ちょっと酸っぱめ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野イチゴ。あちこち成ってました。ちょっと酸っぱめ。
1
途中で見える笠ヶ岳。この方向からだと特に綺麗な山容。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見える笠ヶ岳。この方向からだと特に綺麗な山容。
3
鳴声が聞こえたと思ったらライチョウが出現。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴声が聞こえたと思ったらライチョウが出現。
3
カメラを向けても動じません。後から来た登山者も写真撮れて満足していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを向けても動じません。後から来た登山者も写真撮れて満足していました。
ライチョウはつがいで仲良く歩いて行きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウはつがいで仲良く歩いて行きました。
2
ようやく黒部五郎岳が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく黒部五郎岳が見えてきました。
1
黒部五郎小舎に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎に到着。
3
早速テントを設営して黒部五郎に向かいます。この日のテント場は8張りほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速テントを設営して黒部五郎に向かいます。この日のテント場は8張りほど。
1
登りは定番のカールコースから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは定番のカールコースから。
小舎の人に聞くと、紅葉はかなり進んでいるとの事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小舎の人に聞くと、紅葉はかなり進んでいるとの事。
5
岩と清水の流れるカール内を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と清水の流れるカール内を進みます。
3
ウサギギク。まだ残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク。まだ残っていました。
アキノキリンソウ(秋の麒麟草)。
2017年09月25日 14:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ(秋の麒麟草)。
斜面に取り付いてしばらくで、黒部五郎岳山頂。どんどんガスが広がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面に取り付いてしばらくで、黒部五郎岳山頂。どんどんガスが広がってきた。
9
カールコースの登山道。遠くは薬師岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールコースの登山道。遠くは薬師岳。
こちらは今回下山路に使用する尾根コース。ガスがかかっているが、下方は晴れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは今回下山路に使用する尾根コース。ガスがかかっているが、下方は晴れている。
さて、尾根コースに行きます。下まで誰にも会いませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、尾根コースに行きます。下まで誰にも会いませんでした。
チングルマ の綿毛が一杯ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ の綿毛が一杯ありました。
2
尾根コースは一部岩場の通過がありますが、概ね歩き易い道が続きます。ペンキマークが多数あり、迷いやすい所はありませんでした。
2017年09月25日 14:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースは一部岩場の通過がありますが、概ね歩き易い道が続きます。ペンキマークが多数あり、迷いやすい所はありませんでした。
尾根コースから見るカール内部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースから見るカール内部。
尾根の最後は沢状の道。ここにもマーク、リボンあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の最後は沢状の道。ここにもマーク、リボンあり。
そしてテント場が見えて来る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてテント場が見えて来る。
テン場の夕刻。穏やかに陽が落ちて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場の夕刻。穏やかに陽が落ちて行きます。
午前2時。寒さで目が覚めるとテント内はー5℃。放射冷却のようです。外に出ると満天の星。天の川も見えました。しかし、コンデジでは撮影できず。残念・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前2時。寒さで目が覚めるとテント内はー5℃。放射冷却のようです。外に出ると満天の星。天の川も見えました。しかし、コンデジでは撮影できず。残念・・・。
2
四日目(9/22)の朝。テント場から笠ヶ岳。テントは内も外も凍り付いてバリバリでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四日目(9/22)の朝。テント場から笠ヶ岳。テントは内も外も凍り付いてバリバリでした。
曇り空の下、黒部五郎小舎を出発します。小舎は9月いっぱいで今年の営業終了との事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇り空の下、黒部五郎小舎を出発します。小舎は9月いっぱいで今年の営業終了との事。
1
黒部五郎岳。やっぱり良い山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳。やっぱり良い山です。
4
三俣蓮華岳に到着。背景は槍、穂高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳に到着。背景は槍、穂高。
5
イワギキョウのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウのようです。
ホシガラス。何度も見かけましたが、写真に撮るのが難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホシガラス。何度も見かけましたが、写真に撮るのが難しい。
三俣蓮華から双六岳に向かう稜線。右奥は笠ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華から双六岳に向かう稜線。右奥は笠ヶ岳。
3
双六岳に到着。ここも三角点タッチしておく。
2017年09月25日 14:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳に到着。ここも三角点タッチしておく。
1
双六岳の山頂は風があって寒い。長居できないので出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳の山頂は風があって寒い。長居できないので出発。
1
振り返ると三俣蓮華岳、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると三俣蓮華岳、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳の山々。
1
双六岳からの下り。槍に向かって進むこの道が、イイネ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳からの下り。槍に向かって進むこの道が、イイネ。
1
双六小屋に到着。3日ぶり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋に到着。3日ぶり。
ここで五目ラーメンをいただく。写真撮る前に少し食べてしまいました。具はもう少し入っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで五目ラーメンをいただく。写真撮る前に少し食べてしまいました。具はもう少し入っていました。
4
下山途中で。アカモノ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中で。アカモノ。
リンドウのようですが、花はしっかり閉じていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウのようですが、花はしっかり閉じていました。
鏡平小屋に到着。登りで見て気に入ったので、今夜はここに泊まります。(テント場はなし)三日間テント内で寒かったので、最後はゆったりと贅沢三昧。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平小屋に到着。登りで見て気に入ったので、今夜はここに泊まります。(テント場はなし)三日間テント内で寒かったので、最後はゆったりと贅沢三昧。
1
小屋は二段ベット。半分弱の入りで余裕しゃくしゃく。平日ですから当然か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は二段ベット。半分弱の入りで余裕しゃくしゃく。平日ですから当然か。
2
さっそく外のテラスで生ビール。また口をつけてから写真を撮ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく外のテラスで生ビール。また口をつけてから写真を撮ってしまった。
2
鏡平の池は風も無く綺麗に映るが、槍のテッペンにはガスが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平の池は風も無く綺麗に映るが、槍のテッペンにはガスが。
1
山荘の窓からこの眺め。鏡平小屋の売りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の窓からこの眺め。鏡平小屋の売りです。
1
夕食は豪華絢爛。生ビールも2杯目。小屋もいいね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は豪華絢爛。生ビールも2杯目。小屋もいいね〜。
7
五日目(9/23)の朝。モヤがかかっています。今日はだんだん晴れる予報。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五日目(9/23)の朝。モヤがかかっています。今日はだんだん晴れる予報。
西穂高岳方面。青空も見える。さあ、小池新道を下って帰りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳方面。青空も見える。さあ、小池新道を下って帰りましょう。
1
下山時に出会った、超正統派(昭和30年代の)の登山者。ニッカボッカに山高帽。キスリングというレトロないで立ち。似合ってます。許可をもらって後ろ姿を写させていただきました。
2017年09月25日 14:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時に出会った、超正統派(昭和30年代の)の登山者。ニッカボッカに山高帽。キスリングというレトロないで立ち。似合ってます。許可をもらって後ろ姿を写させていただきました。
2
こちらもたくさん咲いていましたが、名前わからず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもたくさん咲いていましたが、名前わからず。
1
ワサビ平小屋。祭日の土曜日とあって、登山者も多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ平小屋。祭日の土曜日とあって、登山者も多い。
今日は名物のトマトやキュウリ、リンゴが販売されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は名物のトマトやキュウリ、リンゴが販売されていました。
1
無事、新穂高登山指導センターに到着。下山届を出したあとは「ひらゆの森」で入浴・昼食。その後、5時間運転して奈良県の自宅へ帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、新穂高登山指導センターに到着。下山届を出したあとは「ひらゆの森」で入浴・昼食。その後、5時間運転して奈良県の自宅へ帰りました。
1

感想/記録
by abek3

 9/14〜18まで山岳部の例会で仲間6人と関西から妙高の別荘暮らし。その間に周辺散策と雨飾山登山を実施したが、台風の強風で途中撤退。
 帰阪する仲間と別れた後は、9/19〜23の帰宅まで、一人で北アルプスのテント泊山行を行った。

 今回の目的は双六、三俣蓮華、黒部五郎でのテント泊と鷲羽岳傍の鷲羽池訪問、黒部五郎岳の尾根コース走破。過去に登った事のある山だが、その時は小屋泊りで走り抜けて行った。今回はテント装備でじっくりと歩きたい。(実はザック重量でゆっくりとしか歩けないだけ)

 台風一過の晴天続きを期待していたが、実際は晴れと曇りが交互に続く天候。おまけにテント場の夜は強風、雨、放射冷却とかなり過酷な条件となった。9月中旬の気温を甘く見て薄手のシュラフを持ち込んだため、寒さ対策に苦労することになった。反省。

 それでも、日中は暖かく、槍・穂高をはじめ北アルプスの山々を展望する事が出来た。鷲羽岳、黒部五郎岳を再訪でき、かねてから気になっていた鷲羽池にも足を踏み入れる事ができた。5年前に登った韓国済州島の漢拏山(ハルラ山)の火口湖に良く似ている。晴れていれば緑に囲まれた湖から鷲羽岳を眺められる最高の場所となる。お気に入りの場所の一つになった。

 黒部五郎岳は紅葉が進んでおり、見頃も近い。特徴的なカールを抱えた山容が素晴らしい。今回も素晴らしい景色を堪能できた。下りは初めて通過する尾根コース。カールコースより少し時間は掛かるが、下りで見るカール内部が違う視点から見られるのが利点。地図では点線ルートだがマークもしっかりついており、一部の岩場さえ注意して通過すれば大丈夫。
 
 三俣蓮華岳、双六岳も再訪した。4泊目はテント泊を止めて、登りで立ち寄り気に入った鏡平小屋に宿泊した。ここは、槍・穂高の展望台。食事も美味しく、ゆったりできて良い所でした。

 行程途中で多くの人と話ができて、楽しい時間を過ごすことができました。66歳の私より10歳年上のグループがテント山行をしていました。私もまだまだ頑張ってみたいと思います。
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/15
投稿数: 1440
2017/9/25 21:36
 秋から冬へ・・・
三俣から先はまだ未踏です
三俣は真っ白な風景でした
紅葉に青空いいですね
マイナス・・・すっかり秋から冬ですね
まだまだabek3さんテント泊行けますよ
ぜひ一緒に行きましょうね
登録日: 2014/4/14
投稿数: 150
2017/9/25 21:59
 Re: 秋から冬へ・・・
ueharuさん
今年は北アの紅葉、早いようです。
テントの各夜は散々でしたが、昼間は良い気候でした。
テント泊、もっと軽量化が必要です。20年前の装備買替を考え始めました。
大縦走でなければ、ご一緒します。是非行きましょう。
登録日: 2015/3/13
投稿数: 1187
2017/9/28 12:46
 お疲れ様〜( ^o^)ノ
abek3さん こんちわー\(^^)/

4泊5日の北アルプス縦走 お疲れ様でした。
9月半ばで−4℃ですか……!Σ(×_×;)!
やっぱり厳しい世界ですね。
行ってみたい気持ちと……
まだまだ、無理だ〜と言う気持ちが交錯します。
またお会いしたとき、いろいろお話し聞かせて下さい‼️
登録日: 2014/4/14
投稿数: 150
2017/9/28 13:08
 Re: お疲れ様〜( ^o^)ノ
Yanyan7さん、こんにちは。

Yanyan7さんもせっかく大型ザック等、装備をそろえたのですから
是非挑戦して見て下さい。少しずつステップアップしていけば、大丈夫
ですよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ