また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1559187 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

七倉山荘〜裏銀座縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年08月15日(水) 〜 2018年08月18日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目:晴のち雷雨
2日目:暴風雨
3日目:晴のち曇
4日目:晴
アクセス
利用交通機関
バス
毎日あるぺん号(新宿駅西口発着)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間57分
休憩
20分
合計
11時間17分
Sスタート地点04:0505:20高瀬ダム濁沢登山口05:49ブナ立尾根取付05:5106:28権太落し06:3008:04三角点09:25烏帽子小屋09:3309:50前烏帽子岳10:01烏帽子岳山頂分岐10:0210:34烏帽子岳10:3810:58烏帽子岳山頂分岐11:10前烏帽子岳11:26烏帽子小屋11:2911:36烏帽子ひょうたん池15:22野口五郎小屋
2日目
山行
4時間10分
休憩
10分
合計
4時間20分
野口五郎岳06:0206:32真砂岳分岐06:3407:31東沢乗越08:07水晶小屋08:1308:43ワリモ北分岐08:4409:01ワリモ岳09:0209:30鷲羽岳10:22三俣山荘
3日目
山行
7時間4分
休憩
45分
合計
7時間49分
三俣蓮華岳07:1507:33丸山07:56中道分岐08:15双六岳08:2908:52双六岳中道分岐08:55双六岳巻道分岐08:5609:07双六小屋09:1709:20双六池09:52くろゆりベンチ09:5310:04花見平10:16弓折乗越10:1810:23弓折岳10:31弓折岳(分岐)10:45大ノマ乗越10:5011:15大ノマ岳11:1712:00秩父平13:04抜戸岳分岐13:0613:09抜戸岳13:1113:21分岐指導標(仮称)13:23笠新道分岐13:2413:54抜戸岩14:25笠ヶ岳山荘14:3015:04笠ヶ岳
4日目
山行
4時間54分
休憩
14分
合計
5時間8分
笠ヶ岳06:1306:20笠ヶ岳山荘06:2106:39抜戸岩07:07笠新道分岐07:11分岐指導標(仮称)07:1408:05杓子平08:0710:25笠新道登山口10:2910:42中崎橋10:55お助け風穴11:09登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)11:1311:18新穂高温泉駅11:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目は七倉山荘から徒歩にて高瀬ダムへ
また、野口五郎小屋への稜線途中で雷雨に遭遇のため岩場の下に潜って雨宿り兼雷が遠ざかるのを待ってから再出発し、登頂は断念

2日目は朝から暴風雨の中を強行
黒岳(水晶岳)はあまりの雨風のためパス
夏山とは思えない寒さ(翌朝までの最低気温は3℃だったとも、、、)

3日目は快晴のなか出発
※三俣山荘出発後、三俣蓮華岳までログ中断のままだったため直線表示
その後も快適な稜線歩きが続く
昼頃からは雲が増え、稜線を隠しがち
4日目も朝から快晴
槍や奥穂の山並を見ながら笠新道への稜線を歩く
笠新道は大きな岩場が多い急斜面が続くがザレ場は少ないので歩きやすく、整備もされている
コース状況/
危険箇所等
危険箇所:特になし(笠ヶ岳山荘のスタッフ情報で、笠ヶ岳からのクリヤ谷渡渉点は足首まで浸かるとのことで笠新道からの下山に変更)
その他周辺情報新穂高温泉の中崎山荘の温泉800円(男性側露天が使えないとのことで割引され700円に)
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 タオル

写真

七倉山荘前に3:45着
ゲートオープンまではタクシーもないため歩いて高瀬ダムへ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山荘前に3:45着
ゲートオープンまではタクシーもないため歩いて高瀬ダムへ向かう
吊り橋を渡ってブナ立尾根登山口へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ってブナ立尾根登山口へ向かう
ブナ立尾根登山口の12番からカウントダウンし、尾根を登り詰めると烏帽子小屋着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ立尾根登山口の12番からカウントダウンし、尾根を登り詰めると烏帽子小屋着
前烏帽子の頂上で雷鳥さんに遭遇
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前烏帽子の頂上で雷鳥さんに遭遇
烏帽子岳へ寄り道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳へ寄り道
途中コマクサが咲いていた
(ピークは過ぎているかんじだが割りときれいな株を発見)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中コマクサが咲いていた
(ピークは過ぎているかんじだが割りときれいな株を発見)
野口五郎岳へ向かう稜線
だいぶ雲が増えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎岳へ向かう稜線
だいぶ雲が増えてきた
途中雷雨に会い、岩場に潜りでやり過ごしてから小屋へ到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中雷雨に会い、岩場に潜りでやり過ごしてから小屋へ到着
2日目は暴風の中をスタート
10分程度で野口五郎岳頂上
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目は暴風の中をスタート
10分程度で野口五郎岳頂上
水晶小屋の分岐で黒岳(水晶岳)をスルーして鷲羽岳へ登頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋の分岐で黒岳(水晶岳)をスルーして鷲羽岳へ登頂
前日は早々に三俣山荘に逃げ込んで、濡れものを乾かしつつのんびり過ごす
翌朝は風は残るものの快晴のなかスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は早々に三俣山荘に逃げ込んで、濡れものを乾かしつつのんびり過ごす
翌朝は風は残るものの快晴のなかスタート
まずは三俣蓮華岳を目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは三俣蓮華岳を目指す
途中、振り返って鷲羽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、振り返って鷲羽岳
三俣蓮華岳からの鷲羽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳からの鷲羽岳
山頂標識とこれから向かう双六岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識とこれから向かう双六岳方面
双六岳から、今日のゴール地点の笠ヶ岳を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳から、今日のゴール地点の笠ヶ岳を望む
双六小屋に向かう途中で鷲羽岳を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋に向かう途中で鷲羽岳を
笠ヶ岳とその向こうに乗鞍岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳とその向こうに乗鞍岳
三俣蓮華岳、鷲羽岳、右後ろに野口五郎岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳、鷲羽岳、右後ろに野口五郎岳
振り返って双六小屋と、その背後に鷲羽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って双六小屋と、その背後に鷲羽岳
登り返して大ノマ岳方面へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返して大ノマ岳方面へ向かう
せっかくなので抜戸岳に立ち寄り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので抜戸岳に立ち寄り
笠ヶ岳山荘手前のテン場(キャンプ場)から笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山荘手前のテン場(キャンプ場)から笠ヶ岳
山荘前から抜戸岳への稜線と槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前から抜戸岳への稜線と槍ヶ岳
夕日に染まる槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日に染まる槍ヶ岳
太陽が雲海に沈む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が雲海に沈む
笠新道に向かう途中、振り返って歩いてきた稜線と笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道に向かう途中、振り返って歩いてきた稜線と笠ヶ岳
綿毛になりつつあるチングルマと笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿毛になりつつあるチングルマと笠ヶ岳
抜戸岳手前の分岐近くより最後に笠ヶ岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜戸岳手前の分岐近くより最後に笠ヶ岳を振り返る
何度も振り返ってしまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も振り返ってしまう
笠新道からの笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道からの笠ヶ岳
トリカブトと乗鞍岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトと乗鞍岳
笠新道より木々の緑を見上げて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道より木々の緑を見上げて
新穂高温泉に到着(ゴール)!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高温泉に到着(ゴール)!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:409人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ