また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 73907 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

初のロング縦走! 上高地から黒部ダムまで 槍ヶ岳〜三俣蓮華岳〜鷲羽岳〜雲ノ平〜水晶岳〜赤牛岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2010年08月01日(日) ~ 2010年08月11日(水)
メンバー , その他メンバー1人
天候1 日
2 日
3 日
4 日
5 日
6 日
7 日
8 日
9 日
10日
11日
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
扇沢の無料駐車場に車を止めてバス〜電車〜バスで上高地へ。途中松本で一泊しました。
黒部ダムへ下山後トロリーバスで扇沢へ。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
72:10
距離
72.7 km
登り
4,952 m
下り
5,011 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

1日 9:30上高地-11:30徳沢12:00-16:00槍沢キャンプ場
2日 6:20槍沢キャンプ場-9:10天狗原分岐-12:20横尾尾根のコル13:30-16:20南岳小屋
3日 9:10南岳小屋-12:40中岳13:30-15:20槍ヶ岳山荘
4日 9:40槍ヶ岳山荘-17:50双六小屋
5日 双六小屋周辺散策
6日 5:30双六小屋-9:00双六岳9:50-11:30三俣蓮華岳13:10-14:20三俣山荘
7日 6:20三俣山荘-7:50鷲羽岳9:30-11:40岩苔乗越-15:40雲ノ平キャンプ場
8日 雲ノ平滞在
9日 11:50雲ノ平キャンプ場-14:30水晶小屋
10日 5:30水晶小屋-6:30水晶岳-9:50赤牛岳10:20-15:30奥黒部ヒュッテ
11日 7:00奥黒部ヒュッテ-9:50平ノ渡場10:20-10:40平ノ小屋-15:30黒部ダム
過去天気図(気象庁) 2010年08月の天気図 [pdf]

写真

槍沢キャンプ場横の河原です。
奥には東鎌尾根が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢キャンプ場横の河原です。
奥には東鎌尾根が見えます。
槍沢キャンプ場を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢キャンプ場を振り返ります。
アルペン的な風景になってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルペン的な風景になってきました。
天狗原への分岐です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原への分岐です。
青空と残雪とお花畑♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と残雪とお花畑♪
天狗原の分岐をすぎると槍が見えてきました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原の分岐をすぎると槍が見えてきました!
天狗池? です。
雪が消えるともっと大きな池が現れるみたいですが、小さな水面になんとか逆さ槍がみえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗池? です。
雪が消えるともっと大きな池が現れるみたいですが、小さな水面になんとか逆さ槍がみえました。
横尾尾根まで登ると周りの山々が見えるようになってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾尾根まで登ると周りの山々が見えるようになってきます。
横尾尾根のコルからみた槍ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾尾根のコルからみた槍ヶ岳。
常念岳もよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳もよく見えます。
南岳にいたライチョウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳にいたライチョウ。
南岳小屋近くの展望台からの大キレットと穂高です。
いつの日かこの道歩いて北穂まで行ってみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋近くの展望台からの大キレットと穂高です。
いつの日かこの道歩いて北穂まで行ってみたいです。
南岳小屋をあとに南岳へ登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳小屋をあとに南岳へ登ります。
中岳山頂です。
ガスってなにも見えない・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳山頂です。
ガスってなにも見えない・・・
大喰岳山頂です。
槍ヶ岳がよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰岳山頂です。
槍ヶ岳がよく見えます。
大喰岳より穂高方向です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大喰岳より穂高方向です。
乗鞍、御嶽もよく見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍、御嶽もよく見えました。
チングルマと槍ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマと槍ヶ岳。
槍ヶ岳山頂です。
わりと広い山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山頂です。
わりと広い山頂です。
山頂から北東方向の眺めです。
北アルプスのほとんどの山が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北東方向の眺めです。
北アルプスのほとんどの山が見えました。
山荘前から見上げた槍ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前から見上げた槍ヶ岳。
西鎌尾根へ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根へ下ります。
西鎌尾根にいたライチョウ親子です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根にいたライチョウ親子です。
樅沢岳から槍を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樅沢岳から槍を振り返ります。
ここから見る槍はカッコイイですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る槍はカッコイイですね。
鷲羽岳もよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳もよく見えます。
笠ヶ岳には雲が・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳には雲が・・
双六岳〜三俣蓮華岳のなだらかな稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳〜三俣蓮華岳のなだらかな稜線。
双六小屋からみた鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋からみた鷲羽岳。
双六池のほとりにあるキャンプ場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六池のほとりにあるキャンプ場。
夏らしい空と鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏らしい空と鷲羽岳。
雲がモクモク双六池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がモクモク双六池。
双六岳山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳山頂です。
双六岳から見た笠ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳から見た笠ヶ岳。
黒部五郎岳も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳も見えます。
丸山へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山へ向かいます。
双六岳〜丸山の広い鞍部です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳〜丸山の広い鞍部です。
名前のとおりの丸山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前のとおりの丸山。
丸山のなだらかな山頂部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山のなだらかな山頂部。
三俣蓮華岳山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳山頂です。
鷲羽岳が目の前です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳が目の前です。
ケルンと三角点みたいな石が数個あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンと三角点みたいな石が数個あります。
ヘリで荷揚げ中の三俣山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリで荷揚げ中の三俣山荘。
いい景色ですな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい景色ですな〜
双六側に広がるカール状の地形。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六側に広がるカール状の地形。
鷲羽岳山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂です。
鷲羽岳からの水晶岳方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳からの水晶岳方向。
鷲羽池越しの槍ヶ岳を見たかった・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽池越しの槍ヶ岳を見たかった・・・
ワリモ岳から見た鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳から見た鷲羽岳。
祖父岳近くから見たワリモ・鷲羽岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳近くから見たワリモ・鷲羽岳。
広くてケルンがたくさんある祖父岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くてケルンがたくさんある祖父岳山頂。
雲ノ平に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平に着きました。
お花畑のむこうに水晶岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑のむこうに水晶岳。
雲ノ平の夕暮れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平の夕暮れ。
さわやか雲ノ平。
遠くには黒部五郎岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわやか雲ノ平。
遠くには黒部五郎岳。
祖母岳の向こうに北ノ俣岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖母岳の向こうに北ノ俣岳。
水晶小屋隣のピークからの眺めです。
鷲羽岳と遠くに槍ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋隣のピークからの眺めです。
鷲羽岳と遠くに槍ヶ岳。
水晶岳がすぐそこです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳がすぐそこです。
雲の間から槍ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の間から槍ヶ岳。
赤牛岳上の雲が夕日に染まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳上の雲が夕日に染まります。
水晶岳の横に日が沈みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳の横に日が沈みます。
翌朝、朝日に染まる水晶岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、朝日に染まる水晶岳。
鷲羽岳と槍穂高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳と槍穂高。
西鎌尾根から流れ落ちる滝雲。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根から流れ落ちる滝雲。
水晶岳山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳山頂です。
水晶岳からの赤牛岳方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳からの赤牛岳方向。
雲ノ平の向こうに黒部五郎岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平の向こうに黒部五郎岳。
はるか下に高天原が見えました。
行ってみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか下に高天原が見えました。
行ってみたいです。
温泉沢ノ頭近くのピークからの赤牛岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉沢ノ頭近くのピークからの赤牛岳。
振り返れば水晶岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば水晶岳。
なかなか立派な赤牛岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか立派な赤牛岳。
赤牛岳の近くで黒部ダムが見えました。
わりと近いかなと思いましたが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳の近くで黒部ダムが見えました。
わりと近いかなと思いましたが・・・
赤牛岳山頂です。
2010年08月13日 16:29撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛岳山頂です。
ガスって展望なしでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスって展望なしでした。
奥黒部ヒュッテからひたすら歩いて黒部ダムへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥黒部ヒュッテからひたすら歩いて黒部ダムへ。
ゴールの黒部ダムから赤牛岳が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの黒部ダムから赤牛岳が見えました。

感想/記録

登山を初めてまだ2年、少しずつ色んな山を登ってきたので、ついにロング縦走に挑戦してみることにしました。
体力的なことと、ゆっくり写真をとりながら景色を楽しんで歩きたいということで、隣の小屋までを1日かけて歩くという、ゆったり9日間の予定で出発しました。
1日目、曇天の上高地に到着。計画書をだして出発です。
曇りで全く写真を撮らなかったためか、すんなり徳沢に到着。徳沢園で食べたカレーうどんがとてもおいしかったです。
その後ひたすら歩きやっと槍沢キャンプ場に到着しました。
2日目、快晴です!歩くごとにキレイな景色が現れるため、写真撮影に時間とられてなかなか前に進まず・・・
普通なら昼には南岳小屋に着くはずが、着いたのはなぜか夕方に・・
当然ながら午後のガスにつつまれて南岳での展望はありませんでした。
3日目、日の出の時間になって外をのぞくと、ガスで視界ゼロ。
今日はダメかな〜と二度寝・・7時に起きて外を見たら快晴じゃないか!
急いでテントを撤収して出発。大喰岳まではもってくれと願うも、中岳の登り途中でガスガスに・・二度寝してなきゃ大喰岳まで晴れだったのかな〜と後悔し、展望ゼロのまま槍ヶ岳山荘に到着ました。
4日目、多くの人が槍に出発するなか、私は昨日展望の無かった大喰岳へ。
大喰岳からは槍がきれいに見えて素晴らしい展望ですが、昨日南岳から縦走してきてこの景色を見たかったですね。
そのあと槍に登って大展望を満喫。1時間ほど山頂にいて双六小屋へ向かいましたが、千丈乗越に下りたとこでまたもやガスガスに・・
晴れそうもなかったので、槍ヶ岳山荘へ戻って明日双六に向かうか、このままガスの中を進むか、しばらく考えてたけど結局このまま進むことに・・
しかし展望ゼロのなかでは頑張って歩く気がせずグズグズに。4時間弱の道のりをなぜか8時間もかかったのでした。
5日目、昨日ガスで展望のなかった西鎌尾根の景色を見るため、樅沢岳まで戻りました。
昨日見えるはずだった景色を満喫してから三俣山荘へ向かいましたが、双六岳へ少し登ったところで雲行きが怪しくなり、双六小屋に戻って三俣へは翌日向かうことにしました。
6日目、朝から曇ってたけど、すぐ晴れそうだったので三俣へ出発。
双六岳で天気が良くなり三俣蓮華岳では雲ノ平や水晶岳が目前に見えて北アルプスの奥地に近づいてることを実感。
7日目、いよいよ雲ノ平へ。曇りがちな日で、途中鷲羽岳で晴れるの待ってたりと時間がかかりテント場に着いたのは夕方近くに・・散策は翌日にしました。
テントの受付で寄った雲ノ平山荘は、雲ノ平らしい良い場所に建ってますね。
まだ工事中で泊まれないようでしたが、こんど雲ノ平に来たときはぜひ泊まってみたいと思います。
8日目、終日曇り・・・翌日晴れるのを期待して、雲ノ平でもう1泊。
9日目、明け方まで曇ってたけど、だんだん晴れに。晴れてる間に急いで散策して水晶小屋へ向かいました。
10日目、今回の行程で一番歩く日です。時間を気にしながら歩きます。
水晶岳から赤牛岳までの道は、よい景色に加えて奥地を歩いてるという満足感からとても気分のいい稜線歩きでした。
しかし赤牛岳からの下りがけっこう大変で、樹林帯に入るまでは岩ゴロゴロに滑りやすいザレた道、樹林帯に入っても終始岩ゴロゴロに木の根っこだらけ、おまけに雨が降りだして滑りやすくなて・・へろへろ状態で奥黒部ヒュッテに着きました。
11日目、船の時間があるので早めに出発です。
歩きだしは平坦な道でしたが、すぐにハシゴの登下降がはじまります。
沢を渡るために下りては登り、小尾根を越えるために登っては下り、10m登ったかと思ったら5歩あるいただけで同じだけ下りたり・・・いったい何か所ハシゴがあったのだろう。
無事に渡船乗り場に着いて、ひと息いれてると、なんだか黒部ダムがもう近いような気になって油断してしまいましたが、船を降りてからがまた大変でした。
相変わらずハシゴが多く、歩いても歩いてもダムが見えてきません。
ようやくロッヂくろよんに着いて観光客と自販機を見たときに、あ〜やっと下りてきた〜とホッとしました。
黒部ダムには大勢の観光客がいましたが、湖の奥に見える赤牛岳に注目してる人はいないようで、私だけが赤牛岳を見つめて自己満足にひたってるのでした。
結局、9日間の予定が2日延びて11日間の山旅になりました。

 ダムの売店で食べた「山イチゴのソフトクリーム」うまかったなぁ
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:3843人

コメント

夢の縦走
いやぁ、すごい縦走でしたね。記録をたまたまみつけて、いつの日にか、、、と夢みてしまいます。10日間も縦走するには、ザックは大容量で、初日の重さは何キロあったのでしょうか。。。水晶から先は独占ですか。お疲れ様でした。
2010/8/17 1:14
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ