また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2029841 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北穂~槍ヶ岳

日程 2019年09月19日(木) 〜 2019年09月21日(土)
メンバー
天候晴れ/曇りのち晴れ/雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
・沢渡P:9/19(木)の平日にもかかわらずAM7時で第3Pはほぼ満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
9時間12分
休憩
1時間8分
合計
10時間20分
涸沢ヒュッテ05:2205:22涸沢05:2307:24北穂高岳・天場07:2907:49北穂高岳(北峰)07:52北穂高小屋08:1509:43長谷川ピーク09:5611:40南岳小屋11:4111:48南岳11:4912:01天狗原分岐12:56中岳12:5713:30大喰岳13:3213:43飛騨乗越13:4414:11槍ヶ岳山荘14:1914:48槍ヶ岳15:0015:42槍ヶ岳山荘
3日目
山行
5時間6分
休憩
28分
合計
5時間34分
槍ヶ岳山荘05:5206:22播隆窟06:25坊主岩屋下06:2606:51槍沢・天狗原分岐06:5207:20槍沢大曲り07:2107:42赤沢岩小屋(ババ平)07:4307:56槍沢ロッヂ08:0208:20二ノ俣08:2108:26一ノ俣08:33槍見河原08:3409:04横尾 (横尾山荘)09:1909:51新村橋(パノラマ分岐)09:5210:02徳澤園10:36徳本口(徳本峠分岐)11:18河童橋11:23上高地バスターミナル11:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
初めてヤマレコMAPでログを取ってみました。使えます。

写真

[7:07] 沢渡第三駐車場は平日にもかかわらず、ほぼ満車。
7:20発のバスで上高地へ。
2019年09月19日 07:07撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:07] 沢渡第三駐車場は平日にもかかわらず、ほぼ満車。
7:20発のバスで上高地へ。
[7:54] 上高地から登山開始。
2019年09月19日 07:54撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:54] 上高地から登山開始。
[8:00] 河童橋。この時間はまだ雲が厚く覆っていましたが...
2019年09月19日 08:00撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[8:00] 河童橋。この時間はまだ雲が厚く覆っていましたが...
[8:36] 明神分岐。だんだん晴れてきました。
2019年09月19日 08:36撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[8:36] 明神分岐。だんだん晴れてきました。
だそうです。
2019年09月19日 08:43撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だそうです。
同定をどうぞ。
2019年09月19日 09:14撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同定をどうぞ。
お昼は、横尾山荘でカレーライス。
2019年09月19日 10:31撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼は、横尾山荘でカレーライス。
1
[10:45] 涸沢を目指します。
2019年09月19日 10:45撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[10:45] 涸沢を目指します。
[11:33] 本谷橋。水が冷たくて気持ちいい。
2019年09月19日 11:33撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[11:33] 本谷橋。水が冷たくて気持ちいい。
[14:10] 13:09に涸沢着。予定より早く着いたので、涸沢ヒュッテで宿泊手続き済ませ、ゆっくりくつろぎます。
2019年09月19日 14:10撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[14:10] 13:09に涸沢着。予定より早く着いたので、涸沢ヒュッテで宿泊手続き済ませ、ゆっくりくつろぎます。
まさにパラダイス。
2019年09月19日 14:13撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさにパラダイス。
1
明日目指す北穂
2019年09月19日 14:13撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日目指す北穂
3
ヘリが何度も物資を運びます。ご苦労様。
2019年09月19日 14:33撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリが何度も物資を運びます。ご苦労様。
[15:14] 日が暮れると一気に寒くなる。
2019年09月19日 15:14撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[15:14] 日が暮れると一気に寒くなる。
1
[5:21] 2日目、明るくなるのを待って出発。
2019年09月20日 05:21撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[5:21] 2日目、明るくなるのを待って出発。
[5:46] だいぶ明るくなってきました。
2019年09月20日 05:46撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[5:46] だいぶ明るくなってきました。
涸沢を振り返る。
2019年09月20日 05:47撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢を振り返る。
[5:52] お日様も顔を出しました。
2019年09月20日 05:52撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[5:52] お日様も顔を出しました。
[6:45] 八ヶ岳、富士山、南ア。テンション上がります。
2019年09月20日 06:45撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[6:45] 八ヶ岳、富士山、南ア。テンション上がります。
[7:13] 北穂がだいぶ近づいてきたぞ。
2019年09月20日 07:13撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:13] 北穂がだいぶ近づいてきたぞ。
[7:35] 奥穂との分岐
2019年09月20日 07:35撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:35] 奥穂との分岐
これが見られただけでも来たかいがあったと思います。
2019年09月20日 07:36撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが見られただけでも来たかいがあったと思います。
[7:43] 北穂に着きました。
2019年09月20日 07:43撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:43] 北穂に着きました。
1
北穂からの槍ヶ岳
2019年09月20日 07:43撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂からの槍ヶ岳
2
[7:50] これが飛騨泣きですか。ここを下ると思うともうドキドキです。
2019年09月20日 07:50撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:50] これが飛騨泣きですか。ここを下ると思うともうドキドキです。
3
[9:00] この恐怖は写真では伝わらない。
2019年09月20日 09:00撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[9:00] この恐怖は写真では伝わらない。
4
[9:48] Hピーク着。
2019年09月20日 09:48撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[9:48] Hピーク着。
飛騨泣きを振り返る。
2019年09月20日 09:48撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨泣きを振り返る。
これからの南岳への登り
2019年09月20日 09:48撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからの南岳への登り
[10:24] 南岳への急斜の途中で、飛騨泣き・Hピークを振り返る。
2019年09月20日 10:24撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[10:24] 南岳への急斜の途中で、飛騨泣き・Hピークを振り返る。
獅子鼻。まだまだきつい登りが続く
2019年09月20日 10:25撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子鼻。まだまだきつい登りが続く
1
[11:05] 南岳へ急斜を乗りきると、ここからはなだらかなルートとなります。
2019年09月20日 11:05撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[11:05] 南岳へ急斜を乗りきると、ここからはなだらかなルートとなります。
南岳小屋。お昼はここでチャンポンをいただきました。(カレーの予定が売切でした)
2019年09月20日 11:06撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋。お昼はここでチャンポンをいただきました。(カレーの予定が売切でした)
1
槍が少しずつ大きくなっていく。
2019年09月20日 11:50撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍が少しずつ大きくなっていく。
大天井岳~常念岳
2019年09月20日 11:50撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳~常念岳
これは笠ヶ岳かな?
2019年09月20日 11:50撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは笠ヶ岳かな?
槍に向かうルート
2019年09月20日 11:55撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍に向かうルート
[12:21] 近づく槍
2019年09月20日 12:21撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:21] 近づく槍
[12:37] 〇がいっぱいで分かりやすい。結構急斜もあります。
2019年09月20日 12:37撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:37] 〇がいっぱいで分かりやすい。結構急斜もあります。
[12:58] 北穂からのルートを振り返る。
2019年09月20日 12:58撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:58] 北穂からのルートを振り返る。
槍までのルート
2019年09月20日 13:00撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍までのルート
ジェットも飛ぶ
2019年09月20日 13:00撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジェットも飛ぶ
[13:34] 槍ヶ岳山荘までもう一息
2019年09月20日 13:34撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[13:34] 槍ヶ岳山荘までもう一息
1
[13:45] 飛騨乗越
2019年09月20日 13:45撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[13:45] 飛騨乗越
[13:55] 山荘到着
2019年09月20日 13:55撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[13:55] 山荘到着
[14:22] 宿の手続き済ませ、 登ります。
2019年09月20日 14:22撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[14:22] 宿の手続き済ませ、 登ります。
1
[14:36] 槍ヶ岳山頂到着
2019年09月20日 14:37撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[14:36] 槍ヶ岳山頂到着
2
北穂には残念ながらガスが..
2019年09月20日 14:36撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂には残念ながらガスが..
[17:29] 夕焼け?この時間になるとかなり寒い。
2019年09月20日 17:29撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[17:29] 夕焼け?この時間になるとかなり寒い。
[6:00] 3日目は雨。5:52に宿を出発しました。
2019年09月21日 06:00撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[6:00] 3日目は雨。5:52に宿を出発しました。
[6:24] 少し晴れたりしますが最後まで止みはしませんでした。本降りでないのが救い。
2019年09月21日 06:24撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[6:24] 少し晴れたりしますが最後まで止みはしませんでした。本降りでないのが救い。
[11:18] 河童橋。雨なのにかなり人多いです。
2019年09月21日 11:18撮影 by RICOH WG-60, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[11:18] 河童橋。雨なのにかなり人多いです。
撮影機材:

感想/記録

今年冬に知合いからジャンダルムに誘われました。よくわかっていないのに
二つ返事をしたものの、よくよく調べると、今まで日帰りonlyで、岩場・
鎖場経験の乏しい自分にはとても難度が高すぎることを知り、取りあえずは
お断りしたものの、そっちの方にも興味も持ち、まずはその練習用に紹介
されていた北ア大キレットを目指すことにしました。

とはいうものの、ここだってハードル高そうなのはわかったので59歳の
自分に適切な日程とルートをどうするか、それに伴う体力と技術を身に
着けられるかを課題に取り組んでみました。
【課題‖領蓮
現状、日帰りonly=登山翌日は体力グダグダです。翌日にハードな登山は
考えられない現状。少なくとも登山翌日(もしくは相応の疲労時)でも
そこそこハードな登山を経験すべし。
【課題技術】
岩場・鎖場の経験不足。装備、それにまつわる技術の充実、および、経験
積むべし。
【課題2拱】
ハードなルートなので荷物はできるだけ軽くしたい。汗っかきなので水分
補給を的確に計画すべし。

■課題
 丹沢縦走(宿泊)含め、7-8月に8週連続登山実行。
 あえて前日に2-3時間のランニングで消耗させての登山も2回実施して
 みました(これ結構ききます)
 行動食も工夫して体力キープに役立ちそうなものを選定できました。
 おかげさまで体重も3-4kg減量できて、これもよかったかも。
■課題
 乾徳山、赤岳(真行寺尾根)、岩殿山、丹沢縦走(2日)、両神山(尾内沢)、
 妙義山、北高尾(インソール変更のお試し)、鹿岳の登山実行。
 特に両神山と妙義山はよい経験になりました。
 装備:メット購入。ハーネスは簡易でもいいかなと想定(結局、
 大キレットでは不要と思いました)
■課題
 荷物を軽くするため、山荘泊と昼食も山小屋で摂取。持参の水は1.5ℓ
 としましたが、この季節の標高3000mでは大汗かくこともなく、なんの
 問題もなしでした。

【結果】
おかげさまで充実した登山が楽しめました。3日目こそ雨天となりましたが
1-2日は天候にも恵まれ、自己の登山史上最高の登山となったと思います。
それと、帰宅後は経験史上最強の筋肉痛であることも併せて報告しておき
ます。
※飛騨泣きは、登りの方(要するに 槍→北穂ルート)が自分にとっては
 楽だったかと思います。岩下りが苦手なことが自覚できました。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ